FC2ブログ
HOME   »   NFL  »  [NFL2019~20シーズン開幕迫る] スーパーボウル 雑感
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 我が国では残暑厳しい折柄ですが、NFL2019~20シーズンの開幕が9月5日に迫りました。
 グリーンベイ・パッカーズVSシカゴ・ベアーズ(於、ソルジャーフィールド)が開幕戦です。

 ついこの間、ニューイングランド・ペイトリオッツがロサンゼルス・ラムズを「史上最少得点ゲーム」となった「13-3」で破り、6度目のスーパーボウル制覇を果たしたばかり、という感じもします。
 月日の経つのは、本当に早いのです。

 さて、2019~20年シーズン開幕を控えて、NFLの華であるスーパーボウルについて、少し観て行こうと思います。

① スーパーボウルに出場したことが無いチーム

 スーパーボウルは、勝利することができれば、とても素晴らしいことですが、アメリカンフットボールカンファレンスAFCとナショナルフットボールカンファレンスNFCのチャンピオン同士が激突するゲームですので、「出場歴」も、とても重要視されます。

 そうした状況下、まだ出場したことが無いチームにとっては、それが最大の目標にもなるのでしょう。
 1966年に始まり、これまで53回を数えるスーパーボウルに、未出場なのは以下の4チームです。

・クリーブランド・ブラウンズ(AFC)
・ジャクソンビル・ジャガーズ(AFC)
・ヒューストン・テキサンズ(AFC)
・デトロイト・ライオンズ(NFC)

 1993年創設のジャガーズと2002年創設のテキサンズは、創設して間もないという感じもしますので、スーパーボウル未出場といっても、「これから」という感じです。

 一方で、1946年創設のブラウンズと1929年創設のライオンズについては、チームの歴史において様々な変遷が有ったとはいえ、一度は出ておきたかったでしょうし、ファンも切望していることでしょう。

 未出場のチームが、AFC3チーム、NFC1チームと、AFCの方が多いのは、もちろん「たまたま」ということなのでしょうが、この物差しの反対「出場回数の多いチーム」を観て行くと、興味深いことが分かります。

[スーパーボウル出場回数・上位4チーム]
1位 ニューイングランド・ペイトリオッツ(AFC) 11回(6勝5敗)
2位 ピッツバーグ・スティーラーズ(AFC) 8回(6勝2敗)
2位タイ ダラス・カウボーイズ(NFC) 8回(5勝3敗)
2位タイ デンバー・ブロンコス(AFC) 8回(3勝5敗)

 出場回数の多い順の上位4チームも、AFC3チーム、NFC1チームとなっています。
 未出場4チームと同じ構成なのです。
 ひょっとすると、AFCは「同じチームが数多くスーパーボウルに出場する」傾向が、あるのかもしれません。

② 2回以上スーパーボウルに出場しながら未勝利のチーム

 1回スーパーボウルに出場し、そして勝利しているチームもありますが、当然ながら強豪チーム→カンファレンスチャンピオンが相手ですから、必ずしも勝てるわけでは無いのが道理です。勝率を5割程度と考えると、「2回以上出場しながら未勝利」というのは、とても残念な感じがします。

[4回出場しながら未勝利]
・ミネソタ・バイキングス 1970年、1974年、1975年、1977年の4回出場しながら未勝利
・バッファロー・ビルズ 1991年、1992年、1993年、1994年の4回出場しながら未勝利

 4回出場ですから、これはもう本当に残念でしょう。

 1970年代のミネソタは、クオーターバックQBフラン・ターケントン選手を中心にして、とても強いチームでした。しかし、スーパーボウル制覇は、ついにできなかったのです。
 74年と75年は、ピッツバーグ・スティーラーズに敗れ、76年はオークランド・レイダーズに敗れています。
 QBテリー・ブラッドショー選手、ランニングバックRBフランコ・ハリス選手、ワイドレシーバーWRリン・スワン選手らを擁し、黄金時代を示現したスティーラーズと、QBケン・ステブラー、タイトエンドTEフレッド・ビレト二コフ選手、WRクリフ・ブランチ選手、パンターPレイ・ガイ選手らを擁して、最強の時代を現出したレイダーズということになれば、少し「対戦相手が強過ぎた」のかもしれません。
 とはいえ、QBフラン・ターケントン選手は、当時のNFLを代表するQBであったことは間違いありません。本当に数多くの記録を樹立した、素晴らしいQBでした。

 1990年代のビルズに付いて言えば、QBジム・ケリー選手らを擁して「4シーズン連続でAFCチャンピオン」に成りながら、ついにスーパーボウル制覇は成りませんでした。
 あれだけ強かったビルズが、一世を風靡した「ノーハドル・オフェンス」をもってしても届かないのですから、スーパーボウル優勝というのは高峰なのでしょう。
 1991年の初出場の時、この時ビルズはニューヨーク・ジャイアンツに19-20で惜敗したのですけれども、この第25回スーパーボウルに勝っていれば、逆に4連覇もあったのではないかと、今でも思います。

 スーパーボウルに「3回出場しながら未勝利」というチームは、ありません。

[2回出場しながら未勝利]
・シンシナティ・ベンガルズ 1982年、1989年
・カロライナ・パンサーズ 2003年、2016年
・アトランタ・ファルコンズ 1999年、2017年

 パンサーズの2016年スーパーボウルは、QBペイトン・マニングを擁するデンバー・ブロンコスに敗れました。戦前の予想では、若きQBキャム・ニュートンを擁したパンサーズの攻撃力が優位と言われていました。

 ファルコンズの2017年は、あのペイトリオッツを追い込みましたが、まさかの大逆転負けを喫しました。「勝てる時に勝っておかないと・・・」という感じがしたものです。

 ベンガルズの1989年の相手チームは、サンフランシスコ49ersでした。
 QBジョー・モンタナ選手による、あの有名な「ザ・ドライブ」が生まれたゲームだったのです。そしてベンガルズは16-20で敗れました。
 NFLの歴史に燦然と輝くプレーで敗れたのですから、ある意味では止むを得なかったのでしょうが、そうしたプレーに出くわしてしまったことは、不運であったのかもしれません。

③ 最後にスーパーボウルに出場してから最も時間が経っているチーム

 一度でもスーパーボウルに出場しているチームで、最も長い間スーパーボウルから遠ざかっているチームです。

 最長は、1968年以来出場が無いニューヨーク・ジェッツです。
 続いては、1969年以来出場が無いカンザスシティ・チーフスでした。
 1976年が最後の出場のバイキングス、1984年が最後のマイアミ・ドルフィンズと続きます。

 ジェッツ、チーフスはこの時スーパーボウルを制していますが、バイキングスとドルフィンズは敗れています。

 各チームのファンは、スーパーボウルの舞台に帰ってきてくれることを待望しているのではないでしょうか。

 NFL2019~20年シーズンの開幕に向けて、これまでのスーパーボウルについて、つらつらと書いてみました。
 書いている間、様々なシーンが脳裏に蘇りました。
 特に、QBフラン・ターケントン選手のプレーを、とても懐かしく思い出しました。

 2019~20年シーズンでも、素晴らしいシーンが沢山生まれることでしょう。
関連記事
スポンサーサイト



NEXT Entry
[LPGA2019] 鈴木愛選手 ニトリレディス大会 快勝!
NEW Topics
[MLB2020・WS] アロザリナ選手VSベッツ選手・シーガー選手
[日本陸上競技選手権2020(観客数制限)-6] 女子100mH 青木益未選手 好記録で優勝
[競馬(観客数制限)] 天皇賞(秋)2020の注目馬
[全日本スピードスケート距離別選手権2020] 一戸誠太郎選手と高木美帆選手の活躍
[MLB2020・WS第6戦(観客数制限)] ドジャース 21世紀初の「世界一」
[PGA・ZOZOチャンピオンシップ2020(無観客)] 日本人プレーヤー「8名」が出場
[MLB2020・WS第5戦(観客数制限)] ドジャース ブルペンの踏ん張りで「王手」
[MLB2020・WS第4戦(観客数制限)] レイズ 逆転サヨナラ勝ちで2勝2敗のタイ
[日本陸上競技選手権2020(観客数制限)-5] 女子円盤投げ 齋藤真希選手 55m41cmの好記録で優勝
[UEFA-CL2020~21] グループリーグ 開幕
[競馬(観客数制限)] 菊花賞2020の注目馬
[MLB2020・WS第2戦] レイズ 「負けられない試合」を制す
[MLB2020・WS第1戦] 「大エース」 クレイトン・カーショー投手の好投
[MLB2020ポストシーズン] ランディ・アロザリナ選手 PS7ホームランのルーキー新記録
[MLB2020NLCS(観客数制限)] ロサンゼルス・ドジャース ワールドシリーズ進出
[MLB2020ALCS(無観客)] 「2点の壁」 タンパベイ・レイズがワールドシリーズ進出
[箱根駅伝2021] 予選会
[PGAツアー2020~21] 相次ぐ ベテランプレーヤーの復活優勝
[競馬(観客数制限)] 秋華賞2020の注目馬
[MLB2020・ALCS(無観客)] ダスティ・ベイカー監督の丁寧な継投策
[MLB2020NLリーグチャンピオンシップ] 大型内野手の対決
[MLB2020リーグチャンピオンシップ(観客数制限)] 両リーグ共に一方的な展開
[NBAファイナル2020(無観客)] レイカーズ 10年振りの優勝!
[全仏オープンテニス2020(観客数制限)男子シングルス] ラファエル・ナダル選手 圧倒的な強さ
[ゴルフ全米オープン2020] さすがのウイングドフット・ゴルフクラブ西コース
世界陸連セバスチャン・コー会長来日 「持続可能性が高いスタジアム」
[MLB2020・AL地区シリーズ(無観客)] レイズとアストロズがリーグチャンピオンシップに進出
[MLB2020-NL地区シリーズ(無観客)] ドジャースとブレーブスがリーグチャンピオンシップに進出
[ロンドンマラソン2020] エリウド・キプチョゲ選手 久しぶりの敗戦
「女子」ラグビーワールドカップの歴史
[日本陸上競技選手権2020(観客数制限)-4] 男子走り高跳び 真野友博選手 優勝!
[競馬コラム278・凱旋門賞2020] エイダン・オブライエン厩舎の4頭が出走取り消し
[日本陸上競技選手権2020(観客数制限)-3] 女子1,500m 田中希美選手 もの凄いスパート
[日本女子オープンゴルフ選手権2020(無観客)] 原英莉花選手と小祝さくら選手の激闘
[日本陸上競技選手権2020(観客数制限)-2] 女子200m 鶴田玲美選手の快走
[日本陸上競技選手権2020(観客数制限)] 女子100m 児玉芽生選手 素晴らしい加速
[MLB2020・ポストシーズン(無観客)] 地区シリーズの組合せが決まりました。
[MLB2020ポストシーズン(無観客)] シカゴ・カブス 2連敗で敗退
[競馬(無観客)] スプリンターズステークス2020の注目馬
[NPB2020(観客数制限)] 菅野智之投手 開幕12連勝!
[凱旋門賞2020(無観客)] エネイブルの史上初・3度目の制覇なるか。
[大相撲2020・9月場所(観客数制限)] 大活躍の4力士
[MLB2020ポストシーズン] ヤンキース 超強力打線でワイルドカードシリーズを2連勝で突破
[J1リーグ2020(観客数制限)] 三浦知良選手 53歳6か月で先発出場
[大相撲2020・9月場所(観客数制限)] 翔猿関 新入幕「三役揃い踏み」
[MLB2020(無観客)] レギュラーシーズン終了 ポストシーズン開幕
[飛び込み日本選手権水泳2020(無観客)] 玉井陸斗選手の大活躍
[大相撲2020・9月場所(観客数制限)] 正代関 初優勝
[MLB2020(無観客)] ダルビッシュ有投手 8勝目
[セリエA2020~21(無観客)] 9月19日 開幕
Entry TAG
NFL2019~20開幕間近・スーパーボウル雑感  
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

カエサルjr

Author:カエサルjr
「スポーツを考える-KaZ」ブログへ
ようこそ!
我が家の月下美人も16年目。同時に30個の花が咲くこともあります。スポーツも花盛りですね。一緒に楽しみましょう。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 123456789101112131415161718192021222324252627282930