FC2ブログ
HOME   »   テニス  »  [テニス] ラケットを木製に戻すべきでは?
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 ウインブルドン2013の男子シングルスでは、この大会で2回優勝し、四大大会のシングルスで12回優勝のラファエル・ナダル選手が1回戦で敗退しました。そして、この大会で7回の優勝を誇り、四大大会で同17回優勝のロジャー・フェデラー選手が二回戦で姿を消しました。

 対戦相手は、いずれも世界ランク100位以下の選手でした。この数年感じていたことですが、世界ランクの上位選手と下位選手の力の差が小さくなってきている、上位ランカーのコンディションが少し悪ければ、100位以下のプレーヤーでも勝つチャンスがある時代であることを再認識させられました。

 こうした現象は、以前であれば考えられないことでした。理由があるのでしょう。私は、その理由の一つに「ラケットの進化」があるように思います。
 現在のラケットは、とても反発力が高く、コントロールし易いものになっているのではないでしょうか。

 結果として、パッシングショットのスピードは向上し、いつのまにか「サーブ&ボレー」プレーヤーは絶滅危惧種になってしまいました。
 
 手首の返しだけで返球できてしまうプレーも目立ちます。以前であれば考えられなかったことです。手首を固めて、しっかりとした面を作らなければ、ボールは返って行かなかったのです。そして、それが軟式テニスとは違う、硬式テニスだったのです。

 こうした金属製の高性能ラケットを持ち、ベースライン上での強いショットの打ち合いだけのゲームとなれば、ナダルやフェデラー相手でも十分に戦える下位ランカーが沢山居るのでしょう。技術の幅とか、経験が余り活きないテニスになっているように観えます。

 スポーツにおいて、道具が進化することは止められませんが、例えば競技場のサイズとのバランスが崩れるような進化であれば、これは止める必要があります。
 現在のテニスにおけるラケットの進化は、他の要素とのバランスを崩す段階まで進んでしまったのかもしれません。

 「しっかりと打たなければ、飛んでいかないラケット」に戻すべき時代が来ているのではないでしょうか。例えば、プロのゲームは「木製ラケット」に限定するといった形です。野球のバットにおいては実施されていることです。
 そうすれば、テニスコートの全面を使ったプレーが復活することでしょう。

 40年近く前に「硬式」テニスを始めた時、私が最初に使ったラケットはフタバヤのウィニングショットという木製ラケットでした。ラケットの芯に当たった時には素晴らしいショットが生まれましたが、少しでも芯を外れるとへなちょこ球になりました。
 ゲームで良い成績を上げるために「ボレー」の練習を繰り返しました。
 
 35年ほど前に、グラスファイバーラケットが出来ました。初めて使った時に「すごく飛ぶな」と感じました。その後、金属製のラケットが登場し、デカラケ、アツラケの時代を経て、現在に至っています。特に、アツラケの影響が大きかったと感じます。誰でも、威力のあるボールが打てるようになったのです。

 木製ラケットの時代には、威力のあるボールはキチンとしたフォームから生まれました。どんなスポーツのどんなプレーでも、キチンとしたフォームは大切なものだと思うのです。
関連記事
スポンサーサイト



NEXT Entry
[MLB] ちょっとツキが無い黒田投手
NEW Topics
[温故知新2020-陸上競技4] 男子走り幅跳び オリンピック金メダリストの記録
[ブンデスリーガ2019~20・第27節(無観客)] バイエルン・ミュンヘン 圧勝
[温故知新2020-女子テニス2] アメリカの英雄 ビリー・ジーン・キング選手
[競馬(無観客)] 東京優駿(日本ダービー)2020の注目馬
[温故知新2020-女子テニス1] 「史上最強」 マーガレット・コート選手
[温故知新2020-男子テニス3] ダブルスの名手 ジョン・ニューカム選手
[温故知新2020-陸上競技3] 男子10,000m オリンピック金メダリストの記録
[温故知新2020-競泳2] 男子1,500m自由形 日本チームの全盛期
[温故知新2020-競泳1] 男子100m自由形 日本チームの黄金時代
[FIFAワールドカップ2010準々決勝] ドイツチームの完勝
[温故知新2020-男子テニス2] 「史上最強」 ロッド・レーバー選手
[競馬(無観客)] 優駿牝馬(オークス)2020の注目馬
[温故知新2020-陸上競技2] 男子1,500m オリンピック金メダリストの記録
[温故知新2020-陸上競技1] 男子100m オリンピック金メダリストの記録
[ラグビーワールドカップ2011プールA] 日本チーム フランスチームを相手に65分まで4点差の健闘
[温故知新2020男子テニス-1] ウィンブルドンを勝てなかった イワン・レンドル選手
[競馬コラム268・ヴィクトリアマイル2020] 感動的なレース
[FIFAワールドカップ1986決勝] アルゼンチンチーム 2度目の優勝
[競馬(無観客)] ヴィクトリアマイル2020の注目馬
[NPB・MLB2020] 「開幕」に向けての動き
[ブンデスリーガ2019~20] 無観客での再開へ
[競馬コラム267-日本馬の海外挑戦12] 2009年 牝馬の挑戦
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] ブラジルチーム 貫録の勝利
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] 日本チーム 史上初のPK戦
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] ランパード選手 「幻」のゴール
[Jリーグ2020] イニエスタ選手のオンライントークショー
[競馬(無観客)] NHKマイルカップ2020の注目馬
[NBA2020] 個人トレーニング再開に向けての動き
[UEFA-EURO2012-グループD] イングランドとフランスの激突
[競馬コラム266-天皇賞(春)2020] フィエールマンの連覇とC.ルメール騎手の天皇賞4連勝
[UEFA-EURO2012-グループB] ポルトガル デンマークとの接戦を制す
[競馬コラム265・下鴨ステークス2020] スズカルパン 100戦出走達成!
[UEFA-EURO2012-グループA] 開幕戦 ギリシャチーム 驚異の粘り
[UEFA-EURO2012-グループD] フランスチームの堅守
[競馬(無観客)] 天皇賞(春)2020の注目馬
[UEFA-EURO2012-グループC] イタリアとクロアチア 一歩も引かず
[競馬コラム264-日本馬の海外挑戦11] 2007年 シンガポール競馬への進出
[UEFA-EURO2012準々決勝] クリスティアーノ・ロナウドVSチェフ
[競馬コラム263-日本馬の海外挑戦10] 2006年 ハーツクライとデルタブルース
[スーペルコパ2020準決勝] FCバルセロナ よもやの敗退
[UEFA-EURO2012準決勝] 「怪物」バロテッリ選手の2ゴール
[マラソン2020] 「心臓破りの丘」 山田敬蔵氏 逝去
[競馬コラム262-日本馬の海外挑戦-9] 2005年 ゼンノロブロイとハットトリック
[MLB2020・MVPランキング] バリー・ボンズ選手の凄さ
[フィギュアスケート2020春・世界ランキング] 羽生選手、紀平選手が共に1位
[NPB2020] 菅野智之投手 超絶の仕上がり
[高校野球2020] 花巻東高校 女子野球部が練習開始
[大相撲2020] 豊ノ島の引退
[UEFA-EURO2008決勝] スペインチーム 黄金時代の幕開け
[UEFA-EURO1976準決勝] 降りしきる オランダチームの涙雨
Entry TAG
ラファエル・ナダル   ロジャー・フェデラー   ラケットを木製に  
Comment
186
は?金属製?

189
Re: コメントありがとうございます。
ご指摘は、現在のテニスラケットの素材のことだと思います。

確かに、現在のラケットはカーボン・グラファイトといった素材の
物が多く、アルミニウムといった金属製は少ないようです。

今後、関連した記事を書くときに留意します。

これからもコメントよろしくお願いします。

190
道具選びもスポーツの内かと。
むしろ今の方がかつてのテニスより、テクニックを要すると感じます。
身長の高いだけのビッグサーバーや反射神経の塊みたいなネットプレーヤーが消え、あらゆる技術を駆使するフェデラーやジョコビッチが活躍する今のテニス。
もちろん、昔のテニスにしかないテクニックもあるでしょうが、それは現在とて同じこと。比べる必要なぞないかと。

191
Re: コメントありがとうございます。
おっしゃる見方もあると思います。

色々な視点があって良いのでしょう。

これからも、コメントよろしくお願いします。

Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

カエサルjr

Author:カエサルjr
「スポーツを考える-KaZ」ブログへ
ようこそ!
我が家の月下美人も16年目。同時に30個の花が咲くこともあります。スポーツも花盛りですね。一緒に楽しみましょう。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 123456789101112131415161718192021222324252627282930