FC2ブログ
HOME   »   ラグビー  »  [ラグビーワールドカップ2019プールA] 日本代表チーム 4戦全勝 1位で決勝トーナメント進出
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
[10月13日・横浜国際競技場]
日本28-21スコットランド

 夢のようなゲームでした。

 ブレイブブロッサムズは、スコットランドチームを破り、史上初の決勝トーナメント進出を決めたのです。
 それも、一次リーグ・プールAを全勝としての「首位通過」。

 アイルランドやスコットランドというラグビー先進国の代表チームとの、勝ち点の高低による競合いの中での突破では無く、結果としては「圧倒的な成績」による、堂々たる突破でした。
 ワールドカップにおけるひとつの壁を破ったのではなく、ふたつまとめて破った、ひとつは「決勝トーナメント進出」、もうひとつは「一次リーグ全勝・首位通過」という二つの壁を突破した、まさに歴史的な勝利でした。

 およそ世界中のラグビーファン・関係者が、想像もしていなかったこと、地元日本においても、「まさか全勝」「アイルランドとスコットランドの両チームに勝利」を実現したのです。
 「奇跡」と呼んでも足りないような戦い振りでしょう。

 ゲームは静かにスタートしました。
 ゲーム前、「最初の15分間でおおよそ分かる」と予想していましたが、その15分間で日本チームは、その地力を示してくれました。

 日本チームの「キックオフボールへのお粗末な対応」は、相変わらずでした。
 これを満足に確保することが出来ないというのは、今大会の日本チームの最大の弱点ですが、このゲームでも関連したミスによって大きく地域を失い、前半6分のスコットランドチームの先制トライの遠因となりました。
 ゴール前10m以内への前進を許してしまうと、スコットランドの様な一流チームを止めるのが至難の技であることは自明です。

 残された練習時間や戦術を構築する時間が少ないので、もう遅いかもしれませんが、決勝トーナメントに向けて、キックオフのボールを「確保する」方策を、日本チームには是非習得していただきたいものです。そのボールから、上手く攻撃に転ずるなどという「高度な」ことは考える必要はないと思います。とにかく、味方のボールとして確保すること、相手チームに簡単にボールを奪われることが無いように対応することが出来れば十分であり、今大会の日本チームならば、それ以上のことは望まない方が良いとさえ感じます。

 さて、簡単に先制トライ・ゴールを許してしまった日本チームですが、肝心の「前半15分までの戦い方」であれば、これは十分に戦えるという感触でした。
 アイルランド戦と同様に「互角のフィジカル」を実現していたからです。

 これなら、過去の強豪チームとの戦いで観られたような、「相手チームのやりたい放題」というゲームは回避できるし、日本チームがやりたいことも、ある程度できるであろうと観られました。
 日本チームの圧力、前に出るパワーは、決してスコットランドチームに劣らないものだったのです。

 次第にペースを掴んできた日本チームが、持ち前の攻撃を披露したのが、前半18分のトライでした。2人のスピードスターが、持ち味を発揮したのです。
 左サイドから、ウイングスリークオーターバックWTB福岡堅樹選手が突破し、相手のタックルによってバランスを崩して倒れながら「オフロードパス」を、もうひとりのWTB松島幸太朗選手に通しました。素晴らしいバランスと正確なパスでした。
 パスを受けた松島選手は、世界屈指のスピードを擁するランニングを披露して、真っ直ぐスコットランド陣に走り込みました。
 WTB福岡選手からWTB松島選手へのホットライン、ブレイブブロッサムズ「自慢」のウイングの威力が存分に発揮されたトライでした。

 スタンドオフSO田村優選手のコンバージョンキックも、なんとか決まって、日本チームは7-7の同点としました。

 ここから前半終了までは、日本チームがゲームを支配しました。
 あらゆる面でスコットランドチームを上回ったと言っても、過言ではないでしょう。

 前半26分、WTB松島選手の右サイドでの突進(この大会で再三威力を発揮する松島選手の突進です)から、ボールは真ん中方向に展開されました。
 そして、フッカーHO堀江翔太選手へのパス、これが相手プレーヤーとの競り合いの中でのギリギリのパスとなって「入れ替わった様なタイミング」となりました。この一連のプレーの中でポイントとなったものだと思いますが、「入れ替わり」はラグビーのプレーの中でとても大きな威力を発揮するのです。相手プレーヤーの後方のスペースに走り込み、大きく前進することが出来るのです。
 この時の堀江選手も3m位の前進を果たしました。
 相手ゴール前の3mの前進というのは、とてつもなく大きなもので、この前進によって、スコットランドチームのディフェンスラインがとても「細い」ものとなりました。

 SO堀江選手から、ロックLOトンプソン・ルーク選手への「オフロードパス」が決まり、相手プレーヤーのタックルを受けたルーク選手から、フルバックFBウィリアム・トゥポウ選手への「オフロードパス」が通り、相手プレーヤーのタックルを受けたトゥポウ選手から、ゴール前に走り込んでいたプロップPR稲垣啓太選手への「オフロードパス」が通って、稲垣選手がそのまま走り込んでトライ。
 「3本のオフロードパスを連ねた」見事なトライでした。

 「前半の日本チームには『教科書に出てくるようなプレー』が多かった」と、海外メディア、強豪国のラグビー関係者のコメントが紹介されていますが、このプレーなどは、まさに「お手本」のような、トライを取るための「お手本」のようなプレーでしょう。
 味方プレーヤーが突進する「後方」を、良い距離感で付いて行き、タックルを受けたプレーヤーは、倒れる寸前に、付いている味方プレーヤーをしっかりと目視で確認して、取り易く正確なパスを投げるという連続プレー。こうしたプレーが出来れば、ゴール前で相手チームを抜くことが出来、トライに結び付くという、ラグビーの教科書に記載することは出来るが、実践することは極めて難しいことを、日本チームはやってのけたのです。

 「大会ファイネスト・トライ」という概念・賞が存在するのかどうか知りませんけれども、もしそういう制度があるのであれば、稲垣選手のトライは候補となることでしょう。

 試合後、稲垣選手は、「このチームに加わって7年経つが、トライを挙げたことは初めて。こんなに大事なゲームでトライすることが出来て、本当に嬉しい」と、ニコリともせず、全く笑顔の無い表情で語りました。(稲垣選手は「笑わないプレーヤー」として知られています)

 通常であれば、トライに縁が無いポジションである「プロップPR」である稲垣選手が、基本に忠実に、味方プレーヤーの後方の良い距離感の位置に付けながら、精力的に走り続けていた努力と集中力が実った、本当に素晴らしいトライでした。

 このトライにより、ゲームは日本チームが14-7とリードしました。
 ついに逆転したのです。

 日本チームがゲームを支配する時間帯か続いていた前半36分、日本チームはペナルティーキックを得ました。SO田村選手が慎重に狙います。
 日本チームにとっては向かい風の中の、距離のあるキックでした。
 このキックは決まったかに観えましたが、最後のところで左に曲がり、惜しくも入りませんでした。決まっていれば17-7の10点差で、前半を終えることが出来たのですから、とても残念な結果となりました。

 この日本チームのペナルティーキックが決まらなかったことを受けて、スコットランドチームに「ホッとした様子・空気」が流れました。「これで日本チームの時間帯を終えることが出来る」「何とか7点差で後半に入れる」と考えたのでしょう。
 ラグビー競技を国技とし、1871年に世界初のテストマッチ「イングランド対スコットランド」を行ったラグビー発祥国のひとつスコットランド代表チームとしても、この時間帯の日本チームの「圧力」は抗しがたいレベルだったのでしょう。
 「ホッとした」のも、止むを得なかったかもしれません。

 ところが、その前半39分、日本チームの前半最後の攻撃が展開されたのです。
 ホッとして、やや動きが悪くなったスコットランドチームの右サイドから左に展開し、センタースリークオーターバックCTBラファエレ・ティモシー選手が突進し、キックパス。このキックパスをWTB福岡選手が綺麗にキャッチし、そのまま素晴らしいランニングを魅せてトライしました。
 スコットランド守備陣が見せた一瞬の隙を突いた、これも「教科書に載っている」ような、見事なトライでした。

 「キックパスからのトライ」はこのように行うもの、であることをティモシー選手のプレーが見事に示していましたし、2つ目の大きなバウンドのボールを右手で冷静にキャッチした福岡選手のプレーも、まさに「お手本」でしょう。
 そして何より、「残り時間が少ない中」で、美しい「展開ラグビー」を正確に実施した、日本チームの「チームとしての動き」が、最も「お手本」となるものであることは、言うまでもありません。

 日本チームは21-7とリードして、前半を終えたのです。

 前半を終えた時、私は「素晴らしい3本のトライ」を魅せていただいた日本チームに、心底から「ありがとう」と呟きました。感謝しか無い、前半戦でした。

 さて、後半が始まる時、私は「次の得点がどちらに入るか」によって、ゲームの帰趨は決まると感じていました。
 そして、後半開始早々から、スコットランドチームは「フルスロットル」で向かってきたのです。前半とは見違えるような気迫とスピードでした。

 世界屈指の強豪チームが「全力でアタック」してくるのですから、迫力満点でした。
 当然ながら「前掛かり」となったのです。

 その後半2分、良く守っていた日本チームに素晴らしいプレーが誕生したのです。
 WTB福岡選手が相手プレーヤーが保持するボールを奪って、そのまま独走、ど真ん中にトライしました。
 信じられないような個人技でした。

 相手チームの右胸に確保されていたボールを掻き出し、ポンと浮いたボールを確保しました。ボールがフィールドに落ちていればノックオンの判定であったかもしれませんが、福岡選手は落ち着いてボールを受け取り、その後は持ち前のスピード十分なランニングで、スコットランドチームのプレーヤーの追跡を許しませんでした。

 相手チームのボールを奪い取るのは、ラグビーにおいて最も重要で最も基本的なプレーです。立ったままで、相手プレーヤーが保持するボールを奪い取るのですから、ベーシックには「腕力勝負」であり、最近は「ジャッカル」と呼ばれたりしますが(「ジャッカル」という言葉は、ラグビー競技の公用語ではないと思いますが・・・)、この時の福岡選手のプレーは、パワー+タイミングも絶妙でした。アメリカンフットボール競技置ける「掻き出し」に近いプレーにも観えました。

 いずれにしても、この福岡選手の個人技によるトライで、日本チームは28-7とリードを広げました。後半最初の得点も日本チームが挙げたのです。
 「この試合、勝った」と私は思いました。こうした大試合での3ポゼッション差は、とても大きなものなのです。

 しかし、事はそう簡単では無かったのです。(考えてみれば、当然のことなのですが)

 後半開始早々の福岡選手のトライによってリードを広げた日本チームは、その後も快調に攻めました。この時間帯が、この試合において「日本チームが最も気持ち良く攻めた」時間帯であったと思います。「やりたい放題」という感じもしました。

 しかし、ワールドカップにおいて、世界屈指の強豪チームを相手に「やりたい放題」となれば、やや「調子に乗っている」という状況に陥るのも自然な話でしょう。日本チームは、やや緊張感を失っていたのかもしれません。
 続く得点機、相手ゴール前でボールを奪われて、陣地を押し返されてからは。「手負いのスコットランドチーム」の猛攻に晒されることとなりました。

 日本チームの弱点である、「キックオフボールを確保できないこと」と「ラインアウトが確保できない」という2課題も露呈して、スコットランドチームの必死のプレーの前に後退を続けたのです。

 不思議なもので、28-7とリードしてからは、日本チームのタックルも甘くなりました。
 「2人で行くタックル」も、前半の様には決まらなくなりました。
 おそらくは「僅かにタイミングが遅くなってきた」のでしょう。
 疲労が重なってきたことと、大きなリードで僅かに「気が緩んで」来ていたのだと思います。
 それまでなら、その場で止めていたタックルが、都度都度2~3mの前進を許すものとなりました。ひとつのプレーで+2~3mの前進を許容するものとなっては、毎回のようにゲインライン突破を許すこととなり、スコットランドチームの攻撃に勢いが出てきました。

 そして後半9分、再三の波状攻撃から、PRウィレム・ネル選手がトライを挙げました。反撃の狼煙が上がったのです。ラグビー競技の基本中の基本、ラックサイドのフォワードFWの突進で奪ったトライが、スコットランドチームに勇気を与えたことは言うまでも有りません。

 続く後半15分には、PRザンダー・ファーガソン選手がトライを挙げました。
 どんどん選手を交替するスコットランドチームが、フレッシュなプレーヤーによる怒涛の攻めを魅せて、連続トライを挙げたのです。
 これで21-28と「1トライ・1ゴール差」となり、試合の行方は全く予断を許さないものとなりました。

 この頃は、完全にスコットランドチームの時間帯、スコットランドがゲームを支配していた時間帯でした。
 後半12分に、スコットランドは一気に5名のプレーヤーを交替しました。
 中心プレーヤーであるスクラムハーフSHグレイグ・レイドロー選手さえ代えたのです。
 9分のネル選手のトライをきっかけとして、勝負に出たと見るべきなのでしょう。

 スコットランドチームの展開ラグビーに日本チームは後手後手となり、付いていけない状況が続きました。
 ピンチの連続。
 僅か6分間で2トライ・2ゴールを奪われ、まだ20分以上の試合時間が残っている状況でしたから、この後もトライを重ねられてしまい、勝利どころが、28-50位の大敗の可能性も十分有る状況となりました。
 日本チームの決勝トーナメント進出に暗雲が漂った時間帯でした。

 やはり「調子に乗ってのチームの緩み」は、怖いものだと感じました。

 こうした厳しい状況から日本チームを救ったのは、NO8姫野和樹選手のプレーでした。
 相手プレーヤーのボールを奪いに行くプレー、姫野選手が得意とするプレーを披露して、相手ボールを奪うことに成功したのです。
 この時、スコットランドのプレーヤーが激高し、両チームのプレーヤーが入り乱れての一触即発の状態となりました。
 この危険な状況はなんとか収まりましたけれども、こうした状況を惹起したことこそが、姫野選手のプレーの重さ、スコットランドチームにとっては「痛恨の失球」であったことを如実に示しています。

 このプレー以降、試合は再び「拮抗」したものとなりました。
 別の書き方をすれば「試合が落ち着いた」のです。

 一進一退の攻防の中で、時間が着々と進みました。

 この時間帯では、交替で入ったPR中島イシレリ選手の突進プレーが印象的でした。
 ボールを受けて2~3mの前進を実現するのです。
 試合終了間際、両チームの選手が疲労困憊の中での「2~3mの前進」は、とても貴重なプレーです。
 反撃したいスコットランドチームにとっては、とても厄介なプレーであったことでしょう。
 インパクトプレーヤーとしてのイシレリ選手は、日本チームにとってとても大きな存在なのです。

 試合時間75分、後半35分を過ぎてから、日本チームは冷静なプレーを繰り広げました。
 当然ながら「強引にボールを取りに来る」スコットランドチームに対して、ラックでのボール確保に注力したのです。
 とはいえ、正攻法で相手プレーヤーを剥がしに来る、そしてボールを奪いに来るスコットランドチームのプレーは迫力十分でした。世界の強豪チームのパワーと執念の凄さを存分に感じさせてくれるプレーが続いたのです。

 これから決勝トーナメントのゲームに臨むブレイブブロッサムズとしては、「ラックが完成」したからといって、安心することなど到底できないこと、日本国内のゲームであれば、決して失うことの無い体勢からでも、あっという間にボールを奪われるリスクが有ることを痛感させてくれるプレーの数々でもあったことでしょう。

 残り時間が着々と短くなる中で、交替で入ったSH田中史朗選手が、ラックからのボール出しを少しでも遅らせようと努力を続けました。
 そして、出す時には、日本FW陣が3~4名で待ち受けているところに投げ、再びしっかりとしたラックを形成しました。

 日本ゴール前、右側から始まったこのプレーは、少しずつ左側に移動し、最後は日本陣左側となりました。

 試合時間が79分となり、残り1分となりました。

 この段階で28-21とリードしていた日本チームの決勝トーナメント進出は、ほぼ決まっていたのです(スコットランドチームにトライ&ゴールを取られたとしても「引分」となって日本チームが決勝トーナメントに進出できます)が、選手もファンも「このゲームを勝つ」ことに集中していたのです。
 試合における「本能」なのでしょう。

 そして80分を過ぎてホーンがなりました。

 田中選手はラックからボールを出し、これを日本チームが蹴り出して、ノーサイド。

 日本チームがスコットランドチームを破った瞬間でした。

 我が家でも大歓声と大拍手が上がりました。

 横浜国際競技場はもちろんとして、日本中のあらゆるところで「大歓声」が挙がっていたことでしょう。

 ジェイミー・ジョセフHC率いる日本代表チームは「大仕事」をやってのけました。

 アイルランドとスコットランドという、とても強い2つのチームを破って魅せたのです。
 プール戦で、この2チームを両方破るというのは、オールブラックスやスプリングボクス、ワラビーズといった強豪でも、それ程容易なことではないでしょう。

 まさに「快挙」なのです。

 「快挙」を実現していただいた日本代表チームの皆さんに、力の限りの拍手を送ります。

関連記事
スポンサーサイト



NEXT Entry
[リーガエスパニョーラ2019~20] 第8節を終えて 早くも「3強」の争い
NEW Topics
[アメリカ野球殿堂2020] デレク・ジータ氏 候補1年目で殿堂入り
[冬季ユース五輪2020] アイスホッケー女子日本代表チーム 金メダル!
[大相撲2020・1月場所] 大一番 徳勝龍が正代を破る。
[アメリカLPGAツアー2020] 畑岡奈紗選手 プレーオフで惜しくも2位
[NFL2019~20ポストシーズン] スーパーボウル2020は 「チーフスVS 49ers」
[ジャパンラグビー・トップリーグ2020] 大盛況
[全日本卓球選手権2020・男子] シングルスは宇田幸矢選手が優勝
[全日本卓球選手権2020・女子] 早田ひな選手が2冠
[bリーグ・オールスターゲーム2020] 定着
[U-23アジア選手権2020タイ大会] 日本代表チーム 最下位でグループリーグ敗退
[NFL2019~20ポストシーズン] ディビジョナル・ゲーム
[全国高校サッカー2019~20・決勝] 静岡学園チーム 逆転で勝利
[大相撲2020・1月場所] 3日目を終えて 大波乱の土俵
[MLB2019オフシーズン] 秋山翔吾選手 シンシナティ・レッズ入り
[全国高校ラグビー2019~20・決勝] 桐蔭学園チーム 悲願の単独優勝!
[大相撲2020・1月場所・初日] 炎鵬関の人気
[全国大学ラグビー決勝2020] 早稲田大学チーム 16度目の優勝
[PGA2019~20・トーナメントオブチャンピオンズ2020] ジャスティン・トーマス選手がプレーオフを制して優勝
[卓球2020] 東京オリンピック2020の代表決まる。
[NFL2019~20・ワイルドカード] ロースコアの激戦 ペイトリオッツも敗退
[競馬コラム250・ばんえい競馬2020] ホクショウマサル号 30連勝の日本新記録
[大相撲2020・1月場所] 活躍が期待される10名の力士
[NPB2019シーズンオフ] 2020年シーズンに向けて「複数年」の大型契約更改
[箱根駅伝2020] 1年生ランナーの活躍
[箱根駅伝2020] 青山学院大学チーム 5度目の優勝
[箱根駅伝2020・往路] 好コンディション and 好タイム
[リーガ・エスパニョーラ2019~20] エル・クラシコ 17年振りのスコアレスドロー
2020年のスポーツ界展望
2019年のエムウェーブと横浜国際総合競技場
[サッカー天皇杯2020] 決勝進出の2チーム
[2019年を振り返って-8・RWC43] 日本VSスコットランド 栄光のフィフティーン
[2019年を振り返って-7・RWC42] 日本VSアイルランド 栄光のフィフティーン
[2019年を振り返って-6・大相撲] 照ノ富士 関取に返り咲く
[競馬] ホープフルステークス2019の注目馬
[2019年を振り返って-5・世界陸上] 黄色いスパイクシューズ
[2019.年を振り返って-4・MLBイチロー引退-5] 「月間50安打」を4度!
[全日本フィギュア2019] 若手の成長
[箱根駅伝2020] 活躍が期待される10チーム
[2019年を振り返って-3・MLB] 大谷翔平選手 トミージョン手術からのリハビリを完了
[UEFA-CL2019~20] 大混戦だったグループG
[UEFA-CL2019~20] グループHの死闘
[2019年を振り返って-2・J1] 横浜F・マリノス 15年振りの優勝
[競馬] 有馬記念2019の注目馬
[UEFA-CL2019~20] ネイマール選手の復帰
[2019年を振り返って-1] 大坂なおみ選手 再びコーチを交替
[競馬コラム249・朝日杯FS2019] サリオス号の「速い二の脚」
[ラグビーワールドカップ2019-41] アダム・ヘイスティングス選手
[プレミアリーグ2019~20] 南野拓実選手がリバプールへ移籍?
[MLB2019オフシーズン] エンゼルスがアンソニー・レンドン選手と7年契約
[競馬コラム248・阪神JF2019] 「飛んだ」 レシステンシア号
Entry TAG
ラグビーWC2019プールA・日本チーム全勝1位  
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

カエサルjr

Author:カエサルjr
「スポーツを考える-KaZ」ブログへ
ようこそ!
我が家の月下美人も16年目。同時に30個の花が咲くこともあります。スポーツも花盛りですね。一緒に楽しみましょう。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031