FC2ブログ
HOME   »   駅伝・マラソン  »  [マラソン2019年10月] 男女のマラソンで相次ぐ好記録
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 まず10月12日、男子マラソンの衝撃的なニュースが飛び込んできました。

 エリウド・キプチョゲ選手(ケニア出身・34歳。現世界最高記録2時間1分39秒保持者)の「2時間切り」です。

 ウィーンで、「42.195kmを2時間以内で走破する」ための企画・イベントが開催されたのですが、そのイベントで「1時間59分40秒」という記録を、あっさりと叩き出してしまうところが、キプチョゲ選手の凄いところでしょう。(もちろん未公認記録ですが・・・)

 報じられているところによれば、平たんなコースを使用し、「風よけ」として前に5名のランナーが走り、後方には2名のペースメーカーが配されて、入れ替わりでハイペースを示現したとのこと。
 1kmを2分50秒のペースで、ハーフを59分台とし、そのままゴールインしたと。
 ゴール前でのキプチョゲ選手は、疲労困憊という様子では無く、余裕さえ感じられたと言います。

 何だか凄い話ですが、キプチョゲ選手にはそれだけの走力が備わっていて、条件さえそろえば、公認されるレースでも「2時間切り」が十分に可能であるということなのでしょう。

 「世界は遥か彼方を走っている」のです。

 続いて10月13日、シカゴマラソン大会で、ブリジット・コスゲイ選手が「2時間14分4秒」の女子マラソン世界最高記録を叩き出したと、報じられました。
 こちらは公認記録です。

 16年振りの世界最高記録更新ですが、前の記録を1分以上縮める見事なものです。

 コスゲイ選手はケニア出身の25歳。
 2018年にシカゴマラソンで優勝した時には2時間18分35秒だった記録を、2019年4月のロンドンマラソンで2時間18分20秒に伸ばし、今回の快挙に結びつけた形ですが、わずか4ヵ月で4分以上の自己記録更新という、「長足の記録の伸び」は、凄いの一言でしょう。

 シカゴマラソンは記録が出やすい「高速コース」として知られています。
 私達の記憶に残っているのは、2001年の大会で、やはりケニアのキャサリン・ヌデレバ選手が2時間18分47秒を出して、当時の世界最高記録、高橋尚子選手の2時間19分46秒を更新したレースでしょう。

 高橋選手も「2時間20分切り」を実現した女子ランナーとして、世界に名を轟かせていたのです。
 日本女子マラソンの全盛期の話ということになります。

 そして、有名なポーラ・ラドクリフ選手(イギリス)が2003年にロンドンマラソンで2時間15分25秒という「驚異的な」記録を樹立しました。
 この記録が、長く女子マラソン世界最高記録として存在してきたのです。

 男子マラソンには「サブテンランナー」という言葉が有ります。
 2時間10分を切るランナーという意味ですが、これが「一流ランナーの証」なのです。
 現在でも、日本マラソン界であれば「ひとつの道標」としての存在感を維持しているのですが、女子ランナーが2時間15分を切って来るようになると、男子の「サブテン」という言葉も、そろそろお蔵入りの時期かなという感じもします。

 2つの驚異的な記録が、2019年10月に生まれました。

 男子は「2時間00分」、女子は「2時間15分」というのが、今後の世界のマラソンの記録の基準となる時代が来たのでしょう。

関連記事
スポンサーサイト



NEXT Entry
[ラグビーワールドカップ2019-21準々決勝] イングランド 勝ち切る。
NEW Topics
[ISU-GPファイナル2019] 素敵な「負けず嫌い」 羽生結弦選手
[大学駅伝男子2019~20] かつてない大混戦
[世界トランポリン2019] 森ひかる選手の大活躍
[全日本相撲選手権2019] 谷岡倖志郎選手 優勝!
[NBA2019~20] 八村塁選手 開幕から20試合連続先発出場!
[競馬] 阪神ジュベナイルフィリーズ2019の注目馬
[NFL2019~20] 2012年のドラフトで指名を受けた、3名のクオーターバック
[NPB2019シーズンオフ] 新しい背番号で心機一転
[世界トランポリン2019] 日本代表チームの大活躍
[バドミントン全日本選手権2019] 世界トップクラスの戦い
[日本ラグビートップリーグ2020] クボタスピアーズの充実
[NPB2019シーズンオフ] 新人王は村上宗隆選手と高橋礼投手
[MLB2019オフシーズン] MVPはマイク・トラウト選手とコディ・ベリンジャー選手
[関東大学ラグビー対抗戦2019] 「伝統」の早明戦 25年振りの全勝対決
[競馬] チャンピオンズカップ2019の注目馬
[ATPシングルスランキング2019] ラファエル・ナダル選手 通算200週目の1位
[NPB2019シーズンオフ] MVPは坂本勇人選手と森友哉選手
[MLB2019オフシーズン] サイヤング賞は、ジャスティン・バーランダー投手とジェイコブ・デグロム投手
[大相撲2019・11月場所] まとめ
[ラグビーワールドカップ2019-40] 選手の首根っこ下の四角いポケットにはGPS?
[UEFA EURO2020] 予選グループリーグを終えて、本戦出場20チームが決まりました。
[プリメイラリーガ2019~20] 第11節を終えて
[競馬] ジャパンカップ2019の注目馬
[明治神宮野球大会2019] 中京大中京高校と慶応大学が優勝!
[ラグビー日本代表2019] ジェイミー・ジョセフHC 2023年まで日本チームの指揮を採る。
[F1ブラジルGP2019] ホンダ 28年振りのワンツーフィニッシュ
[エールディヴィジ2019~20] 第13週を終えて
[プレミア12・2019] 日本チーム 優勝!
[リーグアン2019~20] 第13節を終えて
[ラグビーワールドカップ2019-39] 先制点の重み
[セリエA2019~20] 第12節を終えて
[MLB2019オフシーズン] アストロズに組織的な「サイン盗み」疑惑?
[競馬] マイルチャンピオンシップ2019の注目馬
[MLB2019オフシーズン] NPBから挑戦する3名の野手はどうなる?
[ブンデスリーガ2019~20] 第11節を終えて
[MLB2019] 新人王は、ピート・アロンソ選手とヨルダン・アルバレス選手
[卓球ワールドカップ団体2019] 中国チームの強さ
[ラグビーワールドカップ2019-38] 素晴らしいキッカー達
[大相撲2019・11月場所・2日目] 関脇以上の力士が全敗することは、もはや珍しいことではないのか?
[UEFA-CL2019~20・グループリーグ] 4試合を終えて
[ラグビーワールドカップ2019-37] アイルランドチームは何故蹴り出してしまったのか?
[ラグビーワールドカップ2019-36] 上がり続けた日本戦の視聴率
[ラグビーワールドカップ2019-35] 不動のセンター ラファエレ・ティモシー選手
[大相撲2019・11月場所] 活躍が注目される10名の力士
[競馬] エリザベス女王杯2019の注目馬
[ラグビーワールドカップ2019-34] 俊敏・松島幸太朗選手
[ラグビーワールドカップ2019-33] どこにでも顔を出す ボーデン・バレット選手
[全日本大学駅伝2019] 相澤晃選手 「別次元」の走り
[ワールドカップ2019-32] ファフ・デクラーク選手のハイパント
[MLB2019ワールドシリーズ] スティーブン・ストラスバーグ投手 MVP
Entry TAG
マラソン2019年10月・男女で好記録相次ぐ  
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

カエサルjr

Author:カエサルjr
「スポーツを考える-KaZ」ブログへ
ようこそ!
我が家の月下美人も16年目。同時に30個の花が咲くこともあります。スポーツも花盛りですね。一緒に楽しみましょう。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031