FC2ブログ
HOME   »   サッカー  »  [日本サッカー] 現在のザックジャパンに望むこと
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 男子サッカー日本代表チーム(ザックジャパン)は、FIFAワールドカップWC・ブラジル大会アジア地区最終予選を勝ち抜き、本大会への出場を決めました。
 開催国であるブラジルを除くと、世界で一番早い「決定」です。ザッケローニ監督や選手の皆さんの頑張りに、大きな拍手を送りたいと思います。

 一方で、このところのザックジャパンの試合振りに、一抹の不安を憶えるファンも多いと思います。親善試合も含めた直近の3試合で、ヨルダンに惜敗、ブルガリアに完敗、オーストラリアと引き分け、ですから今WCアジア最終予選が始まったころの快進撃に比べて、不満が残る試合内容であることは、選手も十分に認識していることと思います。

 そこで、現在のザックジャパンへの要望を書きます。

1. 予想を裏切るプレーを展開してほしい。
 このところのゲームでは「得点力が低下」しています。ブルガリア戦とオーストラリア戦の2ゲームで僅かに1得点です。これでは勝利は困難です。何か、WC南アフリカ大会以前の「得点力不足の日本代表チーム」に昔戻りしたような状態に観えます。

 得点力不足の一因として「見え見えの攻撃パターン」があるように思うのです。バックスDFからボールの供給を受け、中盤MFのプレーヤーがボールを回し、フォワードFWプレーヤーへのラストパスやFW間のボールの受け渡しによりシュートに結びつるのですが、このところのゲームではザックジャパンのボール回し、パスのコース、戦術が、相手チームに読まれているように思います。

 相手チームどころか、サッカー素人の私でさえ概ね読めるのです。これでは、高いレベルのチームを相手にして、ゴールを取ることは極めて難しいと思います。

 ラストパスを受けてのシュートも「打つぞ、打つぞ」という様子ですから、相手DFに簡単に防がれてしまいます。
 相手プレーヤーが予測できないような=味方プレーヤーも予測できないようなプレー、が必要だと思います。

 オーストラリア戦のペナルティーキックを取ったプレーは、ショートコーナーから本田選手が低いパスを中央に送ろうとしました。これは意外なコースでしたから、オーストラリアのDFも思わず左手を出してしまったのでしょう。ショートコーナーから「真ん中にいる選手に向かって高いパスを出し、ヘディングで攻める」というのは、常識的なプレーで、特に身長が高いプレーヤーが多いオーストラリアチームのDFはそのように予想したのでしょう。
 そこに、本田の低くて速いパスがきたのです。相手DFにとって予想外のプレーだったのではないでしょうか。

 このゲームの日本の失点も同様です。オーストラリアは左サイドを駆け上がり、真ん中にパスを出しました。ゴール前ニヤポストのプレーヤーをケアしていた、日本のゴールキーパーGK川島選手は、パスが大きめでしかもゴールに向かっていることに気がつき、懸命に後退、腕を伸ばし、右手の指先はボールに触っていましたが、コースを変えるには至らず、そのままゴールしました。
 このパスは、日本チームのDF・GKの予想を超えたものだったのです。不運と評する解説者も居ましたが、そうではないでしょう。

 こうして見ると、あの日本対オーストラリアのゲームでは、パスからシュートという狙い澄ましたゴールは皆無でした。その前のブルガリア戦でも皆無でした。というより、大きな国際大会では「狙い澄ましたシュート」は中々入らないのです。

 残念ながら、現在の(過去も)日本代表チームには、例えば、かつてのフランス代表のジダン→アンリや、西ドイツのベッケンバウアー→ミュラー、FCバルセロナのシャビ→メッシといった「相手チームが十分に分かっていても、得点されてしまうユニット」、つまり「超絶パサーとスーパーゴールゲッターのペア」は存在しませんから、スピードと運動量で勝負していくことになります。

 相手より早く多く動く中で、スペースを見つけ、フリーになる必要があるのです。このところのゲームでは、ザックジャパンのプレーヤーが局地的であってもフリーでシュートしている姿は観ることがありません。狙い澄ましたシュートではないシュートが望まれます。

2. 足許へのパスばかりではチャンスは生まれず。
 前述の項目1に関連することなのですが、最近のザックジャパンのプレーには足許へのパスが多すぎると思います。走り込んで来るプレーヤーの1~2m前に出されるパスがとても少ないのです。
 これでは、チャンスが生まれにくいと思います。足許へのパスでは、相手プレーヤーを抜くには、個人のテクニックが必要です。日本のプレーヤーも上手く・強くなりましたが、世界レベルのプレーヤー相手に、1対1でいつも抜けるほどの力の差は、フィジカル面でも技術面でも無いと思います。

 オシムジャパンの時に「走りまくるサッカー」を標榜し、ボールを持っているプレーヤーを複数のプレーヤーが追い抜いていくサッカーを展開しました。この戦術で、日本代表チームは蘇ったのです。ランニングスピードと相手プレーヤーの裏側へのパスで抜いていくサッカー。このことを再び実行してほしいと思います。

3. ヒールパスは止めてほしい。
 このところのゲームで、時々日本チームのヒールパスを観ますが、一度も成功していません。それどころか、大半がピンチに繋がっています。このような低確率のプレーは止めるべきだと思います。ヒールパスが失敗すると、何だか未熟なプレーヤーが、最近仕入れたので使ってみたら失敗したという雰囲気が漂い、ファンとしても恥ずかしい感じがします。
 正面を向いて、堂々たるパスをお願いします。

 以上、現在のザックジャパンへの要望事項です。勝手なことばかり書いて恐縮です。

 もちろん、選手の皆さんも十分に認識している事柄ばかりだと思います。
こうした諸点に、十分に対応して、コンフェデ杯で素晴らしいプレーを展開していただきたいと思います。
 コンフェデレーションズカップの決勝のピッチに立つザックジャパンの姿を観てみたいと、心底思います。
関連記事
スポンサーサイト



NEXT Entry
[日本陸上競技選手権] 好レース! 女子400m競走
NEW Topics
[温故知新2020-男子テニス4] 黒人プレーヤーの先駆者 アーサー・アッシュ選手
[ブンデスリーガ2019~20(無観客)] 鎌田大地選手 2試合連続ゴール
[競馬コラム269] オークス2020のデアリングタクトと日本ダービー2020のコントレイル
[温故知新2020-陸上競技4] 男子走り幅跳び オリンピック金メダリストの記録
[ブンデスリーガ2019~20・第27節(無観客)] バイエルン・ミュンヘン 圧勝
[温故知新2020-女子テニス2] アメリカの英雄 ビリー・ジーン・キング選手
[競馬(無観客)] 東京優駿(日本ダービー)2020の注目馬
[温故知新2020-女子テニス1] 「史上最強」 マーガレット・コート選手
[温故知新2020-男子テニス3] ダブルスの名手 ジョン・ニューカム選手
[温故知新2020-陸上競技3] 男子10,000m オリンピック金メダリストの記録
[温故知新2020-競泳2] 男子1,500m自由形 日本チームの全盛期
[温故知新2020-競泳1] 男子100m自由形 日本チームの黄金時代
[FIFAワールドカップ2010準々決勝] ドイツチームの完勝
[温故知新2020-男子テニス2] 「史上最強」 ロッド・レーバー選手
[競馬(無観客)] 優駿牝馬(オークス)2020の注目馬
[温故知新2020-陸上競技2] 男子1,500m オリンピック金メダリストの記録
[温故知新2020-陸上競技1] 男子100m オリンピック金メダリストの記録
[ラグビーワールドカップ2011プールA] 日本チーム フランスチームを相手に65分まで4点差の健闘
[温故知新2020男子テニス-1] ウィンブルドンを勝てなかった イワン・レンドル選手
[競馬コラム268・ヴィクトリアマイル2020] 感動的なレース
[FIFAワールドカップ1986決勝] アルゼンチンチーム 2度目の優勝
[競馬(無観客)] ヴィクトリアマイル2020の注目馬
[NPB・MLB2020] 「開幕」に向けての動き
[ブンデスリーガ2019~20] 無観客での再開へ
[競馬コラム267-日本馬の海外挑戦12] 2009年 牝馬の挑戦
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] ブラジルチーム 貫録の勝利
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] 日本チーム 史上初のPK戦
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] ランパード選手 「幻」のゴール
[Jリーグ2020] イニエスタ選手のオンライントークショー
[競馬(無観客)] NHKマイルカップ2020の注目馬
[NBA2020] 個人トレーニング再開に向けての動き
[UEFA-EURO2012-グループD] イングランドとフランスの激突
[競馬コラム266-天皇賞(春)2020] フィエールマンの連覇とC.ルメール騎手の天皇賞4連勝
[UEFA-EURO2012-グループB] ポルトガル デンマークとの接戦を制す
[競馬コラム265・下鴨ステークス2020] スズカルパン 100戦出走達成!
[UEFA-EURO2012-グループA] 開幕戦 ギリシャチーム 驚異の粘り
[UEFA-EURO2012-グループD] フランスチームの堅守
[競馬(無観客)] 天皇賞(春)2020の注目馬
[UEFA-EURO2012-グループC] イタリアとクロアチア 一歩も引かず
[競馬コラム264-日本馬の海外挑戦11] 2007年 シンガポール競馬への進出
[UEFA-EURO2012準々決勝] クリスティアーノ・ロナウドVSチェフ
[競馬コラム263-日本馬の海外挑戦10] 2006年 ハーツクライとデルタブルース
[スーペルコパ2020準決勝] FCバルセロナ よもやの敗退
[UEFA-EURO2012準決勝] 「怪物」バロテッリ選手の2ゴール
[マラソン2020] 「心臓破りの丘」 山田敬蔵氏 逝去
[競馬コラム262-日本馬の海外挑戦-9] 2005年 ゼンノロブロイとハットトリック
[MLB2020・MVPランキング] バリー・ボンズ選手の凄さ
[フィギュアスケート2020春・世界ランキング] 羽生選手、紀平選手が共に1位
[NPB2020] 菅野智之投手 超絶の仕上がり
[高校野球2020] 花巻東高校 女子野球部が練習開始
Entry TAG
ザックジャパンに望むこと  
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

カエサルjr

Author:カエサルjr
「スポーツを考える-KaZ」ブログへ
ようこそ!
我が家の月下美人も16年目。同時に30個の花が咲くこともあります。スポーツも花盛りですね。一緒に楽しみましょう。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 123456789101112131415161718192021222324252627282930