FC2ブログ
HOME   »   サッカー  »  [UEFA-EURO2012-グループD] イングランドとフランスの激突
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 新型コロナウイルス禍のために、多くのスポーツイベントが中止・延期に追い込まれている時期は、撮り貯めた録画を自宅で楽しむのが良いようです。
 今回は、ユーロ2012ポーランド・ウクライナ共催大会のグループリーグD組の一戦です。

[2012年6月11日・ドンバスアレナ(ドネツク・ウクライナ)]
イングランド1-1フランス

 共に、ワールドカップ2010で思うような成績を残せなかったイングランド代表チームとフランス代表チームが、ユーロ2012における復活を目指して、グループリーグGLの緒戦で激突したゲームです。

[フランスチームの先発メンバー]
1. GKロリス選手
2. DFメクセス選手
3. ラミ選手
4. エブラ選手
5. ドゥビッシ選手
6. MFディアッラ選手
7. マルダ選手
8. キャバイエ選手
9. リベリ選手
10. ナスリ選手
11. FWベンゼマ選手

[イングランドチームの先発メンバー]
1. GKハート選手
2. DFテリー選手
3. レスコット選手
4. アシュリー・コール選手
5. ジョンソン選手
6. MFジェラード選手
7. パーカー選手
8. チェンバレン選手
9. ミルナー選手
10. FWヤング選手
11. ウェルベック選手

 フランス代表チームを立て直したと言われたローラン・ブラン監督としては、センターバックにアディル・ラミ選手とフィリップ・メクセス選手、中盤にはフランク・リベリ選手、サミル・ナスリ選手、フロラン・マルダ選手らを揃えましたから、満足出来る布陣だったことでしょう。

 一方のイングランド代表チームは、攻撃の核ウェイン・ルーニー選手を出場停止で欠き、22歳のダニー・ウェルベック選手をワントップに据え、中盤左には19歳のアレックス・オクスロイド・チェンバレン選手を配するなど、若手を積極的に起用した、ロイ・ホジソン監督苦心の采配でした。

 結果として、戦前の予想ではフランスチームが有利という見方が多かったと思います。

 0-0で迎えた前半29分、イングランドは右サイドからのフリーキックFKを得ました。
 蹴るのはもちろん、スティーブン・ジェラード選手。

 ゴール前に綺麗な飛行線を描いたボールが飛び、走り込んだレスコット選手がヘディングシュート。これがゴール左側に決まりました。
 イングランドチームの先制ゴール。

 ゴール前での競り合いに勝ったレスコット選手の素晴らしいシュートでした。
 得点力不足と言われていたイングランドにとっては貴重な先制点であったと思います。

 この直後に、今度はフランスチームが左サイドからのFKを得ました。
 蹴るのはナスリ選手。
 こちらはやや低く速いボールとなってゴール正面に居たディアッラ選手がヘディングシュート。強烈なシュートでしたがGKハート選手が弾き、左に飛んだボールをリベリ選手が頭で折り返して、再びディアッラ選手がヘディングシュート。
 このシュートはゴール左外に外れました。

 最初のシュートがGKハート選手の正面に、あまりに正面に飛んでしまったために、ハート選手に反応されたのですが、それにしても強烈なシュートでしたので、ハート選手が良く止めたというところでしょう。

 この後、先制を許したフランスチームの攻勢が続きました。

 そして前半39分、イングランドペナルティエリアを包囲したフランス攻撃陣のパス回しが実りました。
 マルダ選手が左サイドを抉りエブラ選手にパス、エブラ選手からペナルティエリア内のリベリ選手にパス、リベリ選手はペナルティエリア外に居たナスリ選手にパス、ナスリ選手がミドルシュートを放ちました。
 低く強烈なシュートがイングランドゴール左隅を襲い、GKハート選手が横っ飛びを見せましたが届かず、ゴールインしました。
 ナスリ選手の素晴らしいシュートでした。

 フランスチームが1-1の同点に持ち込んだのです。
 イングランドチームの先制点から10分後の同点ショーでした。

 前半は1-1で折り返しました。
 フランスはパス回しから、イングランドはセットプレーから、という共に持ち味を活かした「らしい」ゴールでした。
 
 後半になっても、フランスチームの攻勢が続き、イングランドチームは良く守って、数少ないチャンスに賭ける、という展開が続きましたが、両チームに得点が生れることはありませんでした。

 ゲームは1-1のまま終了。

 試合を支配していた印象のフランスにとっては、勝ち切れなかったゲームでしょうし、イングランドにとっては大切な勝ち点1を確保したゲームとなりました。
 
 共に、大会諸戦としてはまずまずの結果ということになるのでしょう。

 強豪国同士のユーロGL緒戦「らしい」、重厚で丁寧なゲームでした。
関連記事
スポンサーサイト



NEXT Entry
[NBA2020] 個人トレーニング再開に向けての動き
NEW Topics
[温故知新2020-競泳3] 男子100m背泳ぎ 日本チームのメダル独占
[競馬(無観客)] 安田記念2020の注目馬
[温故知新2020-女子テニス3] 「アイス・ドール」 クリス・エバート選手
[温故知新2020-男子テニス4] 黒人プレーヤーの先駆者 アーサー・アッシュ選手
[ブンデスリーガ2019~20(無観客)] 鎌田大地選手 2試合連続ゴール
[競馬コラム269] オークス2020のデアリングタクトと日本ダービー2020のコントレイル
[温故知新2020-陸上競技4] 男子走り幅跳び オリンピック金メダリストの記録
[ブンデスリーガ2019~20・第27節(無観客)] バイエルン・ミュンヘン 圧勝
[温故知新2020-女子テニス2] アメリカの英雄 ビリー・ジーン・キング選手
[競馬(無観客)] 東京優駿(日本ダービー)2020の注目馬
[温故知新2020-女子テニス1] 「史上最強」 マーガレット・コート選手
[温故知新2020-男子テニス3] ダブルスの名手 ジョン・ニューカム選手
[温故知新2020-陸上競技3] 男子10,000m オリンピック金メダリストの記録
[温故知新2020-競泳2] 男子1,500m自由形 日本チームの全盛期
[温故知新2020-競泳1] 男子100m自由形 日本チームの黄金時代
[FIFAワールドカップ2010準々決勝] ドイツチームの完勝
[温故知新2020-男子テニス2] 「史上最強」 ロッド・レーバー選手
[競馬(無観客)] 優駿牝馬(オークス)2020の注目馬
[温故知新2020-陸上競技2] 男子1,500m オリンピック金メダリストの記録
[温故知新2020-陸上競技1] 男子100m オリンピック金メダリストの記録
[ラグビーワールドカップ2011プールA] 日本チーム フランスチームを相手に65分まで4点差の健闘
[温故知新2020男子テニス-1] ウィンブルドンを勝てなかった イワン・レンドル選手
[競馬コラム268・ヴィクトリアマイル2020] 感動的なレース
[FIFAワールドカップ1986決勝] アルゼンチンチーム 2度目の優勝
[競馬(無観客)] ヴィクトリアマイル2020の注目馬
[NPB・MLB2020] 「開幕」に向けての動き
[ブンデスリーガ2019~20] 無観客での再開へ
[競馬コラム267-日本馬の海外挑戦12] 2009年 牝馬の挑戦
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] ブラジルチーム 貫録の勝利
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] 日本チーム 史上初のPK戦
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] ランパード選手 「幻」のゴール
[Jリーグ2020] イニエスタ選手のオンライントークショー
[競馬(無観客)] NHKマイルカップ2020の注目馬
[NBA2020] 個人トレーニング再開に向けての動き
[UEFA-EURO2012-グループD] イングランドとフランスの激突
[競馬コラム266-天皇賞(春)2020] フィエールマンの連覇とC.ルメール騎手の天皇賞4連勝
[UEFA-EURO2012-グループB] ポルトガル デンマークとの接戦を制す
[競馬コラム265・下鴨ステークス2020] スズカルパン 100戦出走達成!
[UEFA-EURO2012-グループA] 開幕戦 ギリシャチーム 驚異の粘り
[UEFA-EURO2012-グループD] フランスチームの堅守
[競馬(無観客)] 天皇賞(春)2020の注目馬
[UEFA-EURO2012-グループC] イタリアとクロアチア 一歩も引かず
[競馬コラム264-日本馬の海外挑戦11] 2007年 シンガポール競馬への進出
[UEFA-EURO2012準々決勝] クリスティアーノ・ロナウドVSチェフ
[競馬コラム263-日本馬の海外挑戦10] 2006年 ハーツクライとデルタブルース
[スーペルコパ2020準決勝] FCバルセロナ よもやの敗退
[UEFA-EURO2012準決勝] 「怪物」バロテッリ選手の2ゴール
[マラソン2020] 「心臓破りの丘」 山田敬蔵氏 逝去
[競馬コラム262-日本馬の海外挑戦-9] 2005年 ゼンノロブロイとハットトリック
[MLB2020・MVPランキング] バリー・ボンズ選手の凄さ
Entry TAG
UEFA-EURO2012GLD組・イングランドとフランスの激戦  
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

カエサルjr

Author:カエサルjr
「スポーツを考える-KaZ」ブログへ
ようこそ!
我が家の月下美人も16年目。同時に30個の花が咲くこともあります。スポーツも花盛りですね。一緒に楽しみましょう。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 123456789101112131415161718192021222324252627282930