FC2ブログ
HOME   »   ラグビー  »  [ラグビーワールドカップ2019-19] 準々決勝の見所
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 一次リーグ・プール戦を終えて、決勝トーナメント1回戦・準々決勝の組合せが決まりました。

① 10月19日・大分スポーツ公園総合競技場
イングランド(プールC1位)VSオーストラリア(プールD2位)

② 10月19日・東京スタジアム
ニュージーランド(プールB1位)VSアイルランド(プールA2位)

③ 10月20日・大分スポーツ公園総合競技場
ウェールズ(プールD1位)VSフランス(プールC2位)

④ 10月20日・東京スタジアム
日本(プールA1位)VS南アフリカ(プールB2位)

 日本チームを除けば、大会前の予想に近い形の組合せが並んでいると思います。(こういう書き方をすると、日本チームのファンからお叱りを受けそうですが・・・)
 
 それだけ、ブレイブブロッサムズの「躍進」が際立っているということに他なりません。

 我らが代表チームは、「もの凄いことをやっている」のです。

 どのカードも、見所満載というか、現在の世界最高峰のラグビーを披露していただける組合せとなりました。
 これらの試合を日本で観ることができるというのは、本当に、本当に素晴らしいことです。

 さて、準々決勝第1試合、イングランドとオーストラリアのゲームは、大接戦になりそうです。
 今大会の優勝候補の一角として、イングランドチームは「さすが」の戦い振りを示していますが、一方でオーストラリア・ワラビーズも「さすが」の戦いを展開しているのです。
 9月29日のプールD首位争奪戦と目されたウェールズチームとの戦いは、まさに激闘。25-29で惜しくも敗れたとはいえ、一時は25-26という1点差の時間帯が続きました。
 ウェールズチームは2019年の6か国対抗で全勝優勝を飾った、今大会の優勝候補の一角です。そのウェールズと互角の戦いを繰り広げたという点で、「ワラビーズは強い」と観ます。

 とはいえ、イングランドは今大会ここまで、「正攻法」のゲームを続けているように観えます。あのエディー・ジョーンズHCのことですから、「決勝トーナメント向けのスペシャルプレー」を用意している可能性も十分に有りますので、そのスペシャルプレーの威力を勘案すると、少しイングランドが有利ということでしょうか。

 準々決勝第2試合、ニュージーランドVSアイルランドは、ニュージーランドがやや有利でしょう。

 今大会もオールブラックスの「基本に忠実なプレー」は抜群の破壊力を魅せています。
 「合理的なプレーの積み重ね」が、「負け難いゲーム」を生み出しているのです。

 アイルランドは、よもやの日本戦での敗戦から立ち直りつつありますが、まだ本来の「前に出るパワー」全開とは言えないと感じます。

 準々決勝第3試合、ウェールズVSフランスは、ウェールズがやや有利と観ます。

 ウェールズは、本来のゲームを披露していますので、今年の6か国対抗での戦いが再現される可能性が高いと観ます。
 ウェールズチームも「手の内を見せていない」印象が有りますので、ベスト8でのプレーが楽しみです。

 フランスチームは、「死の組・プールC」を良く勝ち抜きました。緒戦のアルゼンチンとの死闘を23-21で制したことが大きかったのですが、10月6日のトンガ戦も23-21と辛勝しています。勝負強いとも言えるのでしょうが、やや得点力不足という見方もありそうです。

 準々決勝第4試合、日本VS南アフリカは、南アフリカがやや有利と観ます。

 パワー、スピードの両面から、南アフリカチームが日本チームを上回っていると感じます。
 日本大会における「高温多湿」という、日本チームにとっての有利な点(慣れているという意味で)も、秋が深まるにつれて、海外のチームが戦い易い気候となって来ましたので、ここからは「地力の差」が明確に出てくる可能性が高いのでしょう。

 スタンドオフSOハンドレ・ポラード選手はもちろんとして、ウイングWTBチェスリン・コルビ選手のスピードとパワーは止めることが非常に困難ですし、シヤ・コリシ選手、ピーターステフ・デュトイ選手、ドゥエイン・フェルミューレン選手のフォワード第3列の運動量・突破力は、今大会屈指のものでしょう。
 もちろん、「決勝トーナメントに強い南アフリカ」として、日本チームについての研究・分析も完璧な形で行っていると観るのが、自然です。
 このチームを破るのは、至難の技なのです。

 もちろん、日本チームにもチャンスが無いわけではありません。
 松島選手や福岡選手といった「日本が誇るスピードスター」が、前半の内に威力を発揮し、前半で2トライを奪うことができれば、後半の競り合いに持ち込むことができそうです。
 ブレイブブロッサムズがスプリングボクスに一泡吹かせることができるとすれば、「スピードで勝る」以外には無いと考えます。南アフリカチームの想像を超えるスピードの発揮と維持が、ポイントとなるでしょう。

 ワールドカップ2019日本大会も、残すところ8試合となりました。
 
 ここからは「一発勝負」ですから、各チームが全力を振り絞るゲームが続きます。
 
 プール戦を大きく超えるパワーとスピードの勝負。
 プレーにおける「一瞬の差」が勝敗を分けるのです。

 世界最高峰のゲームが、本当に楽しみです。

関連記事
スポンサーサイト



NEXT Entry
[NPB2019CS] 日本シリーズは読売ジャイアンツVSソフトバンクホークス
NEW Topics
[温故知新2020-競泳1] 男子100m自由形 日本チームの黄金時代
[FIFAワールドカップ2010準々決勝] ドイツチームの完勝
[温故知新2020-男子テニス2] 「史上最強」 ロッド・レーバー選手
[競馬(無観客)] 優駿牝馬(オークス)2020の注目馬
[温故知新2020-陸上競技2] 男子1,500m オリンピック金メダリストの記録
[温故知新2020-陸上競技1] 男子100m オリンピック金メダリストの記録
[ラグビーワールドカップ2011プールA] 日本チーム フランスチームを相手に65分まで4点差の健闘
[温故知新2020男子テニス-1] ウィンブルドンを勝てなかった イワン・レンドル選手
[競馬コラム268・ヴィクトリアマイル2020] 感動的なレース
[FIFAワールドカップ1986決勝] アルゼンチンチーム 2度目の優勝
[競馬(無観客)] ヴィクトリアマイル2020の注目馬
[NPB・MLB2020] 「開幕」に向けての動き
[ブンデスリーガ2019~20] 無観客での再開へ
[競馬コラム267-日本馬の海外挑戦12] 2009年 牝馬の挑戦
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] ブラジルチーム 貫録の勝利
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] 日本チーム 史上初のPK戦
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] ランパード選手 「幻」のゴール
[Jリーグ2020] イニエスタ選手のオンライントークショー
[競馬(無観客)] NHKマイルカップ2020の注目馬
[NBA2020] 個人トレーニング再開に向けての動き
[UEFA-EURO2012-グループD] イングランドとフランスの激突
[競馬コラム266-天皇賞(春)2020] フィエールマンの連覇とC.ルメール騎手の天皇賞4連勝
[UEFA-EURO2012-グループB] ポルトガル デンマークとの接戦を制す
[競馬コラム265・下鴨ステークス2020] スズカルパン 100戦出走達成!
[UEFA-EURO2012-グループA] 開幕戦 ギリシャチーム 驚異の粘り
[UEFA-EURO2012-グループD] フランスチームの堅守
[競馬(無観客)] 天皇賞(春)2020の注目馬
[UEFA-EURO2012-グループC] イタリアとクロアチア 一歩も引かず
[競馬コラム264-日本馬の海外挑戦11] 2007年 シンガポール競馬への進出
[UEFA-EURO2012準々決勝] クリスティアーノ・ロナウドVSチェフ
[競馬コラム263-日本馬の海外挑戦10] 2006年 ハーツクライとデルタブルース
[スーペルコパ2020準決勝] FCバルセロナ よもやの敗退
[UEFA-EURO2012準決勝] 「怪物」バロテッリ選手の2ゴール
[マラソン2020] 「心臓破りの丘」 山田敬蔵氏 逝去
[競馬コラム262-日本馬の海外挑戦-9] 2005年 ゼンノロブロイとハットトリック
[MLB2020・MVPランキング] バリー・ボンズ選手の凄さ
[フィギュアスケート2020春・世界ランキング] 羽生選手、紀平選手が共に1位
[NPB2020] 菅野智之投手 超絶の仕上がり
[高校野球2020] 花巻東高校 女子野球部が練習開始
[大相撲2020] 豊ノ島の引退
[UEFA-EURO2008決勝] スペインチーム 黄金時代の幕開け
[UEFA-EURO1976準決勝] 降りしきる オランダチームの涙雨
[競馬(無観客)] 皐月賞2020の注目馬
[UEFA-EURO1984準決勝] フランスチーム ポルトガルチームとの「死闘」を制す
[NPB2020] 関根順三氏 逝去
[FIFAワールドカップ1994決勝] ブラジルチーム 4度目の優勝
[競馬コラム261-日本馬の海外挑戦8] 2004年からの4年連続のアメリカンオークス挑戦
[ラグビーワールドカップ2011準決勝] フランスチーム ウェールズチームを振り切る
[FIFAワールドカップ1978決勝] アルゼンチンチーム 初優勝
[競馬(無観客)] 桜花賞2020の注目馬
Entry TAG
ラグビーWC2019-19・準々決勝の見所  
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

カエサルjr

Author:カエサルjr
「スポーツを考える-KaZ」ブログへ
ようこそ!
我が家の月下美人も16年目。同時に30個の花が咲くこともあります。スポーツも花盛りですね。一緒に楽しみましょう。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031