FC2ブログ
HOME   »   ラグビー  »  [ラグビーワールドカップ2019] 「日本開催」の意味と価値
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 ラグビーワールドカップ2019の開幕が9月20日に迫りました。

 世界屈指の規模と注目度の高さを誇るスポーツイベントです。

 夏季オリンピックとサッカーワールドカップが、規模・注目度から観てのスポーツイベントの双璧とすれば、ラグビーワールドカップは、現在の世界3番目のビッグイベントということになるのでしょう。

 そのビックイベントが我が国で開催されるというのは、本当に素晴らしいことです。
 
 日本という国の歴史と「経済力」がベースとなっていることは言うまでもありませんが、ラグビーという世界的競技における、日本という国の位置付けの高さも、こうしたビッグイベントの開催を可能にしている要素のひとつです。

 また、今大会は「第9回」ワールドカップなのですが、日本代表チームは「9回連続出場」を達成しています。
 1987年の第1回ワールドカップから日本チームは欠かせない存在なのでしょうし、世界大会出場レベルを長きに渡って維持していることも、本当に凄いことです。

 また、ラグビーが大好きな国民が多く、小学校・中学校・高校・大学・社会人といった各年代における数多くのチーム、日本一を決める大会の存在、各階層での数多くの指導者の存在、ラグビーが出来るグラウンドの整備、等々、ラグビーというスポーツに関する「体制」が、国家として整っているということも、大切な要素なのです。

 19世紀後半にイングランドで生まれ*、あっという間に世界中に広まったラグビー競技ですが、我が国にも19世紀の終盤には伝えられました。(*本ブログ2012年9月7日の記事「[ラグビー] ラグビーのはじまり」をご参照ください)

 そして、1926年には日本ラグビーフットボール協会が創設され、大学ラグビーを中心として発展しました。慶応義塾大学チーム、早稲田大学チーム、明治大学チーム、同志社大学チームといったチームが、対抗戦を繰り広げたのです。
 こうした歴史が、日本ラグビーの礎になっていることも間違いなく、第二次世界大戦終了後、1950年代のオックスフォード大学チーム、ケンブリッジ大学チームの日本遠征を皮切りに、世界中の強豪チームが「極東の島国」に遠征するようになったのです。
 1959年には、オックスブリッジチームも来日しています。

 1970年代に入ると、日本ラグビーの国際化はますます進みました。
 1971年、イングランドチームが来日しましたが、9月28日の試合で日本チームは3-6という僅少差でイングランドチームに敗れています。
 1973年には、日本チームによる「グレートブリテン遠征」が行われました。
 イングランド、ウェールズ、スコットランドという「本場」に、日本チームが姿を現したのです。

 そして、1983年10月2日、ウェールズの「カーディフ・アームズパーク」(この競技場名を聞くだけで胸が躍ります)の試合において、日本チームはウェールズチームと戦い、24-29という接戦を演じました。世界を驚かせる結果でした。(ウェールズチームは「選抜」チームであって、「代表」チームでは無かったと記憶しています)

 さらに1989年5月28日、秩父宮ラグビー場で、日本チームはスコットランドチームを28-24で破りました。
 この時のスコットランドは、ブリティッシュ・ライオンズのオーストラリア遠征に主力メンバー割いていたために、最強の代表チームでは無かったのですけれども、それでもラグビー発祥の地「グレートブリテン」の強豪チームを破った価値は、「有り得ないことが起こった」という意味で、いささかも減ずるものでは無いと、今でも思います。
 テレビで観戦した「あの時の興奮・シーン」は、生涯忘れないでしょう。
 
 もうひとつ忘れてはならないことは、日本で行われるラグビーにおいては「暴力や暴行」が殆ど無いという点でしょう。
 レフェリングについても、例えば、我が国のワールドカップのレフェリーを買収して、不正な判定を創り出そうという行動を取る(どのチームの関係者であっても)こと自体が、難しい雰囲気があると思います。国の「文化」の問題なのでしょうか。
 こうした基本的な要素も、日本でワールドカップが開催される理由のひとつであろうと考えます。

 長い間「憧れの存在」であったラグビーワールドカップが、ついに日本で開催されます。

 「開催されること」自体が、日本のラグビー界、ひいては日本国にとっての大きな誇りであることは、言うまでもありません。

関連記事
スポンサーサイト



NEXT Entry
[U-18W杯2019] 台湾代表チーム 「堅守」の優勝
NEW Topics
[KONAMI OPEN 2020・1日目] 佐藤翔馬選手と川本武史選手の活躍
[PGAツアー2019~20・ジェネシス招待] 松山英樹選手 3打差の5位
[MLB2020スプリングトレーニング] 大谷翔平選手は「練習の虫」
[日本陸上競技選手権2020競歩20km男子] あってはならない「誤表示」
[世界距離別選手権2020] 日本チームの大活躍
[NPB2020春季キャンプ] 井口監督と吉井コーチを驚かせた 佐々木朗希投手
[UEFA-CL2019~20] 決勝トーナメント1回戦の見所
[フィギュアスケート四大陸選手権2020男子] 鍵山優真選手の健闘
[PGAツアー2019~20・ペブルビーチプロアマ2020] マニング兄弟のラウンド
[競馬コラム252] 2月9日(日)午前8時40分 中山競馬場正門前
[NFLスーパーボウル2020] チーフスのスピンプレー
[NPB2020] 「最強の右打者」 野村克也氏 逝く
[フィギュアスケート四大陸選手権2020男子] 羽生結弦選手の4回転ルッツへの挑戦
[NFL2019~20ポストシーズン] 「逆転」のチーフス
[NFL2019~20ポストシーズン] RBデリック・ヘンリー選手の活躍
[Jリーグ2020プレシーズン] 三浦知良選手が練習試合に登場
[NPB2020春季キャンプ] DeNA オマー・ビスケル氏が特別コーチ
[6か国対抗2020] 開幕
[東京パラリンピック2020] パラリンピアンの大活躍
[全豪オープン2020・男子シングルス] ジョコビッチ選手の強さ
新型コロナウイルス2020のスポーツ界への影響
[NFLスーパーボウル2020] カンザスシティ・チーフスが50年振り2度目の勝利
[競馬コラム251] サクラローレル号 死去
[大相撲2020・1月場所] 照ノ富士と宇良の優勝
[マラソン2020] ヴェイパーフライ問題 ひとまず決着
[NFL2019~20] イーライ・マニング選手の引退
[大相撲2020・1月場所] 霧馬山の大活躍
[NFL2020~21] ラスベガス・レイダーズの誕生
[NBA2020] コービー・ブライアント氏の事故死
[大相撲2020・1月場所後] 豪栄道関が引退表明
[NPB2020キャンプイン前] ワンポイントリリーフの禁止?
[大相撲2020・1月場所・千秋楽] 徳勝龍 14勝1敗で優勝!
[大阪国際女子マラソン2020] 松田瑞生選手 オリンピック代表を引き寄せる快走
[アメリカ野球殿堂2020] デレク・ジータ氏 候補1年目で殿堂入り
[冬季ユース五輪2020] アイスホッケー女子日本代表チーム 金メダル!
[大相撲2020・1月場所] 大一番 徳勝龍が正代を破る。
[アメリカLPGAツアー2020] 畑岡奈紗選手 プレーオフで惜しくも2位
[NFL2019~20ポストシーズン] スーパーボウル2020は 「チーフスVS 49ers」
[ジャパンラグビー・トップリーグ2020] 大盛況
[全日本卓球選手権2020・男子] シングルスは宇田幸矢選手が優勝
[全日本卓球選手権2020・女子] 早田ひな選手が2冠
[bリーグ・オールスターゲーム2020] 定着
[U-23アジア選手権2020タイ大会] 日本代表チーム 最下位でグループリーグ敗退
[NFL2019~20ポストシーズン] ディビジョナル・ゲーム
[全国高校サッカー2019~20・決勝] 静岡学園チーム 逆転で勝利
[大相撲2020・1月場所] 3日目を終えて 大波乱の土俵
[MLB2019オフシーズン] 秋山翔吾選手 シンシナティ・レッズ入り
[全国高校ラグビー2019~20・決勝] 桐蔭学園チーム 悲願の単独優勝!
[大相撲2020・1月場所・初日] 炎鵬関の人気
[全国大学ラグビー決勝2020] 早稲田大学チーム 16度目の優勝
Entry TAG
ラグビーWC2019・日本開催の意味と価値  
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

カエサルjr

Author:カエサルjr
「スポーツを考える-KaZ」ブログへ
ようこそ!
我が家の月下美人も16年目。同時に30個の花が咲くこともあります。スポーツも花盛りですね。一緒に楽しみましょう。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 1234567891011121314151617181920212223242526272829