FC2ブログ
HOME   »   サッカー  »  [UEFA-EURO2012準々決勝] クリスティアーノ・ロナウドVSチェフ
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 新型コロナウイルス禍のために、多くのスポーツイベントが延期・中止なっている時期は、撮り貯めた録画を自宅で楽しむのが良いようです。
 今回はユーロ(欧州選手権)2012ポーランド・ウクライナ共催大会の準々決勝です。

[2012年6月21日・ワルシャワ国立競技場(ポーランド)]
ポルトガル1-0チェコ

 グループAを1位で通過したチェコと、グループBを2位で通過したポルトガルの、準々決勝での対戦です。
 ポルトガルの攻撃力とチェコの守備力の戦いと言っても良いゲーム。

 圧倒的な破壊力を有する世界屈指のストライカー、クリスティアーノ・ロナウド選手と、当時世界最高と称されたゴールキーパーGKチェフ選手の対決が、最大の見所となりました。

[ポルトガルチームの先発メンバー]
1. GKパトリシオ選手
2. DFブルノ・アウベス選手
3. ペペ選手
4. コエントラン選手
5. ペレイラ選手
6. MFミゲウ・ベレーゾ選手
7. モウチーニョ選手
8. ラウル・メイレレス選手
9. FWクリスティアーノ・ロナウド選手
10. ナニ選手
11. ポスチガ選手

[チェコチームの先発メンバー]
1. GKチェフ選手
2. DFカドレツ選手
3. シボク選手
4. リンベルスキー選手
5. ゲブレ・セラシエ選手
6. MFプラシル選手
7. ヒュブシュマン選手
8. ピラジ選手
9. ダリダ選手
10. イラチェク選手
11. FWバロシュ選手

 チェコ代表チームとしては、絶対的な司令塔・ロシツキー選手を怪我で欠いていたことが惜しまれますが、それだけに一層、堅守からのカウンター攻撃に賭けるゲームとなりました。

 ゲームは、チェコチームの大攻勢で幕を開けました。
 前半10.分までに1点を取り、後は守り切るという戦略であったように観えました。

 しかし、ポルトガル代表チームは良く守って、前半15分過ぎからは、ポルトガルが攻めチェコが守るという、戦前の予想通りの展開となりました。

 ポルトガルチームは、ペペ選手やコエントラン選手、モウチーニョ選手らから配されるボールを、ナニ選手やポスチガ選手がフィニッシュに持って行く形なのですが、何と言っても「大砲」クリロナ選手の存在感は抜群で、クリロナ選手がスピードアップした時の攻撃は、迫力満点でした。

 前半25分、コエントラン選手が持ち上がり、クリスティアーノ・ロナウド選手にパス、ドリブルで突進したロナウド選手からモウチームニョ選手にパス、ロナウド選手はそのまま、チェコゴール向かって右サイドに走り込み、そこにモウチーニョ選手からのパスが通りシュート。
 強烈なシュートでしたが、GKチェフ選手が右に飛びながらこれを弾きました。
 チェフ選手ならではのセーブでしょう。

 続く、前半27分、センターライン付近でボールを取ったモウチーニョ選手がロナウド選手にパス。ロナウド選手はドリブルで突進、コールに向かって正面やや右側への突進でした。
 もの凄い迫力です。
 チェコ守備陣が集まります。そして、ペナルティーエリアに入る寸前に止めました。
 これは、文字通り「止めた」のです。C.ロナウド選手は「壁に当たった」ように倒れています。
 チェコの守備は、4名あるいは5名が集まり、クリスティアーノ・ロナウド選手に立ちはだかった形でした。チェコのこのエリアに居た全選手を持ってしか、この突進は止められないことを、チェコの選手達が最も良く知っていたのでしょう。

 前半33分には、ロナウド選手のオーバーヘッドシュートが観られましたが、これは枠を捕えきれません。

 前半35分には、クリロナ選手のフリーキックFK、約30mのキックでしたが、これはゴール左外に外れました。

 前半インジュリータイムにも、ラウル・メイレレス選手から、ゴールに向かって右側で待ち受けるC.ロナウド選手にパス、ロナウド選手は反転してシュート、これはゴール右ポストに当たって入りませんでした。
 惜しいと言えば惜しいのですが、チェフ選手は「あと10cm内側ならば」届くところに飛んできていました。

 C.ロナウド選手としても、通常レベルのシュート(それでもロナウド選手のシュートですから相当の威力ですが)ではGKチェフ選手に止められてしまうと感じ、より際どいコース、強いシュートを打とうとしていたことは間違いないでしょうし、チェフ選手としては、「世界最強のシュート」を受ける覚悟で、臨んで居たことでしょう。

 前半は0-0でした。
 ポルトガルチームは攻め捲りましたが無得点。
 一方のチェコチームのシュートは1本でした。

 後半に入ってもポルトガルチームは攻め続けました。
 C.ロナウド選手はもとより、ナニ選手やモウリーニョ選手がシュートを打ち続けますが、GKチェフ選手の壁は、とても厚く、なかなか得点できません。

 こうした膠着状態、別の言い方をすれば「チェコペースのゲーム」を打開するのは、やはりスーパースターなのです。

 後半34分、ナニ選手からモウチーニョ選手にパス、モウチーニョ選手が抉ってセンタリーグ、走り込んできたクリスティアーノ・ロナウド選手がダイビングヘッド。
 ピッチに叩きつけられたヘディングシュートは、大きくバウンドしてチェコゴールに飛び込みました。
 さすがのチェフ選手も、ワンバウンドする強烈なシュートは止められませんでした。

 ポルトガルチームはついに1点を挙げ、ゲームはこのまま終了しました。

 このゲームを通じて、チェコチームのシュートは僅かに2本でしたから、大袈裟に言えば、チェコとしては0-0でペナルティーキックPK戦に持ち込むしか、勝つ術はなかったように観えるのですけれども、チェコチームの凄いところは、これ程の攻撃力を誇るポルトガルチームを120分間零封する可能性が有ったことでしょう。
 そして、PK戦となれば、チェコにはチェフ選手が居るのですから。

 これはポルトガルチームとしては、とても怖ろしい戦略ですが、これを打ち破ったのは、エース、クリスティアーノ・ロナウド選手でした。
 既に、リオネル・メッシ選手と並んで、世界最高のFWと呼ばれていたC.ロナウド選手の決定力はさすがでした。

 勝ち上がったポルトガル代表チームは、準決勝でスペイン代表チームに敗れてしまいましたが、この時のチームが「2016年ユーロ優勝チームの骨格」でしょう。
 ポルトガル全盛期に向かってのチーム創りが、着々と進んでいたのです。

 このゲームの観客席には、ポルトガルの英雄、エウゼビオ選手とフィーゴ選手が並んで観戦していました。映像として残されているのです。
 そして、クリスティアーノ・ロナウド選手の決勝ゴールが決まった瞬間には、フィーゴ選手が立ちあがり、両手を挙げて喜びを表現しました。
 エウゼビオ選手は、少し微笑んでいました。

 エウゼビオ選手の元気な様子が印象的でした。
関連記事
スポンサーサイト



NEXT Entry
[競馬コラム264-日本馬の海外挑戦11] 2007年 シンガポール競馬への進出
NEW Topics
[温故知新2020-女子テニス1] 「史上最強」 マーガレット・コート選手
[温故知新2020-男子テニス3] ダブルスの名手 ジョン・ニューカム選手
[温故知新2020-陸上競技3] 男子10,000m オリンピック金メダリストの記録
[温故知新2020-競泳2] 男子1,500m自由形 日本チームの全盛期
[温故知新2020-競泳1] 男子100m自由形 日本チームの黄金時代
[FIFAワールドカップ2010準々決勝] ドイツチームの完勝
[温故知新2020-男子テニス2] 「史上最強」 ロッド・レーバー選手
[競馬(無観客)] 優駿牝馬(オークス)2020の注目馬
[温故知新2020-陸上競技2] 男子1,500m オリンピック金メダリストの記録
[温故知新2020-陸上競技1] 男子100m オリンピック金メダリストの記録
[ラグビーワールドカップ2011プールA] 日本チーム フランスチームを相手に65分まで4点差の健闘
[温故知新2020男子テニス-1] ウィンブルドンを勝てなかった イワン・レンドル選手
[競馬コラム268・ヴィクトリアマイル2020] 感動的なレース
[FIFAワールドカップ1986決勝] アルゼンチンチーム 2度目の優勝
[競馬(無観客)] ヴィクトリアマイル2020の注目馬
[NPB・MLB2020] 「開幕」に向けての動き
[ブンデスリーガ2019~20] 無観客での再開へ
[競馬コラム267-日本馬の海外挑戦12] 2009年 牝馬の挑戦
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] ブラジルチーム 貫録の勝利
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] 日本チーム 史上初のPK戦
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] ランパード選手 「幻」のゴール
[Jリーグ2020] イニエスタ選手のオンライントークショー
[競馬(無観客)] NHKマイルカップ2020の注目馬
[NBA2020] 個人トレーニング再開に向けての動き
[UEFA-EURO2012-グループD] イングランドとフランスの激突
[競馬コラム266-天皇賞(春)2020] フィエールマンの連覇とC.ルメール騎手の天皇賞4連勝
[UEFA-EURO2012-グループB] ポルトガル デンマークとの接戦を制す
[競馬コラム265・下鴨ステークス2020] スズカルパン 100戦出走達成!
[UEFA-EURO2012-グループA] 開幕戦 ギリシャチーム 驚異の粘り
[UEFA-EURO2012-グループD] フランスチームの堅守
[競馬(無観客)] 天皇賞(春)2020の注目馬
[UEFA-EURO2012-グループC] イタリアとクロアチア 一歩も引かず
[競馬コラム264-日本馬の海外挑戦11] 2007年 シンガポール競馬への進出
[UEFA-EURO2012準々決勝] クリスティアーノ・ロナウドVSチェフ
[競馬コラム263-日本馬の海外挑戦10] 2006年 ハーツクライとデルタブルース
[スーペルコパ2020準決勝] FCバルセロナ よもやの敗退
[UEFA-EURO2012準決勝] 「怪物」バロテッリ選手の2ゴール
[マラソン2020] 「心臓破りの丘」 山田敬蔵氏 逝去
[競馬コラム262-日本馬の海外挑戦-9] 2005年 ゼンノロブロイとハットトリック
[MLB2020・MVPランキング] バリー・ボンズ選手の凄さ
[フィギュアスケート2020春・世界ランキング] 羽生選手、紀平選手が共に1位
[NPB2020] 菅野智之投手 超絶の仕上がり
[高校野球2020] 花巻東高校 女子野球部が練習開始
[大相撲2020] 豊ノ島の引退
[UEFA-EURO2008決勝] スペインチーム 黄金時代の幕開け
[UEFA-EURO1976準決勝] 降りしきる オランダチームの涙雨
[競馬(無観客)] 皐月賞2020の注目馬
[UEFA-EURO1984準決勝] フランスチーム ポルトガルチームとの「死闘」を制す
[NPB2020] 関根順三氏 逝去
[FIFAワールドカップ1994決勝] ブラジルチーム 4度目の優勝
Entry TAG
UEFA-EURO2012準々決勝・クリロナVSチェフ  
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

カエサルjr

Author:カエサルjr
「スポーツを考える-KaZ」ブログへ
ようこそ!
我が家の月下美人も16年目。同時に30個の花が咲くこともあります。スポーツも花盛りですね。一緒に楽しみましょう。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031