FC2ブログ
HOME   »   ラグビー  »  [ラグビーワールドカップ2019-37] アイルランドチームは何故蹴り出してしまったのか?
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 日本大会が終了して、休日などに少しでも時間が有ると、大会の各ゲームの録画を観ていますが、何度観ても不思議なのは、プールAの第2戦、日本VSアイルランドの最終プレーです。

 19-12で日本チームがリードして迎えた後半40分。

 日本が攻め、アイルランド陣左サイドのゴール前に迫りました。
 アイルランドチームも良く守り、ホーンが鳴って、ラストプレーとなり、アイルランドがボールを確保しました。
 
 自陣ゴール前から、アイルランドチームがどのような反撃を見せてくれるのか、と思って観ていましたら、このボールを蹴り出してしまったのです。
 ノーサイド。
 試合が終了しました。
 アイルランドチームがゲームを終わらせたのです。

 このプレーが何故行われたのか?とても不思議です。

 アイルランドチームから観て12-19の7点差ですから、1トライ+1ゴールで同点に追い付くことができます。まだ引分に持ち込むチャンスが残されていたのです。

① プレーヤーが勘違いしたか、ホーンが聞こえなかった。

 このキックは、通常の「陣地を回復するプレー」のように、斜め前方に蹴り出されました。
 ゴール前に押し込まれたピンチからの脱出を狙うプレーと同じ内容のプレーに観えました。違っていたのは「ゲームのラストプレー」であった点です。
 プレーヤーが「ラストプレーとは思わずに蹴り出した」可能性が有ります。

 とはいえ、選手たちは試合時間が相当に押し迫っていたことは分かっていたと思いますし、あの大きな音のホーンが聞こえなかったというのも、やや無理があるかなと感じます。

② このままゲームを終了させて「勝点1」を確保するため

 自陣ゴール前から、日本のゴールまでの攻撃が成功する可能性より、さらにピンチが広がり、日本チームに追加点を許すリスクの方が高いと考えた可能性です。

 12-19での敗戦なら「7点差以内の敗戦」ですので、勝点1を確保でき、その勝点1がプール戦勝ち抜けの争いの中で、大きな意味を持つと判断しての蹴り出しであったという見方。

 これも一理はあるのですが、それならどうして斜め前方に蹴ったのでしょうか。
 蹴り損ねれば、ボールが外に出ず、日本チームのカウンター攻撃を受けるリスクが残ってしまうのです。

 勝点1を確保するためならば、「横に蹴り出す」のが安全・確実なプレーということになります。
 このキックは、通常の陣地回復を狙うキックそのものに観えましたから、この見方が正しいとは一概には言えないと思います。

③ 「完敗」を認めたプレー

 試合後のアイルランドチームの選手たちのコメントを観ると、日本チームの健闘を称え、「完敗」を認めるような内容が多かったと思います。

 このラストプレーにおいても、「この試合は完敗」と感じていたアイルランドチームの心情が出てしまったものという見方です。
 大袈裟に言えば「もう戦いたくない」と感じてしまったということになるかもしれません。

 ありそうなことですが、世界トップクラスのチーム(大会前は世界ランキング1位)が、そんなに簡単に「完敗」を認める、というのもなかなか納得できない見方でしょう。
 ましてや、「気迫」で戦うラグビー競技においてですから。

 いろいろと考えてみても、やはり結論には至らないのです。

 日本VSアイルランド戦のラストプレーは、私には永遠の「謎」なのかもしれません。

関連記事
スポンサーサイト



NEXT Entry
[UEFA-CL2019~20・グループリーグ] 4試合を終えて
NEW Topics
[温故知新2020-競泳1] 男子100m自由形 日本チームの黄金時代
[FIFAワールドカップ2010準々決勝] ドイツチームの完勝
[温故知新2020-男子テニス2] 「史上最強」 ロッド・レーバー選手
[競馬(無観客)] 優駿牝馬(オークス)2020の注目馬
[温故知新2020-陸上競技2] 男子1,500m オリンピック金メダリストの記録
[温故知新2020-陸上競技1] 男子100m オリンピック金メダリストの記録
[ラグビーワールドカップ2011プールA] 日本チーム フランスチームを相手に65分まで4点差の健闘
[温故知新2020男子テニス-1] ウィンブルドンを勝てなかった イワン・レンドル選手
[競馬コラム268・ヴィクトリアマイル2020] 感動的なレース
[FIFAワールドカップ1986決勝] アルゼンチンチーム 2度目の優勝
[競馬(無観客)] ヴィクトリアマイル2020の注目馬
[NPB・MLB2020] 「開幕」に向けての動き
[ブンデスリーガ2019~20] 無観客での再開へ
[競馬コラム267-日本馬の海外挑戦12] 2009年 牝馬の挑戦
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] ブラジルチーム 貫録の勝利
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] 日本チーム 史上初のPK戦
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] ランパード選手 「幻」のゴール
[Jリーグ2020] イニエスタ選手のオンライントークショー
[競馬(無観客)] NHKマイルカップ2020の注目馬
[NBA2020] 個人トレーニング再開に向けての動き
[UEFA-EURO2012-グループD] イングランドとフランスの激突
[競馬コラム266-天皇賞(春)2020] フィエールマンの連覇とC.ルメール騎手の天皇賞4連勝
[UEFA-EURO2012-グループB] ポルトガル デンマークとの接戦を制す
[競馬コラム265・下鴨ステークス2020] スズカルパン 100戦出走達成!
[UEFA-EURO2012-グループA] 開幕戦 ギリシャチーム 驚異の粘り
[UEFA-EURO2012-グループD] フランスチームの堅守
[競馬(無観客)] 天皇賞(春)2020の注目馬
[UEFA-EURO2012-グループC] イタリアとクロアチア 一歩も引かず
[競馬コラム264-日本馬の海外挑戦11] 2007年 シンガポール競馬への進出
[UEFA-EURO2012準々決勝] クリスティアーノ・ロナウドVSチェフ
[競馬コラム263-日本馬の海外挑戦10] 2006年 ハーツクライとデルタブルース
[スーペルコパ2020準決勝] FCバルセロナ よもやの敗退
[UEFA-EURO2012準決勝] 「怪物」バロテッリ選手の2ゴール
[マラソン2020] 「心臓破りの丘」 山田敬蔵氏 逝去
[競馬コラム262-日本馬の海外挑戦-9] 2005年 ゼンノロブロイとハットトリック
[MLB2020・MVPランキング] バリー・ボンズ選手の凄さ
[フィギュアスケート2020春・世界ランキング] 羽生選手、紀平選手が共に1位
[NPB2020] 菅野智之投手 超絶の仕上がり
[高校野球2020] 花巻東高校 女子野球部が練習開始
[大相撲2020] 豊ノ島の引退
[UEFA-EURO2008決勝] スペインチーム 黄金時代の幕開け
[UEFA-EURO1976準決勝] 降りしきる オランダチームの涙雨
[競馬(無観客)] 皐月賞2020の注目馬
[UEFA-EURO1984準決勝] フランスチーム ポルトガルチームとの「死闘」を制す
[NPB2020] 関根順三氏 逝去
[FIFAワールドカップ1994決勝] ブラジルチーム 4度目の優勝
[競馬コラム261-日本馬の海外挑戦8] 2004年からの4年連続のアメリカンオークス挑戦
[ラグビーワールドカップ2011準決勝] フランスチーム ウェールズチームを振り切る
[FIFAワールドカップ1978決勝] アルゼンチンチーム 初優勝
[競馬(無観客)] 桜花賞2020の注目馬
Entry TAG
ラグビーWC2019・アイルランドVS日本の最後のプレー  
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

カエサルjr

Author:カエサルjr
「スポーツを考える-KaZ」ブログへ
ようこそ!
我が家の月下美人も16年目。同時に30個の花が咲くこともあります。スポーツも花盛りですね。一緒に楽しみましょう。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031