FC2ブログ
HOME   »   大相撲  »  [大相撲] 史上初の取組 旭天鵬と若の里
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 大相撲9月場所14日目(2012年9月22日)、歴史に残る取組が行われました。
旭天鵬と若の里の対戦です。相撲界に入門してからの生涯勝ち星が800勝を超える力士同士の取組みは、大相撲の歴史上初めてのことでした。

 旭天鵬は、モンゴル出身(日本に帰化しています)の38才。191㎝、160㎏。初土俵は1992年3月場所。以来123場所を経て、今場所13日目までで通算814勝800敗でした。

 若の里は、青森県出身の36才。184㎝、161㎏。初土俵は1992年3月場所。以来123場所を経て、今場所13日目までで通算804勝636敗でした。

 二人は年齢こそ旭天鵬が二つ上ですが、初土俵は一緒です。お互いに切磋琢磨し、旭天鵬が1998年1月場所に入幕(幕内に上がること)、若の里が1999年5月場所に入幕しています。そして今も、幕内最古参力士として現役を続けています。

 旭天鵬は先場所までに800勝に到達していましたが、若の里は798勝で今場所を迎え、場所中に800勝に到達しましたので、今場所の後半に取組が組まれないと、こうした歴史的な取組は実現しなかったのです。

 この記念すべき取組は、もろ差しになった若の里が寄り切りで勝ちました。旭天鵬も、不利な体勢になりながらも、何度も若の里の寄りを残しました。NHKテレビ、今日の正面の解説者は、貴乃花親方でしたが「旭天鵬は、よく残しましたよね」とコメントしました。
 これで、若の里は通算勝ち星を805勝としたわけです。

 初土俵から21年目という長い間現役を続けた力士同士が対戦したことも凄いことなのですが、「800勝の凄さ」を認識すべきだと思います。以下に、最近の横綱・大関の生涯通算勝ち星および場所数を記載します。

・魁皇  1047勝700敗  140場所
・朝青龍  669勝173敗   67場所
・白鵬   690勝166敗   68場所(先場所までの星、現役)
・貴乃花  794勝262敗   90場所
・武蔵丸  779勝294敗   86場所
・曙     654勝232敗   78場所

 大関魁皇の1047勝は、横綱千代の富士の1045勝を超える、大相撲史上第一位の記録ですが、朝青龍以下5人の横綱で、800勝を達成している力士はいません。さすがに横綱は勝率は高いのですが、通算勝ち星では旭天鵬・若の里が上回っているのです。

 解説の貴乃花親方も「これはもう凄いとしか言いようがない」と。自身の勝ち星を超える力士同士の取組であるとともに、自身が対戦したことがある力士同士の取組ですから、貴乃花親方のコメントも道理です。

 横綱や大関になる力士は出世が早く、責任ある地位に就いた後は、負けがこむと引退に追い込まれやすいという事情はあるのですが、勝率が高くない力士が勝ち星を積み重ねるには、怪我・故障なく、一定の力量を維持しながら、現役を続けるという、極めて困難な道を進む必要があります。

 こうしたことができる力士は少ないのですが、たまたま同世代の二人が、これを実現し、さらに幕内の取組が組まれる番付に二人とも就いていたことは奇跡と言えます。来場所以降も、この取組が楽しみですし、一番でも多く観たいものだと思います。

 さて昨日、黒海が引退を表明しました。グルジア出身の31才。190㎝、150㎏。先場所までで通算446勝458敗でした。ヨーロッパ出身力士の草分けとして、怪力と押しの強さ、そして濃いひげが印象的な風貌も相まって、人気がありました。私も大好きな力士でした。
 31才と、旭天鵬や若の里と比べれば、まだまだ取れそうで残念ですが、琴欧洲や栃ノ心、魁星、碧山といった力士の先達としての活躍は素晴らしいものでした。

 今日9月22日、親方とともに引退会見に臨みましたが、その日本語の上手なこと。大相撲に馴染むために、強くなるために、黒海が続けてきた努力の大きさが偲ばれました。
 

関連記事
スポンサーサイト



NEXT Entry
[競馬コラム7] スプリンターズステークスとタマミとハスラー事件
NEW Topics
[温故知新2020-陸上競技3] 男子10,000m オリンピック金メダリストの記録
[温故知新2020-競泳2] 男子1,500m自由形 日本チームの全盛期
[温故知新2020-競泳1] 男子100m自由形 日本チームの黄金時代
[FIFAワールドカップ2010準々決勝] ドイツチームの完勝
[温故知新2020-男子テニス2] 「史上最強」 ロッド・レーバー選手
[競馬(無観客)] 優駿牝馬(オークス)2020の注目馬
[温故知新2020-陸上競技2] 男子1,500m オリンピック金メダリストの記録
[温故知新2020-陸上競技1] 男子100m オリンピック金メダリストの記録
[ラグビーワールドカップ2011プールA] 日本チーム フランスチームを相手に65分まで4点差の健闘
[温故知新2020男子テニス-1] ウィンブルドンを勝てなかった イワン・レンドル選手
[競馬コラム268・ヴィクトリアマイル2020] 感動的なレース
[FIFAワールドカップ1986決勝] アルゼンチンチーム 2度目の優勝
[競馬(無観客)] ヴィクトリアマイル2020の注目馬
[NPB・MLB2020] 「開幕」に向けての動き
[ブンデスリーガ2019~20] 無観客での再開へ
[競馬コラム267-日本馬の海外挑戦12] 2009年 牝馬の挑戦
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] ブラジルチーム 貫録の勝利
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] 日本チーム 史上初のPK戦
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] ランパード選手 「幻」のゴール
[Jリーグ2020] イニエスタ選手のオンライントークショー
[競馬(無観客)] NHKマイルカップ2020の注目馬
[NBA2020] 個人トレーニング再開に向けての動き
[UEFA-EURO2012-グループD] イングランドとフランスの激突
[競馬コラム266-天皇賞(春)2020] フィエールマンの連覇とC.ルメール騎手の天皇賞4連勝
[UEFA-EURO2012-グループB] ポルトガル デンマークとの接戦を制す
[競馬コラム265・下鴨ステークス2020] スズカルパン 100戦出走達成!
[UEFA-EURO2012-グループA] 開幕戦 ギリシャチーム 驚異の粘り
[UEFA-EURO2012-グループD] フランスチームの堅守
[競馬(無観客)] 天皇賞(春)2020の注目馬
[UEFA-EURO2012-グループC] イタリアとクロアチア 一歩も引かず
[競馬コラム264-日本馬の海外挑戦11] 2007年 シンガポール競馬への進出
[UEFA-EURO2012準々決勝] クリスティアーノ・ロナウドVSチェフ
[競馬コラム263-日本馬の海外挑戦10] 2006年 ハーツクライとデルタブルース
[スーペルコパ2020準決勝] FCバルセロナ よもやの敗退
[UEFA-EURO2012準決勝] 「怪物」バロテッリ選手の2ゴール
[マラソン2020] 「心臓破りの丘」 山田敬蔵氏 逝去
[競馬コラム262-日本馬の海外挑戦-9] 2005年 ゼンノロブロイとハットトリック
[MLB2020・MVPランキング] バリー・ボンズ選手の凄さ
[フィギュアスケート2020春・世界ランキング] 羽生選手、紀平選手が共に1位
[NPB2020] 菅野智之投手 超絶の仕上がり
[高校野球2020] 花巻東高校 女子野球部が練習開始
[大相撲2020] 豊ノ島の引退
[UEFA-EURO2008決勝] スペインチーム 黄金時代の幕開け
[UEFA-EURO1976準決勝] 降りしきる オランダチームの涙雨
[競馬(無観客)] 皐月賞2020の注目馬
[UEFA-EURO1984準決勝] フランスチーム ポルトガルチームとの「死闘」を制す
[NPB2020] 関根順三氏 逝去
[FIFAワールドカップ1994決勝] ブラジルチーム 4度目の優勝
[競馬コラム261-日本馬の海外挑戦8] 2004年からの4年連続のアメリカンオークス挑戦
[ラグビーワールドカップ2011準決勝] フランスチーム ウェールズチームを振り切る
Entry TAG
800勝力士同士の取組   旭天鵬   若の里  
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

カエサルjr

Author:カエサルjr
「スポーツを考える-KaZ」ブログへ
ようこそ!
我が家の月下美人も16年目。同時に30個の花が咲くこともあります。スポーツも花盛りですね。一緒に楽しみましょう。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031