FC2ブログ
HOME   »   NFL  »  2016年~20年のスーパーボウルを彩った新進気鋭のクオーターバック達
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 スーパーボウル2020は、カンザスシティ・チーフスの50年振りの優勝で幕を閉じました。
 クオーターバックQBパトリック・マホームズ選手を中心としたチーフスの攻撃陣が、新たな伝説となったのです。

 さて、2016年から20年の過去5回のスーパーボウルを観ると、新進気鋭のQBが登場し、それぞれのゲームの中心的な役割を果たしていることが分かります。
 どんなプロスポーツにおいても、常に繰り返されている世代交代ですが、直近の5年間は、「新旧QBの対決」という色彩がとても強かったように感じます。

[2016年2月7日・第50回スーパーボウル]
デンバー・ブロンコス24-10カロライナ・パンサーズ
(QBペイトン・マニング選手) (QBキャム・ニュートン選手)

[2017年2月5日・第51回スーパーボウル]
ニューイングランド・ペイトリオッツ34-28アトランタ・ファルコンズ
(トム・ブレイディ選手)         (マット・ライアン選手)

[2018年2月4日・第52回スーパーボウル]
フィラデルフィア・イーグルス41-33ニューイングランド・ペイトリオッツ
(ニック・フォールズ選手)     (トム・ブレイディ選手)
(カーソン・ウェンツ選手)

[2019年2月3日・第53回スーパーボウル]
ニューイングランド・ペイトリオッツ13-3ロサンゼルス・ラムズ
(トム・ブレイディ選手) (ジャレッド・ゴフ選手)

[2020年2月2日・第54回スーパーボウル]
カンザスシティ・チーフス31-20サンフランシスコ49ers
(パトリック・マホームズ選手)  (ジミー・ガロポロ選手)

 こうして観てくると、改めてペイトリオッツの強さというか、スーパーボウルへの出場頻度の高さに驚かされますが、今回は「新進気鋭のQB」がテーマですので、話を戻します。

 スーパーボウル2016は、モバイルQBとして売出し中だったキャム・ニュートン選手が、「偉大なる」ペイトン・マニング選手に挑んだゲームでした。
 戦前の予想では、ニュートン選手率いるパンサーズか有利という見方が、多かったと思います。
 しかし、ブロンコスディフェンスがパンサーズを10点に抑え込むことに成功し、ペイトン・マニング選手率いるブロンコスオフェンスが24点を挙げて、快勝しました。

 カンファレンス・チャンピオンシップゲームまで、自由自在の攻めを魅せたQBキャム・ニュートン選手が、初めて「不発」に終わったのです。
 自信満々でスーパーボウルに臨んだニュートン選手にとっては、「苦い」経験となったことでしょう。

 スーパーボウル2017は、新旧対決という意味であれば象徴的なゲームとなりました。
 QBマット・ライアン選手率いるファルコンズは、前半を21-3とリードして折り返し、第3クオーターQ残り8分半の時点では、そのリードを28-3と広げました。この時点での「25点差」はとてつもなく大きなもので、この段階でファルコンズのオーナーは勝利を確信したと報じられています。

 しかし、ここからペイトリオッツの反撃、絶対に諦めないプレーが続きました。
 そして28-28の同点となって、ゲームはオーバータイムOT延長に入ったのです。
 こうなると「勢い」はペイトリオッツのもの。
 OT最初のドライブでタッチダウンを挙げて、勝利しました。
 信じられないような大逆転勝ちでした。

 所謂ハイパーオフェンスで相手チームを圧倒してきたファルコンズとQBマット・ライアン選手でしたが、「よもや」の逆転を喫したのです。

 21世紀のNFLをリードしてきたペイトリオッツと、その中心選手・大ベテランのQBトム・ブレイディ選手対新鋭マット・ライアン選手の対決は、ブレイディ選手に軍配が上がったのです。

 スーパーボウル2018は、過去5回のゲームの中ではやや毛色の違うものでしょう。
 イーグルスQBニック・フォールズ選手も既にベテランの域にありましたし、迎え撃ったのは、やはりペイトリオッツ・QBトム・ブレイディ選手でした。
 
 ゲームは、イーグルスが先行しペイトリオッツが追いかける展開となり、第3Qを終えて29-26でイーグルスがリードしていましたが、こうした展開はペイトリオッツの得意とすねもの(第4Qに逆転し僅差で勝利するパターン)でしたから、最終Qの戦いが注目されました。
 そして、イーグルスはペイトリオッツに逆転を許さず、逆に差を広げて押し切ったのです。
 見事な勝利でした。

 このゲームは、QBの新旧対決というよりは、ニック・フォールズ選手渾身の一戦、生涯最高のゲームと言うべきものでしょうが、イーグルスのスーパーボウル進出に向けては、主戦QBカーソン・ウェンツ選手の活躍を忘れてはならないでしょう。
 レギュラーシーズン終盤に大怪我(膝の怪我でしたが痛々しい限りの怪我でした)をしてしまい、ポストシーズンはニック・フォールズ選手をQBに立てて戦うこととなりましたが、ウェンツ選手は、その後のシーズンでもイーグルスの主戦QBに居るのです。
 カーソン・ウェンツ選手が、このシーズンの新進気鋭のQBと言っても良いのでしょう。

 スーパーボウル2019では、ラムズのQBジャレッド・ゴフ選手が、トム・ブレイディ選手に挑む、新旧対決でした。
 史上最少スコアのゲームとなって、ペイトリオッツが6度目の栄冠に輝きましたが、ゴフ選手はブレイディ選手と堂々と渡り合ったと感じます。

 そしてスーパーボウル2020は、パトリック・マホームズ選手とジミー・ガロポロ選手がQBを務めました。

 さて、2016年から20年のスーパーボウルには、NFLの次代を担うQBが次々と登場した印象が有ります。
 キャム・ニュートン選手は2011年のドラフト全体1位ですし、ジャレット・ゴフ選手は2016年ドラフト全体1位、カーソン・ウェンツ選手は同じ2016年のドラフト全体2位、パトリック・マホームズ選手はドラフト1巡目全体10位となっています。
 NFLデビュー前から、大いに期待される存在だったのです。
 そして、その期待に応えて活躍も魅せてくれています。

 とはいえ、その活躍を継続できているか、「安定した強さ」を示しているかという点になると、やや物足りない感じがします。(パトリック・マホームズ選手は来シーズン以降を観て行かなければなりませんが)
 ポストシーズンへの進出も、ままならないという状況なのです。

 21世紀のNFLは、ペイトン・マニング選手、トム・ブレイディ選手、ドリュー・ブリーズ選手、アーロン・ロジャース選手、ラッセル・ウィルソン選手、イーライ・マニング選手といった名QBのプレーに支えられてきました。
 これらの名手の中には、まだ現役の方も居ますが、さすがに全盛期は過ぎた感が有ります。

 こうした名手達の後継者として、2016年から20年のスーパーボウルで活躍した「新進気鋭のQB」の皆さんには、「フィールドを常に彩る存在」として、大活躍を続けていただきたいのです。

関連記事
スポンサーサイト



NEXT Entry
[ラグビーワールドカップ2011準々決勝] オーストラリアチームの勝利
NEW Topics
[温故知新2020-女子テニス1] 「史上最強」 マーガレット・コート選手
[温故知新2020-男子テニス3] ダブルスの名手 ジョン・ニューカム選手
[温故知新2020-陸上競技3] 男子10,000m オリンピック金メダリストの記録
[温故知新2020-競泳2] 男子1,500m自由形 日本チームの全盛期
[温故知新2020-競泳1] 男子100m自由形 日本チームの黄金時代
[FIFAワールドカップ2010準々決勝] ドイツチームの完勝
[温故知新2020-男子テニス2] 「史上最強」 ロッド・レーバー選手
[競馬(無観客)] 優駿牝馬(オークス)2020の注目馬
[温故知新2020-陸上競技2] 男子1,500m オリンピック金メダリストの記録
[温故知新2020-陸上競技1] 男子100m オリンピック金メダリストの記録
[ラグビーワールドカップ2011プールA] 日本チーム フランスチームを相手に65分まで4点差の健闘
[温故知新2020男子テニス-1] ウィンブルドンを勝てなかった イワン・レンドル選手
[競馬コラム268・ヴィクトリアマイル2020] 感動的なレース
[FIFAワールドカップ1986決勝] アルゼンチンチーム 2度目の優勝
[競馬(無観客)] ヴィクトリアマイル2020の注目馬
[NPB・MLB2020] 「開幕」に向けての動き
[ブンデスリーガ2019~20] 無観客での再開へ
[競馬コラム267-日本馬の海外挑戦12] 2009年 牝馬の挑戦
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] ブラジルチーム 貫録の勝利
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] 日本チーム 史上初のPK戦
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] ランパード選手 「幻」のゴール
[Jリーグ2020] イニエスタ選手のオンライントークショー
[競馬(無観客)] NHKマイルカップ2020の注目馬
[NBA2020] 個人トレーニング再開に向けての動き
[UEFA-EURO2012-グループD] イングランドとフランスの激突
[競馬コラム266-天皇賞(春)2020] フィエールマンの連覇とC.ルメール騎手の天皇賞4連勝
[UEFA-EURO2012-グループB] ポルトガル デンマークとの接戦を制す
[競馬コラム265・下鴨ステークス2020] スズカルパン 100戦出走達成!
[UEFA-EURO2012-グループA] 開幕戦 ギリシャチーム 驚異の粘り
[UEFA-EURO2012-グループD] フランスチームの堅守
[競馬(無観客)] 天皇賞(春)2020の注目馬
[UEFA-EURO2012-グループC] イタリアとクロアチア 一歩も引かず
[競馬コラム264-日本馬の海外挑戦11] 2007年 シンガポール競馬への進出
[UEFA-EURO2012準々決勝] クリスティアーノ・ロナウドVSチェフ
[競馬コラム263-日本馬の海外挑戦10] 2006年 ハーツクライとデルタブルース
[スーペルコパ2020準決勝] FCバルセロナ よもやの敗退
[UEFA-EURO2012準決勝] 「怪物」バロテッリ選手の2ゴール
[マラソン2020] 「心臓破りの丘」 山田敬蔵氏 逝去
[競馬コラム262-日本馬の海外挑戦-9] 2005年 ゼンノロブロイとハットトリック
[MLB2020・MVPランキング] バリー・ボンズ選手の凄さ
[フィギュアスケート2020春・世界ランキング] 羽生選手、紀平選手が共に1位
[NPB2020] 菅野智之投手 超絶の仕上がり
[高校野球2020] 花巻東高校 女子野球部が練習開始
[大相撲2020] 豊ノ島の引退
[UEFA-EURO2008決勝] スペインチーム 黄金時代の幕開け
[UEFA-EURO1976準決勝] 降りしきる オランダチームの涙雨
[競馬(無観客)] 皐月賞2020の注目馬
[UEFA-EURO1984準決勝] フランスチーム ポルトガルチームとの「死闘」を制す
[NPB2020] 関根順三氏 逝去
[FIFAワールドカップ1994決勝] ブラジルチーム 4度目の優勝
Entry TAG
スーパーボウル2016~20を彩った新進気鋭のQB達  
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

カエサルjr

Author:カエサルjr
「スポーツを考える-KaZ」ブログへ
ようこそ!
我が家の月下美人も16年目。同時に30個の花が咲くこともあります。スポーツも花盛りですね。一緒に楽しみましょう。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031