FC2ブログ
HOME   »   競馬  »  [競馬コラム250・ばんえい競馬2020] ホクショウマサル号 30連勝の日本新記録
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 1月7日早朝、素晴らしいニュースが飛び込んできました。

 1月6日、ばんえい競馬の帯広11レース「ばんえい十勝金杯」に出走したホクショウマサル(牡8歳)が、見事に1着でゴールし、通算30連勝を記録したのです。
 30連勝は、1973年以降(記録がコンピュータ管理された年)、地方競馬の連勝記録、2000年11月19日に、宇都宮競馬場でドージマファイターが記録した29連勝を、20年ぶりに塗り替えたとも報じられたのです。
 「30連勝」は、おそらく地方競馬のみならず、中央競馬も含めての最高記録、つまり、公に行われている競馬における「日本新記録」であろうと思います。

 正直に言って、このニュースに接するまでは、ホクショウマサルが29連勝の日本タイ記録に居たことも知りませんでした。
 本当に素晴らしい快挙です。

 このレースで、ホクショウマサルは出遅れましたが、最終・第2障害を乗り越えるとグイグイと前進し、先行するハクタイホウを抜いて2馬身余の差を付けたところがゴールでした。阿部武臣騎手の手綱に見事に応えました。
 力強い走りであったと感じます。

 単勝1.0倍という、断然の1番人気でした。

 私は40年ほど前に、夏休みを取り、友人と北海道に旅行しました。
 札幌に着いてから、岩見沢競馬場で「ばんえい競馬の有馬記念」が開催されているという情報を得て(当時は、こうした情報を旅行前に東京で入手するというのは難しいことでした。ネットなど無かった時代です)、さっそく出かけました。

 第1レースから観戦したのですが、まず、パドックでの馬体の大きさに驚きました。
 馬体重は800kgから1,100kgくらいだったと記憶していますが、1トン前後の巨大な馬が、重いソリ(橇)を引いて、2つの山を越えてゴールを目指す、直線コースのレースでした。

 ソリに乗る騎手が手綱等で馬の臀部をバシバシ叩きます。励ましているというか、気合を入れているのですが、初めの内は少し可哀そうな感じがしました。
 しかし、第2・第3とレースが進むにつれて、観客席から大声で応援していました。
 こうした「絵」が、ばんえい競馬の見所のひとつなのでしょう。

 当日は、第1から最終まで、「ばんえいの有馬記念」と呼ばれていたオールスターレースも含めて、全レースで馬券を買いましたが、見事に全て外れました。
 最初は「馬体が大きな馬」を買いましたが、800㎏台の小柄?な馬が勝ち、今度は「筋骨隆々の馬」を買いましたが、スラリとした馬が勝ち、悉く外れたのです。
 ビギナーズラックも皆無だったわけですが、「ばんえい競馬の馬券は難しい」と感じたことを、よく憶えています。

 さて2020年、テレビ映像で観る限り、ホクショウマサルは大きな馬です。おそらく、ばんえい競馬においても大柄な馬体でしょう。そして、とても力強い走りが特徴なのであろうと思います。

 ホクショウマサルは、復帰戦となった2018年7月28日のB4クラスレースで勝利してから、2020年1月6日まで「負け知らずの30連勝」。
 「のど鳴り」をも克服しての日本記録樹立なのです。

 ホクショウマサル号、父エビスカチドキ、母アサヒシャルダン。鹿毛。主な勝ち鞍、イレネー記念、ばんえいダービー。

 故障から復帰直後の2018年のレースでは、圧倒的な差を付けての勝利が多かったと伝えられていますが、今回のばんえい十勝金杯では逆転での2馬身差余の勝利でした。
 ホクショウマサル自身の力がやや落ちてきたのか、ライバル馬達の力が増してきているのかは分かりませんけれども、ホクショウマサルも簡単には勝てない時期が来ているのでしょう。
 そうした中で、「どこまで連勝=日本記録を伸ばしてくれるのか」、今後の活躍が大いに期待されます。

関連記事
スポンサーサイト



NEXT Entry
[NFL2019~20・ワイルドカード] ロースコアの激戦 ペイトリオッツも敗退
NEW Topics
2016年~20年のスーパーボウルを彩った新進気鋭のクオーターバック達
[競馬(無観客)] 大阪杯2020の注目馬
[新型コロナウイルス感染症2020] ウインブルドン選手権大会の中止などなど
[エル・クラシコ2005] 銀河系軍団VSエトー選手・ロナウジーニョ選手
観たかった、志村けん氏の聖火リレー
[競馬コラム257-日本馬の海外挑戦4] 2014年 アドマイヤラクティ号 G1・コーフィールドカップ優勝
[UEFA-EURO2000準々決勝] 凄まじき クライファート選手
[UEFA-EURO1992決勝] デンマークチームの優勝
[東京オリンピック2021] 代表選手の再選考実施は「新型コロナウイルス禍の終息時期」次第
[競馬(無観客)] 高松宮記念2020の注目馬
[UEFA-EURO1988準決勝] オランダチーム 西ドイツを破り決勝へ
[大相撲2020・3月場所を終えて] 朝乃山 大関昇進
[競馬コラム256-日本馬の海外挑戦3] 1997年 ホクトベガ号のドバイワールドカップ
[大相撲2020・3月「無観客」場所] 横綱・白鵬が44回目の優勝
[コパ・アメリカ2011準々決勝] ウルグアイチーム PK戦で勝利
[UEFA-EURO1972決勝] ギュンター・ネッツァー選手の雄姿
[UEFA-EURO1984決勝] フランスチーム 初優勝
[競馬コラム255-日本馬の海外挑戦2] 1995年 フジヤマケンザン号 36年振りの日本馬海外重賞制覇
[UEFA-CL2019~20・決勝T] リバプール 早々に敗退
[UEFA-CL2019~20・決勝T] RBライプツィヒ スパーズを圧倒
[バドミントン全英オープン2020] 日本チーム 男女のダブルスで優勝
[UEFA-CL2019~20・決勝T] アタランタ イリチッチ選手の大活躍
[UEFA-CL2019~20・決勝T] パリ・サンジェルマン ボルシア・ドルトムントとの接戦を制す
[PGAツアー2019~20] 「ザ・プレーヤーズ2020」中止
[トップリーグ2020] ジェシー・クリエル選手の大好物
[Jリーグ2020] イニエスタ選手へのインタビュー
[スピードスケートW杯2019~20・最終戦] 新濱立也選手・小平奈緒選手 500m種目で総合優勝
[スキージャンプW杯2019~20女子] 高梨沙羅選手 優勝 通算57勝目!
[NPB2020・新型コロナウイルス関連] 開幕戦の延期とペナントレース重視の姿勢
[MLB2020スプリングトレーニング] 菊池雄星投手 好調!
[大相撲2020・3月場所] 「無観客」場所 初日
[名古屋ウィメンズマラソン2020] 一山麻緒選手 好記録で優勝!
[びわ湖毎日マラソン2020] 極めて粗末なスタートの遅延
[春の甲子園2020] 関連グッズの行方
[MLB2020スプリングトレーニング] 調子を上げてきている 大谷翔平選手
[東京マラソン2020男子] 2時間6分台と7分台の日本選手達
[スピードスケート世界選手権2020スプリント] 高木美帆選手と新浜立也選手の大活躍
[大相撲2020・3月場所] 史上初の無観客場所において活躍が期待される10名の力士
[自転車トラック世界選手権2020] 梶原悠未選手と脇本雄太選手の活躍
[東京マラソン2020男子] 大迫傑選手のガッツポーズ
[競馬コラム254] 2008年 カジノドライヴ号 アメリカ合衆国のダート重賞優勝
[NPB2020・新型コロナウイルス肺炎関連] オープン戦72試合を無観客試合に
[Jリーグ2020・新型コロナウイルス肺炎関連] ルヴァンカップとリーグ戦を延期
[NBA2019~20] 注目される「ルイ効果」
[競馬コラム253] 「二刀流」モズアスコット フェブラリーステークス2020を圧勝
[Jリーグ2020] 開幕と遠藤保仁選手の最多出場試合数タイ記録
[NPB2020春季キャンプ] 楽天・戸村健次投手 打球を受け頭蓋骨を骨折
[KONAMI OPEN 2020・1日目] 佐藤翔馬選手と川本武史選手の活躍
[PGAツアー2019~20・ジェネシス招待] 松山英樹選手 3打差の5位
[MLB2020スプリングトレーニング] 大谷翔平選手は「練習の虫」
Entry TAG
競馬コラム250ばんえい・ホクシュウマサル号30連勝  
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

カエサルjr

Author:カエサルjr
「スポーツを考える-KaZ」ブログへ
ようこそ!
我が家の月下美人も16年目。同時に30個の花が咲くこともあります。スポーツも花盛りですね。一緒に楽しみましょう。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 123456789101112131415161718192021222324252627282930