FC2ブログ
HOME   »   サッカー  »  [コンフェデ杯] ファンの熱狂
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 コンフェデレーションズカップ2013は、ブラジルの優勝で幕を閉じました。この大会は、NHK-BS放送で全試合が放送されましたので、ゲームそのものはもちろんとして、スタンドの観客の様子もよく分かりました。

 例えば、ブラジル対ウルグアイの準決勝前半12分、ウルグアイのペナルティーキックPKのシーン。立ち上がり固唾を呑んで見守った観客は、フォルランのシュートをジュリオ・セザールが弾いたときには、大歓声に変わり、万歳をしている観客多数、ガッツポーズをしている観客も多数、テレビカメラが向けられたときには大声を上げながら訴えるような動きをする観客も多数、でした。

 ジュリオ・セザールのファインセーブを喜んでいるというより、「自分が止めた」感覚の観客が大半のような雰囲気。プレーヤーと一体となっているというか、自分がプレーしているような応援振り、これがブラジルのサッカーファンだと感じました。

 欧州のゲームも、リーグ戦・カップ戦ともに、近年は数多くテレビ放送されるようになりました。こちらのファンも凄まじい迫力です。
 ドイツ・ブンデスリーガのボルシア・ドルトムントのホームゲームなどは、超満員の観客席が溢れそうに見え、ゴールが決まったときなどはその観客全員が立ち上がり、歓声を上げ、旗やタオルを振りますから、スタジアム全体がひとつの生き物のような感じになります。

 ブラジルのファンも欧州のファンも、相手チームのチャンスになったときの「心配そうな様子」も凄いと思います。本当に不安そうな眼でピッチを凝視し、押し黙ります。相手チームにゴールでも決められようものなら、頭を抱えたり、首を横に振ったり、隣の仲間と見詰め合ったり、しながら本当に悲しそうな表情になります。

 この「ゲームへの集中力」の高さが、サッカー先進国のファンの特徴なのでしょう。ただ楽しいだけではない、辛い試合、悲しい試合も多々あるのですが、だからといってサッカーを観るのを止めるのではなく、一層のめり込んでいく。
 サッカーのゲームが「非日常の大切な時間」を提供してくれるのです。

 南米や欧州のサッカーファンも昔ほどの熱狂振りではなくなった、他の楽しみが増えたから、といった論調の話を耳にすることがありますが、私にはそうとは思えません。

 ハイレベルなゲームから与えられる極上のエンターティンメントを何度も堪能し、その思い・見方・考え方が、親から子、子から孫に受け継がれていく内に、ゲームそしてサッカーというスポーツそのものに対する深い思いが積み上げられているように感じるのです。
関連記事
スポンサーサイト



NEXT Entry
[日本プロ野球] 日本ハムは何故、糸井選手を放出したのか
NEW Topics
[温故知新2020-競泳3] 男子100m背泳ぎ 日本チームのメダル独占
[競馬(無観客)] 安田記念2020の注目馬
[温故知新2020-女子テニス3] 「アイス・ドール」 クリス・エバート選手
[温故知新2020-男子テニス4] 黒人プレーヤーの先駆者 アーサー・アッシュ選手
[ブンデスリーガ2019~20(無観客)] 鎌田大地選手 2試合連続ゴール
[競馬コラム269] オークス2020のデアリングタクトと日本ダービー2020のコントレイル
[温故知新2020-陸上競技4] 男子走り幅跳び オリンピック金メダリストの記録
[ブンデスリーガ2019~20・第27節(無観客)] バイエルン・ミュンヘン 圧勝
[温故知新2020-女子テニス2] アメリカの英雄 ビリー・ジーン・キング選手
[競馬(無観客)] 東京優駿(日本ダービー)2020の注目馬
[温故知新2020-女子テニス1] 「史上最強」 マーガレット・コート選手
[温故知新2020-男子テニス3] ダブルスの名手 ジョン・ニューカム選手
[温故知新2020-陸上競技3] 男子10,000m オリンピック金メダリストの記録
[温故知新2020-競泳2] 男子1,500m自由形 日本チームの全盛期
[温故知新2020-競泳1] 男子100m自由形 日本チームの黄金時代
[FIFAワールドカップ2010準々決勝] ドイツチームの完勝
[温故知新2020-男子テニス2] 「史上最強」 ロッド・レーバー選手
[競馬(無観客)] 優駿牝馬(オークス)2020の注目馬
[温故知新2020-陸上競技2] 男子1,500m オリンピック金メダリストの記録
[温故知新2020-陸上競技1] 男子100m オリンピック金メダリストの記録
[ラグビーワールドカップ2011プールA] 日本チーム フランスチームを相手に65分まで4点差の健闘
[温故知新2020男子テニス-1] ウィンブルドンを勝てなかった イワン・レンドル選手
[競馬コラム268・ヴィクトリアマイル2020] 感動的なレース
[FIFAワールドカップ1986決勝] アルゼンチンチーム 2度目の優勝
[競馬(無観客)] ヴィクトリアマイル2020の注目馬
[NPB・MLB2020] 「開幕」に向けての動き
[ブンデスリーガ2019~20] 無観客での再開へ
[競馬コラム267-日本馬の海外挑戦12] 2009年 牝馬の挑戦
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] ブラジルチーム 貫録の勝利
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] 日本チーム 史上初のPK戦
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] ランパード選手 「幻」のゴール
[Jリーグ2020] イニエスタ選手のオンライントークショー
[競馬(無観客)] NHKマイルカップ2020の注目馬
[NBA2020] 個人トレーニング再開に向けての動き
[UEFA-EURO2012-グループD] イングランドとフランスの激突
[競馬コラム266-天皇賞(春)2020] フィエールマンの連覇とC.ルメール騎手の天皇賞4連勝
[UEFA-EURO2012-グループB] ポルトガル デンマークとの接戦を制す
[競馬コラム265・下鴨ステークス2020] スズカルパン 100戦出走達成!
[UEFA-EURO2012-グループA] 開幕戦 ギリシャチーム 驚異の粘り
[UEFA-EURO2012-グループD] フランスチームの堅守
[競馬(無観客)] 天皇賞(春)2020の注目馬
[UEFA-EURO2012-グループC] イタリアとクロアチア 一歩も引かず
[競馬コラム264-日本馬の海外挑戦11] 2007年 シンガポール競馬への進出
[UEFA-EURO2012準々決勝] クリスティアーノ・ロナウドVSチェフ
[競馬コラム263-日本馬の海外挑戦10] 2006年 ハーツクライとデルタブルース
[スーペルコパ2020準決勝] FCバルセロナ よもやの敗退
[UEFA-EURO2012準決勝] 「怪物」バロテッリ選手の2ゴール
[マラソン2020] 「心臓破りの丘」 山田敬蔵氏 逝去
[競馬コラム262-日本馬の海外挑戦-9] 2005年 ゼンノロブロイとハットトリック
[MLB2020・MVPランキング] バリー・ボンズ選手の凄さ
Entry TAG
サッカーにおける南米・欧州ファンの熱狂  
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

カエサルjr

Author:カエサルjr
「スポーツを考える-KaZ」ブログへ
ようこそ!
我が家の月下美人も16年目。同時に30個の花が咲くこともあります。スポーツも花盛りですね。一緒に楽しみましょう。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 123456789101112131415161718192021222324252627282930