FC2ブログ
HOME   »   ラグビー  »  [ラグビー日本代表2019] ジェイミー・ジョセフHC 2023年まで日本チームの指揮を採る。
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 11月18日、日本ラグビー協会は、2020年1月から2023年12月までの4年間、ジェイミー・ジョセフ氏と、日本代表チームのヘッドコーチHC契約を締結したと発表しました。

 日本代表チームを、ワールドカップ2019日本大会において、大目標であった「ベスト8進出」に導いたジョセフ氏と、新たに4年契約を結び、2023年のフランス大会まで、代表チームを託すという形となったのです。
 
 ようやく、「次のHC問題」が解決したことになります。

 思えば、2015年のワールドカップ・イングランド大会で、「全てのスポーツを通じて史上最大の番狂わせ」と現在でも世界中で言われている、日本チームの南アフリカ戦勝利を始めとする「ワールドカップ1大会3勝」を実現してくれた時、こんなに素晴らしいHCが居るのだと感動し、このまま日本大会まで日本チームの指揮を採ってほしいと考えた日本のラグビーファンは、とても多かったことでしょう。
 代表チームのワールドカップ戦=敗戦・大敗という事実を、長期間にわたって見せ付けられ続けていた日本のラグビーファンにとって、エディ・ジョーンズHCは「救世主」の様に感じられたのです。

 ところが、イングランド大会終了後の、日本ラグビー協会とエディ・ジョーンズ氏との交渉は上手く行かず、物別れに終わって、ジョーンズ氏は日本代表HCを去ったのです。

 これには驚かされました。

 何が原因で、こうした「悲劇」?が生じたのかは分かりませんけれども、それまで7度のワールドカップで1勝しか出来なかった日本チームを、1大会で3勝させることに成功したHCが、当時の日本ラグビー界にとって史上最高の「名伯楽」であったことは、間違いないでしょう。
 こんなことが理解できない人は、ラグビー関係者には存在しないと思います。

 エディ・ジョーンズ氏との契約継続失敗は、今でも、話にならない粗末な取組であったと感じています。(そのエディ・ジョーンズHC率いるイングランド代表チームが、ワールドカップ2019日本大会で準優勝に輝いたことは、皆さんご承知の通りです)

 そして、ジョーンズ氏に代わるHCとして、ジェイミー・ジョセフ氏に白羽の矢が立ったのです。

 一方で、日本代表チームが強くなった要因として、外国生まれのプレーヤーの増加を上げる見方もあると思いますし、ある程度はそれもあるのでしょう。
 「国籍主義」ではなく「協会主義」を掲げるラグビー競技においては、その国におけるプレー年数等により、一定の諸条件をクリアすれば、国籍が異なるプレーヤーでも当該国の代表としてプレーできるのです。

 これは、例えば日本大会に出場した全てのチームの中で、おそらくはニュージーランド代表チームを除く全てのチームに、そうしたプレーヤーが相当数存在していたと思いますので、世界中で一般化している「チームの在り様」です。
 念のため書いておくと、「日本チームだけが外国出身プレーヤーを多数起用していたわけでは無い」のです。

 大半のラグビー・ナショナルチームで行われていること、というか、ラグビーの国際大会における通常の在り様ですから、従って、出身地や国籍が異なるプレーヤーの数を増やしたからといって、代表チームが自動的に強くなるなどということは、有り得ません。
 当然ながら、事は「そんなに簡単では無い」のです。

 多くの他のナショナルチームと同様に、日本チームにおいても、日本の文化をベースに、日本生まれのプレーヤーと外国生まれのプレーヤーをどのように配置し、バランスを取りながら、どのような戦法・戦術を駆使して闘っていくかを熟考した上で、「あるべきチームの形」を決め、そのチームの形を示現して行くために、最も効果的なトレーニングを、効率的に実施して行かなければならないわけで、これは本当に難しいことでしょう。
 どんなナショナルチームにとっても、至難の業であることは自明です。

 その「至難の業」を実行・実現したHCが、エディ・ジョーンズ氏であり、ジェイミー・ジョセフ氏なのです。
 日本ラグビーは2代に渡って、素晴らしいHCに恵まれました。
 これは、おそらく「大幸運」でしょう。

 前回のエディ・ジョーンズHC続投失敗という大失策を踏まえて、今度は日本ラグビー協会も、さすがに対応を改め?、10月25日には「4年・4億円」の契約をジョセフ氏に提示したと報じられました。
 従来4,000万円だった年俸を1億円に引き上げ、従来2年だった契約期間を4年に延長して、ジョセフ氏に提示したのです。

 その後、ジョセフ氏がニュージーランド・オールブラックスの次期HC候補に挙げられた等々のニュースも入ってきました。
 ジョセフ氏が日本大会で成し遂げた事実を観れば、世界中の多くのラグビー協会が代表チームの指揮を採ってほしいと考えるのは、自然な話です。
 当然ながら、日本協会が提示した条件で十分とは、とても観えません(より好条件を示す国も複数あったのではないでしょうか)でしたから、事の展開を大注目していました。
 
 そして、10月25日から20日間以上の長い検討期間を経て、頭書の11月18日の発表となったのです。
 ジェイミー・ジョセフ氏が「日本チームを選んだ本当の理由」は、ジョセフ氏にしか分からないことでしょうが、契約金・期間といった要素だけではないのでしょう。
 そういう意味では、日本ラグビーにとって「有り難いこと」であろうと感じます。

 さて、第2期「ジョセフジャパン」がスタートします。
 
 次の目標が何に成るのかは、これから発表されていくのでしょうが、「ワールドカップ・ベスト4進出」が有力候補であることは、間違いないでしょう。

 しかし、この山の何と高いことか。
 
 日本大会でベスト4に進出した、南アフリカ、イングランド、ニュージーランド、ウェールズの4チームと、現在の日本チームを比較して観れば、パワー、スピード、戦術、選手層、等々の全ての面で、残念ながら日本チームが劣位にあることは明白です。

 こうした状況を、「ジョセフジャパン」がどのような施策でカバーし、超えて行くのか。
 
 ワールドカップ2023フランス大会に向けて、本当に楽しみな、ブレイブブロッサムズのドライブが始まります。
関連記事
スポンサーサイト



NEXT Entry
[明治神宮野球大会2019] 中京大中京高校と慶応大学が優勝!
NEW Topics
[競馬コラム258-日本馬の海外挑戦5] 栄光の1998年
[ラグビーワールドカップ2011準々決勝] オーストラリアチームの勝利
2016年~20年のスーパーボウルを彩った新進気鋭のクオーターバック達
[競馬(無観客)] 大阪杯2020の注目馬
[新型コロナウイルス感染症2020] ウインブルドン選手権大会の中止などなど
[エル・クラシコ2005] 銀河系軍団VSエトー選手・ロナウジーニョ選手
観たかった、志村けん氏の聖火リレー
[競馬コラム257-日本馬の海外挑戦4] 2014年 アドマイヤラクティ号 G1・コーフィールドカップ優勝
[UEFA-EURO2000準々決勝] 凄まじき クライファート選手
[UEFA-EURO1992決勝] デンマークチームの優勝
[東京オリンピック2021] 代表選手の再選考実施は「新型コロナウイルス禍の終息時期」次第
[競馬(無観客)] 高松宮記念2020の注目馬
[UEFA-EURO1988準決勝] オランダチーム 西ドイツを破り決勝へ
[大相撲2020・3月場所を終えて] 朝乃山 大関昇進
[競馬コラム256-日本馬の海外挑戦3] 1997年 ホクトベガ号のドバイワールドカップ
[大相撲2020・3月「無観客」場所] 横綱・白鵬が44回目の優勝
[コパ・アメリカ2011準々決勝] ウルグアイチーム PK戦で勝利
[UEFA-EURO1972決勝] ギュンター・ネッツァー選手の雄姿
[UEFA-EURO1984決勝] フランスチーム 初優勝
[競馬コラム255-日本馬の海外挑戦2] 1995年 フジヤマケンザン号 36年振りの日本馬海外重賞制覇
[UEFA-CL2019~20・決勝T] リバプール 早々に敗退
[UEFA-CL2019~20・決勝T] RBライプツィヒ スパーズを圧倒
[バドミントン全英オープン2020] 日本チーム 男女のダブルスで優勝
[UEFA-CL2019~20・決勝T] アタランタ イリチッチ選手の大活躍
[UEFA-CL2019~20・決勝T] パリ・サンジェルマン ボルシア・ドルトムントとの接戦を制す
[PGAツアー2019~20] 「ザ・プレーヤーズ2020」中止
[トップリーグ2020] ジェシー・クリエル選手の大好物
[Jリーグ2020] イニエスタ選手へのインタビュー
[スピードスケートW杯2019~20・最終戦] 新濱立也選手・小平奈緒選手 500m種目で総合優勝
[スキージャンプW杯2019~20女子] 高梨沙羅選手 優勝 通算57勝目!
[NPB2020・新型コロナウイルス関連] 開幕戦の延期とペナントレース重視の姿勢
[MLB2020スプリングトレーニング] 菊池雄星投手 好調!
[大相撲2020・3月場所] 「無観客」場所 初日
[名古屋ウィメンズマラソン2020] 一山麻緒選手 好記録で優勝!
[びわ湖毎日マラソン2020] 極めて粗末なスタートの遅延
[春の甲子園2020] 関連グッズの行方
[MLB2020スプリングトレーニング] 調子を上げてきている 大谷翔平選手
[東京マラソン2020男子] 2時間6分台と7分台の日本選手達
[スピードスケート世界選手権2020スプリント] 高木美帆選手と新浜立也選手の大活躍
[大相撲2020・3月場所] 史上初の無観客場所において活躍が期待される10名の力士
[自転車トラック世界選手権2020] 梶原悠未選手と脇本雄太選手の活躍
[東京マラソン2020男子] 大迫傑選手のガッツポーズ
[競馬コラム254] 2008年 カジノドライヴ号 アメリカ合衆国のダート重賞優勝
[NPB2020・新型コロナウイルス肺炎関連] オープン戦72試合を無観客試合に
[Jリーグ2020・新型コロナウイルス肺炎関連] ルヴァンカップとリーグ戦を延期
[NBA2019~20] 注目される「ルイ効果」
[競馬コラム253] 「二刀流」モズアスコット フェブラリーステークス2020を圧勝
[Jリーグ2020] 開幕と遠藤保仁選手の最多出場試合数タイ記録
[NPB2020春季キャンプ] 楽天・戸村健次投手 打球を受け頭蓋骨を骨折
[KONAMI OPEN 2020・1日目] 佐藤翔馬選手と川本武史選手の活躍
Entry TAG
ラグビー日本代表2019・ジェイミージョセフHC続投  
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

カエサルjr

Author:カエサルjr
「スポーツを考える-KaZ」ブログへ
ようこそ!
我が家の月下美人も16年目。同時に30個の花が咲くこともあります。スポーツも花盛りですね。一緒に楽しみましょう。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 123456789101112131415161718192021222324252627282930