FC2ブログ
HOME   »   NFL  »  [NFL2019~20シーズン開幕迫る] スーパーボウル 雑感
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 我が国では残暑厳しい折柄ですが、NFL2019~20シーズンの開幕が9月5日に迫りました。
 グリーンベイ・パッカーズVSシカゴ・ベアーズ(於、ソルジャーフィールド)が開幕戦です。

 ついこの間、ニューイングランド・ペイトリオッツがロサンゼルス・ラムズを「史上最少得点ゲーム」となった「13-3」で破り、6度目のスーパーボウル制覇を果たしたばかり、という感じもします。
 月日の経つのは、本当に早いのです。

 さて、2019~20年シーズン開幕を控えて、NFLの華であるスーパーボウルについて、少し観て行こうと思います。

① スーパーボウルに出場したことが無いチーム

 スーパーボウルは、勝利することができれば、とても素晴らしいことですが、アメリカンフットボールカンファレンスAFCとナショナルフットボールカンファレンスNFCのチャンピオン同士が激突するゲームですので、「出場歴」も、とても重要視されます。

 そうした状況下、まだ出場したことが無いチームにとっては、それが最大の目標にもなるのでしょう。
 1966年に始まり、これまで53回を数えるスーパーボウルに、未出場なのは以下の4チームです。

・クリーブランド・ブラウンズ(AFC)
・ジャクソンビル・ジャガーズ(AFC)
・ヒューストン・テキサンズ(AFC)
・デトロイト・ライオンズ(NFC)

 1993年創設のジャガーズと2002年創設のテキサンズは、創設して間もないという感じもしますので、スーパーボウル未出場といっても、「これから」という感じです。

 一方で、1946年創設のブラウンズと1929年創設のライオンズについては、チームの歴史において様々な変遷が有ったとはいえ、一度は出ておきたかったでしょうし、ファンも切望していることでしょう。

 未出場のチームが、AFC3チーム、NFC1チームと、AFCの方が多いのは、もちろん「たまたま」ということなのでしょうが、この物差しの反対「出場回数の多いチーム」を観て行くと、興味深いことが分かります。

[スーパーボウル出場回数・上位4チーム]
1位 ニューイングランド・ペイトリオッツ(AFC) 11回(6勝5敗)
2位 ピッツバーグ・スティーラーズ(AFC) 8回(6勝2敗)
2位タイ ダラス・カウボーイズ(NFC) 8回(5勝3敗)
2位タイ デンバー・ブロンコス(AFC) 8回(3勝5敗)

 出場回数の多い順の上位4チームも、AFC3チーム、NFC1チームとなっています。
 未出場4チームと同じ構成なのです。
 ひょっとすると、AFCは「同じチームが数多くスーパーボウルに出場する」傾向が、あるのかもしれません。

② 2回以上スーパーボウルに出場しながら未勝利のチーム

 1回スーパーボウルに出場し、そして勝利しているチームもありますが、当然ながら強豪チーム→カンファレンスチャンピオンが相手ですから、必ずしも勝てるわけでは無いのが道理です。勝率を5割程度と考えると、「2回以上出場しながら未勝利」というのは、とても残念な感じがします。

[4回出場しながら未勝利]
・ミネソタ・バイキングス 1970年、1974年、1975年、1977年の4回出場しながら未勝利
・バッファロー・ビルズ 1991年、1992年、1993年、1994年の4回出場しながら未勝利

 4回出場ですから、これはもう本当に残念でしょう。

 1970年代のミネソタは、クオーターバックQBフラン・ターケントン選手を中心にして、とても強いチームでした。しかし、スーパーボウル制覇は、ついにできなかったのです。
 74年と75年は、ピッツバーグ・スティーラーズに敗れ、76年はオークランド・レイダーズに敗れています。
 QBテリー・ブラッドショー選手、ランニングバックRBフランコ・ハリス選手、ワイドレシーバーWRリン・スワン選手らを擁し、黄金時代を示現したスティーラーズと、QBケン・ステブラー、タイトエンドTEフレッド・ビレト二コフ選手、WRクリフ・ブランチ選手、パンターPレイ・ガイ選手らを擁して、最強の時代を現出したレイダーズということになれば、少し「対戦相手が強過ぎた」のかもしれません。
 とはいえ、QBフラン・ターケントン選手は、当時のNFLを代表するQBであったことは間違いありません。本当に数多くの記録を樹立した、素晴らしいQBでした。

 1990年代のビルズに付いて言えば、QBジム・ケリー選手らを擁して「4シーズン連続でAFCチャンピオン」に成りながら、ついにスーパーボウル制覇は成りませんでした。
 あれだけ強かったビルズが、一世を風靡した「ノーハドル・オフェンス」をもってしても届かないのですから、スーパーボウル優勝というのは高峰なのでしょう。
 1991年の初出場の時、この時ビルズはニューヨーク・ジャイアンツに19-20で惜敗したのですけれども、この第25回スーパーボウルに勝っていれば、逆に4連覇もあったのではないかと、今でも思います。

 スーパーボウルに「3回出場しながら未勝利」というチームは、ありません。

[2回出場しながら未勝利]
・シンシナティ・ベンガルズ 1982年、1989年
・カロライナ・パンサーズ 2003年、2016年
・アトランタ・ファルコンズ 1999年、2017年

 パンサーズの2016年スーパーボウルは、QBペイトン・マニングを擁するデンバー・ブロンコスに敗れました。戦前の予想では、若きQBキャム・ニュートンを擁したパンサーズの攻撃力が優位と言われていました。

 ファルコンズの2017年は、あのペイトリオッツを追い込みましたが、まさかの大逆転負けを喫しました。「勝てる時に勝っておかないと・・・」という感じがしたものです。

 ベンガルズの1989年の相手チームは、サンフランシスコ49ersでした。
 QBジョー・モンタナ選手による、あの有名な「ザ・ドライブ」が生まれたゲームだったのです。そしてベンガルズは16-20で敗れました。
 NFLの歴史に燦然と輝くプレーで敗れたのですから、ある意味では止むを得なかったのでしょうが、そうしたプレーに出くわしてしまったことは、不運であったのかもしれません。

③ 最後にスーパーボウルに出場してから最も時間が経っているチーム

 一度でもスーパーボウルに出場しているチームで、最も長い間スーパーボウルから遠ざかっているチームです。

 最長は、1968年以来出場が無いニューヨーク・ジェッツです。
 続いては、1969年以来出場が無いカンザスシティ・チーフスでした。
 1976年が最後の出場のバイキングス、1984年が最後のマイアミ・ドルフィンズと続きます。

 ジェッツ、チーフスはこの時スーパーボウルを制していますが、バイキングスとドルフィンズは敗れています。

 各チームのファンは、スーパーボウルの舞台に帰ってきてくれることを待望しているのではないでしょうか。

 NFL2019~20年シーズンの開幕に向けて、これまでのスーパーボウルについて、つらつらと書いてみました。
 書いている間、様々なシーンが脳裏に蘇りました。
 特に、QBフラン・ターケントン選手のプレーを、とても懐かしく思い出しました。

 2019~20年シーズンでも、素晴らしいシーンが沢山生まれることでしょう。
関連記事
スポンサーサイト



NEXT Entry
[LPGA2019] 鈴木愛選手 ニトリレディス大会 快勝!
NEW Topics
[KONAMI OPEN 2020・1日目] 佐藤翔馬選手と川本武史選手の活躍
[PGAツアー2019~20・ジェネシス招待] 松山英樹選手 3打差の5位
[MLB2020スプリングトレーニング] 大谷翔平選手は「練習の虫」
[日本陸上競技選手権2020競歩20km男子] あってはならない「誤表示」
[世界距離別選手権2020] 日本チームの大活躍
[NPB2020春季キャンプ] 井口監督と吉井コーチを驚かせた 佐々木朗希投手
[UEFA-CL2019~20] 決勝トーナメント1回戦の見所
[フィギュアスケート四大陸選手権2020男子] 鍵山優真選手の健闘
[PGAツアー2019~20・ペブルビーチプロアマ2020] マニング兄弟のラウンド
[競馬コラム252] 2月9日(日)午前8時40分 中山競馬場正門前
[NFLスーパーボウル2020] チーフスのスピンプレー
[NPB2020] 「最強の右打者」 野村克也氏 逝く
[フィギュアスケート四大陸選手権2020男子] 羽生結弦選手の4回転ルッツへの挑戦
[NFL2019~20ポストシーズン] 「逆転」のチーフス
[NFL2019~20ポストシーズン] RBデリック・ヘンリー選手の活躍
[Jリーグ2020プレシーズン] 三浦知良選手が練習試合に登場
[NPB2020春季キャンプ] DeNA オマー・ビスケル氏が特別コーチ
[6か国対抗2020] 開幕
[東京パラリンピック2020] パラリンピアンの大活躍
[全豪オープン2020・男子シングルス] ジョコビッチ選手の強さ
新型コロナウイルス2020のスポーツ界への影響
[NFLスーパーボウル2020] カンザスシティ・チーフスが50年振り2度目の勝利
[競馬コラム251] サクラローレル号 死去
[大相撲2020・1月場所] 照ノ富士と宇良の優勝
[マラソン2020] ヴェイパーフライ問題 ひとまず決着
[NFL2019~20] イーライ・マニング選手の引退
[大相撲2020・1月場所] 霧馬山の大活躍
[NFL2020~21] ラスベガス・レイダーズの誕生
[NBA2020] コービー・ブライアント氏の事故死
[大相撲2020・1月場所後] 豪栄道関が引退表明
[NPB2020キャンプイン前] ワンポイントリリーフの禁止?
[大相撲2020・1月場所・千秋楽] 徳勝龍 14勝1敗で優勝!
[大阪国際女子マラソン2020] 松田瑞生選手 オリンピック代表を引き寄せる快走
[アメリカ野球殿堂2020] デレク・ジータ氏 候補1年目で殿堂入り
[冬季ユース五輪2020] アイスホッケー女子日本代表チーム 金メダル!
[大相撲2020・1月場所] 大一番 徳勝龍が正代を破る。
[アメリカLPGAツアー2020] 畑岡奈紗選手 プレーオフで惜しくも2位
[NFL2019~20ポストシーズン] スーパーボウル2020は 「チーフスVS 49ers」
[ジャパンラグビー・トップリーグ2020] 大盛況
[全日本卓球選手権2020・男子] シングルスは宇田幸矢選手が優勝
[全日本卓球選手権2020・女子] 早田ひな選手が2冠
[bリーグ・オールスターゲーム2020] 定着
[U-23アジア選手権2020タイ大会] 日本代表チーム 最下位でグループリーグ敗退
[NFL2019~20ポストシーズン] ディビジョナル・ゲーム
[全国高校サッカー2019~20・決勝] 静岡学園チーム 逆転で勝利
[大相撲2020・1月場所] 3日目を終えて 大波乱の土俵
[MLB2019オフシーズン] 秋山翔吾選手 シンシナティ・レッズ入り
[全国高校ラグビー2019~20・決勝] 桐蔭学園チーム 悲願の単独優勝!
[大相撲2020・1月場所・初日] 炎鵬関の人気
[全国大学ラグビー決勝2020] 早稲田大学チーム 16度目の優勝
Entry TAG
NFL2019~20開幕間近・スーパーボウル雑感  
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

カエサルjr

Author:カエサルjr
「スポーツを考える-KaZ」ブログへ
ようこそ!
我が家の月下美人も16年目。同時に30個の花が咲くこともあります。スポーツも花盛りですね。一緒に楽しみましょう。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 1234567891011121314151617181920212223242526272829