FC2ブログ
HOME   »   日本プロ野球  »  [NPB2019] 「大投手」 金田正一氏 逝く
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 国鉄スワローズと読売ジャイアンツで活躍した投手、金田正一氏が逝去したと、10月6日報じられました。86歳でした。

 「巨星墜つ」という感じがします。

 金田正一投手は、日本プロ野球史を代表する投手のひとりであり、史上最高の投手のひとりでした。
 通算400勝など、その大記録の数々は枚挙に暇が有りません。

① シーズン最多勝3度、最多敗3度

 1950年から1969年まで、国鉄で15シーズン、巨人で5シーズンの計20シーズンを戦った金田投手ですが、その間、最多勝タイトルは1957年の28勝、1958年の31勝、1963年の30勝の3度あります。
 さすがに400勝投手なのですが、そのタイトル回数としては、やや少ないというイメージです。

 一方で、最多敗は1951年の21敗、1954年の23敗、1960年の22敗の3度あります。

 国鉄スワローズの大エースとして、登板回数が多く、決して強力とは言えなかったスワローズ打線の援護も小さかったであろう状況下、「負け数も多かった」のが、こうした記録に結びついているのでしょう。

 これが「400勝298敗」、概ね「4勝3敗」という通算記録に結びついているのです。

 もちろん、大エースの証です。

② 最多奪三振タイトル10度、通算4,490奪三振

 金田投手の偉大さを語る時、決して忘れてはならないのは、「奪三振数」です。
 本当にキレの良いストレートとカーブの威力は、NPB史上屈指のものです。

 とても自然な力みの無いフォーム(NPB史上最も美しい左投手投球フォームではないかと感じています)から、もの凄いスピードの速球が投じられると思えば、ほぼ同じ球道から鋭いカーブが投じられるのですから、打者にとって、特に一流打者にとっては、とても打ち難い投手でした。

 通算4,490奪三振は、現在でもNPB最高記録ですし、当時はMLBとNPBを通じても最多記録(=世界最高記録)でした。
 MLBでは、その後、ノーラン・ライアン投手、ランディー・ジョンソン投手、ロジャー・クレメンス投手が、この記録を抜いています。
 「それぐらい高度な記録」なのです。

 1955年(昭和30年)の日米野球で、来日したニューヨーク・ヤンキースの主砲ミッキー・マントル選手を3打席3三振に切って取ったことは、有名な話です。
 打撃の神様・川上哲治選手とは、234打席で被本塁打0、奪三振41という記録が残っています。
 「一流打者が打てない投手」の面目躍如でしょう。

 NPB最高の「ドクターK」であることは、言うまでもありません。

③ 通算38本塁打

 金田投手は、「打撃の良さ」でも知られています。
 元祖「二刀流」と呼んでも良いレベルでしょう。

 投手として登板した試合での本塁打は36本(NPB史上1位)、代打として2本塁打を加えて、通算38本塁打なのです。
 通算8度敬遠されていて、1962年シーズンには4度も敬遠されています。
 打者としても、相手チームに恐れられる存在だったのです。

 現役を引退後、金田投手はロッテオリオンズの監督に就任し、8シーズン監督を務め、1974年にはリーグ優勝、日本シリーズ優勝も達成しています。
 こちらの活躍も素晴らしいものなのですが、やはり「プレーヤーとしての記録・存在感が大きすぎる」ために、やはり「金田と言えば大投手」なのだと思います。

 1960年(昭和35年)前後、その頃普及し始めたテレビジョンの画面を、日本プロ野球が最も飾った時代、プロ野球放送がテレビ番組の主役であった時代、プロ野球が「お茶の間の王様」であった時代に、そのプロ野球界を代表するプレーヤーであったのは、長嶋茂雄選手、王貞治選手、金田正一投手であったと、私は思います。
 この3選手の美しくも素晴らしく力強いプレーから、私達はどれほどの喜び・希望・勇気をいただいたことでしょう。

 その3巨星のひとつが堕ちたのです。

 ご冥福をお祈り申し上げます。

関連記事
スポンサーサイト



NEXT Entry
[MLB2019地区シリーズ] 田中将大投手 ポストシーズン4勝目
NEW Topics
[NBA2019~20・プレーオフ(無観客)] NBAファイナル進出への戦い
[MLB2020(無観客)] 大谷翔平選手 7号2ランホームラン
[NFL2020~21(無観客)] 開幕 そして第2週 総額1億円超の罰金
[リーガエスバニョーラ2020~21(無観客)] 9月12日 開幕
[プレミアリーグ2020~21(無観客)] 9月12日 開幕
[PGAツアー2020~21(無観客)・全米オープン] ブライソン・デシャンボー選手 初優勝
[大相撲2020・9月場所(観客数制限)] 中日を終えて 稀に見る大混戦
[テニス全米オープン2020(無観客)女子シングルス] 「チームなおみ」の存在感
[MLB2020(無観客)] 全60試合の約50試合を終えて
[2020年インディ500(無観客)] 佐藤琢磨選手 2度目の優勝!
ウイングドフット・ゴルフクラブ・西コースで開催された、過去5度の全米オープン
[陸上競技インカレ2020(無観客)] 女子100m競走 児玉芽生選手  11秒35
[陸上競技インカレ2020(無観客)] 男子走り幅跳び 橋岡優輝選手 8m29cm!
[NPB2020(観客数制限)] 岡本和真選手の2本のホームラン
[テニス全米オープン2020(無観客)女子シングルス] 大坂なおみ選手 2度目の制覇!
[MLB2020(無観客)] 田中将大投手 今シーズン2勝目
[NPB2020(観客数制限)] 原辰徳監督 通算1,067勝!
[テニス全米オープン2020女子シングルス] 大坂なおみ選手 2度目の決勝進出!
[スーパーラグビー2020] 初の女性主審が笛!
[PGAツアー2019~20(無観客)] ダスティン・ジョンソン選手 初の年間王者
[大相撲2020・9月場所(観客数制限)] 活躍が注目される10名の力士
[MLB2020(無観客)レギュラーシーズン] 約40ゲームを終えて
[PGAツアー2019~20プレーオフシリーズ最終戦] 2日目を終えて
[全米オープンテニス2020(無観客)女子シングルス] 大坂なおみ選手 4回戦進出
[MLB2020(無観客)] 「どっしりと」 ダルビッシュ有投手 7連勝
[温故知新2020-競泳10] 女子100m背泳ぎ オリンピック金メダリストの記録
[温故知新2020-陸上競技14] 女子4×100mリレー オリンピックメダル獲得チーム
[競馬コラム277] 2020年のイギリス競馬クラシックレース
[PGA2019~20プレーオフ第2戦(無観客)] 松山英樹選手 「懸命」の戦い
[ニトリレディスゴルフ2020(無観客)] 笹生優花選手 2大会連続優勝
[MLB2020(無観客)] ダルビッシュ有VS秋山翔吾 ダルビッシュ6連勝!
[2020年・甲子園高校野球交流試合(無観客)-4] 白いスパイク
[MLB2020(無観客)] 菊池雄星投手 今シーズン初勝利
[MLB2020(無観客)] 山口俊投手 メジャー初勝利
[セイコーゴールデングランプリ陸上2020(無観客)] 女子1,500m 田中希実選手の日本新記録
[MLB2020(無観客)] 前田健太投手 開幕4連勝
[MLB2020(無観客)] ダルビッシュ有投手 5連勝
[PGA2019~20プレーオフ第1戦(無観客)] ダスティン・ジョンソン選手 独走優勝!
[UEFA-CL2019~20(無観客)] バイエルン・ミュンヘン 6度目の優勝
[2020年・甲子園高校野球交流試合(無観客)-3] 16試合で柵越えのホームランは2本
[UEFA-CL2019~20(無観客)] 決勝T会場はポルトガルの「カテゴリー4」スタジアム
[2020年・甲子園高校野球交流試合(無観客)-2] 東西の横綱対決
[2020年 甲子園高校野球交流試合(無観客)] 明石商チーム・中森俊介投手 登板
[UEFA-CL2019~20(無観客)] 決勝は「パリ・サンジェルマンVSバイエルン・ミュンヘン」
[Jリーグ2020(観客数制限)] 川崎フロンターレ 10連勝
[NPB2020(観客数制限)] 菅野智之投手 完封勝利で開幕8連勝!
[NEC軽井沢72ゴルフ大会2020(無観客)] 笹生優花選手 プロ入り2戦目で初優勝
[UEFA-CL2019~20(無観客)] ベスト4 出揃う
[NPB2020(観客数制限)] 小川泰弘投手 ノーヒットノーラン達成!
[FIFAワールドカップ2002・決勝] セレソン 5度目の制覇
Entry TAG
NPB2019・「大投手」金田正一氏逝去  
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

カエサルjr

Author:カエサルjr
「スポーツを考える-KaZ」ブログへ
ようこそ!
我が家の月下美人も16年目。同時に30個の花が咲くこともあります。スポーツも花盛りですね。一緒に楽しみましょう。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 123456789101112131415161718192021222324252627282930