FC2ブログ
HOME   »   ラグビー  »  [ラグビーワールドカップ2019プールA] 日本チーム 4トライを奪ってサモアチームに快勝!
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
[10月5日・豊田スタジアム]
日本38-19サモア

 日本代表チームが、前半1・後半3、計4トライを挙げて、サモア代表チームに快勝し、プールAでの成績を3連勝としました。

 前半は「蹴り合い」で始まりました。
 日本のスタンドオフSO田村選手とサモアのセンターCTBタエフ選手がペナルティーゴールPGの応酬を披露しました。互いに2本ずつを決めて6-6の同点。
 田村選手は前半24分に3本目も決めて、日本が9-6とリードしました。

 そして前半28分、日本の松島選手が右サイドを突進しました。
 この突進は素晴らしい威力で、サモアゴール前1~2mに迫ったのです。
 そこから左に展開した日本チームは、ティモシー選手が左中間にトライしました。日本チームが持ち味を発揮した、見事なトライでした。
 田村選手のゴールも成功して、日本は16-9とリードして、前半を終えました。

 前半を終えて、サモアチームの強さ、勝利への強い執念が感じられました。
 当然のことながら、まだまた決勝トーナメント進出をあきらめてはいなかったのです。

 個々のプレーヤーのフィジカルの強さで勝負するサモアラグビーは、日本が苦手とするラグビーで、これまで4勝11敗と大きく負け越していた相手ですから、4トライを奪っての勝利どころか、勝敗は全く分からないというのが、前半終了時点の試合の流れであったと思います。

 後半が始まり、サモアチームが「ギアを変えて」きました。ぐいぐいと前に出ます。
 後半5分にはタエフ選手のPGで12-16と追い上げます。
 日本陣内でのプレーが続き、相当に押し込まれた展開でしたが日本チームは良く凌ぎました。特に、リーチ選手を中心とするフォワードFW陣の精力的な守備が印象的でした。

 このディフェンスが実ったのでしょう。後半11分、田村選手のPGが決まって、19-12と再びリートを広げたのです。このPGは、試合の流れの中では大きかったと感じます。

 そして後半14分、日本チームに見事なプレーが飛び出しました。
 ドライビングモールから姫野選手がトライを挙げたのです。
 モールが前進するスピード、迫力とも十分なプレーでした。ワールドカップにおける、日本チームとしての最高のドライビングモールであったかもしれません。

 これで26-12とリードを広げ、ゲームは日本チームに大きく傾きました。
 
 しかし、後半32分、リスタートからの日本チームのミスを付いて、サモアチームがトライを奪い、再び19-26と1トライ・1ゴール差となりました。
 今大会、日本チームに多い、キックを確保できないというミスでしたが、相手チームに大きな地域を提供してしまうミスは、絶対に回避していただきたいと思います。

 このプレーの直後の35分、福岡選手のトライが生れました。
 右サイドに展開し、最後の5mは福岡選手のスピードによるトライでした。
 アイルランド戦を思い出させるプレーでした。

 さて、これで3トライとなり、ゲーム勝利をほぼ手中にした日本チームは、時間が無い中で「4トライ目」を狙いにかかったのです。
 悲願の決勝トーナメント進出に向けては、ボーナスポイントの重要性は誰もが分かっていることなのです。

 スクラムトライを狙い、何度もサモアゴールに迫った後のラストプレー。
 後半43分、左に展開し、最後は松島選手が飛び込みました。素晴らしい、本当に素晴らしい突破力とステップとスピードでした。

 このゲームでは、松下幸太朗選手のランが再三威力を発揮しました。
 私にとっては、このゲームのMVPです。

 さて、われらが日本代表チームはプールAを3連勝としました。
 しかし、決勝トーナメントへの道は、まだまた険しいのです。
 2015年大会と同様に、「強い2チームが存在する一次リーグでは3勝しても必ずしも2位以内を確保できない」のです。

 日本チームには10月13日のスコットランド戦が待っています。
 この試合で「勝利するか引分け」れば、決勝トーナメント進出が成ります。
 
 もちろん、スコットランドチームは、日本チームが38-19で破ったサモアチームを34-0で破っています。強力なサモアチームの攻撃を零封しているのです。
 「得失点は正直」ですから、スコットランドの方が日本より力量上位であることは間違いないのでしょう。

 とはいえ今大会、日本チームはアイルランドチームを破っています。
 スコットランドチームを相手に、「ミラクル再び」を実現していただきたいものです。

 また、その可能性もあると感じます。

関連記事
スポンサーサイト



NEXT Entry
[世界陸上2019ドーハ] 日本男子競歩チームの大活躍
NEW Topics
[MLB2019] 新人王は、ピート・アロンソ選手とヨルダン・アルバレス選手
[卓球ワールドカップ団体2019] 中国チームの強さ
[ラグビーワールドカップ2019-38] 素晴らしいキッカー達
[大相撲2019・11月場所・2日目] 関脇以上の力士が全敗することは、もはや珍しいことではないのか?
[UEFA-CL2019~20・グループリーグ] 4試合を終えて
[ラグビーワールドカップ2019-37] アイルランドチームは何故蹴り出してしまったのか?
[ラグビーワールドカップ2019-36] 上がり続けた日本戦の視聴率
[ラグビーワールドカップ2019-35] 不動のセンター ラファエレ・ティモシー選手
[大相撲2019・11月場所] 活躍が注目される10名の力士
[競馬] エリザベス女王杯2019の注目馬
[ラグビーワールドカップ2019-34] 俊敏・松島幸太朗選手
[ラグビーワールドカップ2019-33] どこにでも顔を出す ボーデン・バレット選手
[全日本大学駅伝2019] 相澤晃選手 「別次元」の走り
[ワールドカップ2019-32] ファフ・デクラーク選手のハイパント
[MLB2019ワールドシリーズ] スティーブン・ストラスバーグ投手 MVP
[ラグビーワールドカップ2019・決勝] 南アフリカチーム 3度目の世界制覇
[競馬コラム247・菊花賞2019] メロディーレーン号の健闘
[MLB2019ワールドシリーズ] ナショナルズ 敵地4勝で「世界一」
[PGAツアー・ZOZOチャンピオンシップ2019] タイガー・ウッズ選手 優勝!
[ラグビーワールドカップ2019-30] 決勝の見所
[MLB2019ワールドシリーズ] 3勝3敗となって最終戦へ
[Jリーグカップ2019] コンサドーレとフロンターレの「死闘」
[ラグビーワールドカップ2019準決勝-2] ウェールズVS南アフリカ 観戦記
[ラグビーワールドカップ2019準決勝-1] イングランドVSニュージーランド 観戦記
[ラグビーワールドカップ2019-27] 日本チームのプレデター 堀江翔太選手
[ラグビーワールドカップ2019-26] キャプテン リーチ・マイケル選手
[NBA2019~20] 八村塁選手 開幕戦に先発出場
[NPB2019日本シリーズ] ソフトバンクホークス 4連勝で日本一
[競馬] 天皇賞(秋)2019の注目馬
[ラグビーワールドカップ2019-25] 準決勝の見所
[MLB2019ワールドシリーズ第2戦] ストラスバーグ投手とバーランダー投手の投げ合い
[MLB2019] ワールドシリーズ 開幕
[ラグビーワールドカップ2019-24準々決勝] 南アフリカチームの「堅守」
[ラグビーワールドカップ2019-23準々決勝] ウェールズVSフランス 「死闘」
[ラグビーワールドカップ2019-22準々決勝] オールブラックス 圧倒的なスピードで快勝!
[ラグビーワールドカップ2019-21準々決勝] イングランド 勝ち切る。
[マラソン2019年10月] 男女のマラソンで相次ぐ好記録
[MLB2019・NLCS] ワシントン・ナショナルズ 4連勝でワールドシリーズ進出
[ラグビーワールドカップ2019-20] 涙を流している「おじさん」達
[競馬] 菊花賞2019の注目馬
[NPB2019CS] 日本シリーズは読売ジャイアンツVSソフトバンクホークス
[ラグビーワールドカップ2019-19] 準々決勝の見所
[世界陸上2019・男子円盤投げ] 大接戦
[リーガエスパニョーラ2019~20] 第8節を終えて 早くも「3強」の争い
[ラグビーワールドカップ2019プールA] 日本代表チーム 4戦全勝 1位で決勝トーナメント進出
[MLB2019・ALCS] 田中将大投手 6イニング被安打1無失点の好投!
[プレミアリーグ2019~20] 第8節を終えて 突っ走るリバプール
[MLB2019ポストシーズン] 激戦が続いた地区シリーズ
[ラグビーワールドカップ2019-17] 外国の人達が多い。
[競馬] 秋華賞2019の注目馬
Entry TAG
ラグビーWC2019プールA・日本サモアに快勝  
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

カエサルjr

Author:カエサルjr
「スポーツを考える-KaZ」ブログへ
ようこそ!
我が家の月下美人も16年目。同時に30個の花が咲くこともあります。スポーツも花盛りですね。一緒に楽しみましょう。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 123456789101112131415161718192021222324252627282930