FC2ブログ
HOME   »   テニス  »  [ウィンブルドン2019・男子シングルス] ジョコビッチ選手 フェデラー選手との激闘を制して 5度目のV
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
[7月14日・決勝]
ノバク・ジョコビッチ選手3-2ロジャー・フェデラー選手

 文字通りの「激闘」でした。
 それも、両選手の気迫がぶつかっての激闘と言うよりは、両選手の「技」の競り合いと言う意味での激闘だったのです。

 この両選手の技術が「芝コート」において世界最高水準であることに、異論を差し挟む人は居ないでしょう。
 四大タイトルのシングルス、優勝20回のフェデラー選手と同15回のジョコビッチ選手の対戦、ウィンブルドンに絞っても、優勝8回のフェデラー選手と同4回のジョコビッチ選手の対戦なのですから。

 その両雄が4時間57分の決勝戦(決勝戦として史上最長)を披露してくれたのです。
 本当に凄い試合でした。
 ウィンブルドン男子シングルス決勝の歴史の中でも、そのプレーの「質の高さ」という面では、史上最高であったのかもしれません。

 そのスコアは、ジョコビッチ選手から見て、第1セット7-6、第2セット1-6、第3セット7-6、第4セット4-6、最終セット13-12という、凄まじい競り合いです。

 今大会から史上初めて導入された「最終セットのタイブレーク」を初めてコート上で魅せてくれた試合ともなりました。それも凄いことでしょう。

 「凄い」の連発で恐縮ですが、それ程にハイレベルな試合だったのです。
 フェデラー選手のドロップショットも凄いが、ジョコビッチ選手のクロスのパッシングショットの角度も、常識を遥かに超えているものでした。
 「あんな角度に打てるものだろうか」と感じますが、「あんな角度に打たなければポイントが取れない」というのが、本当に怖ろしい?レベルなのでしょう。

 現代のプロテニス界で「クレーの鬼」といえばラファエル・ナダル選手ですが、「芝の王者」といえばロジャー・フェデラー選手と言うことになります。これは、テニスファンなら誰でもご承知のことでしょう。

 ところが、ジョコビッチ選手は芝のサーフェイスでフェデラー選手を圧倒しているのです。
 両選手がウィンブルドンで初めて対戦したのは2012年の準決勝でした。
 この試合はフェデラー選手が3-1で制しています。

 2度目の対戦は2014年の決勝で、これは3-2でジョコビッチ選手が制しました。
 3度目の対戦は2015年の決勝で、これは3-1でジョコビッチ選手の勝利でした。
 そして4度目の対戦2019年の決勝でも、3-2でジョコビッチ選手が勝ちました。

 両選手の芝コートでの対戦成績は、ジョコビッチ選手の3勝1敗、ウィンブルドンの決勝では3戦3勝なのです。

 ちなみに、両選手の全通算対戦成績は、48回の対戦で、ジョコビッチ選手の26勝22敗ですから、ジョコビッチ選手にとってはオールウェザーコートも含めたフェデラー選手との対戦成績よりも、芝コートにおける対戦成績の方が勝率が良いことになります。
 ジョコビッチ選手が「芝コートでフェデラー選手に強い」ことは明白でしょう。

 それにしても、何度も書いて恐縮ですが、この「3強」の強さはずば抜けています。

 再び何度も書いて恐縮ですが、男子テニス界への「新星の登場」が待望されるところなのでしょう。

関連記事
スポンサーサイト



NEXT Entry
[MLB2019] エンゼルス スカッグス選手の追悼試合でノーヒッター
NEW Topics
[MLB2019] 菊池雄星投手 MLB初完封勝利!
[NPB2019] 残り約30試合 ペナントレースの行方
[ツアー選手権2019] ラウンドを始める前から10アンダーパー?
[夏の甲子園2019・準決勝] 星稜の投手陣 「逆転」の中京打線を零封
[夏の甲子園2019・準決勝] 「骨太」の履正社打線が中森投手を攻略
[PGAツアー2018~19] 松山英樹選手 6年連続ツアー選手権大会出場
[夏の甲子園2019] 8回裏 逆転満塁ホームラン
[夏の甲子園2019] 延長14回タイブレーク
[夏の甲子園2019] 敦賀気比・杉田翔太郎選手 サイクルヒット
[NPB2019] 山田哲人選手 30号本塁打 4度目の30・30へ
[NPB2019] ヤクルトスワローズ・村上宗隆選手の大活躍
[夏の甲子園2019] 3回戦の組合せ
[夏の甲子園2019] 守備の時に「脚が痙攣」する。
[セーリング470級世界選手権2019] 吉田・吉岡組2位 東京オリンピック2020代表内定
[夏の甲子園2019] キャッチャーフライでタッチアップ→進塁!
[夏の甲子園2019] 10回表に2盗、3盗
[夏の甲子園2019] バントが上手い広島商チーム
[夏の甲子園2019] 習志野チーム 伝統の粘り
[NPB2019] 読売ジャイアンツ 0-7からの逆転勝利
[夏の甲子園2019] 国学院久我山チーム 甲子園初勝利
欧州4大リーグの2019~2020年シーズン 開幕迫る!
[夏の甲子園2019] 珍しい 2試合連続の「1-0」ゲーム
[MLB2019] ジャスティン・バーランダー投手の活躍
[夏の甲子園2019] 「甲子園」で実力を発揮することの難しさ
[全英女子オープン2019] 渋野日向子選手 メジャー初出場・初優勝
[競馬コラム243] ディアドラ号 ナッソーステークスG1を快勝
[夏の甲子園2019] 活躍が期待される10チーム
[世界水泳選手権2019・男子200mバタフライ] クリストフ・ミラーク選手 驚異的な世界新記録
[世界水泳選手権2019・女子200m背泳ぎ] 17歳のレーガン・スミス選手 圧勝!
[世界水泳選手権2019] 短距離の王者 ケレブ・ドレセル選手
[競馬コラム242] 「優駿」 ディープインパクト号 逝く
オシムが語る2つの東京五輪
[世界水泳選手権2019・競泳] 日本代表の獲得メダルは6個
[大相撲2019年7月場所] 照強の15日間
[世界水泳選手権2019] 「4連覇」 カティンカ・ホッスー選手とケイティ・レデッキー選手
[コパアメリカ2019準決勝] ブラジルとアルゼンチンのメンバー構成
[コパアメリカ2019] 準々決勝4試合の内3試合がPK戦
[東京オリンピック2020] メダルのデザインが発表されました。
[大相撲2019・7月場所・千秋楽] 北勝富士と遠藤の大相撲
[MLB2019] 大谷翔平選手の162試合
[全英オープン2019] シェーン・ロウリー選手の見事な優勝
[大相撲2019・7月場所] 横綱・鶴竜 通算6度目の優勝
[陸上競技DL2019ロンドン・男子100m決勝] 小池祐貴選手 9秒98
[MLB2019] ダルビッシュ有投手 長いトンネルを抜けて4月27日以来の勝利!
[WBA世界ミドル級タイトルマッチ] やはり、ビートたけし氏は凄かった。
[MLB2019] 田中将大投手 MLB通算70勝目
[大相撲2019・7月場所・11日目] 4大関 全員が休場
[ウィンブルドンジュニア2019・男子シングルス] 望月慎太郎選手 優勝!
[大相撲2019・7月場所] 安美錦関 引退
[MLB2019] エンゼルス スカッグス選手の追悼試合でノーヒッター
Entry TAG
ウィンブルドン2019・ジョコビッチ選手5度目の優勝  
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

カエサルjr

Author:カエサルjr
「スポーツを考える-KaZ」ブログへ
ようこそ!
我が家の月下美人も16年目。同時に30個の花が咲くこともあります。スポーツも花盛りですね。一緒に楽しみましょう。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031