FC2ブログ
HOME   »   ラグビー  »  [ラグビーワールドカップ2019-14] 2人で行うタックル
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 今大会眼につくプレーに「2人で行くタックル」があります。

 日本チームのディフェンスの基本プレーのひとつですが、オールブラックスも多用しています。

 もちろん、もともと行われていたプレーなのでしょうが、今大会ではとても目立つのです。

 このプレーは、スクラムサイドやラックサイドを突いて突進してくるプレーヤーに対して、守備側が「2人」でタックルに行くプレーです。
 攻撃側が走り始めたタイミング、まだトップスピードに乗る前に2人でタックルして、確実に突進を止める為に行うプレーに観えます。

 どんなプレーにも長所と短所がある(当たり前のことを書き恐縮です)のですが、このプレーの長所は、「相手の突進を止める確率が高いこと」でしょう。短所は、ひとりのプレーヤーにふたりで対応するのですから、「守備側のひとり分のスペースが空いてしまうこと」なのでしょう。従って、守備側は確実に止めないとピンチに繋がる可能性があるのです。

 とはいえ、これだけ「2人で行くタックル」が多用されているところを観ると、このプレーの効果が大きいことは間違いなさそうです。

 およそ、攻撃プレーにおいて最も効果的なのは、「対面のプレーヤーを抜く・交わす」プレーです。しっかりとした守備ラインが構築されている状況で、攻撃のチャンスを創り出すためには、どこかのタイミングで、ボールを持ったプレーヤーガ相手プレーヤーを抜かなければ、なかなか上手く行かないのは道理です。
 常に1対1でコンタクトを受けていては、なかなか守備ラインを突破することができないからです。

 従って、「抜く」ために各チームは、様々なサインプレーやスペシャルプレーを実施するわけですが、こうした特別なプレーを使わなくとも、個人のスキルで「抜いて」いくことができれば、それが最も効果的であることは自明です。何しろ、1対1で拭き去れば、その先にスペースが広がっていて、相手守備ラインの多くが「オフサイドポジション」になるからです。

 世界中のラグビーチームが、「個人のスキルで抜いていけるプレーヤー」を待望している理由も、そこにあるのでしょう。

 抜く方法・スキルは、個々のプレーヤーにより様々です。
 「圧倒的なスピード」や「素早いステップ」は、その代表的なものでしょうが、ステップと言っても個々のプレーヤーにより様々です。キレの良いサイドステップで抜いて行く選手もいれば、するりするりと「掴まりそうで掴まらない」ランを魅せる選手もいます。ランスピードに緩急を付ける選手もいます。そのテクニックこそが、その選手を「世界的プレーヤー」に押し上げて行く要素なのです。

 ワールドカップですから、そうしたテクニックを具備したプレーヤーが、各チームに数多く存在するのも当然のことなのでしょう。何しろ「世界一を決める大会」なのですから。

 そうしたハイレベルなプレーヤーに、スクラムサイドやラックサイドを抜かれてしまっては、たちまちピンチが訪れます。そうしたプレーヤーは、そのまま一気にトライする能力も有るのです。

 そうしたプレーヤーを相手に「1人でタックル」に行っても、サイドステップなどにより簡単に交わされてしまうリスクが有ることは、容易に想像が付きます。

 そこで「2人で行くタックル」が登場するのでしょう。

 「2人で行くタックル」は1人の場合よりも「タックルの幅が広い」ので、たとえ1人が捉まえきれなくとも、もう1人が仕留めることができる確率は高いでしょう。
 ひとりではパワーで抜かれてしまうような状況でも、ふたりなら対応可能というケースもありそうです。
 これらのことから、2対1の形により1人分の「スペースを与えるリスク」よりも、守備側のメリットが大きいと判断して、採用されているものと考えられます。

 もちろん、「2人で行くタックル」は相手チームのランナーが動き始めた時点で行わなければならないもの、相手チームのランナーが十分に加速してからでは、逆に2人共交わされて、相手ランナーに大きなスペースを与えるリスクが高いプレーになるのでしょうから、日本チームやオールブラックスもそのことは十分に承知の上で行っていると思われます。

 「2人で行くタックル」は、体格面・パワー面ではやや劣るであろう日本チームにとって、とても重要なプレーであり、日本チームの決勝トーナメント進出に向けてのキープレーのひとつでもあるのでしょう。

関連記事
スポンサーサイト



NEXT Entry
[競馬コラム245・凱旋門賞2019] エネイブル号を破る馬は現れるのか?
NEW Topics
[温故知新2020-競泳1] 男子100m自由形 日本チームの黄金時代
[FIFAワールドカップ2010準々決勝] ドイツチームの完勝
[温故知新2020-男子テニス2] 「史上最強」 ロッド・レーバー選手
[競馬(無観客)] 優駿牝馬(オークス)2020の注目馬
[温故知新2020-陸上競技2] 男子1,500m オリンピック金メダリストの記録
[温故知新2020-陸上競技1] 男子100m オリンピック金メダリストの記録
[ラグビーワールドカップ2011プールA] 日本チーム フランスチームを相手に65分まで4点差の健闘
[温故知新2020男子テニス-1] ウィンブルドンを勝てなかった イワン・レンドル選手
[競馬コラム268・ヴィクトリアマイル2020] 感動的なレース
[FIFAワールドカップ1986決勝] アルゼンチンチーム 2度目の優勝
[競馬(無観客)] ヴィクトリアマイル2020の注目馬
[NPB・MLB2020] 「開幕」に向けての動き
[ブンデスリーガ2019~20] 無観客での再開へ
[競馬コラム267-日本馬の海外挑戦12] 2009年 牝馬の挑戦
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] ブラジルチーム 貫録の勝利
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] 日本チーム 史上初のPK戦
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] ランパード選手 「幻」のゴール
[Jリーグ2020] イニエスタ選手のオンライントークショー
[競馬(無観客)] NHKマイルカップ2020の注目馬
[NBA2020] 個人トレーニング再開に向けての動き
[UEFA-EURO2012-グループD] イングランドとフランスの激突
[競馬コラム266-天皇賞(春)2020] フィエールマンの連覇とC.ルメール騎手の天皇賞4連勝
[UEFA-EURO2012-グループB] ポルトガル デンマークとの接戦を制す
[競馬コラム265・下鴨ステークス2020] スズカルパン 100戦出走達成!
[UEFA-EURO2012-グループA] 開幕戦 ギリシャチーム 驚異の粘り
[UEFA-EURO2012-グループD] フランスチームの堅守
[競馬(無観客)] 天皇賞(春)2020の注目馬
[UEFA-EURO2012-グループC] イタリアとクロアチア 一歩も引かず
[競馬コラム264-日本馬の海外挑戦11] 2007年 シンガポール競馬への進出
[UEFA-EURO2012準々決勝] クリスティアーノ・ロナウドVSチェフ
[競馬コラム263-日本馬の海外挑戦10] 2006年 ハーツクライとデルタブルース
[スーペルコパ2020準決勝] FCバルセロナ よもやの敗退
[UEFA-EURO2012準決勝] 「怪物」バロテッリ選手の2ゴール
[マラソン2020] 「心臓破りの丘」 山田敬蔵氏 逝去
[競馬コラム262-日本馬の海外挑戦-9] 2005年 ゼンノロブロイとハットトリック
[MLB2020・MVPランキング] バリー・ボンズ選手の凄さ
[フィギュアスケート2020春・世界ランキング] 羽生選手、紀平選手が共に1位
[NPB2020] 菅野智之投手 超絶の仕上がり
[高校野球2020] 花巻東高校 女子野球部が練習開始
[大相撲2020] 豊ノ島の引退
[UEFA-EURO2008決勝] スペインチーム 黄金時代の幕開け
[UEFA-EURO1976準決勝] 降りしきる オランダチームの涙雨
[競馬(無観客)] 皐月賞2020の注目馬
[UEFA-EURO1984準決勝] フランスチーム ポルトガルチームとの「死闘」を制す
[NPB2020] 関根順三氏 逝去
[FIFAワールドカップ1994決勝] ブラジルチーム 4度目の優勝
[競馬コラム261-日本馬の海外挑戦8] 2004年からの4年連続のアメリカンオークス挑戦
[ラグビーワールドカップ2011準決勝] フランスチーム ウェールズチームを振り切る
[FIFAワールドカップ1978決勝] アルゼンチンチーム 初優勝
[競馬(無観客)] 桜花賞2020の注目馬
Entry TAG
ラグビーWC2019-14・2人で行うタックル  
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

カエサルjr

Author:カエサルjr
「スポーツを考える-KaZ」ブログへ
ようこそ!
我が家の月下美人も16年目。同時に30個の花が咲くこともあります。スポーツも花盛りですね。一緒に楽しみましょう。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031