FC2ブログ
HOME   »   日本プロ野球  »  [NPB2019] 「大投手」 金田正一氏 逝く
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 国鉄スワローズと読売ジャイアンツで活躍した投手、金田正一氏が逝去したと、10月6日報じられました。86歳でした。

 「巨星墜つ」という感じがします。

 金田正一投手は、日本プロ野球史を代表する投手のひとりであり、史上最高の投手のひとりでした。
 通算400勝など、その大記録の数々は枚挙に暇が有りません。

① シーズン最多勝3度、最多敗3度

 1950年から1969年まで、国鉄で15シーズン、巨人で5シーズンの計20シーズンを戦った金田投手ですが、その間、最多勝タイトルは1957年の28勝、1958年の31勝、1963年の30勝の3度あります。
 さすがに400勝投手なのですが、そのタイトル回数としては、やや少ないというイメージです。

 一方で、最多敗は1951年の21敗、1954年の23敗、1960年の22敗の3度あります。

 国鉄スワローズの大エースとして、登板回数が多く、決して強力とは言えなかったスワローズ打線の援護も小さかったであろう状況下、「負け数も多かった」のが、こうした記録に結びついているのでしょう。

 これが「400勝298敗」、概ね「4勝3敗」という通算記録に結びついているのです。

 もちろん、大エースの証です。

② 最多奪三振タイトル10度、通算4,490奪三振

 金田投手の偉大さを語る時、決して忘れてはならないのは、「奪三振数」です。
 本当にキレの良いストレートとカーブの威力は、NPB史上屈指のものです。

 とても自然な力みの無いフォーム(NPB史上最も美しい左投手投球フォームではないかと感じています)から、もの凄いスピードの速球が投じられると思えば、ほぼ同じ球道から鋭いカーブが投じられるのですから、打者にとって、特に一流打者にとっては、とても打ち難い投手でした。

 通算4,490奪三振は、現在でもNPB最高記録ですし、当時はMLBとNPBを通じても最多記録(=世界最高記録)でした。
 MLBでは、その後、ノーラン・ライアン投手、ランディー・ジョンソン投手、ロジャー・クレメンス投手が、この記録を抜いています。
 「それぐらい高度な記録」なのです。

 1955年(昭和30年)の日米野球で、来日したニューヨーク・ヤンキースの主砲ミッキー・マントル選手を3打席3三振に切って取ったことは、有名な話です。
 打撃の神様・川上哲治選手とは、234打席で被本塁打0、奪三振41という記録が残っています。
 「一流打者が打てない投手」の面目躍如でしょう。

 NPB最高の「ドクターK」であることは、言うまでもありません。

③ 通算38本塁打

 金田投手は、「打撃の良さ」でも知られています。
 元祖「二刀流」と呼んでも良いレベルでしょう。

 投手として登板した試合での本塁打は36本(NPB史上1位)、代打として2本塁打を加えて、通算38本塁打なのです。
 通算8度敬遠されていて、1962年シーズンには4度も敬遠されています。
 打者としても、相手チームに恐れられる存在だったのです。

 現役を引退後、金田投手はロッテオリオンズの監督に就任し、8シーズン監督を務め、1974年にはリーグ優勝、日本シリーズ優勝も達成しています。
 こちらの活躍も素晴らしいものなのですが、やはり「プレーヤーとしての記録・存在感が大きすぎる」ために、やはり「金田と言えば大投手」なのだと思います。

 1960年(昭和35年)前後、その頃普及し始めたテレビジョンの画面を、日本プロ野球が最も飾った時代、プロ野球放送がテレビ番組の主役であった時代、プロ野球が「お茶の間の王様」であった時代に、そのプロ野球界を代表するプレーヤーであったのは、長嶋茂雄選手、王貞治選手、金田正一投手であったと、私は思います。
 この3選手の美しくも素晴らしく力強いプレーから、私達はどれほどの喜び・希望・勇気をいただいたことでしょう。

 その3巨星のひとつが堕ちたのです。

 ご冥福をお祈り申し上げます。

関連記事
スポンサーサイト



NEXT Entry
[MLB2019地区シリーズ] 田中将大投手 ポストシーズン4勝目
NEW Topics
[温故知新2020-競泳1] 男子100m自由形 日本チームの黄金時代
[FIFAワールドカップ2010準々決勝] ドイツチームの完勝
[温故知新2020-男子テニス2] 「史上最強」 ロッド・レーバー選手
[競馬(無観客)] 優駿牝馬(オークス)2020の注目馬
[温故知新2020-陸上競技2] 男子1,500m オリンピック金メダリストの記録
[温故知新2020-陸上競技1] 男子100m オリンピック金メダリストの記録
[ラグビーワールドカップ2011プールA] 日本チーム フランスチームを相手に65分まで4点差の健闘
[温故知新2020男子テニス-1] ウィンブルドンを勝てなかった イワン・レンドル選手
[競馬コラム268・ヴィクトリアマイル2020] 感動的なレース
[FIFAワールドカップ1986決勝] アルゼンチンチーム 2度目の優勝
[競馬(無観客)] ヴィクトリアマイル2020の注目馬
[NPB・MLB2020] 「開幕」に向けての動き
[ブンデスリーガ2019~20] 無観客での再開へ
[競馬コラム267-日本馬の海外挑戦12] 2009年 牝馬の挑戦
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] ブラジルチーム 貫録の勝利
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] 日本チーム 史上初のPK戦
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] ランパード選手 「幻」のゴール
[Jリーグ2020] イニエスタ選手のオンライントークショー
[競馬(無観客)] NHKマイルカップ2020の注目馬
[NBA2020] 個人トレーニング再開に向けての動き
[UEFA-EURO2012-グループD] イングランドとフランスの激突
[競馬コラム266-天皇賞(春)2020] フィエールマンの連覇とC.ルメール騎手の天皇賞4連勝
[UEFA-EURO2012-グループB] ポルトガル デンマークとの接戦を制す
[競馬コラム265・下鴨ステークス2020] スズカルパン 100戦出走達成!
[UEFA-EURO2012-グループA] 開幕戦 ギリシャチーム 驚異の粘り
[UEFA-EURO2012-グループD] フランスチームの堅守
[競馬(無観客)] 天皇賞(春)2020の注目馬
[UEFA-EURO2012-グループC] イタリアとクロアチア 一歩も引かず
[競馬コラム264-日本馬の海外挑戦11] 2007年 シンガポール競馬への進出
[UEFA-EURO2012準々決勝] クリスティアーノ・ロナウドVSチェフ
[競馬コラム263-日本馬の海外挑戦10] 2006年 ハーツクライとデルタブルース
[スーペルコパ2020準決勝] FCバルセロナ よもやの敗退
[UEFA-EURO2012準決勝] 「怪物」バロテッリ選手の2ゴール
[マラソン2020] 「心臓破りの丘」 山田敬蔵氏 逝去
[競馬コラム262-日本馬の海外挑戦-9] 2005年 ゼンノロブロイとハットトリック
[MLB2020・MVPランキング] バリー・ボンズ選手の凄さ
[フィギュアスケート2020春・世界ランキング] 羽生選手、紀平選手が共に1位
[NPB2020] 菅野智之投手 超絶の仕上がり
[高校野球2020] 花巻東高校 女子野球部が練習開始
[大相撲2020] 豊ノ島の引退
[UEFA-EURO2008決勝] スペインチーム 黄金時代の幕開け
[UEFA-EURO1976準決勝] 降りしきる オランダチームの涙雨
[競馬(無観客)] 皐月賞2020の注目馬
[UEFA-EURO1984準決勝] フランスチーム ポルトガルチームとの「死闘」を制す
[NPB2020] 関根順三氏 逝去
[FIFAワールドカップ1994決勝] ブラジルチーム 4度目の優勝
[競馬コラム261-日本馬の海外挑戦8] 2004年からの4年連続のアメリカンオークス挑戦
[ラグビーワールドカップ2011準決勝] フランスチーム ウェールズチームを振り切る
[FIFAワールドカップ1978決勝] アルゼンチンチーム 初優勝
[競馬(無観客)] 桜花賞2020の注目馬
Entry TAG
NPB2019・「大投手」金田正一氏逝去  
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

カエサルjr

Author:カエサルjr
「スポーツを考える-KaZ」ブログへ
ようこそ!
我が家の月下美人も16年目。同時に30個の花が咲くこともあります。スポーツも花盛りですね。一緒に楽しみましょう。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031