FC2ブログ
HOME   »   高校野球  »  中村順司・PL学園監督の甲子園解説
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 中村順司監督率いるPL学園が、甲子園大会史上最強のチームのひとつであったことは間違いありませんし、中村監督自身も我が国の高校野球史上最高の監督のひとりだと思います。

 中村監督がPL学園チームとともに成し遂げた数々の記録は、素晴らしいの一言で、まさに枚挙に暇がありません。1980年秋から1998年春までの監督在任期間の記録の中から、ほんの一部を紹介します。

・春の甲子園 出場10回 優勝3回 準優勝1回 通算31勝7敗
・夏の甲子園 出場6回 優勝3回 準優勝1回 通算27勝3敗

 これだけを見ても、いかに凄い監督であったか一目瞭然です。夏の甲子園大会に6度出場して、僅かに3敗しかしていないというのは、考えられないレベルの戦い振り。勝率90%ですから、夏の甲子園では10試合やって1敗しかしないということになります。(当たり 前のことですが、驚きの余り確認してしまいました)
 この勝率の高さが、中村・PL野球でしょう。他に類を見ない水準の記録です。

 1998年春のセンバツ大会後、中村監督は引退しました。そして、その年の夏の甲子園大会からNHKテレビ放送の解説者として登場しました。 

 この解説がまた素晴らしいものでした。

 アナウンサーが守備に選手を送り出す時には、と聞きます。すると中村氏は「自分の守備位置の周りのデコボコ、荒れている所を均す(ならす)ように言いました。なるべく、イレギュラーバウンドしないように」
 「相手の攻撃の時に、強いゴロを打たれると、思わず眼を瞑ってしまいます。イレギュラーバウンドしないように、祈る感じです」

 中村監督は、通常のゴロなら、相当強い当たりでも十分に捕球・送球できるように、選手を鍛えていたのでしょう。ですから怖いのはイレギュラーバウンドなのです。選手には、早めにポジションに付いて、守備位置の周りを平らに均すように指示し、それでも試合中には、イレギュラーしないようにと祈るという、「球運」にも働きかけるような話です。

 この話を聴いた時に、「イレギュラーバウンドは必ずしも不運ではない」と思いました。「あのイレギュラーバウンドのせいで負けた」と考えている選手・チームは、守備位置に付いてから、あるいはプレーの合間に、自らの周囲を均していたのだろうか、とも考えました。人事を尽くして天命を待っていたのだろうかと。

 そして凄いのは、「そこまでやってもイレギュラーバウンドすることがある」ことを十分に認識して、天に祈るところです。決して奢ることなく、勝負の神様の気まぐれ?も思考の内に入れているところが深いと思いました。

 解説は続きます。

 あるチームのエースピッチャーが、グローブの皮の紐を長く(20cm位)伸ばしたままにしてプレーしているのを見て「どうして切らないんでしょうか。プレー中に、あの紐が眼に入ったらどうするのでしょう」と指摘します。グローブの親指側の皮の紐をブラブラさせながらのプレーを、とても心配していたのです。
 選手の想像を超えた動きが、プレー中に起こることは十分に考えられることです。中村監督は、とても細かいことを大切にし、「リスクを最小にする」指導・采配を行ってきたのだと思いました。

 まだまだ、解説は続きます。

 外野手のファインプレーを見て「守備位置が大切です。二塁手が一球毎にキャッチャーのサインを確認し、外野手他に球種を伝えます。(体の後ろで、手のサイン)外野手は、その球種と相手バッターのプレーの特徴を加味して、守備位置を変えるのです」

 ファインプレーも、相当の確率で偶然ではないことになります。そもそも、ファインプレーに見えないプレーが一番良いのでしょう。

 そして、二塁手の役割がとても大きいことがわかります。ピッチャーと同じレベルで、キャッチャーのサインを投球1球毎に認識し、それをサインで3人の外野手や他の内野手に伝達するのです。「守備の要は、真ん中のライン=キャッチャー、二塁手、センターフィールダー」という意味が、少し分かったような気がしました。

 加えて、内外野の野手は、二塁手のサインと試合前のミーティングを踏まえて、臨機応変に守備位置を変えていかなければなりません。記憶力ももちろんですが、相当に頭を使わなければならない競技なのです。当然のこととは言え、そのバリエーションの豊富さを考えると容易なことではないと思いました。

 さらに、解説は続きます。

 チャンスで打席に選手を送り出す時は、とアナウンサーが聞きます。すると「色々と指示をすることもありますが、最後は選手に任せます。思い切りやって来いという感じです」

 凄いことを言うものだと思いました。様々な事象に対して細心の注意を払い、「リスクの極小化」に努めながら、最後は「選手に任せる」というのですから。ここが、中村野球の真髄だと感じます。

 中村監督の時代のPL学園からは、清原和博、桑田真澄をはじめとして、立浪和義、福留孝介、吉村禎章といった多数のプロ野球選手が生まれていますが、高校野球のみならずプロ野球やMLBにも通用するプレーヤーを輩出している要因のひとつが、この精神面の指導・育成であろうと考えます。
 「最後は選手に任せる」という、ある意味では選手にとって最も厳しい采配が、多くの「考えるプレーヤー」「本番に強いプレーヤー」を育て上げたのだろうと考えるのです。

 NHKテレビ放送の中村元監督の解説は、本当に素晴らしいものでした。私のような野球素人に、野球指導・采配の「入り口の入り口」を、ほんの少し聞かせていただいたと思っています。
 いつまでも、この素晴らしい解説が聞けると思っていましたが、2001年にPL学園で発生した暴行事件を契機に、解説からも身を引かれました。とてもとても残念なことでした。

 考えてみれば、中村監督時代のPL学園にはこうした暴行事件も起きていなかったのです。あれだけのスター選手を長きに渡って指導しながら、選手個々の日常生活にいたるまで「リスク極小化」の努力を継続していたことを想像させました。

 中村氏が、2000年前後のテレビ解説の中でコメントしていたことは、現在の高校野球では常識なのでしょう。しかし、1980年代、PL学園全盛時代に常識であったかどうかは、分かりません。
 そして、現在では常識であるといっても、それらを実行できるかどうかは別の問題です。

 本稿に示したような対応策の何百倍・何千倍の監督としてのノウハウを見出し、指導し、実行した、中村順司監督。名監督です。
関連記事
スポンサーサイト



NEXT Entry
「マラソン」を掴みかけている福士加代子選手
NEW Topics
[新型コロナウイルス感染症2020] ウインブルドン選手権大会の中止などなど
[エル・クラシコ2005] 銀河系軍団VSエトー選手・ロナウジーニョ選手
観たかった、志村けん氏の聖火リレー
[競馬コラム257-日本馬の海外挑戦4] 2014年 アドマイヤラクティ号 G1・コーフィールドカップ優勝
[UEFA-EURO2000準々決勝] 凄まじき クライファート選手
[UEFA-EURO1992決勝] デンマークチームの優勝
[東京オリンピック2021] 代表選手の再選考実施は「新型コロナウイルス禍の終息時期」次第
[競馬(無観客)] 高松宮記念2020の注目馬
[UEFA-EURO1988準決勝] オランダチーム 西ドイツを破り決勝へ
[大相撲2020・3月場所を終えて] 朝乃山 大関昇進
[競馬コラム256-日本馬の海外挑戦3] 1997年 ホクトベガ号のドバイワールドカップ
[大相撲2020・3月「無観客」場所] 横綱・白鵬が44回目の優勝
[コパ・アメリカ2011準々決勝] ウルグアイチーム PK戦で勝利
[UEFA-EURO1972決勝] ギュンター・ネッツァー選手の雄姿
[UEFA-EURO1984決勝] フランスチーム 初優勝
[競馬コラム255-日本馬の海外挑戦2] 1995年 フジヤマケンザン号 36年振りの日本馬海外重賞制覇
[UEFA-CL2019~20・決勝T] リバプール 早々に敗退
[UEFA-CL2019~20・決勝T] RBライプツィヒ スパーズを圧倒
[バドミントン全英オープン2020] 日本チーム 男女のダブルスで優勝
[UEFA-CL2019~20・決勝T] アタランタ イリチッチ選手の大活躍
[UEFA-CL2019~20・決勝T] パリ・サンジェルマン ボルシア・ドルトムントとの接戦を制す
[PGAツアー2019~20] 「ザ・プレーヤーズ2020」中止
[トップリーグ2020] ジェシー・クリエル選手の大好物
[Jリーグ2020] イニエスタ選手へのインタビュー
[スピードスケートW杯2019~20・最終戦] 新濱立也選手・小平奈緒選手 500m種目で総合優勝
[スキージャンプW杯2019~20女子] 高梨沙羅選手 優勝 通算57勝目!
[NPB2020・新型コロナウイルス関連] 開幕戦の延期とペナントレース重視の姿勢
[MLB2020スプリングトレーニング] 菊池雄星投手 好調!
[大相撲2020・3月場所] 「無観客」場所 初日
[名古屋ウィメンズマラソン2020] 一山麻緒選手 好記録で優勝!
[びわ湖毎日マラソン2020] 極めて粗末なスタートの遅延
[春の甲子園2020] 関連グッズの行方
[MLB2020スプリングトレーニング] 調子を上げてきている 大谷翔平選手
[東京マラソン2020男子] 2時間6分台と7分台の日本選手達
[スピードスケート世界選手権2020スプリント] 高木美帆選手と新浜立也選手の大活躍
[大相撲2020・3月場所] 史上初の無観客場所において活躍が期待される10名の力士
[自転車トラック世界選手権2020] 梶原悠未選手と脇本雄太選手の活躍
[東京マラソン2020男子] 大迫傑選手のガッツポーズ
[競馬コラム254] 2008年 カジノドライヴ号 アメリカ合衆国のダート重賞優勝
[NPB2020・新型コロナウイルス肺炎関連] オープン戦72試合を無観客試合に
[Jリーグ2020・新型コロナウイルス肺炎関連] ルヴァンカップとリーグ戦を延期
[NBA2019~20] 注目される「ルイ効果」
[競馬コラム253] 「二刀流」モズアスコット フェブラリーステークス2020を圧勝
[Jリーグ2020] 開幕と遠藤保仁選手の最多出場試合数タイ記録
[NPB2020春季キャンプ] 楽天・戸村健次投手 打球を受け頭蓋骨を骨折
[KONAMI OPEN 2020・1日目] 佐藤翔馬選手と川本武史選手の活躍
[PGAツアー2019~20・ジェネシス招待] 松山英樹選手 3打差の5位
[MLB2020スプリングトレーニング] 大谷翔平選手は「練習の虫」
[日本陸上競技選手権2020競歩20km男子] あってはならない「誤表示」
[世界距離別選手権2020] 日本チームの大活躍
Entry TAG
名監督・中村順司   中村順司氏の名解説  
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

カエサルjr

Author:カエサルjr
「スポーツを考える-KaZ」ブログへ
ようこそ!
我が家の月下美人も16年目。同時に30個の花が咲くこともあります。スポーツも花盛りですね。一緒に楽しみましょう。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 123456789101112131415161718192021222324252627282930