FC2ブログ
HOME   »   サッカー  »  [UEFA-EURO1992決勝] デンマークチームの優勝
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 新型コロナウイルス禍のために、多くのスポーツイベントが延期・中止なっている時期は、撮り貯めた録画を自宅で楽しむのに最適です。
 今回はユーロ(欧州選手権大会)1992の決勝を観ました。

[1992年6月26日・ウッレヴィスタディオン(スウェーデン)]
デンマーク2-0ドイツ

 1990年のワールドカップを制覇した西ドイツチームのメンバーを主体とした、東西ドイツ統合後初の「ドイツチーム」が本命と言われたユーロですが、デンマークチームが「よもや?」の強さを魅せて快勝したゲームです。
 初優勝でした。

 国連からの指摘によって大会直前(開幕2週間前)にユーゴスラビアチームが出場できなくなり、代わりに出場したのがデンマークチームでした。
 ほぼ準備期間無しでの出場でしたから、当然ながら活躍は期待されなかったのですが、あれよあれよという間に決勝トーナメントに進出し、準決勝でオランダ、決勝でドイツを倒して優勝したのですから、間違いなく、とても強いチームだったのです。

[ドイツチームの先発メンバー]
1. GKイルグナー選手
2. ロイター選手
3. ブレーメ選手
4. コーラー選手
5. ブッフバルト選手
6. ヘスラー選手
7. リードレ選手
8. ヘルマー選手
9. ザマー選手
10. エッフェンベルク選手
11. クリンスマン選手

[デンマークチームの先発メンバー]
1. GKシュマイケル選手
2. シヴェルク選手
3. ケント・ニールセン選手
4. オルセン選手
5. クリストフテ選手
6. イェンセン選手
7. ポウルセン選手
8. ブライアン・ラウドルップ選手
9. ピーフニク選手
10. ラーセン選手
11. ヴィルフォート選手

 ドイツチームは頭書の通り、1990年ワールドカップ優勝メンバーが主体でした。フェラー選手とリトバルスキー選手が抜けている位でしょうか。当然ながら完成度の高いチームですし、大会前には、ドイツサッカーの「皇帝」フランツ・ベッケンバウアー氏から「東西ドイツが統一されひとつのチームが出来たのだから、そのチームは『無敵』の筈」とのコメントも有りましたので、ドイツチームには優勝に向けてのプレッシャーもあったかもしれません。
 クリンスマン選手が居て、ザマー選手が居て、ヘルマー選手が居て、日本でもプレーしたブッフバルト選手も居るという、豪華なメンバーです。

 一方のデンマークチームでは、やはりゴールキーパーGKのシュマイケル選手が有名でしょう。1990年代には世界NO.1GKと称されました。この大会、そしてこの試合でも、素晴らしいプレーを披露しています。

 さて、久し振りに録画を観戦した感想です。

① 運動量が多い。
 1970年代、80年代の大試合と比べて、両チームともにプレーヤーの動きが速く、展開も極めてスピーディです。中盤ではドリブルによる持ち上がりが多く、ゴール前では素早いパスからチャンスメイクしています。
  記憶していた印象より、はるかにスピーディなゲームでした。

② GKのレベルが高い。
 デンマークのシュマイケル選手は勿論として、ドイツのイルグナー選手も素晴らしいプレーを魅せています。
 「強いチームには良いGKが居る」ことを、改めて感じました。

③ デンマークチームの素早い攻撃
 戦前の予想通り、ゲームはドイツチームが優勢に進めましたけれども、時折見せるデンマークチームの攻撃は秀逸でした。

 前半18分のイェンセン選手の先制シュート・ゴールは、低く出たボールがホップするように上昇軌道を走り、ドイツゴールに突き刺さりました。凄い威力です。
 そして、同点に向けて前掛かりになったドイツチームに対して、後半33分カウンター攻撃から決めた、ヴィルフォルト選手のゴールも、コース威力とも十分なものでした。
 2点とも、さすがのGKイルグナー選手を持ってしても、どうすることも出来ないハイレベルなシュートだったのです。

 観客席では、「神様」ペレ氏と「皇帝」ベッケンバウアー氏が会話をしている姿が映し出されました。
 お二人とも「とてつもないオーラ」を具備していますから、「絵になるシーン」であることは、言うまでも有りません。

 地元スウェーデンのサッカーファンの多くは、やはり馴染み深い隣国・デンマークチームを応援していました。
 デンマークがリードし、試合時間が残り少なくなるとスタジアムの歓声は一層大きくなり、試合終了のホイッスルが鳴り響くと、お祭りの様な騒ぎとなりました。
 ドイツにとっては、完全なアウェイゲームだったのです。(常に世界のサッカーをリードしているドイツチームは、どの大会でもアウェイになることが多いのです。「強いが故の現象」なのでしょう)

 社会民主主義と呼ばれた政体を取っていて、所謂本物のプロスポーツプレーヤーが居なかったデンマークが、全ての競技を通じて、初めて「世界に力を示した」、ユーロ1992制覇だったのかもしれません。

関連記事
スポンサーサイト



NEXT Entry
[UEFA-EURO2000準々決勝] 凄まじき クライファート選手
NEW Topics
[温故知新2020-女子テニス3] 「アイス・ドール」 クリス・エバート選手
[温故知新2020-男子テニス4] 黒人プレーヤーの先駆者 アーサー・アッシュ選手
[ブンデスリーガ2019~20(無観客)] 鎌田大地選手 2試合連続ゴール
[競馬コラム269] オークス2020のデアリングタクトと日本ダービー2020のコントレイル
[温故知新2020-陸上競技4] 男子走り幅跳び オリンピック金メダリストの記録
[ブンデスリーガ2019~20・第27節(無観客)] バイエルン・ミュンヘン 圧勝
[温故知新2020-女子テニス2] アメリカの英雄 ビリー・ジーン・キング選手
[競馬(無観客)] 東京優駿(日本ダービー)2020の注目馬
[温故知新2020-女子テニス1] 「史上最強」 マーガレット・コート選手
[温故知新2020-男子テニス3] ダブルスの名手 ジョン・ニューカム選手
[温故知新2020-陸上競技3] 男子10,000m オリンピック金メダリストの記録
[温故知新2020-競泳2] 男子1,500m自由形 日本チームの全盛期
[温故知新2020-競泳1] 男子100m自由形 日本チームの黄金時代
[FIFAワールドカップ2010準々決勝] ドイツチームの完勝
[温故知新2020-男子テニス2] 「史上最強」 ロッド・レーバー選手
[競馬(無観客)] 優駿牝馬(オークス)2020の注目馬
[温故知新2020-陸上競技2] 男子1,500m オリンピック金メダリストの記録
[温故知新2020-陸上競技1] 男子100m オリンピック金メダリストの記録
[ラグビーワールドカップ2011プールA] 日本チーム フランスチームを相手に65分まで4点差の健闘
[温故知新2020男子テニス-1] ウィンブルドンを勝てなかった イワン・レンドル選手
[競馬コラム268・ヴィクトリアマイル2020] 感動的なレース
[FIFAワールドカップ1986決勝] アルゼンチンチーム 2度目の優勝
[競馬(無観客)] ヴィクトリアマイル2020の注目馬
[NPB・MLB2020] 「開幕」に向けての動き
[ブンデスリーガ2019~20] 無観客での再開へ
[競馬コラム267-日本馬の海外挑戦12] 2009年 牝馬の挑戦
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] ブラジルチーム 貫録の勝利
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] 日本チーム 史上初のPK戦
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] ランパード選手 「幻」のゴール
[Jリーグ2020] イニエスタ選手のオンライントークショー
[競馬(無観客)] NHKマイルカップ2020の注目馬
[NBA2020] 個人トレーニング再開に向けての動き
[UEFA-EURO2012-グループD] イングランドとフランスの激突
[競馬コラム266-天皇賞(春)2020] フィエールマンの連覇とC.ルメール騎手の天皇賞4連勝
[UEFA-EURO2012-グループB] ポルトガル デンマークとの接戦を制す
[競馬コラム265・下鴨ステークス2020] スズカルパン 100戦出走達成!
[UEFA-EURO2012-グループA] 開幕戦 ギリシャチーム 驚異の粘り
[UEFA-EURO2012-グループD] フランスチームの堅守
[競馬(無観客)] 天皇賞(春)2020の注目馬
[UEFA-EURO2012-グループC] イタリアとクロアチア 一歩も引かず
[競馬コラム264-日本馬の海外挑戦11] 2007年 シンガポール競馬への進出
[UEFA-EURO2012準々決勝] クリスティアーノ・ロナウドVSチェフ
[競馬コラム263-日本馬の海外挑戦10] 2006年 ハーツクライとデルタブルース
[スーペルコパ2020準決勝] FCバルセロナ よもやの敗退
[UEFA-EURO2012準決勝] 「怪物」バロテッリ選手の2ゴール
[マラソン2020] 「心臓破りの丘」 山田敬蔵氏 逝去
[競馬コラム262-日本馬の海外挑戦-9] 2005年 ゼンノロブロイとハットトリック
[MLB2020・MVPランキング] バリー・ボンズ選手の凄さ
[フィギュアスケート2020春・世界ランキング] 羽生選手、紀平選手が共に1位
[NPB2020] 菅野智之投手 超絶の仕上がり
Entry TAG
UEFA-EURO1992決勝・デンマークチーム初優勝  
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

カエサルjr

Author:カエサルjr
「スポーツを考える-KaZ」ブログへ
ようこそ!
我が家の月下美人も16年目。同時に30個の花が咲くこともあります。スポーツも花盛りですね。一緒に楽しみましょう。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 123456789101112131415161718192021222324252627282930