FC2ブログ
HOME   »   NFL  »  [NFL2019~20ポストシーズン] スーパーボウル2020は 「チーフスVS 49ers」
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
[1月19日・AFCチャンピオンシップ・アローヘッドスタジアム]
カンザスシティ・チーフス35-24テネシー・タイタンズ

[1月19日・NFCチャンピオンシップ・リーバイススタジアム]
サンフランシスコ49ers 37-20グリーンベイ・パッカーズ

 1月19日に行われた、カンファレンス・チャンピオンシップ・ゲームは、チーフスと49ers(フォーティナイナーズ)が制して、2月2日に開催される第54回スーパーボウルに駒を進めました。

 好カードとなった両カンファレンスのチャンピオンシップゲームでしたが、結果として「上位シードチーム」が順当に勝ち上がったのです。

 レギュラーシーズンAFC南地区2位、第6シードでポストシーズンに臨み、ニューイングランド・ペイトリオッツ、ボルチモア・レイブンズを連破して「アップセット(番狂わせ)」を演じてきたタイタンズも、ついに力尽きました。

 チーフスVSタイタンズのゲームは、チーフス守備陣が、タイタンズのランニングバックRBデレック・ヘンリー選手のランを19キャリー・69ヤードゲインに抑え込んだことが、勝因でしょう。
 ワイルドカード、ディビジョナルと1ゲーム190ヤード前後のゲインを挙げてきたRBヘンリー選手を、、ペイトリオッツモレイブンズも止められなかったヘンリー選手を、チーフスがついに「止めた」のです。

 一方でチーフス自慢のハイパーオフェンスは、クオーターバックQBパトリック・マホームズ選手を中心に、いつものように機能して、35得点を挙げました。ワイドレシーバーWRサミー・ワトキンス選手、タイリーク・ヒル選手、デイミエン・ウィリアムス選手、トラビス・ケルシー選手、デマーカス・ロビンソン選手の5選手が30ヤードを越えるゲインをするという、「変幻自在なパスプレー」、チーフスオフェンス最大の強みは健在でした。


 パッカーズと49ersという、古豪というか、強豪・有名チームが激突したNFCは、前半で勝負が決まりました。
 49ersは、第1・第2クオーターQで3タッチダウンTD・2フィールドゴールFGを決めて27-0とリードしたのです。
 このレベル、世界最高峰のゲームにおいては「27点差」は決定的です。
 パッカーズも後半良く追い上げましたが、49ersがキッチリと逃げ切りました。

 49resのQBジミー・ガロポロ選手は、僅か77ヤードのパスゲインに止まりましたが、RBラヒーム・モスタート選手が29度のキャリーで220ヤードゲインという、ポストシーズン新記録を打ち立て、4TDを挙げました。1キャリー当り7.6ヤードゲインという、驚異的なランだったのです。
 「走りまくった」印象ですが、パッカーズを相手に「ラン攻撃で勝負する」と決め、それをしっかりと実行した49ers攻撃陣の、見事な、本当に見事なプレーでした。

 スタッツを観ると、このゲームの総獲得ヤードは、パッカーズ358ヤード、49res354ヤードと、ほぼ互角なのですが、ほぼ互角となれば、ラン攻撃による獲得の方が「得点への確実性が高い」のは道理です。
 
 49ersの戦略と戦術が見事に機能したゲームでした。

 さて、2月2日スーパーボウル2020(フロリダ州マイアミガーデンズのハードロック・スタジアムが舞台)は、チーフスと49ersの対戦となりました。

 共に、21世紀にはスーパーボウル制覇はありません。

 とはいえ、49ersは2013年にスーパーボウルに進出し、レイブンズに惜敗していますから、スーパーボウルの経験となれば上でしょう。

 チーフスは、AFL-NFLチャンピオンシップ時代の1970年に優勝して以来、スーパーボウルに出場していませんが、49ersは1995年を最後に5度の優勝があります。

 こうして観ると、スーパーボウルの実績では49resが上回っていることになりますが、21世紀に勝っていない点では同等ということになるでしょう。

 ややもすると「ポストシーズンに弱い」と言われてきたチーフスが、その汚名を返上することが出来るかどうかが、最大の注目ポイントかもしれません。


関連記事
スポンサーサイト



NEXT Entry
[アメリカLPGAツアー2020] 畑岡奈紗選手 プレーオフで惜しくも2位
NEW Topics
[KONAMI OPEN 2020・1日目] 佐藤翔馬選手と川本武史選手の活躍
[PGAツアー2019~20・ジェネシス招待] 松山英樹選手 3打差の5位
[MLB2020スプリングトレーニング] 大谷翔平選手は「練習の虫」
[日本陸上競技選手権2020競歩20km男子] あってはならない「誤表示」
[世界距離別選手権2020] 日本チームの大活躍
[NPB2020春季キャンプ] 井口監督と吉井コーチを驚かせた 佐々木朗希投手
[UEFA-CL2019~20] 決勝トーナメント1回戦の見所
[フィギュアスケート四大陸選手権2020男子] 鍵山優真選手の健闘
[PGAツアー2019~20・ペブルビーチプロアマ2020] マニング兄弟のラウンド
[競馬コラム252] 2月9日(日)午前8時40分 中山競馬場正門前
[NFLスーパーボウル2020] チーフスのスピンプレー
[NPB2020] 「最強の右打者」 野村克也氏 逝く
[フィギュアスケート四大陸選手権2020男子] 羽生結弦選手の4回転ルッツへの挑戦
[NFL2019~20ポストシーズン] 「逆転」のチーフス
[NFL2019~20ポストシーズン] RBデリック・ヘンリー選手の活躍
[Jリーグ2020プレシーズン] 三浦知良選手が練習試合に登場
[NPB2020春季キャンプ] DeNA オマー・ビスケル氏が特別コーチ
[6か国対抗2020] 開幕
[東京パラリンピック2020] パラリンピアンの大活躍
[全豪オープン2020・男子シングルス] ジョコビッチ選手の強さ
新型コロナウイルス2020のスポーツ界への影響
[NFLスーパーボウル2020] カンザスシティ・チーフスが50年振り2度目の勝利
[競馬コラム251] サクラローレル号 死去
[大相撲2020・1月場所] 照ノ富士と宇良の優勝
[マラソン2020] ヴェイパーフライ問題 ひとまず決着
[NFL2019~20] イーライ・マニング選手の引退
[大相撲2020・1月場所] 霧馬山の大活躍
[NFL2020~21] ラスベガス・レイダーズの誕生
[NBA2020] コービー・ブライアント氏の事故死
[大相撲2020・1月場所後] 豪栄道関が引退表明
[NPB2020キャンプイン前] ワンポイントリリーフの禁止?
[大相撲2020・1月場所・千秋楽] 徳勝龍 14勝1敗で優勝!
[大阪国際女子マラソン2020] 松田瑞生選手 オリンピック代表を引き寄せる快走
[アメリカ野球殿堂2020] デレク・ジータ氏 候補1年目で殿堂入り
[冬季ユース五輪2020] アイスホッケー女子日本代表チーム 金メダル!
[大相撲2020・1月場所] 大一番 徳勝龍が正代を破る。
[アメリカLPGAツアー2020] 畑岡奈紗選手 プレーオフで惜しくも2位
[NFL2019~20ポストシーズン] スーパーボウル2020は 「チーフスVS 49ers」
[ジャパンラグビー・トップリーグ2020] 大盛況
[全日本卓球選手権2020・男子] シングルスは宇田幸矢選手が優勝
[全日本卓球選手権2020・女子] 早田ひな選手が2冠
[bリーグ・オールスターゲーム2020] 定着
[U-23アジア選手権2020タイ大会] 日本代表チーム 最下位でグループリーグ敗退
[NFL2019~20ポストシーズン] ディビジョナル・ゲーム
[全国高校サッカー2019~20・決勝] 静岡学園チーム 逆転で勝利
[大相撲2020・1月場所] 3日目を終えて 大波乱の土俵
[MLB2019オフシーズン] 秋山翔吾選手 シンシナティ・レッズ入り
[全国高校ラグビー2019~20・決勝] 桐蔭学園チーム 悲願の単独優勝!
[大相撲2020・1月場所・初日] 炎鵬関の人気
[全国大学ラグビー決勝2020] 早稲田大学チーム 16度目の優勝
Entry TAG
NFLスーパーボウル2020はチーフスVS49ers  
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

カエサルjr

Author:カエサルjr
「スポーツを考える-KaZ」ブログへ
ようこそ!
我が家の月下美人も16年目。同時に30個の花が咲くこともあります。スポーツも花盛りですね。一緒に楽しみましょう。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 1234567891011121314151617181920212223242526272829