FC2ブログ
HOME   »   スキー  »  [全日本アイスホッケー2019] 栃木日光アイスバックス 優勝!
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 12月6日から12月8日にかけてダイドードリンコ・アイスアリーナ(東京都西東京市)を舞台に開催された、第87回全日本アイスホッケー選手権大会は、決勝でH.C.栃木日光アイスバックスが東北フリーブレイズを5-1で破り、優勝しました。

 歴史と伝統に彩られた大会の決勝におけるアイスバックスの戦い振りは、「戦前の作戦通り」という感じがしました。

① 高い位置からのチェック

 アイスバックスは、リンク全体でフリーブレイズの選手に絡んで行きました。
 フリーブレイズにとってのディフェンディングゾーン、アイスバックスにとってのアタッキングゾーンにおいてもプレスをかけたのです。

 フリーブレイズは、自陣においても自由にパックを回すことができませんでした。
 時折は、アイスバックスの選手が敵陣においてパックを奪取していました。これは「いきなりのチャンス」になります。
 ゲーム全体として、アイスバックスがゲームをコントロールしていた形でしょう。

 これは、アイスバックスの戦前の分析と対策立案が上手く行ったということだと思います。

 フリーブレイズは、攻撃の起点において自陣(ディフェンディングゾーン)においても、パス交換をすることが多いのでしょう。アイスバックスは、このパックまわしに絡んでいくという方針を立てて、これを実行したように観えました。
 また、フリーブレイズは、ニュートラルゾーンで左右のフェンス際からパックを回すことが多いように見えます。アイスバックスは、ニュートラルゾーンではフェンス際にプレーヤーを配していたのでしょう。

 こうした、戦前立案の対策が功を奏し、フリーブレイズは本来の攻撃がなかなか出来なかったように観えました。
 第3ピリオド、アイスバックスにマイナーペナルティが有り、プレーヤー数が1名多かったパワープレーの2分間、フリーブレイズは1本のシュートも打つことができませんでした。得失点差が広がり、やや勢いに差があったとはいえ、パワープレーにおいて1本のシュートも打てないというのは、アイスバックスの守備がとても良く機能したことの証左に他なりません。

 もちろん、高い位置からのチェックを行えば、チェックしてきた選手の後ろ側ががら空きになるので、そのスペースを使われればピンチを招く可能性が有ります、従って、いつでも、どのチームが相手でも、採用して良い戦術では無いのは当然です。
 アイスバックスは、フリーブレイズのチームプレーの特徴を良く把握し、対策を立案・実行したことになります。

 まさに「敵を知り己を知れば、百戦危うからず」なのです。

② 角度の無いところからの「正確」なシュート

 栃木日光アイスバックスは、このゲームで5点を挙げました。こうした大試合では「大量点」と言って良いでしょう。

 これらの得点の多くが、「角度の無いところからのシュート」でした。
 通常なら、ゴールを決めることがとても難しい、ゴールの左右からのシュートだったのです。
 こうしたシュートを連続して、数多く決めたということは、アイスバックスのプレーヤーのシュートコントロールがとても良かったということになります。
 これは「技術面の長所」です。

 東北フリーブレイズのゴールキーパーGKの右肩上、GKのフェイスマスクとゴール枠の間の隙間、感覚的には30cm×20cmの空間に突き刺したように観えたシュートなどは、「絶妙」という他は無く、「あれ程のシュートをいつも打つことができるのであれは、いつでも得点できる」と感じさせる、スーパープレーでした。(GKの左右の肩上のスペースへのシュートは、止めることが非常に難しいのです。もちろん、そのスペースにシュートを打つというのは難易度が高いプレーとなります)

 多くの得点が、ゴールの正面、あるいは少し左右からのシュート、あるいはゴール前の混戦から生まれることが多いアイスホッケー(このゲームでのフリーブレイズの得点も、ゴール正面からのシュートをアイスバックスGKが弾き返したパックを押し込んだものでした)において、左右の角度の無い5m近辺から放たれたパックが、これ程ゴールインした試合は、珍しいかもしれません。

 東北フリーブレイズにとっては、持ち味を発揮できなかった、不本意なゲームだったことでしょう。

 栃木日光アイスバックスの、守備・攻撃の両面における、素晴らしいプレーが際立った決勝戦でした。
関連記事
スポンサーサイト



NEXT Entry
[競馬] 朝日杯フューチュリティステークス2019の注目馬
NEW Topics
[KONAMI OPEN 2020・1日目] 佐藤翔馬選手と川本武史選手の活躍
[PGAツアー2019~20・ジェネシス招待] 松山英樹選手 3打差の5位
[MLB2020スプリングトレーニング] 大谷翔平選手は「練習の虫」
[日本陸上競技選手権2020競歩20km男子] あってはならない「誤表示」
[世界距離別選手権2020] 日本チームの大活躍
[NPB2020春季キャンプ] 井口監督と吉井コーチを驚かせた 佐々木朗希投手
[UEFA-CL2019~20] 決勝トーナメント1回戦の見所
[フィギュアスケート四大陸選手権2020男子] 鍵山優真選手の健闘
[PGAツアー2019~20・ペブルビーチプロアマ2020] マニング兄弟のラウンド
[競馬コラム252] 2月9日(日)午前8時40分 中山競馬場正門前
[NFLスーパーボウル2020] チーフスのスピンプレー
[NPB2020] 「最強の右打者」 野村克也氏 逝く
[フィギュアスケート四大陸選手権2020男子] 羽生結弦選手の4回転ルッツへの挑戦
[NFL2019~20ポストシーズン] 「逆転」のチーフス
[NFL2019~20ポストシーズン] RBデリック・ヘンリー選手の活躍
[Jリーグ2020プレシーズン] 三浦知良選手が練習試合に登場
[NPB2020春季キャンプ] DeNA オマー・ビスケル氏が特別コーチ
[6か国対抗2020] 開幕
[東京パラリンピック2020] パラリンピアンの大活躍
[全豪オープン2020・男子シングルス] ジョコビッチ選手の強さ
新型コロナウイルス2020のスポーツ界への影響
[NFLスーパーボウル2020] カンザスシティ・チーフスが50年振り2度目の勝利
[競馬コラム251] サクラローレル号 死去
[大相撲2020・1月場所] 照ノ富士と宇良の優勝
[マラソン2020] ヴェイパーフライ問題 ひとまず決着
[NFL2019~20] イーライ・マニング選手の引退
[大相撲2020・1月場所] 霧馬山の大活躍
[NFL2020~21] ラスベガス・レイダーズの誕生
[NBA2020] コービー・ブライアント氏の事故死
[大相撲2020・1月場所後] 豪栄道関が引退表明
[NPB2020キャンプイン前] ワンポイントリリーフの禁止?
[大相撲2020・1月場所・千秋楽] 徳勝龍 14勝1敗で優勝!
[大阪国際女子マラソン2020] 松田瑞生選手 オリンピック代表を引き寄せる快走
[アメリカ野球殿堂2020] デレク・ジータ氏 候補1年目で殿堂入り
[冬季ユース五輪2020] アイスホッケー女子日本代表チーム 金メダル!
[大相撲2020・1月場所] 大一番 徳勝龍が正代を破る。
[アメリカLPGAツアー2020] 畑岡奈紗選手 プレーオフで惜しくも2位
[NFL2019~20ポストシーズン] スーパーボウル2020は 「チーフスVS 49ers」
[ジャパンラグビー・トップリーグ2020] 大盛況
[全日本卓球選手権2020・男子] シングルスは宇田幸矢選手が優勝
[全日本卓球選手権2020・女子] 早田ひな選手が2冠
[bリーグ・オールスターゲーム2020] 定着
[U-23アジア選手権2020タイ大会] 日本代表チーム 最下位でグループリーグ敗退
[NFL2019~20ポストシーズン] ディビジョナル・ゲーム
[全国高校サッカー2019~20・決勝] 静岡学園チーム 逆転で勝利
[大相撲2020・1月場所] 3日目を終えて 大波乱の土俵
[MLB2019オフシーズン] 秋山翔吾選手 シンシナティ・レッズ入り
[全国高校ラグビー2019~20・決勝] 桐蔭学園チーム 悲願の単独優勝!
[大相撲2020・1月場所・初日] 炎鵬関の人気
[全国大学ラグビー決勝2020] 早稲田大学チーム 16度目の優勝
Entry TAG
全日本アイスホッケー2019・日光アイスバックス優勝  
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

カエサルjr

Author:カエサルjr
「スポーツを考える-KaZ」ブログへ
ようこそ!
我が家の月下美人も16年目。同時に30個の花が咲くこともあります。スポーツも花盛りですね。一緒に楽しみましょう。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 1234567891011121314151617181920212223242526272829