FC2ブログ
HOME   »   NFL  »  [NFL2019~20ポストシーズン] スーパーボウル2020は 「チーフスVS 49ers」
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
[1月19日・AFCチャンピオンシップ・アローヘッドスタジアム]
カンザスシティ・チーフス35-24テネシー・タイタンズ

[1月19日・NFCチャンピオンシップ・リーバイススタジアム]
サンフランシスコ49ers 37-20グリーンベイ・パッカーズ

 1月19日に行われた、カンファレンス・チャンピオンシップ・ゲームは、チーフスと49ers(フォーティナイナーズ)が制して、2月2日に開催される第54回スーパーボウルに駒を進めました。

 好カードとなった両カンファレンスのチャンピオンシップゲームでしたが、結果として「上位シードチーム」が順当に勝ち上がったのです。

 レギュラーシーズンAFC南地区2位、第6シードでポストシーズンに臨み、ニューイングランド・ペイトリオッツ、ボルチモア・レイブンズを連破して「アップセット(番狂わせ)」を演じてきたタイタンズも、ついに力尽きました。

 チーフスVSタイタンズのゲームは、チーフス守備陣が、タイタンズのランニングバックRBデレック・ヘンリー選手のランを19キャリー・69ヤードゲインに抑え込んだことが、勝因でしょう。
 ワイルドカード、ディビジョナルと1ゲーム190ヤード前後のゲインを挙げてきたRBヘンリー選手を、、ペイトリオッツモレイブンズも止められなかったヘンリー選手を、チーフスがついに「止めた」のです。

 一方でチーフス自慢のハイパーオフェンスは、クオーターバックQBパトリック・マホームズ選手を中心に、いつものように機能して、35得点を挙げました。ワイドレシーバーWRサミー・ワトキンス選手、タイリーク・ヒル選手、デイミエン・ウィリアムス選手、トラビス・ケルシー選手、デマーカス・ロビンソン選手の5選手が30ヤードを越えるゲインをするという、「変幻自在なパスプレー」、チーフスオフェンス最大の強みは健在でした。


 パッカーズと49ersという、古豪というか、強豪・有名チームが激突したNFCは、前半で勝負が決まりました。
 49ersは、第1・第2クオーターQで3タッチダウンTD・2フィールドゴールFGを決めて27-0とリードしたのです。
 このレベル、世界最高峰のゲームにおいては「27点差」は決定的です。
 パッカーズも後半良く追い上げましたが、49ersがキッチリと逃げ切りました。

 49resのQBジミー・ガロポロ選手は、僅か77ヤードのパスゲインに止まりましたが、RBラヒーム・モスタート選手が29度のキャリーで220ヤードゲインという、ポストシーズン新記録を打ち立て、4TDを挙げました。1キャリー当り7.6ヤードゲインという、驚異的なランだったのです。
 「走りまくった」印象ですが、パッカーズを相手に「ラン攻撃で勝負する」と決め、それをしっかりと実行した49ers攻撃陣の、見事な、本当に見事なプレーでした。

 スタッツを観ると、このゲームの総獲得ヤードは、パッカーズ358ヤード、49res354ヤードと、ほぼ互角なのですが、ほぼ互角となれば、ラン攻撃による獲得の方が「得点への確実性が高い」のは道理です。
 
 49ersの戦略と戦術が見事に機能したゲームでした。

 さて、2月2日スーパーボウル2020(フロリダ州マイアミガーデンズのハードロック・スタジアムが舞台)は、チーフスと49ersの対戦となりました。

 共に、21世紀にはスーパーボウル制覇はありません。

 とはいえ、49ersは2013年にスーパーボウルに進出し、レイブンズに惜敗していますから、スーパーボウルの経験となれば上でしょう。

 チーフスは、AFL-NFLチャンピオンシップ時代の1970年に優勝して以来、スーパーボウルに出場していませんが、49ersは1995年を最後に5度の優勝があります。

 こうして観ると、スーパーボウルの実績では49resが上回っていることになりますが、21世紀に勝っていない点では同等ということになるでしょう。

 ややもすると「ポストシーズンに弱い」と言われてきたチーフスが、その汚名を返上することが出来るかどうかが、最大の注目ポイントかもしれません。


関連記事
スポンサーサイト



NEXT Entry
[アメリカLPGAツアー2020] 畑岡奈紗選手 プレーオフで惜しくも2位
NEW Topics
2016年~20年のスーパーボウルを彩った新進気鋭のクオーターバック達
[競馬(無観客)] 大阪杯2020の注目馬
[新型コロナウイルス感染症2020] ウインブルドン選手権大会の中止などなど
[エル・クラシコ2005] 銀河系軍団VSエトー選手・ロナウジーニョ選手
観たかった、志村けん氏の聖火リレー
[競馬コラム257-日本馬の海外挑戦4] 2014年 アドマイヤラクティ号 G1・コーフィールドカップ優勝
[UEFA-EURO2000準々決勝] 凄まじき クライファート選手
[UEFA-EURO1992決勝] デンマークチームの優勝
[東京オリンピック2021] 代表選手の再選考実施は「新型コロナウイルス禍の終息時期」次第
[競馬(無観客)] 高松宮記念2020の注目馬
[UEFA-EURO1988準決勝] オランダチーム 西ドイツを破り決勝へ
[大相撲2020・3月場所を終えて] 朝乃山 大関昇進
[競馬コラム256-日本馬の海外挑戦3] 1997年 ホクトベガ号のドバイワールドカップ
[大相撲2020・3月「無観客」場所] 横綱・白鵬が44回目の優勝
[コパ・アメリカ2011準々決勝] ウルグアイチーム PK戦で勝利
[UEFA-EURO1972決勝] ギュンター・ネッツァー選手の雄姿
[UEFA-EURO1984決勝] フランスチーム 初優勝
[競馬コラム255-日本馬の海外挑戦2] 1995年 フジヤマケンザン号 36年振りの日本馬海外重賞制覇
[UEFA-CL2019~20・決勝T] リバプール 早々に敗退
[UEFA-CL2019~20・決勝T] RBライプツィヒ スパーズを圧倒
[バドミントン全英オープン2020] 日本チーム 男女のダブルスで優勝
[UEFA-CL2019~20・決勝T] アタランタ イリチッチ選手の大活躍
[UEFA-CL2019~20・決勝T] パリ・サンジェルマン ボルシア・ドルトムントとの接戦を制す
[PGAツアー2019~20] 「ザ・プレーヤーズ2020」中止
[トップリーグ2020] ジェシー・クリエル選手の大好物
[Jリーグ2020] イニエスタ選手へのインタビュー
[スピードスケートW杯2019~20・最終戦] 新濱立也選手・小平奈緒選手 500m種目で総合優勝
[スキージャンプW杯2019~20女子] 高梨沙羅選手 優勝 通算57勝目!
[NPB2020・新型コロナウイルス関連] 開幕戦の延期とペナントレース重視の姿勢
[MLB2020スプリングトレーニング] 菊池雄星投手 好調!
[大相撲2020・3月場所] 「無観客」場所 初日
[名古屋ウィメンズマラソン2020] 一山麻緒選手 好記録で優勝!
[びわ湖毎日マラソン2020] 極めて粗末なスタートの遅延
[春の甲子園2020] 関連グッズの行方
[MLB2020スプリングトレーニング] 調子を上げてきている 大谷翔平選手
[東京マラソン2020男子] 2時間6分台と7分台の日本選手達
[スピードスケート世界選手権2020スプリント] 高木美帆選手と新浜立也選手の大活躍
[大相撲2020・3月場所] 史上初の無観客場所において活躍が期待される10名の力士
[自転車トラック世界選手権2020] 梶原悠未選手と脇本雄太選手の活躍
[東京マラソン2020男子] 大迫傑選手のガッツポーズ
[競馬コラム254] 2008年 カジノドライヴ号 アメリカ合衆国のダート重賞優勝
[NPB2020・新型コロナウイルス肺炎関連] オープン戦72試合を無観客試合に
[Jリーグ2020・新型コロナウイルス肺炎関連] ルヴァンカップとリーグ戦を延期
[NBA2019~20] 注目される「ルイ効果」
[競馬コラム253] 「二刀流」モズアスコット フェブラリーステークス2020を圧勝
[Jリーグ2020] 開幕と遠藤保仁選手の最多出場試合数タイ記録
[NPB2020春季キャンプ] 楽天・戸村健次投手 打球を受け頭蓋骨を骨折
[KONAMI OPEN 2020・1日目] 佐藤翔馬選手と川本武史選手の活躍
[PGAツアー2019~20・ジェネシス招待] 松山英樹選手 3打差の5位
[MLB2020スプリングトレーニング] 大谷翔平選手は「練習の虫」
Entry TAG
NFLスーパーボウル2020はチーフスVS49ers  
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

カエサルjr

Author:カエサルjr
「スポーツを考える-KaZ」ブログへ
ようこそ!
我が家の月下美人も16年目。同時に30個の花が咲くこともあります。スポーツも花盛りですね。一緒に楽しみましょう。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 123456789101112131415161718192021222324252627282930