FC2ブログ
HOME   »   ゴルフ  »  [ゴルフ] 幸運も不運も無い大会 全米オープン
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 第113回全米オープンゴルフ選手権大会が、アメリカ・ペンシルベニア州アードモアのメリオンゴルフクラブ・イーストコースで開催されています。

 メリオンGCは、全米オープン開催コースのひとつなのですが、久しぶりだなと思い調べてみましたら、1981年以来32年振り5回目の開催でした。

 全米オープンといえば、マスターズ・全米・全英・全米プロの四大メジャー大会の中で、最も難しいセッティングの大会として知られています。
 10㎝を超える高さの密生したラフや、とても狭いフェアウェイFW、高速グリーンが「全米オープンの標準」としてセットされています。

 最近でこそ、10アンダーパー前後のスコアでの優勝が多くなっていますが、30~40年程前ならイーブンパーや1~3アンダーでの優勝が多い大会でした。テレビ放送で「アンターパーの選手が居なくなりました」などとコメントされるのが、全米オープンだったのです。

 私は、全米オープンは公平な大会だと思っています。グッドラック(幸運)やハードラック(不運)が少ない大会だと思うのです。
 例えば、全英オープンならFWのど真ん中に打って行っても芝が殆ど無いライであることがあります。マスターズなら、完璧なショットの筈が、グリーン周辺が刈り込んであるためにハザードに落ちてしまったりします。

 しかし、全米オープンは「ミスショットには1打の罰」が課され、「グッドショットには次の一打に完全なアドバンテージ」与えられます。とても狭いのですが、FWの整備状態は抜群なのです。
 FWをヒットできれば、次のショットは断然有利ですが、たとえ5㎝でもラフに入ってしまえば、脱出するためだけのショットが強要されます。
 自らのショットの出来・不出来によって、キチンとご褒美と罰が用意されている、とても公平な大会なのです。

 1895年に創設された全米オープンですが、最初の30年間位を経て、開催されるコースが概ね決まってきました。伝統的な開催コースとしては、

・オークモントゴルフクラブ(8回開催)
・バルタスロールゴルフクラブ(7回開催)
・オークランドヒルズカントリークラブ(6回開催)
・オリンピッククラブ(5回開催)
・ペブルビーチゴルフリンクス(5回開催)
・ウイングドフットゴルフクラブ(5回開催)
・シネコックヒルズゴルフクラブ(4回開催)

 などのコースが上げられると思います。どのコースも、アメリカをそして世界を代表するゴルフコースです。

 そして、全米オープンが凄いと思うのは、これだけの名コースをラインナップしているにもかかわらず、現在でも「全米オープンに相応しいコースを探し続け、新たに使用開始している」ことだと思います。

 1999年に初めて開催され2005年に2回目が開催されたパインハーストリゾートコースNO.2や、2002年に初開催され2009年に2回目が開催されたベスページステートパーク・ブラックコース、2008年に初めて開催されたトーリーパインズゴルフコースが、それにあたります。

 これらの新規導入コースの特徴は「長いこと」だと思います。難しいセッティングをアイデンティティとする全米オープンですが、最近のクラブなどの道具やボールの進歩やプレーヤーの技術向上もあって、深いラフと高速グリーンだけではスコアの上昇を抑えきれなくなってきています。
 やはり何時の時代も、パーセーブが最も難しいのは「長いホール」なのでしょう。

 久しぶりの開催となったメリオンGCでの全米オープンには、日本の若きエース松山英樹選手も挑戦しています。
 そして、久しぶりのメジャー大会制覇を目指すタイガー・ウッズや欧州代表ローリー・マキロイら、いつものように世界のトッププレーヤーが集結しています。

 全体として距離は短いのですが、様々なトラップが散りばめられている、伝統的な全米オープン用コースとしてのメリオンゴルフクラブ。素晴らしいゲームが展開されることでしょう。
 
関連記事
スポンサーサイト



NEXT Entry
[コンフェデ杯] ブラジル強し 何もできなかった日本
NEW Topics
[温故知新2020-競泳3] 男子100m背泳ぎ 日本チームのメダル独占
[競馬(無観客)] 安田記念2020の注目馬
[温故知新2020-女子テニス3] 「アイス・ドール」 クリス・エバート選手
[温故知新2020-男子テニス4] 黒人プレーヤーの先駆者 アーサー・アッシュ選手
[ブンデスリーガ2019~20(無観客)] 鎌田大地選手 2試合連続ゴール
[競馬コラム269] オークス2020のデアリングタクトと日本ダービー2020のコントレイル
[温故知新2020-陸上競技4] 男子走り幅跳び オリンピック金メダリストの記録
[ブンデスリーガ2019~20・第27節(無観客)] バイエルン・ミュンヘン 圧勝
[温故知新2020-女子テニス2] アメリカの英雄 ビリー・ジーン・キング選手
[競馬(無観客)] 東京優駿(日本ダービー)2020の注目馬
[温故知新2020-女子テニス1] 「史上最強」 マーガレット・コート選手
[温故知新2020-男子テニス3] ダブルスの名手 ジョン・ニューカム選手
[温故知新2020-陸上競技3] 男子10,000m オリンピック金メダリストの記録
[温故知新2020-競泳2] 男子1,500m自由形 日本チームの全盛期
[温故知新2020-競泳1] 男子100m自由形 日本チームの黄金時代
[FIFAワールドカップ2010準々決勝] ドイツチームの完勝
[温故知新2020-男子テニス2] 「史上最強」 ロッド・レーバー選手
[競馬(無観客)] 優駿牝馬(オークス)2020の注目馬
[温故知新2020-陸上競技2] 男子1,500m オリンピック金メダリストの記録
[温故知新2020-陸上競技1] 男子100m オリンピック金メダリストの記録
[ラグビーワールドカップ2011プールA] 日本チーム フランスチームを相手に65分まで4点差の健闘
[温故知新2020男子テニス-1] ウィンブルドンを勝てなかった イワン・レンドル選手
[競馬コラム268・ヴィクトリアマイル2020] 感動的なレース
[FIFAワールドカップ1986決勝] アルゼンチンチーム 2度目の優勝
[競馬(無観客)] ヴィクトリアマイル2020の注目馬
[NPB・MLB2020] 「開幕」に向けての動き
[ブンデスリーガ2019~20] 無観客での再開へ
[競馬コラム267-日本馬の海外挑戦12] 2009年 牝馬の挑戦
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] ブラジルチーム 貫録の勝利
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] 日本チーム 史上初のPK戦
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] ランパード選手 「幻」のゴール
[Jリーグ2020] イニエスタ選手のオンライントークショー
[競馬(無観客)] NHKマイルカップ2020の注目馬
[NBA2020] 個人トレーニング再開に向けての動き
[UEFA-EURO2012-グループD] イングランドとフランスの激突
[競馬コラム266-天皇賞(春)2020] フィエールマンの連覇とC.ルメール騎手の天皇賞4連勝
[UEFA-EURO2012-グループB] ポルトガル デンマークとの接戦を制す
[競馬コラム265・下鴨ステークス2020] スズカルパン 100戦出走達成!
[UEFA-EURO2012-グループA] 開幕戦 ギリシャチーム 驚異の粘り
[UEFA-EURO2012-グループD] フランスチームの堅守
[競馬(無観客)] 天皇賞(春)2020の注目馬
[UEFA-EURO2012-グループC] イタリアとクロアチア 一歩も引かず
[競馬コラム264-日本馬の海外挑戦11] 2007年 シンガポール競馬への進出
[UEFA-EURO2012準々決勝] クリスティアーノ・ロナウドVSチェフ
[競馬コラム263-日本馬の海外挑戦10] 2006年 ハーツクライとデルタブルース
[スーペルコパ2020準決勝] FCバルセロナ よもやの敗退
[UEFA-EURO2012準決勝] 「怪物」バロテッリ選手の2ゴール
[マラソン2020] 「心臓破りの丘」 山田敬蔵氏 逝去
[競馬コラム262-日本馬の海外挑戦-9] 2005年 ゼンノロブロイとハットトリック
[MLB2020・MVPランキング] バリー・ボンズ選手の凄さ
Entry TAG
第113回全米オープンゴルフ   メリオンゴルフクラブ   松山英樹  
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

カエサルjr

Author:カエサルjr
「スポーツを考える-KaZ」ブログへ
ようこそ!
我が家の月下美人も16年目。同時に30個の花が咲くこともあります。スポーツも花盛りですね。一緒に楽しみましょう。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 123456789101112131415161718192021222324252627282930