FC2ブログ
HOME   »   高校野球  »  [夏の甲子園] 都道府県別の過去10年の成績 その1
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 2013年の全国高等学校野球選手権大会・夏の甲子園大会の地方大会も佳境に入りました。毎日、出場を決めた学校のニュースが飛び込んできます。

 夏の甲子園大会は「各都道府県の代表チーム」が登場するという色合いが強く、とても盛り上がるのですが、本稿では過去10年間・2003年から2012年の間の各都道府県代表チーム(2校の地域はそれぞれ)の成績を観てみようと思います。
 現在の各都道府県代表チームの実力を観るには、長い夏の甲子園大会の全成績よりも、過去10年間の方が、良く分かるのではないかと思うのです。

[総勝利数]

・第一位 神奈川 21勝
・第二位 大阪 20勝
      宮城 20勝
・第四位 西東京 19勝
・第五位 青森 18勝
・第六位 沖縄 17勝
・第七位 南北海道 16勝
      東東京 16勝
・第九位 千葉 15勝
      静岡 15勝

 10年間の総勝利数のトップは神奈川でした。総勝利数項目は、当然ながら優勝チームを輩出している都道府県が強いハズなのですが、神奈川県は過去10年間優勝はしていません。2010年の東海大相模の準優勝が最高成績です。にもかかわらず、勝利数トップということは、2008年の記念大会で2校が出場していることを割り引いても、初戦敗退が少ないということでしょう。事実、過去10年で神奈川代表の初戦敗退は3回だけです。

 総勝利数の2位には、大阪府と宮城県が並びました。
 大阪府は、2008年と2012年の大阪桐蔭の2回の優勝で勝ち星を重ねました。大阪桐蔭は2005年大会もベスト4に勝ち進んでいますから、大阪桐蔭だけで過去10年間で16勝しているのです。
 こちらも、初戦敗退は3回だけですが、大阪桐蔭以外の代表チームは夏の甲子園で、勝っても1勝止まりである点が興味深いところです。

 一方の宮城代表チームの20勝は、失礼ながら意外でした。最高成績は2003年大会の東北高校の準優勝、ダルビッシュ投手を擁してのもの。宮城県は、神奈川県や大阪府と違い2008年の記念大会で代表が2校になるわけではありませんから「総勝利数実質NO.1」と言えるかもしれません。
 当然ながら初戦突破の確率は極めて高く、過去10年の初戦敗退は1回しかありません。安定感では神奈川・大阪を凌ぎます。今大会も、宮城代表から目が離せません。

 第四位は西東京。これは2006年早稲田実業、2011年日大三の優勝が大きく貢献しています。初戦敗退は2回。優勝2回、初戦敗退2回で、総勝利数が19勝ということは、初戦を突破しても、優勝していない大会は早めに=1勝か2勝で、敗退しているということです。

 第五位は青森県。2011年・2012年大会の光星学院の2度の準優勝が貢献しています。光星学院は2003年大会でもベスト8に進出していますから、計11勝を上げています。初戦敗退は2回。従って、上位の都道府県に劣らない安定感を保持していますが、光星学院以外のチームの時は、大勝出来ていないということになるでしょう。

 第六位は沖縄県。2010年の興南の優勝が効いています。初戦敗退は3回。2008年浦添商のベスト4も印象的でした。沖縄代表の実力は全国トップクラスと言われて久しいのですが、実績面でも証明されました。

 第七位は、南北海道と東東京。
 南北海道は、駒大苫小牧の2004年・2005年大会の連続優勝と2006年大会の準優勝で14勝を上げました。この3年間の夏の甲子園は、香田監督や田中将第投手を擁した駒大苫小牧の時代だったのです。長い甲子園の歴史の中でも、ひとつの高校の3年間の成績としては屈指の強さといえるでしょう。
 逆に言えば、駒大苫小牧以外のチームは過去10年で3勝ということで、初戦敗退は6回です。過半の大会で初戦敗退している点は注意が必要です。

 七位タイの東東京は、帝京や関東一の活躍が目立ちますが、意外にも優勝や準優勝には縁がありません。最高成績も、2007年の帝京、2011年の関東一他のベスト8です。初戦敗退は2回しかありませんが、思ったより勝ち進めないということになります。

 第九位は千葉県と静岡県。
 千葉県は、2004年の千葉経大付属と2010年の成田のベスト4が最高成績。初戦敗退は4回と、かつての銚子商、習志野などの有力校が活躍し、千葉県を制する者は日本を制すると言われた時代と比較すると、やや寂しい成績です。長嶋茂雄や掛布雅之といった幾多の名選手を生んだ千葉県としては、巻き返しが期待されます。

 九位タイの静岡県は、常葉菊川の2008年の準優勝、2007年のベスト4が効いています。しかし、直近の2010年から2012年の3年はいずれも初戦敗退しています。少し、力が落ちているのでしょうか。常葉菊川が出てきたときには、要注意ということなのかもしれません。

 この他の都道府県を観てみます。
 11位奈良14勝、12位には京都、和歌山、兵庫が13勝で並びました。ここには、近畿圏の都道府県が揃っています。過去10年の内9回出場している智弁和歌山を擁する和歌山県は、もう少し勝っているかと思いましたが、13勝でした。2008年のベスト8以降は、さすがの智弁和歌山も中々勝てていません。

 15位は愛知県の12勝。夏に強いと言われ、夏の甲子園最多優勝回数を誇る中京大中京の華々しい活躍を考えると、意外に少ない勝ち数です。実は初戦敗退が7回もあるのです。特に不思議なのは、愛工大名電が5回出場して5回初戦敗退しているという点。激戦区愛知で過去10年間に5回代表となっているのですから、強いことは間違いないのですが、くじ運もあってか甲子園では1度も勝てていないのですから、野球というのは難しいものです。
 
 そして、15位タイに愛媛県が登場します。野球どころといわれる四国ですが、この10年は意外に苦戦。最上位には愛媛県が来ました。とはいえ、愛媛も直近2010年以降の3年間は初戦敗退しています。2013年大会では、済美が久しぶりに大暴れしてくれるのでしょうか。

 丁度平均である10勝10敗には、栃木・群馬・山梨・岡山・山口・高知・鹿児島が並びました。
 作新学院の栃木県、桐生一の群馬県、鹿児島実や樟南の鹿児島県と、有名校を擁する都道府県ですが、近年は平均的な成績ということになります。

 以上、総勝利数の多い順で観てみました。良く勝っている都道府県でも10年で20勝前後ということは、2勝1敗平均ということです。
全国各地のレベル差が小さくなっているように感じます。
関連記事
スポンサーサイト



NEXT Entry
[夏の甲子園] 都道府県別の過去10年の成績 その2
NEW Topics
[温故知新2020-陸上競技3] 男子10,000m オリンピック金メダリストの記録
[温故知新2020-競泳2] 男子1,500m自由形 日本チームの全盛期
[温故知新2020-競泳1] 男子100m自由形 日本チームの黄金時代
[FIFAワールドカップ2010準々決勝] ドイツチームの完勝
[温故知新2020-男子テニス2] 「史上最強」 ロッド・レーバー選手
[競馬(無観客)] 優駿牝馬(オークス)2020の注目馬
[温故知新2020-陸上競技2] 男子1,500m オリンピック金メダリストの記録
[温故知新2020-陸上競技1] 男子100m オリンピック金メダリストの記録
[ラグビーワールドカップ2011プールA] 日本チーム フランスチームを相手に65分まで4点差の健闘
[温故知新2020男子テニス-1] ウィンブルドンを勝てなかった イワン・レンドル選手
[競馬コラム268・ヴィクトリアマイル2020] 感動的なレース
[FIFAワールドカップ1986決勝] アルゼンチンチーム 2度目の優勝
[競馬(無観客)] ヴィクトリアマイル2020の注目馬
[NPB・MLB2020] 「開幕」に向けての動き
[ブンデスリーガ2019~20] 無観客での再開へ
[競馬コラム267-日本馬の海外挑戦12] 2009年 牝馬の挑戦
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] ブラジルチーム 貫録の勝利
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] 日本チーム 史上初のPK戦
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] ランパード選手 「幻」のゴール
[Jリーグ2020] イニエスタ選手のオンライントークショー
[競馬(無観客)] NHKマイルカップ2020の注目馬
[NBA2020] 個人トレーニング再開に向けての動き
[UEFA-EURO2012-グループD] イングランドとフランスの激突
[競馬コラム266-天皇賞(春)2020] フィエールマンの連覇とC.ルメール騎手の天皇賞4連勝
[UEFA-EURO2012-グループB] ポルトガル デンマークとの接戦を制す
[競馬コラム265・下鴨ステークス2020] スズカルパン 100戦出走達成!
[UEFA-EURO2012-グループA] 開幕戦 ギリシャチーム 驚異の粘り
[UEFA-EURO2012-グループD] フランスチームの堅守
[競馬(無観客)] 天皇賞(春)2020の注目馬
[UEFA-EURO2012-グループC] イタリアとクロアチア 一歩も引かず
[競馬コラム264-日本馬の海外挑戦11] 2007年 シンガポール競馬への進出
[UEFA-EURO2012準々決勝] クリスティアーノ・ロナウドVSチェフ
[競馬コラム263-日本馬の海外挑戦10] 2006年 ハーツクライとデルタブルース
[スーペルコパ2020準決勝] FCバルセロナ よもやの敗退
[UEFA-EURO2012準決勝] 「怪物」バロテッリ選手の2ゴール
[マラソン2020] 「心臓破りの丘」 山田敬蔵氏 逝去
[競馬コラム262-日本馬の海外挑戦-9] 2005年 ゼンノロブロイとハットトリック
[MLB2020・MVPランキング] バリー・ボンズ選手の凄さ
[フィギュアスケート2020春・世界ランキング] 羽生選手、紀平選手が共に1位
[NPB2020] 菅野智之投手 超絶の仕上がり
[高校野球2020] 花巻東高校 女子野球部が練習開始
[大相撲2020] 豊ノ島の引退
[UEFA-EURO2008決勝] スペインチーム 黄金時代の幕開け
[UEFA-EURO1976準決勝] 降りしきる オランダチームの涙雨
[競馬(無観客)] 皐月賞2020の注目馬
[UEFA-EURO1984準決勝] フランスチーム ポルトガルチームとの「死闘」を制す
[NPB2020] 関根順三氏 逝去
[FIFAワールドカップ1994決勝] ブラジルチーム 4度目の優勝
[競馬コラム261-日本馬の海外挑戦8] 2004年からの4年連続のアメリカンオークス挑戦
[ラグビーワールドカップ2011準決勝] フランスチーム ウェールズチームを振り切る
Entry TAG
夏の甲子園・各都道府県の過去10年の勝利数  
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

カエサルjr

Author:カエサルjr
「スポーツを考える-KaZ」ブログへ
ようこそ!
我が家の月下美人も16年目。同時に30個の花が咲くこともあります。スポーツも花盛りですね。一緒に楽しみましょう。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031