FC2ブログ
HOME   »   高校野球  »  [夏の甲子園2019] 延長14回タイブレーク
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
[8月17日・第2試合]
星稜4-1智弁和歌山(延長14回タイブレーク)

 好ゲームでした。

 両チームの投手が頑張り、試合は1-1のまま延長に入りました。
 同点のまま延長12回を終って、今大会初めてのタイブレークに突入したのです。

 タイブレークの13回表裏、14回表裏の両チームの攻撃では、無死1・2塁からランナーを進めることが出来ませんでした。
 当然ながら「送りバント」戦法が使われるわけですが、4度のトライで4度共、セカンドランナーがサードで刺されました。
 やはり、まだタイブレークにおける「攻撃側のノウハウ」が出来上がっていないという印象。一方、守備側は、特に智弁和歌山高チームに顕著に観られた、1塁手と3塁手の猛ダッシュが効果的でした。この守備に対する攻撃側の戦法のバリエーションが少ないのです。

 試合は、延長14回裏、1死1・2塁から福本選手が左中間スタンドに3ランホームランを叩き込み、サヨナラ勝ちを収めました。打った瞬間、外野手の頭上を超えることが分かる素晴らしい打球でしたから、星稜高チームの勝利は観えましたが、その打球がフェンスをも超えたのです。
 劇的な結末でした。

 戦前の予想通り、星稜・奥川投手VS智弁和歌山打線という展開となりましたが、奥川投手は好調なピッチングを続けました。6連続を含めて、次々と三振を奪い、智弁打線に付け入る隙を与えませんでした。

 しかし、こういう超高校級の投手を擁するチームに有りがちな「得点力不足」が、星稜チームにもあるのです。
 今大会の緒戦も1-0・奥川投手完投という、何が起こるか分からない甲子園大会においては「薄氷を踏むような勝利」でした。

 このゲームでも、奥川投手に2点を取ってあげることが出来れば、ある意味では「楽勝」出来る程に、奥川投手は好調だったのですが、星稜打線は4回裏に1点を取ることしか出来ませんでした。

 甲子園大会においては、1点では勝利は覚束ないのです。
 
 6回表、智弁和歌山打線がワンチャンスをものにして同点としました。
 奥川投手のストレートをライトに運んだ西川選手の打撃は見事でしたし、智弁和歌山チームの「意地」が感じられるタイムリーでした。

 星稜チームは、その後もチャンスを創りますが得点することが出来ず、奥川投手は強打の智弁和歌山チームを、僅か3安打に抑え込みました。

 7回の攻防の頃から奥川投手から笑顔が消えました。

 おそらく、この頃から右足ふくらはぎの状態が良くなかったのであろうと思います。
 9回頃の奥川投手には「疲労」の色が観えましたので、試合の帰趨は全く分からない状況になったと感じました。

 智弁和歌山チームの小林・矢田・池田の3投手も懸命の投球を続け、9安打を浴びながらも星稜打線を1点に押さえ込みました。
 素晴らしい守備であったと思います。

 11回、奥川投手の脚の変調は誰の眼にも明らかでした。
 水を大量に飲み、アミノバイタルでしょうか、粉状のものも補給しました。
 そして12回のマウントに向かいました。
 そして「回復していた」ように観えました。奥川投手にひとつのノウハウが積み上がった瞬間であったかもしれません。

 タイブレークに入ってからは、試合はどちらのチームに傾いても不思議は有りませんでしたが、14回裏に星稜チームの10安打目・福本選手のホームランが飛びだしたのです。

 果てしなく続くかに観えたタイブレークが幕を閉じました。

関連記事
スポンサーサイト



NEXT Entry
[夏の甲子園2019] 8回裏 逆転満塁ホームラン
NEW Topics
[全日本卓球選手権2020・女子] 早田ひな選手が2冠
[bリーグ・オールスターゲーム2020] 定着
[U-23アジア選手権2020タイ大会] 日本代表チーム 最下位でグループリーグ敗退
[NFL2019~20ポストシーズン] ディビジョナル・ゲーム
[全国高校サッカー2019~20・決勝] 静岡学園チーム 逆転で勝利
[大相撲2020・1月場所] 3日目を終えて 大波乱の土俵
[MLB2019オフシーズン] 秋山翔吾選手 シンシナティ・レッズ入り
[全国高校ラグビー2019~20・決勝] 桐蔭学園チーム 悲願の単独優勝!
[大相撲2020・1月場所・初日] 炎鵬関の人気
[全国大学ラグビー決勝2020] 早稲田大学チーム 16度目の優勝
[PGA2019~20・トーナメントオブチャンピオンズ2020] ジャスティン・トーマス選手がプレーオフを制して優勝
[卓球2020] 東京オリンピック2020の代表決まる。
[NFL2019~20・ワイルドカード] ロースコアの激戦 ペイトリオッツも敗退
[競馬コラム250・ばんえい競馬2020] ホクショウマサル号 30連勝の日本新記録
[大相撲2020・1月場所] 活躍が期待される10名の力士
[NPB2019シーズンオフ] 2020年シーズンに向けて「複数年」の大型契約更改
[箱根駅伝2020] 1年生ランナーの活躍
[箱根駅伝2020] 青山学院大学チーム 5度目の優勝
[箱根駅伝2020・往路] 好コンディション and 好タイム
[リーガ・エスパニョーラ2019~20] エル・クラシコ 17年振りのスコアレスドロー
2020年のスポーツ界展望
2019年のエムウェーブと横浜国際総合競技場
[サッカー天皇杯2020] 決勝進出の2チーム
[2019年を振り返って-8・RWC43] 日本VSスコットランド 栄光のフィフティーン
[2019年を振り返って-7・RWC42] 日本VSアイルランド 栄光のフィフティーン
[2019年を振り返って-6・大相撲] 照ノ富士 関取に返り咲く
[競馬] ホープフルステークス2019の注目馬
[2019年を振り返って-5・世界陸上] 黄色いスパイクシューズ
[2019.年を振り返って-4・MLBイチロー引退-5] 「月間50安打」を4度!
[全日本フィギュア2019] 若手の成長
[箱根駅伝2020] 活躍が期待される10チーム
[2019年を振り返って-3・MLB] 大谷翔平選手 トミージョン手術からのリハビリを完了
[UEFA-CL2019~20] 大混戦だったグループG
[UEFA-CL2019~20] グループHの死闘
[2019年を振り返って-2・J1] 横浜F・マリノス 15年振りの優勝
[競馬] 有馬記念2019の注目馬
[UEFA-CL2019~20] ネイマール選手の復帰
[2019年を振り返って-1] 大坂なおみ選手 再びコーチを交替
[競馬コラム249・朝日杯FS2019] サリオス号の「速い二の脚」
[ラグビーワールドカップ2019-41] アダム・ヘイスティングス選手
[プレミアリーグ2019~20] 南野拓実選手がリバプールへ移籍?
[MLB2019オフシーズン] エンゼルスがアンソニー・レンドン選手と7年契約
[競馬コラム248・阪神JF2019] 「飛んだ」 レシステンシア号
[NBA2019~20] レギュラーシーズン序盤戦
[競馬] 朝日杯フューチュリティステークス2019の注目馬
[全日本アイスホッケー2019] 栃木日光アイスバックス 優勝!
[スキージャンプ/フィギュアスケート2019] 次代を担う 2人の「佐藤」選手
[ISU-GPファイナル2019] フィギュアスケート競技のこれから
[ISU-GPファイナル2019] 素敵な「負けず嫌い」 羽生結弦選手
[大学駅伝男子2019~20] かつてない大混戦
Entry TAG
夏の甲子園2019・延長14回タイブレーク  
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

カエサルjr

Author:カエサルjr
「スポーツを考える-KaZ」ブログへ
ようこそ!
我が家の月下美人も16年目。同時に30個の花が咲くこともあります。スポーツも花盛りですね。一緒に楽しみましょう。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031