FC2ブログ
HOME   »   駅伝・マラソン  »  [ロンドンマラソン2020] エリウド・キプチョゲ選手 久しぶりの敗戦
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 新型コロナウイルス禍の影響で、2020年4月から開催が延期されていたロンドンマラソン2020が10月4日に行われ、エリートの部(リアルに実施されたのはエリートの部の男女だけでした)の男子では、エチオピアのキタタ選手が優勝しました。

[10月4日・ロンドンマラソン・エリート男子]
1位 キタタ選手(エチオピア) 2時間5分41秒
2位 キプチュンバ選手(ケニア) 2時間5分42秒
3位 レンマ選手(エチオピア) 2時間5分45秒
4位 ゲレメウ選手(エチオピア) 2時間6分4秒
5位 ワシフン選手(エチオピア) 2時間6分8秒
6位 トラ選手(エチオピア) 2時間6分41秒
7位 キプルト選手(ケニア) 2時間6分42秒
8位 キプチョゲ選手(ケニア) 2時間6分49秒

 新型コロナウイルス感染症対策として、コースも例年のロンドン市街地を走るものでは無く、ロンドン中央部のセント・ジェームズ・パークに設けられた2.15kmのコースを周回する形で行われました。

 そして、キタタ選手、キプチュンバ選手、レンマ選手の激しい競り合いがゴール前まで続き、キタタ選手がキプチュンバ選手を振り切って、1秒差で優勝したのです。

 21世紀のマラソンの常として、今レースも「ケニアVSエチオピア」の構図となりましたが、今回はエチオピア勢が押し気味のレースとなりました。

 さて、ロンドンマラソン2020においては、ケニアのキプチョゲ選手が8位となりました。

 キプチョゲ選手が優勝できなかったレースを、直ぐには思い出せませんでした。
 「キプチョゲ選手は常に勝つ」というイメージがあったのです。

 調べてみました。
 キプチョゲ選手は、2013年5月のハンブルグマラソンで初戦を走り、以降ここまで、12走して優勝11回・2位が1回という、圧倒的な勝率を誇っていました。(リオデジャネイロ・オリンピック2016でも金メダル)
 特に、2014年4月のロッテルダムマラソン以降は「10連勝」中でしたから、ロンドンマラソン2020の8位は、7年振りの敗戦であり、初めての大敗だったのです。

 エリウド・キプチョゲ選手といえば、2018年9月のベルリンマラソン優勝時に世界最高記録(2時間1分39秒)を樹立し、現在でも世界記録保持者ですが、私にとっては「負けないマラソンランナー」としての印象の方が強いのです。

 マラソンランナーとしての力量が十分であることはもちろんとして、当日の自身の体調、相手ランナーの力量・タイプ、気象条件、等々を勘案してレース戦略を構築の上で、レースに臨み、「勝ち切る」という、当然ながら、世界のトップクラスを相手にしてのことですから、至難の業である勝利を確実にものにし続けてきたところが、本当に凄い。
 21世紀最強のマラソンランナーと言っても良いでしょう。

 思えば、かつてはこうした「高勝率を誇るマラソンランナー」が存在しました。

 ミュンヘン・オリンピックの金メダリスト、アメリカのフランク・ショーター選手は、1971年から75年にかけて、11走して8回優勝を飾りましたし、我が国でも、1977年から1988年までマラソンを走った瀬古利彦選手が、通算15走して10回の優勝を誇っています。
 こうしたトップランナーの皆さんは、マラソンを始めた頃と、キャリア終盤のレースを除くと、「走れば常に優勝」という印象のランナーだったのです。

 21世紀に入ってからは、こうした「極めて勝負強いランナー」は減りました。
 マラソンで、2位・3位に入ることはできても、優勝することがなかなか出来ないトップランナーが多くなったのです。(もちろん、マラソン競技自体のレベルが上がっているとの側面もあるのでしょうが)

 そうした中で、キプチョゲ選手は、20世紀の世界トップクラスのマラソンランナーに匹敵する、あるいは、それらをも優に超える勝率を誇る、素晴らしいアスリートなのです。

 そのキプチョゲ選手が8位に敗れた理由が、新型コロナウイルス禍の下でのトレーニング不足なのか、あるいは、さすがのキプチョゲ選手も35歳となって衰えが見えるのか・・・。

 それは、キプチョゲ選手の次のマラソンを観て、判断することなのでしょう。
関連記事
スポンサーサイト



NEXT Entry
[MLB2020-NL地区シリーズ(無観客)] ドジャースとブレーブスがリーグチャンピオンシップに進出
NEW Topics
[競馬コラム283-ジャパンカップ2020] アーモンドアイ 最強のラストラン
[大相撲2020・11月場所] 出し投げは「一発で形勢を逆転できる」技
[UEFA-CL2020~21・グループステージ] 第4節を終えて
[大相撲2020・11月場所・千秋楽(観客数制限)] 2度の物言い 大栄翔VS琴勝峰
[NPB2020日本シリーズ(観客数制限)] 工藤公康監督の冷静な采配
[競馬(観客数制限)] 世紀のレース・ジャパンカップ2020の注目馬
[大相撲2020・11月場所14日目(観客数制限)] 隆の勝 「素晴らしい立合い」
[NPB日本シリーズ2020(観客数制限)] エンターティンメントとしては・・・。
[大相撲2020・11月場所(観客数制限)] 照強の「外小股」
[NFL2020~21第10週(無観客)] 素晴らしい ソーファイスタジアム
[大相撲2020・11月場所(観客数制限)] 11月場所の主役 志摩ノ海
[大相撲2020・11月場所(観客数制限)] 大関・貴景勝 決定戦を制して2度目の優勝
[大相撲2020・11月場所14日目(観客数制限)] 明瀬山の勝ち越し
[NPB2020(観客数制限)] 日本シリーズの開幕!
[NPB2020個人成績-1] 鈴木大地選手(楽天)の活躍
[競馬(観客数限定)] マイルチャンピオンシップ2020の注目馬
[マスターズ秋2020(無観客)第1ラウンド] 全18ホールパーオン・39パット
[マスターズ秋2020(無観客)] ダスティン・ジョンソン選手 悠然たる優勝
[NPB2020パリーグCS] ソフトバンク・ホークスの強さ
[競馬コラム282-ジャパンカップ2020] コントレイルVSデアリングタクトにアーモンドアイが参戦
[日本陸上競技選手権2020(観客数制限)-8] 男子200m 飯塚翔太選手の逆転優勝
[マスターズ秋2020(無観客)] 広がる「ダスティン・ジョンソン ワールド」
[マスターズ秋2020(無観客)第2ラウンド] 超ベテラン選手達の活躍
[大相撲2020・11月場所(観客数制限)] 上位陣の相次ぐ「休場」
[競馬(観客数制限)] エリザベス女王杯2020の注目馬
[NFL2020~21(無観客)] レギュラーシーズン第9週を終えて
[PGAツアー2020~21] 2度のマスターズ・トーナメント
[PGAツアー2020~21] マスターズまでに、あと5kg体重を増やす。
[NPB2020(観客数制限)] 坂本勇人選手 2,000本安打達成!
[J1リーグ2020(観客数制限)] キング・カズ 53歳8ヵ月13日で出場
[競馬コラム281-JBCデイ2020] 面白かった「2場開催」
[UEFA-CL2020~21] グループステージ第3節を終えて
[ATP1000-ロレックス・パリ・マスターズ2020] ラファエル・ナダル選手 シングルス通算1,000勝達成
[競馬コラム280-JBCクラシック2020] クリソベリル 圧勝!
[日本陸上競技選手権2020(観客数制限)-7] 男子110mH 金井大旺選手の快走
[PGAツアー・バミューダ選手権2020] ブレンダン・トッド選手へのインタビュー
[大相撲2020・11月場所(観客数制限)] 活躍が注目される10名の力士
[競馬コラム279-天皇賞(秋)2020] アーモンドアイ号 G1レース8勝目!
[全日本大学駅伝2020] 駒澤大チーム 空前の大混戦を制して6年振りの優勝
[MLB2020・WS] アロザリナ選手VSベッツ選手・シーガー選手
[日本陸上競技選手権2020(観客数制限)-6] 女子100mH 青木益未選手 好記録で優勝
[競馬(観客数制限)] 天皇賞(秋)2020の注目馬
[全日本スピードスケート距離別選手権2020] 一戸誠太郎選手と高木美帆選手の活躍
[MLB2020・WS第6戦(観客数制限)] ドジャース 21世紀初の「世界一」
[PGA・ZOZOチャンピオンシップ2020(無観客)] 日本人プレーヤー「8名」が出場
[MLB2020・WS第5戦(観客数制限)] ドジャース ブルペンの踏ん張りで「王手」
[MLB2020・WS第4戦(観客数制限)] レイズ 逆転サヨナラ勝ちで2勝2敗のタイ
[日本陸上競技選手権2020(観客数制限)-5] 女子円盤投げ 齋藤真希選手 55m41cmの好記録で優勝
[UEFA-CL2020~21] グループリーグ 開幕
[競馬(観客数制限)] 菊花賞2020の注目馬
Entry TAG
ロンドンマラソン2020・キプチョゲ選手久しぶりの敗戦  
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

カエサルjr

Author:カエサルjr
「スポーツを考える-KaZ」ブログへ
ようこそ!
我が家の月下美人も16年目。同時に30個の花が咲くこともあります。スポーツも花盛りですね。一緒に楽しみましょう。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031