FC2ブログ
HOME   »   ゴルフ  »  [全米オープンゴルフ] 松山英樹選手 大健闘!
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 メジャートーナメントの1ラウンドで、タイガー・ウッズ選手に7打差を付ける好スコアを出した日本人プレーヤーは、これまで居なかったのではないでしょうか。

 松山英樹選手が、2013年6月16日の第113回全米オープンゴルフ選手権大会最終日に、それを実現しました。タイガー・ウッズ選手が本調子でなかったとはいえ、素晴らしいことだと思います。

 そして、この日の松山選手のスコア、67打・3アンダーパーはこの日のベストスコアタイ記録であり、この大会4日間を通じてのベストスコアタイ記録でもありました。優勝争い佳境の最終日にベストスコアを叩き出すというのも、凄いことだと思います。

 そして、松山選手の4日間通算287打・7オーバーは、優勝したジャスティン・ローズ選手の1オーバーから6打差の10位タイと、全米オープン初出場のプレーヤーとしては大変良いもので、来年の同大会の出場権も確保したのです。大健闘でしょう。

 この大会、松山選手は初日71打・1オーバーと好位置に付けました。2ラウンド目の半ばまではベスト10を争うラウンドを展開したのですが、後半一気に崩れ、このラウンドは75打を打ってしまいます。2ラウンド目まで通算6オーバー、予選通過ライン上の69位タイでホールアウトしました。
 この後、まだプレー中だった他の選手達もスコアを崩しましたので、松山選手は順位を大幅に上げ37位タイで予選を通過したのです。

 さて反撃、と見られていた3ラウンド目も苦しいラウンドが続き74打、通算10オーバーの39位タイで最終日を迎えることになりました。この大会のメリオンゴルフクラブは、世界トップクラスのゴルファー達にも容易に門戸を開かず、あのタイガー・ウッズ(9オーバー)やローリー・マキロイ(10オーバー)といった、アメリカ・ヨーロッパを代表するプレーヤーもスコアを崩していました。

 この第3ラウンドまででも、私は初出場の松山選手は健闘していると思いました。テレビ画面には、ラウンド終了後に練習グリーンと思しきところで、長時間パッティングなどの練習をする松山選手が映し出されていました。(相当遅くまで練習していたと、4日目の放送で紹介されていました)

 さて、最終ラウンドです。松山は前半から飛ばしました。バーディとボギーが交互に出る出入りの激しいラウンドでしたが、そもそもバーディを取ることがとても難しいセッティングですから、沢山のバーディが取れること自体が凄いことでした。
 結局最終日は、6バーディ3ボギーの3アンダーパー・67打でホールアウト。大変難しい18番ホールも、バーディ逃がしのパーでした。

 この67打というのは素晴らしいスコアです。この日、あのタイガー・ウッズは74打・4オーバー、逆転優勝したジャスティン・ローズでさえ70打・イーブン、3日目まで首位のフィル・ミケルソンが74打・4オーバー、3日目まで優勝争いを演じてきたハンター・メイハンとルーク・ドナルドが75打、カール・シュワルツェルが78打でした。

 つまり、タイガー・ウッズ選手の74打も決して悪いスコアでは無かったのです。これより7打良かった67打というラウンドは、松山英樹選手が世界のトップクラスのプレーヤーと、十分に戦っていけることを示したものだと思います。

 メジャートーナメントでは、3日目まで何とか付いて行っても、最終日に大崩れすることが多かった日本人選手ですが、松山選手は初出場の全米オープンで正反対のことをやってのけました。
 頼もしいと感じるのは、私だけではないでしょう。
関連記事
スポンサーサイト



NEXT Entry
[ブラジルサッカー] カナリア軍団を生んだ「マラカナンの悲劇」
NEW Topics
[温故知新2020-陸上競技3] 男子10,000m オリンピック金メダリストの記録
[温故知新2020-競泳2] 男子1,500m自由形 日本チームの全盛期
[温故知新2020-競泳1] 男子100m自由形 日本チームの黄金時代
[FIFAワールドカップ2010準々決勝] ドイツチームの完勝
[温故知新2020-男子テニス2] 「史上最強」 ロッド・レーバー選手
[競馬(無観客)] 優駿牝馬(オークス)2020の注目馬
[温故知新2020-陸上競技2] 男子1,500m オリンピック金メダリストの記録
[温故知新2020-陸上競技1] 男子100m オリンピック金メダリストの記録
[ラグビーワールドカップ2011プールA] 日本チーム フランスチームを相手に65分まで4点差の健闘
[温故知新2020男子テニス-1] ウィンブルドンを勝てなかった イワン・レンドル選手
[競馬コラム268・ヴィクトリアマイル2020] 感動的なレース
[FIFAワールドカップ1986決勝] アルゼンチンチーム 2度目の優勝
[競馬(無観客)] ヴィクトリアマイル2020の注目馬
[NPB・MLB2020] 「開幕」に向けての動き
[ブンデスリーガ2019~20] 無観客での再開へ
[競馬コラム267-日本馬の海外挑戦12] 2009年 牝馬の挑戦
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] ブラジルチーム 貫録の勝利
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] 日本チーム 史上初のPK戦
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] ランパード選手 「幻」のゴール
[Jリーグ2020] イニエスタ選手のオンライントークショー
[競馬(無観客)] NHKマイルカップ2020の注目馬
[NBA2020] 個人トレーニング再開に向けての動き
[UEFA-EURO2012-グループD] イングランドとフランスの激突
[競馬コラム266-天皇賞(春)2020] フィエールマンの連覇とC.ルメール騎手の天皇賞4連勝
[UEFA-EURO2012-グループB] ポルトガル デンマークとの接戦を制す
[競馬コラム265・下鴨ステークス2020] スズカルパン 100戦出走達成!
[UEFA-EURO2012-グループA] 開幕戦 ギリシャチーム 驚異の粘り
[UEFA-EURO2012-グループD] フランスチームの堅守
[競馬(無観客)] 天皇賞(春)2020の注目馬
[UEFA-EURO2012-グループC] イタリアとクロアチア 一歩も引かず
[競馬コラム264-日本馬の海外挑戦11] 2007年 シンガポール競馬への進出
[UEFA-EURO2012準々決勝] クリスティアーノ・ロナウドVSチェフ
[競馬コラム263-日本馬の海外挑戦10] 2006年 ハーツクライとデルタブルース
[スーペルコパ2020準決勝] FCバルセロナ よもやの敗退
[UEFA-EURO2012準決勝] 「怪物」バロテッリ選手の2ゴール
[マラソン2020] 「心臓破りの丘」 山田敬蔵氏 逝去
[競馬コラム262-日本馬の海外挑戦-9] 2005年 ゼンノロブロイとハットトリック
[MLB2020・MVPランキング] バリー・ボンズ選手の凄さ
[フィギュアスケート2020春・世界ランキング] 羽生選手、紀平選手が共に1位
[NPB2020] 菅野智之投手 超絶の仕上がり
[高校野球2020] 花巻東高校 女子野球部が練習開始
[大相撲2020] 豊ノ島の引退
[UEFA-EURO2008決勝] スペインチーム 黄金時代の幕開け
[UEFA-EURO1976準決勝] 降りしきる オランダチームの涙雨
[競馬(無観客)] 皐月賞2020の注目馬
[UEFA-EURO1984準決勝] フランスチーム ポルトガルチームとの「死闘」を制す
[NPB2020] 関根順三氏 逝去
[FIFAワールドカップ1994決勝] ブラジルチーム 4度目の優勝
[競馬コラム261-日本馬の海外挑戦8] 2004年からの4年連続のアメリカンオークス挑戦
[ラグビーワールドカップ2011準決勝] フランスチーム ウェールズチームを振り切る
Entry TAG
松山英樹・全米オープンで大健闘  
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

カエサルjr

Author:カエサルjr
「スポーツを考える-KaZ」ブログへ
ようこそ!
我が家の月下美人も16年目。同時に30個の花が咲くこともあります。スポーツも花盛りですね。一緒に楽しみましょう。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031