FC2ブログ
HOME   »   NFL  »  [NFL2019~20・ワイルドカード] ロースコアの激戦 ペイトリオッツも敗退
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
[1月4日・AFCワイルドカード・NRGスタジアム]
ヒューストン・テキサンズ22-19バッファロー・ビルズ(OT)

[1月4日・AFCワイルドカード・ジレットスタジアム]
テネシー・タイタンズ20-13ニューイングランド・ペイトリオッツ

[1月5日・NFCワイルドカード・メルセデスベンツスーパードーム]
ミネソタ・バイキングス26-20ニューオーリンズ・セインツ(OT)

[1月5日・NFCワイルドカード・リンカーンフィナンシャルフィールド]
シアトル・シーホークス17-9フィラデルフィア・イーグルス

 4ゲームの内2ゲームがオーバータイム(OT、延長)、4ゲーム・8チームの平均得点が18.25という、ロースコア下の激戦が続いた、ワイルドカードでした。

 本当に「実力拮抗」のゲームが続いたのです。

 「30点以上」を記録したチームが無いというワイルドカードも、珍しいのではないでしょうか。

 ワイルドカード最初のゲームは、第3クオーターQの半ばまで、ビルズが押していました。16-0とリードしたのです。

 テキサンズの反撃は、第3Q残り2分を切ってからでした。
 残り1分41秒に、クオーターバックQBデショーン・ワトソン選手の20ヤードのタッチダウンTDランでこの試合初得点のテキサンズは、2ポイントコンバージョンも物にして、一気に8点を挙げたのです。
 当代屈指のモバイルQBのパフォーマンスでしょう。

 テキサンズは、第4QにもフィールドゴールFGとTD+2ポイントコンバージョンで11点を加えて、19-16とリードしました。

 残り試合時間も1分を切り、このままテキサンズが押し切るかに観えましたが、ビルズも良く粘り、残り10秒、キッカーKのスティーブン・ホーシュカ選手が47ヤードのFGを決めて、19-19の同点とし、ゲームはOTに入りました。

 そして、テキサンズはFGを決めて、死闘に決着をつけたのです。

 ワイルドカード第2試合は、テネシー・タイタンズとニューイングランド・ペイトリオッツの対戦でした。
 そして、タイタンズが勝利したのです。

 「ペイトリオッツがポストシーズン初戦で敗退する」こと自体が「驚き」でした。

 戦前の戦力比較やチームの勢いといった、戦前の分析とは「別のところに居るチーム」、ペイトリオッツとはそうした存在だと感じていたのです。
 もちろん、勝手な思い込みなのですけれども、ベリチックヘッドコーチHCとQBトム・ブレイディのコンビは、そうした「神話」を、21世紀のNFLに打ち立ててきたのでしょう。

 レギュラーシーズンの終盤から、「ペイトリオッツの得点力不足」が観えていましたが、それでもポストシーズンに入ればキッチリと立て直してくるもの、と予想していました。しかし、タイタンズの守備陣がそれを許しませんでした。

 第1・2Qを終えては、タイタンズ14-13と1点リードの大接戦でした。
 そして、タイタンズは第3・4Q、ペイトリオッツを無得点に抑え込んだのです。

 QBブレイディ選手のパス獲得ヤードが209に止まり、TDパスが0というのですから、タイタンズの守備がとても良く機能していたことは間違いありません。
 一方で、タイタンズのQBライアン・タネヒル選手とマーカス・マリオカ選手のパス獲得ヤードは計76ヤードに止まりながらも、ポストシーズンで強さを魅せるペイトリオッツ守備陣から20点を奪ったのは、「ラン主体の攻撃」が功を奏したのでしょう。ランニングバックRBデリック・ヘンリー選手の34度のキャリーによる186ヤード獲得は、見事という他はありません。

 いずれにしても、「ここぞ」というシーンにおける、タイタンズの得点力が目立つゲームでした。

 ワイルドカード第3試合は、第1試合に続いてのOT(延長)となりました。
 互角の戦いを続けた両チームは、第4Qを終えて20-20の同点でした。

 そしてOT、バイキングスはQBカーク・カズンズ選手からワイドレシーバーWRカイル・ルドルフ選手への4ヤードのTDパスが決まって、勝ち切りました。

 史上屈指のパサー、セインツのQBドリュー・ブリーズ選手のパスによる獲得を208ヤードに抑え込んだ、バイキングス守備陣の見事なプレーが続きました。

 それにしても、稀代のパサーであるブレイディ選手やブリーズ選手を、1ゲームで200ヤードと少しのゲインに抑え込むディフェンスというのは、凄いものだと思います。
 戦前の戦略・戦術の構築と、ゲーム中のワンプレー毎の絶妙のプレー指示・実行が無い限り、不可能なことでしょう。
 アメリカンフットボールという競技における最高峰の舞台で、「守備力の向上」が明確に現れたシーズンなのかもしれません。

 ワイルドカード最後のゲームも、両チーム合わせて26得点というロースコアとなりました。
 シーホークスとイーグルスという、ハイパーなオフェンスを持ち味とする両チームが、なかなか得点できなかったのです。

 レギュラーシーズン後半から終盤にかけて「4連勝」して、一気にワイルドカード進出を果たしたイーグルスにとっては、攻撃の中心であるQBカーソン・ウェンツ選手が、このゲームでは殆どプレー出来なかったことが痛恨事でしょう。
 替わりに主戦を務めたQBジョシュ・マカウン選手がよく頑張りましたけれども、やはり「ウェンツ選手のチーム」としての持ち味を発揮することが出来なかったことは、止むを得ないところです。

 シーホークスは、QBラッセル・フィルソン選手からWRメトカルフ選手、タイラー・ロケット選手、デビッド・ムーア選手らへのパスを主体に攻め、ロースコアゲームを制しました。

 NFL2019~20シーズンのワイルドカードは、ディフェンスが勝った4ゲームが続きました。

 この流れ、ロースコアの流れが、ディビジョナルプレーオフゲームにおいても発揮されるのか、それとも、ボルチモア・レイブンズ、カンザスシティ・チーフス、グリーンベイ・パッカーズ、サンフランシスコ49ersの華麗で強力な攻撃が勝るのか、ポストシーズンの興味は尽きません。


関連記事
スポンサーサイト



NEXT Entry
[卓球2020] 東京オリンピック2020の代表決まる。
NEW Topics
2016年~20年のスーパーボウルを彩った新進気鋭のクオーターバック達
[競馬(無観客)] 大阪杯2020の注目馬
[新型コロナウイルス感染症2020] ウインブルドン選手権大会の中止などなど
[エル・クラシコ2005] 銀河系軍団VSエトー選手・ロナウジーニョ選手
観たかった、志村けん氏の聖火リレー
[競馬コラム257-日本馬の海外挑戦4] 2014年 アドマイヤラクティ号 G1・コーフィールドカップ優勝
[UEFA-EURO2000準々決勝] 凄まじき クライファート選手
[UEFA-EURO1992決勝] デンマークチームの優勝
[東京オリンピック2021] 代表選手の再選考実施は「新型コロナウイルス禍の終息時期」次第
[競馬(無観客)] 高松宮記念2020の注目馬
[UEFA-EURO1988準決勝] オランダチーム 西ドイツを破り決勝へ
[大相撲2020・3月場所を終えて] 朝乃山 大関昇進
[競馬コラム256-日本馬の海外挑戦3] 1997年 ホクトベガ号のドバイワールドカップ
[大相撲2020・3月「無観客」場所] 横綱・白鵬が44回目の優勝
[コパ・アメリカ2011準々決勝] ウルグアイチーム PK戦で勝利
[UEFA-EURO1972決勝] ギュンター・ネッツァー選手の雄姿
[UEFA-EURO1984決勝] フランスチーム 初優勝
[競馬コラム255-日本馬の海外挑戦2] 1995年 フジヤマケンザン号 36年振りの日本馬海外重賞制覇
[UEFA-CL2019~20・決勝T] リバプール 早々に敗退
[UEFA-CL2019~20・決勝T] RBライプツィヒ スパーズを圧倒
[バドミントン全英オープン2020] 日本チーム 男女のダブルスで優勝
[UEFA-CL2019~20・決勝T] アタランタ イリチッチ選手の大活躍
[UEFA-CL2019~20・決勝T] パリ・サンジェルマン ボルシア・ドルトムントとの接戦を制す
[PGAツアー2019~20] 「ザ・プレーヤーズ2020」中止
[トップリーグ2020] ジェシー・クリエル選手の大好物
[Jリーグ2020] イニエスタ選手へのインタビュー
[スピードスケートW杯2019~20・最終戦] 新濱立也選手・小平奈緒選手 500m種目で総合優勝
[スキージャンプW杯2019~20女子] 高梨沙羅選手 優勝 通算57勝目!
[NPB2020・新型コロナウイルス関連] 開幕戦の延期とペナントレース重視の姿勢
[MLB2020スプリングトレーニング] 菊池雄星投手 好調!
[大相撲2020・3月場所] 「無観客」場所 初日
[名古屋ウィメンズマラソン2020] 一山麻緒選手 好記録で優勝!
[びわ湖毎日マラソン2020] 極めて粗末なスタートの遅延
[春の甲子園2020] 関連グッズの行方
[MLB2020スプリングトレーニング] 調子を上げてきている 大谷翔平選手
[東京マラソン2020男子] 2時間6分台と7分台の日本選手達
[スピードスケート世界選手権2020スプリント] 高木美帆選手と新浜立也選手の大活躍
[大相撲2020・3月場所] 史上初の無観客場所において活躍が期待される10名の力士
[自転車トラック世界選手権2020] 梶原悠未選手と脇本雄太選手の活躍
[東京マラソン2020男子] 大迫傑選手のガッツポーズ
[競馬コラム254] 2008年 カジノドライヴ号 アメリカ合衆国のダート重賞優勝
[NPB2020・新型コロナウイルス肺炎関連] オープン戦72試合を無観客試合に
[Jリーグ2020・新型コロナウイルス肺炎関連] ルヴァンカップとリーグ戦を延期
[NBA2019~20] 注目される「ルイ効果」
[競馬コラム253] 「二刀流」モズアスコット フェブラリーステークス2020を圧勝
[Jリーグ2020] 開幕と遠藤保仁選手の最多出場試合数タイ記録
[NPB2020春季キャンプ] 楽天・戸村健次投手 打球を受け頭蓋骨を骨折
[KONAMI OPEN 2020・1日目] 佐藤翔馬選手と川本武史選手の活躍
[PGAツアー2019~20・ジェネシス招待] 松山英樹選手 3打差の5位
[MLB2020スプリングトレーニング] 大谷翔平選手は「練習の虫」
Entry TAG
NFL2019~20ワイルドカードプレーオフゲーム  
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

カエサルjr

Author:カエサルjr
「スポーツを考える-KaZ」ブログへ
ようこそ!
我が家の月下美人も16年目。同時に30個の花が咲くこともあります。スポーツも花盛りですね。一緒に楽しみましょう。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 123456789101112131415161718192021222324252627282930