FC2ブログ
HOME   »   ラグビー  »  [ラグビーワールドカップ2019-23準々決勝] ウェールズVSフランス 「死闘」
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
[10月20日・大分スポーツ公園総合競技場]
ウェールズ20-19フランス

 準々決勝4試合の中で、一番の「接戦」でした。

 後半30分を過ぎ、試合時間残り10分を切って、ゲームはフランスチームが19-13とリードしていました。
 前評判を覆して、フランスチームがウェールズチームを破って、準決勝に駒を進めるのではないか、という雰囲気がありました。

 フランスチームは、とても上手に試合を進めていたのです。

 ゲームが落ち着く前の前半5分、ロックLOセバスティアン・バハマヒナ選手が先制トライ、続いて前半8分、フランカーFLシャルル・オリボン選手がトライとして、一気に12-0とリードしたのです。

 特に2本目のオリボン選手のトライは、「3プレーヤーが並行して走りパスを連ねる」という、まさにシャンパンラグビーの典型的なトライ、「美しい」トライでした。
 フランスの先制攻撃が、見事に実ったのです。

 ウェールズチームも、こうしたフランスチームの先制攻撃は予測していたというか、フルスロットルでのフランスの入り、は時折観られるもの(2019年の6か国対抗のこの対戦でも、フランスがいきなり16-0とリードし、ウェールズがこれを逆転しました)ですので、慌てることなく、おっとり刀で反撃の機を狙っていました。

 そして前半12分、ウェールズFLアーロン・ウェーンライト選手が独走のトライを決めて、7-12とし、その後スタンドオフSOダン・ビガー選手のペナルティゴールPGも決まって、10-12と2点差に追い上げたのです。

 ここまでは、ウェールズチームにとっては「計算済み」の試合内容であったことでしょう。

 この試合のフランスチームは、ここからが一味違いました。

 積極的な守備でウェールズの攻撃を抑え込むと、前半31分、センタースリークオーターバックCTBビリミ・バカタワ選手がトライを決めて、19-10と差を広げました。
 このゲームのバカタワ選手は「大活躍」と言って良く、攻撃のみならず、守備においてもチームのポイントとなるプレーを連発していました。素晴らしいプレーヤーだと思います。

 19-10の10点差で前半を終えたフランスチームは、おそらくは「狙い通り」の試合運びだったことでしょう。
 ウェールズチームとしては、前半で逆転する筈であったゲームだと思います。

 当然ながら、後半に入りウェールズチームの攻勢が強まりました。
 「個の力」を前面に押し出し、ガンガン行きます。

 これに対して、フランスチームは良く守りました。
 特に「2人で行くタックル」において、ウェールズの選手の突進を止めるばかりか、2~3m押し返す、「捲り上げて押し返す」プレーが随所に観られました。
 こうなると、ウェールズの攻撃は「度々寸断される」こととなりました。

 後半9分には、先制トライを挙げたバハマヒナ選手が、ラフプレーからのレッドカード一発退場となって、フランスチームとしてはラインアウトの重要なレシーバー(バハマヒナ選手は2mを越える長身プレーヤー)を失うという事態となりましたが、その後でも、フランスチームの「堅守」は継続しました。

 そうした中でウェールズチームも必死の攻めを見せ、後半14分にはSOビガー選手がPGを決めて、13-19と6点差に追い上げました。ワンポゼッション差としたのです。

 ここから、試合終了までの25分間今日の時間帯が「死闘」となりました。

 ウェールズは6点差なら逆転できると考え攻めますが、一方で自陣内でペナルティーを犯し、PGを決められて9点差となれば、一気に試合はフランスに傾きます。
 「絶対にペナルティーを犯さない範囲内」で、相手ボールを奪いに行かなくてはならないという、とても難しい時間帯が続いたのです。

 フランスとしては、とにかく追加点を奪えばよいので、慎重かつ時間をかけた攻めを展開しました。
 とても上手な試合運びであったと思います。

 攻めが上手く行かないウェールズチームに焦りが観えました。

 そして、頭書の「試合時間残り10分」を切ったのです。
 14人のフランスチームの懸命の守備が続きました。

 後半33分、フランスゴール前のスクラム。
 ウェールズチームはこれを押します。乾坤一擲の押し。
 スクラムからボールが飛び出しました。「ピョン」という感じで。

 これをウェールズチームが確保し、フランスゴールラインに迫りますが、あと30cm届かず、NO.8ジョシュ・ナビティ選手に替って前半入ったロス・モリアーティが拾い上げてゴールに飛び込みました。
 
 このプレーは、「ピョン」と飛び出したボールが、ウェールズチームの反則(ノックオンあるいはスローフォワード等でしょうか)ではなかったかと、TMOが行われました。
 まさにギリギリのプレーであり、場内が静まり返りました。

 レフェリーの手が上がり「トライ」と宣せられたのです。

 ウェールズチームが18-19とした瞬間でした。

 そしてSOビガー選手は、あっさりとコンバージョンキックを決め、ウェールズが20-19と逆転しました。
 ダン・ビガー選手にとっては「容易なキック」であったのかもしれませんが、万一外すようなことが有れば一大事ですので、他のチームのキッカーであればもう少し時間をかけて蹴ったのではないかと思います。
 ダン・ビガー選手の「精神的な強さとキック技術の高さ」をも感じさせるプレーでしょう。

 この逆転劇で試合は決したように観えました。
 もちろん、フランスチームは反撃に出たのですが、「既に試合は20-19でウェールズの勝ち」と決まっているかのような時間、3~4分の時間が過ぎた様に感じられました。
 不思議な感覚でした。

 フランスチームは「大魚を逸し」ました。
 ワールドカップ決勝トーナメントにおける「フランスの強さ」を見事に示現したのですが、惜しくも及ばなかったのです。

 「ワールドカップ決勝トーナメントに時々現れる『1点差ゲーム』」を、日本大会でも観ることができたのは、日本のラグビーファンにとってとても幸せな事であったと感じます。
 眼前で観る「死闘」、ワールドカップ史に刻まれる「死闘」でした。

 ウェールズチームは「命拾い」をしたゲームだったのでしょうか。
 不本意な試合内容であったと思いますが、とにもかくにも準々決勝を勝ち抜いたのです。
 準決勝では、本来の「華麗な攻撃」を観てみたいものです。

関連記事
スポンサーサイト



NEXT Entry
[ラグビーワールドカップ2019-24準々決勝] 南アフリカチームの「堅守」
NEW Topics
[ISU-GPファイナル2019] 素敵な「負けず嫌い」 羽生結弦選手
[大学駅伝男子2019~20] かつてない大混戦
[世界トランポリン2019] 森ひかる選手の大活躍
[全日本相撲選手権2019] 谷岡倖志郎選手 優勝!
[NBA2019~20] 八村塁選手 開幕から20試合連続先発出場!
[競馬] 阪神ジュベナイルフィリーズ2019の注目馬
[NFL2019~20] 2012年のドラフトで指名を受けた、3名のクオーターバック
[NPB2019シーズンオフ] 新しい背番号で心機一転
[世界トランポリン2019] 日本代表チームの大活躍
[バドミントン全日本選手権2019] 世界トップクラスの戦い
[日本ラグビートップリーグ2020] クボタスピアーズの充実
[NPB2019シーズンオフ] 新人王は村上宗隆選手と高橋礼投手
[MLB2019オフシーズン] MVPはマイク・トラウト選手とコディ・ベリンジャー選手
[関東大学ラグビー対抗戦2019] 「伝統」の早明戦 25年振りの全勝対決
[競馬] チャンピオンズカップ2019の注目馬
[ATPシングルスランキング2019] ラファエル・ナダル選手 通算200週目の1位
[NPB2019シーズンオフ] MVPは坂本勇人選手と森友哉選手
[MLB2019オフシーズン] サイヤング賞は、ジャスティン・バーランダー投手とジェイコブ・デグロム投手
[大相撲2019・11月場所] まとめ
[ラグビーワールドカップ2019-40] 選手の首根っこ下の四角いポケットにはGPS?
[UEFA EURO2020] 予選グループリーグを終えて、本戦出場20チームが決まりました。
[プリメイラリーガ2019~20] 第11節を終えて
[競馬] ジャパンカップ2019の注目馬
[明治神宮野球大会2019] 中京大中京高校と慶応大学が優勝!
[ラグビー日本代表2019] ジェイミー・ジョセフHC 2023年まで日本チームの指揮を採る。
[F1ブラジルGP2019] ホンダ 28年振りのワンツーフィニッシュ
[エールディヴィジ2019~20] 第13週を終えて
[プレミア12・2019] 日本チーム 優勝!
[リーグアン2019~20] 第13節を終えて
[ラグビーワールドカップ2019-39] 先制点の重み
[セリエA2019~20] 第12節を終えて
[MLB2019オフシーズン] アストロズに組織的な「サイン盗み」疑惑?
[競馬] マイルチャンピオンシップ2019の注目馬
[MLB2019オフシーズン] NPBから挑戦する3名の野手はどうなる?
[ブンデスリーガ2019~20] 第11節を終えて
[MLB2019] 新人王は、ピート・アロンソ選手とヨルダン・アルバレス選手
[卓球ワールドカップ団体2019] 中国チームの強さ
[ラグビーワールドカップ2019-38] 素晴らしいキッカー達
[大相撲2019・11月場所・2日目] 関脇以上の力士が全敗することは、もはや珍しいことではないのか?
[UEFA-CL2019~20・グループリーグ] 4試合を終えて
[ラグビーワールドカップ2019-37] アイルランドチームは何故蹴り出してしまったのか?
[ラグビーワールドカップ2019-36] 上がり続けた日本戦の視聴率
[ラグビーワールドカップ2019-35] 不動のセンター ラファエレ・ティモシー選手
[大相撲2019・11月場所] 活躍が注目される10名の力士
[競馬] エリザベス女王杯2019の注目馬
[ラグビーワールドカップ2019-34] 俊敏・松島幸太朗選手
[ラグビーワールドカップ2019-33] どこにでも顔を出す ボーデン・バレット選手
[全日本大学駅伝2019] 相澤晃選手 「別次元」の走り
[ワールドカップ2019-32] ファフ・デクラーク選手のハイパント
[MLB2019ワールドシリーズ] スティーブン・ストラスバーグ投手 MVP
Entry TAG
ラグビーWC2019-23・ウェールズVSフランス大接戦  
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

カエサルjr

Author:カエサルjr
「スポーツを考える-KaZ」ブログへ
ようこそ!
我が家の月下美人も16年目。同時に30個の花が咲くこともあります。スポーツも花盛りですね。一緒に楽しみましょう。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031