FC2ブログ
HOME   »   ゴルフ  »  第113回全米オープンゴルフ 勝ったのはメリオンゴルフクラブ
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 今年の第113回全米オープンゴルフ選手権大会は、イングランドのジャスティン・ローズ選手が4日間通算281打・1オーバーパーで優勝しました。初日から、特にロングアイアンショットに抜群のキレを見せていたローズ選手、おめでとうございます。

 この大会には、もうひとりの勝者が居ると思います。それは、会場となったメリオンゴルフクラブです。
 18ホール・パー70打で7000ヤードに届かないという、メジャートーナメント開催コースとしては、現在では、とても短い部類に入るコースです。ウッドやアイアンといった道具類やボールが進歩し、300ヤードを大きく超えるドライバーショットや、250ヤードをアイアンで打てる時代となった現在、この短いコースでは、全米オープンに必要なスペックである「難しいセッティング」を構築するのは困難ではないかと、思っていました。

 ゴルフコースとプレーヤーの戦いは、コースの「オールドマン・パー(パーおじさん)」とプレーヤーの戦いに例えられます。私は、優勝スコアがアンダーパーならプレーヤーの勝ち、イーブンパーなら引き分け、オーバーパーなら「パーおじさん」の勝ちだと思います。

 正直に言って、大会前には1ラウンド2アンダー平均、4ラウンドで8アンダーパー前後が優勝スコアだろうと考えていました。
 初日に、フィル・ミケルソン選手が3アンダー、ルーク・ドナルド選手が2アンダーをマークした時には、やはりプレーヤー達の勝ちかと思いました。

 ところが、2日目から「パーおじさん」は踏ん張り、トッププレーヤー達のスコアは伸びません。3日目を終わって首位のミケルソンが1アンダーだったので、最終日はギリギリの戦いになると思われました。

 そして、最終の優勝スコアは「1オーバーパー」だったのです。「パーおじさん」の勝利です。メリオンGCは、世界のトッププレーヤー達を押さえ込んだのです。

 パー3に、98ヤードのホールがあれば250ヤードを超えるホールもある。パー4に280ヤードのホールもあれば530ヤードを超えるホールもある。

 トッププレーヤー達が98ヤードのパー3を攻める時、10回打って10回、ワンピン以内にグリーンヒットします。しかし、メリオンGCのグリーンは平らでは無い。ワンピン以内に落ちたボールは、落下地点やスピンの具合によって大きく転がり、5m、10mとピンから離れて行ってしまいます。風を読み損ねて少しでもオーバーしたりショートしたりすれば、とても深いラフや難しいバンカーが待っています。

 280ヤードのパー4も同様です。ドライバーでは飛びすぎますので、3番や5番のウッド、あるいはアイアンを持ってティーショットに臨みますが、ワンオンはおろか、狭いフェアウェイをヒットするのも容易なことではありませんでした。

 特に難しかったのはグリーンでした。高速なのはもちろんですが、中々ラインが出せない。ラウンドリポーターの青木功氏によれば「芽の強い芝」が混ざっているとのこと。その芽がボールを弾きます。読んだラインの逆側に弾かれるパッティングが多く観られました。

 タイガー・ウッズ選手やフィル・ミケルソン選手を始めとする名手たちが、1m未満のパットを外します。2~3mの入れ頃パットが全く入りません。タイガーは、初日の複数の3パットが調子を狂わせたと言われました。

 大会が終わって、メリオンゴルフクラブのパーおじさんは、ホッとしていると思います。1981年以来32年振りの戦いでしたから、「メリオンのパーおじさんは弱くなった」と言われるのではないかと、とても心配していたのです。
 今はゆっくりと休んでください。この活躍を見た全米オープンの主催者が、再びメリオンを指名するのは、今度はそう遠くない将来のような気がしますから。
 
関連記事
スポンサーサイト



NEXT Entry
厳しいことを自然体で言うキング・カズ
NEW Topics
[温故知新2020-競泳3] 男子100m背泳ぎ 日本チームのメダル独占
[競馬(無観客)] 安田記念2020の注目馬
[温故知新2020-女子テニス3] 「アイス・ドール」 クリス・エバート選手
[温故知新2020-男子テニス4] 黒人プレーヤーの先駆者 アーサー・アッシュ選手
[ブンデスリーガ2019~20(無観客)] 鎌田大地選手 2試合連続ゴール
[競馬コラム269] オークス2020のデアリングタクトと日本ダービー2020のコントレイル
[温故知新2020-陸上競技4] 男子走り幅跳び オリンピック金メダリストの記録
[ブンデスリーガ2019~20・第27節(無観客)] バイエルン・ミュンヘン 圧勝
[温故知新2020-女子テニス2] アメリカの英雄 ビリー・ジーン・キング選手
[競馬(無観客)] 東京優駿(日本ダービー)2020の注目馬
[温故知新2020-女子テニス1] 「史上最強」 マーガレット・コート選手
[温故知新2020-男子テニス3] ダブルスの名手 ジョン・ニューカム選手
[温故知新2020-陸上競技3] 男子10,000m オリンピック金メダリストの記録
[温故知新2020-競泳2] 男子1,500m自由形 日本チームの全盛期
[温故知新2020-競泳1] 男子100m自由形 日本チームの黄金時代
[FIFAワールドカップ2010準々決勝] ドイツチームの完勝
[温故知新2020-男子テニス2] 「史上最強」 ロッド・レーバー選手
[競馬(無観客)] 優駿牝馬(オークス)2020の注目馬
[温故知新2020-陸上競技2] 男子1,500m オリンピック金メダリストの記録
[温故知新2020-陸上競技1] 男子100m オリンピック金メダリストの記録
[ラグビーワールドカップ2011プールA] 日本チーム フランスチームを相手に65分まで4点差の健闘
[温故知新2020男子テニス-1] ウィンブルドンを勝てなかった イワン・レンドル選手
[競馬コラム268・ヴィクトリアマイル2020] 感動的なレース
[FIFAワールドカップ1986決勝] アルゼンチンチーム 2度目の優勝
[競馬(無観客)] ヴィクトリアマイル2020の注目馬
[NPB・MLB2020] 「開幕」に向けての動き
[ブンデスリーガ2019~20] 無観客での再開へ
[競馬コラム267-日本馬の海外挑戦12] 2009年 牝馬の挑戦
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] ブラジルチーム 貫録の勝利
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] 日本チーム 史上初のPK戦
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] ランパード選手 「幻」のゴール
[Jリーグ2020] イニエスタ選手のオンライントークショー
[競馬(無観客)] NHKマイルカップ2020の注目馬
[NBA2020] 個人トレーニング再開に向けての動き
[UEFA-EURO2012-グループD] イングランドとフランスの激突
[競馬コラム266-天皇賞(春)2020] フィエールマンの連覇とC.ルメール騎手の天皇賞4連勝
[UEFA-EURO2012-グループB] ポルトガル デンマークとの接戦を制す
[競馬コラム265・下鴨ステークス2020] スズカルパン 100戦出走達成!
[UEFA-EURO2012-グループA] 開幕戦 ギリシャチーム 驚異の粘り
[UEFA-EURO2012-グループD] フランスチームの堅守
[競馬(無観客)] 天皇賞(春)2020の注目馬
[UEFA-EURO2012-グループC] イタリアとクロアチア 一歩も引かず
[競馬コラム264-日本馬の海外挑戦11] 2007年 シンガポール競馬への進出
[UEFA-EURO2012準々決勝] クリスティアーノ・ロナウドVSチェフ
[競馬コラム263-日本馬の海外挑戦10] 2006年 ハーツクライとデルタブルース
[スーペルコパ2020準決勝] FCバルセロナ よもやの敗退
[UEFA-EURO2012準決勝] 「怪物」バロテッリ選手の2ゴール
[マラソン2020] 「心臓破りの丘」 山田敬蔵氏 逝去
[競馬コラム262-日本馬の海外挑戦-9] 2005年 ゼンノロブロイとハットトリック
[MLB2020・MVPランキング] バリー・ボンズ選手の凄さ
Entry TAG
第113回全米オープンゴルフはパーおじさんの勝ち  
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

カエサルjr

Author:カエサルjr
「スポーツを考える-KaZ」ブログへ
ようこそ!
我が家の月下美人も16年目。同時に30個の花が咲くこともあります。スポーツも花盛りですね。一緒に楽しみましょう。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 123456789101112131415161718192021222324252627282930