FC2ブログ
HOME   »   サッカー  »  [FIFAワールドカップ2010準決勝] スペインチーム 「パスサッカー」の完成
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 無観客、あるいは観客数限定という形で、いくつかのスポーツイベントが再開されつつあるとはいえ、新型コロナウイルス禍のために、多くのイベントが延期・中止なっている時期は、撮り貯めた録画を自宅で楽しむのも良いようです。
 今回はワールドカップ2010南アフリカ大会の準決勝です。

[2010年7月7日・モーゼスマヒダスタジアム(ダーバン・南アフリカ)]
スペイン1-0ドイツ

 ユーロ2008を制し、「パスサッカー」を引っ提げてワールドカップ初優勝を目指すスペイン代表チームと、決勝トーナメント1回戦でイングランド代表チームを4-1、準々決勝でアルゼンチン代表チームを4-0と圧倒し、絶好調のドイツ代表チームが、激突したゲームでした。

 大袈裟に言えば、今後の「世界の覇権」を決めるゲームだったのです。

 スペインのパスサッカーの威力は、広く世界に認識されるようになっていましたが、一方で、ドイツの大きな大会における勝負強さは、より長い間世界サッカー界を席巻してきていましたから、この大舞台であればドイツの方が強いという見方も多かった、と記憶しています。

[スペインチームの先発メンバー]
1. GKカシージャス選手
2. DFセルヒオ・ラモス選手
3. ジェラール・ピケ選手
4. プジョル選手
5. カプテビラ選手
6. MFイニエスタ選手
7. セルヒオ・ブスケツ選手
8. シャビ・アロンソ選手
9. ペドロ選手
10. シャビ選手
11. FWビジャ選手

[ドイツチームの先発メンバー]
1. GKノイアー選手
2. ラーム選手
3. フリードリッヒ選手
4. メルテザッカー選手
5. ボアテング選手
6. トロホウスキ選手
7. サミ・ケディラ選手
8. シュヴァインシュタイガー選手
9. ポドルスキー選手
10. メスト・エジル選手
11. クローゼ選手

 ゲームは最初から、スペインチームのペースとなりました。
 「パスサッカー」が威力を発揮し、ドイツチームはボールを確保することさえ困難でした。

 スペインチームのダイレクトパスがビシビシと決まり、ドイツチームのプレーヤーは、ボールの行方を追いかけ続けてしまうことから、「心身の疲労」が蓄積されるという展開に観えました。

 一方で、局面に応じて柔軟に対応するという意味での決定力、を具備したフォワードFWプレーヤーが居ないスペインチームも、ペナルティエリア周辺まではボールを運びますが、「フィニッシュ」を決めることはなかなか出来ませんでした。
 この大会のスペインチームには、明らかに得点力が不足していたのです。
 もちろん、ドイツチーム「伝統」の堅守も、忘れてはなりませんけれども・・・。

 試合は0-0で後半に入りました。

 後半に入っても、スペインチームが概ねボールを保持し、ドイツチームはなかなかボールを奪えないという展開が続きました。
 「スペインパスサッカーの守備力」は、世界サッカー史上でも屈指の威力であろうと感じさせる展開が続きました。

 そして、ドイツチームに疲労の色が濃くなってきた後半28分過、ついにゲームが動きました。
 アンドレス・イニエスタ選手が左サイドを抉ってコーナーキックCKを得ます。
 このCKを蹴るのはシャビ選手。
 ドイツゴール正面向かってやや左側に大きなボールが放たれました。
 走り込んできたプジョル選手がヘディングシュート。
 これが見事にドイツゴールに突き刺さりました。

 このゴールが、このゲーム唯一の得点でした。

 このゲームは、終始スペインチームが支配しました。
 スペインチームの「パスサッカー」が完成したゲームであったと考えています。
 大会最強の攻撃力を具備していたドイツチームをも、完璧に抑え込んだのですから。

 その素晴らしい守備力は、ラウンド16、準々決勝、準決勝、そして決勝も「1-0」という、決勝トーナメント4試合連続の零封に、よく現れています。
 こうした形でのワールドカップ制覇は、空前絶後でしょう。
 
 シャビ選手、イニエスタ選手、シャビ・アロンソ選手、ブスケツ選手といったミッドフィールダーMFのみならず、ピケ選手、プジョル選手、セルヒオ・ラモス選手、カプテビラ選手といったディフェンダーDFも含めた、チーム全体としての素早く正確なパス回しは、ナショナルチームとしてなら、このスペインチームにしかできない、極めて高度なサッカーでしょう。

 間違いなく、世界サッカー史に「一時代を築いた」サッカーなのです。
関連記事
スポンサーサイト



NEXT Entry
[ホクレン・ディスタンスチャレンジ2020(観客数制限)] 一山麻緒選手と前田穂南選手
NEW Topics
[MLB2020(無観客)] 全60試合の約50試合を終えて
[2020年インディ500(無観客)] 佐藤琢磨選手 2度目の優勝!
ウイングドフット・ゴルフクラブ・西コースで開催された、過去5度の全米オープン
[陸上競技インカレ2020(無観客)] 女子100m競走 児玉芽生選手  11秒35
[陸上競技インカレ2020(無観客)] 男子走り幅跳び 橋岡優輝選手 8m29cm!
[NPB2020(観客数制限)] 岡本和真選手の2本のホームラン
[テニス全米オープン2020(無観客)女子シングルス] 大坂なおみ選手 2度目の制覇!
[MLB2020(無観客)] 田中将大投手 今シーズン2勝目
[NPB2020(観客数制限)] 原辰徳監督 通算1,067勝!
[テニス全米オープン2020女子シングルス] 大坂なおみ選手 2度目の決勝進出!
[スーパーラグビー2020] 初の女性主審が笛!
[PGAツアー2019~20(無観客)] ダスティン・ジョンソン選手 初の年間王者
[大相撲2020・9月場所(観客数制限)] 活躍が注目される10名の力士
[MLB2020(無観客)レギュラーシーズン] 約40ゲームを終えて
[PGAツアー2019~20プレーオフシリーズ最終戦] 2日目を終えて
[全米オープンテニス2020(無観客)女子シングルス] 大坂なおみ選手 4回戦進出
[MLB2020(無観客)] 「どっしりと」 ダルビッシュ有投手 7連勝
[温故知新2020-競泳10] 女子100m背泳ぎ オリンピック金メダリストの記録
[温故知新2020-陸上競技14] 女子4×100mリレー オリンピックメダル獲得チーム
[競馬コラム277] 2020年のイギリス競馬クラシックレース
[PGA2019~20プレーオフ第2戦(無観客)] 松山英樹選手 「懸命」の戦い
[ニトリレディスゴルフ2020(無観客)] 笹生優花選手 2大会連続優勝
[MLB2020(無観客)] ダルビッシュ有VS秋山翔吾 ダルビッシュ6連勝!
[2020年・甲子園高校野球交流試合(無観客)-4] 白いスパイク
[MLB2020(無観客)] 菊池雄星投手 今シーズン初勝利
[MLB2020(無観客)] 山口俊投手 メジャー初勝利
[セイコーゴールデングランプリ陸上2020(無観客)] 女子1,500m 田中希実選手の日本新記録
[MLB2020(無観客)] 前田健太投手 開幕4連勝
[MLB2020(無観客)] ダルビッシュ有投手 5連勝
[PGA2019~20プレーオフ第1戦(無観客)] ダスティン・ジョンソン選手 独走優勝!
[UEFA-CL2019~20(無観客)] バイエルン・ミュンヘン 6度目の優勝
[2020年・甲子園高校野球交流試合(無観客)-3] 16試合で柵越えのホームランは2本
[UEFA-CL2019~20(無観客)] 決勝T会場はポルトガルの「カテゴリー4」スタジアム
[2020年・甲子園高校野球交流試合(無観客)-2] 東西の横綱対決
[2020年 甲子園高校野球交流試合(無観客)] 明石商チーム・中森俊介投手 登板
[UEFA-CL2019~20(無観客)] 決勝は「パリ・サンジェルマンVSバイエルン・ミュンヘン」
[Jリーグ2020(観客数制限)] 川崎フロンターレ 10連勝
[NPB2020(観客数制限)] 菅野智之投手 完封勝利で開幕8連勝!
[NEC軽井沢72ゴルフ大会2020(無観客)] 笹生優花選手 プロ入り2戦目で初優勝
[UEFA-CL2019~20(無観客)] ベスト4 出揃う
[NPB2020(観客数制限)] 小川泰弘投手 ノーヒットノーラン達成!
[FIFAワールドカップ2002・決勝] セレソン 5度目の制覇
[競馬コラム276-日本馬の海外挑戦15] 2012年 G1・2勝、G2・1勝
[温故知新2020-競泳9] 女子400m自由形のオリンピック金メダリストの記録
[UEFA-CL2019~20(無観客)] 再開 ベスト8決まる。
[温故知新-陸上競技13] 男子3,000m障害 オリンピック金メダリストの記録
[全米プロゴルフ選手権2020(無観客)] コリン・モリカワ選手 初優勝
[MLB2020(無観客)・ナショナルリーグ] 8月8日終了時点の各地区の順位
[MLB2020(無観客)・アメリカンリーグ] 15ゲーム前後を終えての各地区の順位
[MLB2020(無観客)] ダルビッシュ有投手 2連勝!
Entry TAG
FIFA-WC2010準決勝・スペインパスサッカーの完成  
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

カエサルjr

Author:カエサルjr
「スポーツを考える-KaZ」ブログへ
ようこそ!
我が家の月下美人も16年目。同時に30個の花が咲くこともあります。スポーツも花盛りですね。一緒に楽しみましょう。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 123456789101112131415161718192021222324252627282930