FC2ブログ
HOME   »   ゴルフ  »  [全英女子オープン2019] 渋野日向子選手 メジャー初出場・初優勝
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 8月4日にかけて、ミルトンキーンズ・ウォーバーン・ゴルフクラブを会場に開催された、今季の女子ゴルフメジャー大会最終戦、全英女子オープンゴルフ大会において、渋野日向子(しぶの ひなこ、20歳)選手が優勝しました。

 日本人プレーヤーによる海外メジャートーナメントの優勝は、1977年の樋口久子選手による全米女子プロ大会優勝に続く、史上2人目の「快挙」です。
 
 本当に「信じられない」優勝です。

 本トーナメントの第1日目・2日目では、渋野選手の「好調なショット」が伝えられました。
 アプローチショットが「ビシビシ」ピンに絡むのです。ピンから2m以内にグリーンヒットしたショットが、テレビ画面を飾り続けました。

 そして最終日のスタート時点では、2位に2打差を付けて首位のスタートとなったのです。

 メジャートーナメント最終日を「2位に2打差の単独トップ」で迎えること自体が、日本人プレーヤーにとっては「快挙」と評しても、何の問題も無いと感じます。

 ところが3番ホール・429ヤード・パー4で「4パット」のダブルボギーを叩き、首位から後退しました。
 心配性?の日本のサポーターとしては、「やっぱりダメか」「メジャーで勝つのは難しい」と感じた方が多かったと思いますし、私もそう思いました。

 しかし、ここからの渋野選手の「外連味の無いプレー」は見事でした。
 特にパッティングは、長短に係わらずしっかりと狙い、思い切り良く打っていったのです。
 「メジャートーナメントにおける痺れ」といった様子は皆無でした。

 5番・359ヤード・パー4をバーディとし、7番・520ヤード・パー5もバーディを重ねます。
 8番・171ヤード・パー3はボギーとしましたが、怯むことなく10番・385ヤード・パー4を再びバーディとして、優勝争いに踏みとどまりました。

 そして、12番、13番、15番とバーディを重ねて、ついに首位に並んだのです。
 何より驚いたのは、この時の渋野選手の笑顔と行動でした。
 数多くのファンとハイタッチをしながら、16番ホールに歩を進めました。

 ハイタッチによって「腕を痛める」リスクなど全く感じていない様子、トーナメントの流れを掴み、雰囲気を味方にして、残り3ホールに向かう渋野選手は、「本当にこの大会を楽しんでいる」ように観えました。

 ラウンド中の軽食も、笑顔と共に口にしていました。
 チーカマかと思いましたが、これが「タラタラしてんじゃねーよ」という名前のお菓子であることは、後から知りました。エスニック風味でピリッとするのだそうです。
 NBA八村塁選手の好物「白えびビーバー」に続く、「令和のアスリートが好きなお菓子」第二弾というところでしょうか。「タラタラしてんじゃねーよ」にも、今後注文が殺到するかもしれません。

 さて、16番、17番をパーで切り抜け、首位タイで迎えた18番ホール。
 4~5mのバーディパット。
 スライスラインのパッティングは、右に切れながらカップを目指し、あと10cmカップが遠くに在れば入らなかったであろうラインで、カップの右淵から吸い込まれました。
 素晴らしいパッティングでした。

 メジャートーナメントの最終日・最終ホールの長めのパッティング、このパットを決めれば優勝という局面に遭遇すること、そういう局面を創り上げること、自体がとても「凄い」ことでしょう。
 ましてや、そのパッティングを決めて優勝するとなれば、これは「全てのゴルファーにとっての『夢』の実現」です。

 渋野選手は、そのパッティングを、いつものルーティンから行ったように観えました。

 「思い切りの良い」プレーというのも少し違う感じがします。
 「確信を持って、いつものようにプレーした」というのが、最もピッタリくるのではないでしょうか。
 もちろん、調子が良かったことは言うまでも無いでしょう。

 少し強めのパットでしたから、もし入らなければ2~3m位オーバーしていたかもしれませんが、あの強さだったからこそ、カップ寸前で右に流される度合いが小さく、「入った」ことも間違いありませんから、「入れに行った」プレーだったのでしょう。

 ラウンド後のインタビューで、「3パットでも仕方がないと思って打ちました」と渋野選手はコメントしました。
 この日のラウンドにおいて、渋野選手はそうした心持ちでプレーを続け、優勝を飾ったのです。

[全英女子オープン2019・最終成績]
1位 渋野日向子選手 270打・18アンダーパー
2位 リゼット・サラス選手(アメリカ) 17アンダー
3位 コ・ジンヨン選手(韓国) 16アンダー
4位 モーガン・プレッセル選手(アメリカ) 15アンダー
5位 アシュー・ブハイ選手(南アフリカ) 14アンダー

 最終日に65打の好スコアを叩き出したアメリカのベテラン・サラス選手、同66打の好スコアで上がった韓国のコ選手を、キッチリと押さえて勝ち切った、渋野選手の見事な、本当に見事な優勝でした。

 渋野選手は、最近の日本女子ゴルフ界を席巻している、所謂「黄金世代」のひとりです。
 1998年生まれのプレーヤーを中心とした「黄金世代」は、日本女子プロゴルフツアーはもちろんとして、国際大会でもその存在感を増しているのです。

 原英莉花(はら えりか)選手、河本結(かわもと ゆい)選手、吉本ひかる(よしもと ひかる)選手、小祝さくら(こいわい さくら)選手、臼井麗香(うすい れいか)選手、勝みなみ(かつ みなみ)選手、高橋彩華(たかはし さやか)選手、大里桃子(おおさと ももこ)選手、新垣比菜(あらがき ひな)選手、といった「黄金世代」の選手たちは、「渋野選手がメジャーに勝てるのなら、私も」と考えている可能性が高いと思います。

 おそらく、「黄金世代」の選手たちが、世界中のトーナメントで活躍する日は近いのでしょう。

 渋野日向子選手は、日本女子ゴルフ界に「新時代」を開きました。

関連記事
スポンサーサイト



NEXT Entry
[夏の甲子園2019] 「甲子園」で実力を発揮することの難しさ
NEW Topics
[KONAMI OPEN 2020・1日目] 佐藤翔馬選手と川本武史選手の活躍
[PGAツアー2019~20・ジェネシス招待] 松山英樹選手 3打差の5位
[MLB2020スプリングトレーニング] 大谷翔平選手は「練習の虫」
[日本陸上競技選手権2020競歩20km男子] あってはならない「誤表示」
[世界距離別選手権2020] 日本チームの大活躍
[NPB2020春季キャンプ] 井口監督と吉井コーチを驚かせた 佐々木朗希投手
[UEFA-CL2019~20] 決勝トーナメント1回戦の見所
[フィギュアスケート四大陸選手権2020男子] 鍵山優真選手の健闘
[PGAツアー2019~20・ペブルビーチプロアマ2020] マニング兄弟のラウンド
[競馬コラム252] 2月9日(日)午前8時40分 中山競馬場正門前
[NFLスーパーボウル2020] チーフスのスピンプレー
[NPB2020] 「最強の右打者」 野村克也氏 逝く
[フィギュアスケート四大陸選手権2020男子] 羽生結弦選手の4回転ルッツへの挑戦
[NFL2019~20ポストシーズン] 「逆転」のチーフス
[NFL2019~20ポストシーズン] RBデリック・ヘンリー選手の活躍
[Jリーグ2020プレシーズン] 三浦知良選手が練習試合に登場
[NPB2020春季キャンプ] DeNA オマー・ビスケル氏が特別コーチ
[6か国対抗2020] 開幕
[東京パラリンピック2020] パラリンピアンの大活躍
[全豪オープン2020・男子シングルス] ジョコビッチ選手の強さ
新型コロナウイルス2020のスポーツ界への影響
[NFLスーパーボウル2020] カンザスシティ・チーフスが50年振り2度目の勝利
[競馬コラム251] サクラローレル号 死去
[大相撲2020・1月場所] 照ノ富士と宇良の優勝
[マラソン2020] ヴェイパーフライ問題 ひとまず決着
[NFL2019~20] イーライ・マニング選手の引退
[大相撲2020・1月場所] 霧馬山の大活躍
[NFL2020~21] ラスベガス・レイダーズの誕生
[NBA2020] コービー・ブライアント氏の事故死
[大相撲2020・1月場所後] 豪栄道関が引退表明
[NPB2020キャンプイン前] ワンポイントリリーフの禁止?
[大相撲2020・1月場所・千秋楽] 徳勝龍 14勝1敗で優勝!
[大阪国際女子マラソン2020] 松田瑞生選手 オリンピック代表を引き寄せる快走
[アメリカ野球殿堂2020] デレク・ジータ氏 候補1年目で殿堂入り
[冬季ユース五輪2020] アイスホッケー女子日本代表チーム 金メダル!
[大相撲2020・1月場所] 大一番 徳勝龍が正代を破る。
[アメリカLPGAツアー2020] 畑岡奈紗選手 プレーオフで惜しくも2位
[NFL2019~20ポストシーズン] スーパーボウル2020は 「チーフスVS 49ers」
[ジャパンラグビー・トップリーグ2020] 大盛況
[全日本卓球選手権2020・男子] シングルスは宇田幸矢選手が優勝
[全日本卓球選手権2020・女子] 早田ひな選手が2冠
[bリーグ・オールスターゲーム2020] 定着
[U-23アジア選手権2020タイ大会] 日本代表チーム 最下位でグループリーグ敗退
[NFL2019~20ポストシーズン] ディビジョナル・ゲーム
[全国高校サッカー2019~20・決勝] 静岡学園チーム 逆転で勝利
[大相撲2020・1月場所] 3日目を終えて 大波乱の土俵
[MLB2019オフシーズン] 秋山翔吾選手 シンシナティ・レッズ入り
[全国高校ラグビー2019~20・決勝] 桐蔭学園チーム 悲願の単独優勝!
[大相撲2020・1月場所・初日] 炎鵬関の人気
[全国大学ラグビー決勝2020] 早稲田大学チーム 16度目の優勝
Entry TAG
全英女子オープンゴルフ・渋野日向子選手初優勝!  
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

カエサルjr

Author:カエサルjr
「スポーツを考える-KaZ」ブログへ
ようこそ!
我が家の月下美人も16年目。同時に30個の花が咲くこともあります。スポーツも花盛りですね。一緒に楽しみましょう。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 1234567891011121314151617181920212223242526272829