FC2ブログ
HOME   »   ラグビー  »  [ラグビーワールドカップ2019-26] キャプテン リーチ・マイケル選手
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 日本大会における日本代表チームの戦いは10月20日の準々決勝・南アフリカ戦での敗退により終了し、翌21日にはチームが解散しました。

 ラグビーに限らず、団体スポーツの世界大会で敗退、あるいは大会が終了すると、こうした形での「解散式」が行われます。
 特に、とても良く戦い、日本中を「熱く」していただいたチームの解散には、一抹の寂しさが漂うものですが、これは仕方のないこと。いつまでも「One Team」に拘るわけにもいかないのでしょう。

 各プレーヤーは各々の所属チームに帰り、いつものゲームに向けての準備に入らなければなりませんし、それが次のステップとして必要な事なのですから。

 それにしても、日本大会における日本チームの活躍には目覚ましいものが有りました。

 チームキャプテン・リーチ選手の活躍も、それは本当に素晴らしいものでした。

 1988年、ニュージーランド・クライストチャーチに生を受け、日本に留学して、2004年に札幌山の手高校で過ごし、2007年からは東海大学で学びました。
 もちろん、ラガーとしての活躍も続いたのです。
 
 2008年には、ラグビージュニア世界選手権大会に日本代表チームの一員として出場し、同年11月には「フル代表として初キャップ」を得ています。
 東海大学3年時には、全国大学ラグビーフットボール選手権大会で準優勝、大学4年時には同大会ベスト4と、我が国の大学ラグビー界を代表するプレーヤーとして大活躍。
 東海大学卒業後は東芝ブレイブルーパスに加入し、2011年ワールドカップの日本代表に選出されています。

 日本国籍を取得したのは2013年の7月、その時から名前の表記が、マイケル・リーチ→リーチ・マイケルに変わったのですが、私としてはどうしても、最初の印象が強く、無意識にマイケル・リーチと書いてしまいます。留意します。

 さて、そのリーチ選手は2014年4月から、日本代表チームのキャプテンです。
 当時のヘッドコーチHC、エディー・ジョーンズから指名されたのです。

 リーチ・マイケル選手の「キャプテンシー」に文句を付ける人は少ないでしょう。
 プレーヤーとしてのスキルはもちろんとして、チームの精神的支柱としての存在感は、文字通り「抜群」です。

 今大会では、リーチ選手がボールを持つ度に、観客席から「リーチ」という声がかかりました。この声は相当に大きなもので、「日本頑張れ」という声援よりも、良く聞こえた感じさえします。

 「リーチ」は、特に攻撃時に良く聞こえました。フランカー6番として、ボールを持ち突進すると、多数の大きな「リーチ」が場内に響くのです。
 こうした現象は、実は日本のスポーツにおいては珍しいのではないかと思います。
 ある選手がプレーをすると、その名前がスタジアムに響き渡る選手を、私は他に直ぐには思い当たりません。(MLBでは時折観られる現象ですが・・・)

 今大会のリーチ・マイケル選手の活躍を挙げるとすれば、特にディフェンスの際の献身的な運動量でしょう。
 相手プレーヤーが「抜け」て、日本チームにピンチが訪れた時、そこには必ずと言って良いほどリーチ選手の姿が有りました。
 相手プレーヤーにタックルし、ピンチの芽を摘んでいたのです。
 このようなプレーが、どれくらい日本チームのピンチを救ったか分かりませんし、何よりチームの同僚に「俺はここにいるぞ」と示し、「まだまだやれる」と鼓舞する効果は、絶大なものでした。

 31歳、身長190cm、体重105kg。現代のフォワード第3列のプレーヤーとしては普通のサイズでしょう。
 しかし、その存在感・リーダーシップはとても大きなものでした。
 まさに「キャプテン」なのです。

 ワールドカップ2019日本大会における日本代表チームの活躍は、長く語り継がれるものでしょう。
 そして私達は、そのチームを牽引したリーチ・マイケルというプレーヤーの存在を、決して忘れてはならないのです。

関連記事
スポンサーサイト



NEXT Entry
[ラグビーワールドカップ2019-27] 日本チームのプレデター 堀江翔太選手
NEW Topics
[温故知新2020-競泳1] 男子100m自由形 日本チームの黄金時代
[FIFAワールドカップ2010準々決勝] ドイツチームの完勝
[温故知新2020-男子テニス2] 「史上最強」 ロッド・レーバー選手
[競馬(無観客)] 優駿牝馬(オークス)2020の注目馬
[温故知新2020-陸上競技2] 男子1,500m オリンピック金メダリストの記録
[温故知新2020-陸上競技1] 男子100m オリンピック金メダリストの記録
[ラグビーワールドカップ2011プールA] 日本チーム フランスチームを相手に65分まで4点差の健闘
[温故知新2020男子テニス-1] ウィンブルドンを勝てなかった イワン・レンドル選手
[競馬コラム268・ヴィクトリアマイル2020] 感動的なレース
[FIFAワールドカップ1986決勝] アルゼンチンチーム 2度目の優勝
[競馬(無観客)] ヴィクトリアマイル2020の注目馬
[NPB・MLB2020] 「開幕」に向けての動き
[ブンデスリーガ2019~20] 無観客での再開へ
[競馬コラム267-日本馬の海外挑戦12] 2009年 牝馬の挑戦
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] ブラジルチーム 貫録の勝利
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] 日本チーム 史上初のPK戦
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] ランパード選手 「幻」のゴール
[Jリーグ2020] イニエスタ選手のオンライントークショー
[競馬(無観客)] NHKマイルカップ2020の注目馬
[NBA2020] 個人トレーニング再開に向けての動き
[UEFA-EURO2012-グループD] イングランドとフランスの激突
[競馬コラム266-天皇賞(春)2020] フィエールマンの連覇とC.ルメール騎手の天皇賞4連勝
[UEFA-EURO2012-グループB] ポルトガル デンマークとの接戦を制す
[競馬コラム265・下鴨ステークス2020] スズカルパン 100戦出走達成!
[UEFA-EURO2012-グループA] 開幕戦 ギリシャチーム 驚異の粘り
[UEFA-EURO2012-グループD] フランスチームの堅守
[競馬(無観客)] 天皇賞(春)2020の注目馬
[UEFA-EURO2012-グループC] イタリアとクロアチア 一歩も引かず
[競馬コラム264-日本馬の海外挑戦11] 2007年 シンガポール競馬への進出
[UEFA-EURO2012準々決勝] クリスティアーノ・ロナウドVSチェフ
[競馬コラム263-日本馬の海外挑戦10] 2006年 ハーツクライとデルタブルース
[スーペルコパ2020準決勝] FCバルセロナ よもやの敗退
[UEFA-EURO2012準決勝] 「怪物」バロテッリ選手の2ゴール
[マラソン2020] 「心臓破りの丘」 山田敬蔵氏 逝去
[競馬コラム262-日本馬の海外挑戦-9] 2005年 ゼンノロブロイとハットトリック
[MLB2020・MVPランキング] バリー・ボンズ選手の凄さ
[フィギュアスケート2020春・世界ランキング] 羽生選手、紀平選手が共に1位
[NPB2020] 菅野智之投手 超絶の仕上がり
[高校野球2020] 花巻東高校 女子野球部が練習開始
[大相撲2020] 豊ノ島の引退
[UEFA-EURO2008決勝] スペインチーム 黄金時代の幕開け
[UEFA-EURO1976準決勝] 降りしきる オランダチームの涙雨
[競馬(無観客)] 皐月賞2020の注目馬
[UEFA-EURO1984準決勝] フランスチーム ポルトガルチームとの「死闘」を制す
[NPB2020] 関根順三氏 逝去
[FIFAワールドカップ1994決勝] ブラジルチーム 4度目の優勝
[競馬コラム261-日本馬の海外挑戦8] 2004年からの4年連続のアメリカンオークス挑戦
[ラグビーワールドカップ2011準決勝] フランスチーム ウェールズチームを振り切る
[FIFAワールドカップ1978決勝] アルゼンチンチーム 初優勝
[競馬(無観客)] 桜花賞2020の注目馬
Entry TAG
ラグビーWC2019-26・キャプテン   リーチ・マイケル  
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

カエサルjr

Author:カエサルjr
「スポーツを考える-KaZ」ブログへ
ようこそ!
我が家の月下美人も16年目。同時に30個の花が咲くこともあります。スポーツも花盛りですね。一緒に楽しみましょう。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031