FC2ブログ
HOME   »   ラグビー  »  [ラグビーワールドカップ2019準決勝-2] ウェールズVS南アフリカ 観戦記
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 「動」のゲームであったイングランドVSニュージーランドと比べて、「静」のゲームであったと思います。

 ウェールズと南アフリカは、「勝利するために」必要な慎重かつ丁寧なゲームを披露してくれたのです。

 第1戦とは異なり、第2戦はバックスタンドからの観戦となりましたが、見所十分な好ゲーム、高いレベルの「接戦」を堪能させていただきました。

[10月27日・準決勝第2戦・横浜国際総合競技場]
南アフリカ19-16ウェールズ

 運動量から見て、前半から後半15分辺りまでは南アフリカのゲーム、後半20分以降はウェールズのゲームであったと思います。

 前半14分、南アフリカチームのスタンドオフSOハンドレ・ポラード選手がペナルティーゴールPGを決めれば、17分にはウェールズSOダン・ビガー選手がPGを決めて、3-3の同点。

 前半20分、35分とポラード選手がPGを決めて南アが9-3とリードし、39分にビガー選手がPGを入れ返して、前半は南アの9-6で折り返しました。
 互角の試合展開に見えましたが、僅かに南アフリカチームの前進力が勝り、その分が「3点差」となっていたのでしょう。

 後半5分、ビガー選手がPGを決めて、ゲームは9-9、振出しに戻りました。

 両チームともにトライが欲しいところでしたが、両チームともに「守備的なプレーを主軸」としていて、リスクは冒さないプレーが続きましたから、なかなかトライチャンスは生まれませんでした。

 そうした一進一退の展開の中で、後半16分、スプリングボクスはついにトライを挙げました。センターCTBダミアン・デアレンデ選手がウェールズ守備陣の隙を付いて飛び込んだのです。
 手堅い攻撃を継続してきたスプリングボクスにとって、ようやく見出した「隙」であったと感じました。

 もともと、「ロースコアゲーム」は南アフリカチームの得意とするところですから、ゲームが南アフリカペースで進んでいたことは間違いないでしょう。
 ウェールズとしては「点の取り合い」という展開に持ち込みたかったのでしょうが、南アフリカがこれを許さなかったのです。

 しかし、これは意外だったのですが、後半の半ばを過ぎて、南アチームの方に先に疲労が来たのです。チーム全体の動きが、僅かに悪くなりました。
 
 そして後半24分、ウェールズは左サイドを攻めて、ウイングWTBジョシュ・アダムス選手がトライを挙げました。
 バックスBK陣の見事な連続攻撃でした。

 難しい角度となったコンバージョンキックでしたが、これをフルバックFBリー・ハーフペニー選手がしっかりと決めました。とてもプレッシャーのかかるキックですが、さすがにこのレベルのキッカーのスキルはとても高いのです。

 ゲームは16-16と、再び振出しに戻ったのです。
 まさに「大接戦」となりました。

 前述のように、この時間帯はウェールズチームの動きが勝っていましたから、ウェールズが逆転するのではないかと観ていました。スプリングボクスは窮地に追い込まれたのです。

 「ウェールズが勝利すれば、ワールドカップ史上初の北半球のチーム同士の決勝戦になる」と妻に話ました。

 苦しい状況下で、しかし、スプリングボクスは最後の力を振り絞って攻めました。
 そして後半36分、センターラインからウェールズ陣左サイドに少し入ったところで、ペナルティーを獲得しました。
 SOポラード選手が敢然と狙います。距離は45m位はありそうでしたし、角度も有りましたから、相当難しいショットでした。

 南アフリカチームにとっては、勝利に向けての乾坤一擲のプレーでしたが、ポラード選手はこれを見事に決めて魅せたのです。綺麗な弾道でした。
 再び、このレベルのキッカーのスキルの高さを思い知りました。

 得意の「ロースコアゲーム」を形成したスプリングボクスが、勝利をものにしたゲームでした。

 ウェールズにとっては、本当に惜しまれる敗戦でしょう。
 2度も同点に追い付いた試合内容、その闘志とスキルは、素晴らしいものだったと思います。

 私達の周りの席にはウェールズサポーターが多く、アダムス選手のトライの時には、ほぼ全員が同時に立ち上がりましたので、私達はトライの瞬間を眼にすることは出来ませんでしたが、ノーサイドの瞬間のそれらサポーターの落胆ぶりといったら・・・。
 シンと静まり返って、物音ひとつしません。

 ウェールズファンの悲嘆が良く伝わってきました。

 さて、スプリングボクスは決勝に駒を進めました。

 やはり、決勝は「南半球VS北半球」の対決となったのです。
 
関連記事
スポンサーサイト



NEXT Entry
[Jリーグカップ2019] コンサドーレとフロンターレの「死闘」
NEW Topics
[ISU-GPファイナル2019] 素敵な「負けず嫌い」 羽生結弦選手
[大学駅伝男子2019~20] かつてない大混戦
[世界トランポリン2019] 森ひかる選手の大活躍
[全日本相撲選手権2019] 谷岡倖志郎選手 優勝!
[NBA2019~20] 八村塁選手 開幕から20試合連続先発出場!
[競馬] 阪神ジュベナイルフィリーズ2019の注目馬
[NFL2019~20] 2012年のドラフトで指名を受けた、3名のクオーターバック
[NPB2019シーズンオフ] 新しい背番号で心機一転
[世界トランポリン2019] 日本代表チームの大活躍
[バドミントン全日本選手権2019] 世界トップクラスの戦い
[日本ラグビートップリーグ2020] クボタスピアーズの充実
[NPB2019シーズンオフ] 新人王は村上宗隆選手と高橋礼投手
[MLB2019オフシーズン] MVPはマイク・トラウト選手とコディ・ベリンジャー選手
[関東大学ラグビー対抗戦2019] 「伝統」の早明戦 25年振りの全勝対決
[競馬] チャンピオンズカップ2019の注目馬
[ATPシングルスランキング2019] ラファエル・ナダル選手 通算200週目の1位
[NPB2019シーズンオフ] MVPは坂本勇人選手と森友哉選手
[MLB2019オフシーズン] サイヤング賞は、ジャスティン・バーランダー投手とジェイコブ・デグロム投手
[大相撲2019・11月場所] まとめ
[ラグビーワールドカップ2019-40] 選手の首根っこ下の四角いポケットにはGPS?
[UEFA EURO2020] 予選グループリーグを終えて、本戦出場20チームが決まりました。
[プリメイラリーガ2019~20] 第11節を終えて
[競馬] ジャパンカップ2019の注目馬
[明治神宮野球大会2019] 中京大中京高校と慶応大学が優勝!
[ラグビー日本代表2019] ジェイミー・ジョセフHC 2023年まで日本チームの指揮を採る。
[F1ブラジルGP2019] ホンダ 28年振りのワンツーフィニッシュ
[エールディヴィジ2019~20] 第13週を終えて
[プレミア12・2019] 日本チーム 優勝!
[リーグアン2019~20] 第13節を終えて
[ラグビーワールドカップ2019-39] 先制点の重み
[セリエA2019~20] 第12節を終えて
[MLB2019オフシーズン] アストロズに組織的な「サイン盗み」疑惑?
[競馬] マイルチャンピオンシップ2019の注目馬
[MLB2019オフシーズン] NPBから挑戦する3名の野手はどうなる?
[ブンデスリーガ2019~20] 第11節を終えて
[MLB2019] 新人王は、ピート・アロンソ選手とヨルダン・アルバレス選手
[卓球ワールドカップ団体2019] 中国チームの強さ
[ラグビーワールドカップ2019-38] 素晴らしいキッカー達
[大相撲2019・11月場所・2日目] 関脇以上の力士が全敗することは、もはや珍しいことではないのか?
[UEFA-CL2019~20・グループリーグ] 4試合を終えて
[ラグビーワールドカップ2019-37] アイルランドチームは何故蹴り出してしまったのか?
[ラグビーワールドカップ2019-36] 上がり続けた日本戦の視聴率
[ラグビーワールドカップ2019-35] 不動のセンター ラファエレ・ティモシー選手
[大相撲2019・11月場所] 活躍が注目される10名の力士
[競馬] エリザベス女王杯2019の注目馬
[ラグビーワールドカップ2019-34] 俊敏・松島幸太朗選手
[ラグビーワールドカップ2019-33] どこにでも顔を出す ボーデン・バレット選手
[全日本大学駅伝2019] 相澤晃選手 「別次元」の走り
[ワールドカップ2019-32] ファフ・デクラーク選手のハイパント
[MLB2019ワールドシリーズ] スティーブン・ストラスバーグ投手 MVP
Entry TAG
ラグビーWC2019準決勝2・観戦記  
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

カエサルjr

Author:カエサルjr
「スポーツを考える-KaZ」ブログへ
ようこそ!
我が家の月下美人も16年目。同時に30個の花が咲くこともあります。スポーツも花盛りですね。一緒に楽しみましょう。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031