FC2ブログ
HOME   »   陸上競技  »  [1968年メキシコOLY] リー・エバンスとラリー・ジェームズ
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 時代を超えた走りでした。

 1968年・昭和43年10月18日、メキシコオリンピック男子400m競走決勝の舞台で、アメリカのリー・エバンス選手とラリー・ジェームズ選手が競り合いを演じ、エバンス選手が43秒86で優勝、ジェームズ選手は43秒97で2位でした。記録は、共に世界新。

 この43秒86は、その後20年間に破られることがありませんでした。陸上競技のトラック種目の記録としては驚異的な長寿を誇ったのです。

 異次元の記録が生まれたレースでありながら、エバンス選手の圧倒的な勝利ではなかったことが不思議でした。
 つまり、同じレースに2人のスーパーランナーが出場していたということです。ラリー・ジェームズ選手は、リー・エバンス選手と世代が少しでも違えば、時代を代表する400mランナーになれたのです(何しろ、この2人の記録は20年間破られなかったのですから)が、神様も意地悪?をするものです。

 1968年のメキシコオリンピックの陸上競技は、トラック(走路)が1964年の東京オリンピックまでの土(土のトラックの一種であるアンツーカートラック)から、合成ゴム製のタータントラックに変わった初めてのオリンピックということもあってか、多くのトラック種目で世界新記録が出ました。主なものを挙げてみます。

・ 男子100m走 9秒95 ジム・ハインズ選手(アメリカ)
・ 男子200m走 19秒83 トミー・スミス選手(アメリカ)
・ 男子400m走 43秒86 リー・エバンス選手(アメリカ)
・ 男子400mハードル走 48秒12 デビット・へメリー選手(イギリス)
・ 男子800m走 1分44秒40 ラルフ・ドーベル選手(オーストラリア)
・ 女子800m走 2分00秒92 マデリン・マニング選手(アメリカ)

 こうした記録を観ると、やはりタータントラックはアンツーカートラックより記録が出やすい走路であろうとは思われますが、少し意外なのは、女子の100m~400mの短距離種目では世界新記録が出ていませんので、この大会のタータントラックは「筋力が強い、男性ランナー向きの走路」だったのかもしれません。

 話を戻します。

 記録が出やすい新トラックにおける世界新記録といっても、他のトラック種目は、次々と記録が塗り替えられていったのに比べて、男子400m走の記録のみが20年間も破られなかったのですから、やはり時代を超えた走りであったということでしょう。

 ちなみに、男子400m走の世界歴代記録を観ても、エバンス選手の記録は第7位、ジェームズ選手の記録は第10位です。45年の月日を重ねても、いまだに世界ベスト10に入っているのです。現在に至るまで、400mを44秒未満で走ることが出来たランナーは、世界中で10人前後しかいないことが判ります。

 さて、この決勝レースはテレビで見ていました。確か、前半の200mの通過が20秒7だったと記憶しています。この200m・20秒7というタイムは当時の日本記録と同水準でした。「速いなー」と思いました。
 結果として、後半の200mは23秒余りかかっているのですが、それほど落ちたという感じはせず、エバンスとジェームズの競り合いがゴールまで続きました。1m弱の差でした。

 このレースの3位には、44秒41の好タイムでアメリカのロン・フリーマン選手が入りました。短距離王国アメリカとしても珍しい、オリンピックにおける金銀銅メダル独占のレースだったのです。
 
 余談ですが、この3人にビンセント・マシューズ選手(1972年ミュンヘンオリンピック400m金メダリスト)を加えた4人で走った、アメリカチームの4×400mリレーが、これまた凄まじいものでした。
 第一走者のマシューズ選手がトップに立つと、第二走者フリーマン選手、第三走者ジェームズ選手と差を広げ、アンカーのエバンス選手にバトンが渡った時には、80m近い差が付いていたようなイメージがあります。少し、エバンス選手が差を詰められた(これだけの大差が付いていると、400mという超苦しい種目では中々全力では走れないのかもしれません)ように記憶していますが、とにかく圧倒的な強さで優勝。
 タイムは、2分56秒16という、従来の記録を3秒以上短縮する異次元の世界新記録でした。実は、この記録は24年間に渡って破られませんでしたから、長寿という点ではエバンス選手の400mの記録より4年長かったのです。

 1968年メキシコシティオリンピックのアメリカ選手団には、男子400m競走の歴史的ランナーが集結していたことになります。
関連記事
スポンサーサイト



NEXT Entry
[MLB] 規格外のプレーヤー アルフォンソ・ソリアーノ
NEW Topics
[MLB2020(無観客)] 全60試合の約50試合を終えて
[2020年インディ500(無観客)] 佐藤琢磨選手 2度目の優勝!
ウイングドフット・ゴルフクラブ・西コースで開催された、過去5度の全米オープン
[陸上競技インカレ2020(無観客)] 女子100m競走 児玉芽生選手  11秒35
[陸上競技インカレ2020(無観客)] 男子走り幅跳び 橋岡優輝選手 8m29cm!
[NPB2020(観客数制限)] 岡本和真選手の2本のホームラン
[テニス全米オープン2020(無観客)女子シングルス] 大坂なおみ選手 2度目の制覇!
[MLB2020(無観客)] 田中将大投手 今シーズン2勝目
[NPB2020(観客数制限)] 原辰徳監督 通算1,067勝!
[テニス全米オープン2020女子シングルス] 大坂なおみ選手 2度目の決勝進出!
[スーパーラグビー2020] 初の女性主審が笛!
[PGAツアー2019~20(無観客)] ダスティン・ジョンソン選手 初の年間王者
[大相撲2020・9月場所(観客数制限)] 活躍が注目される10名の力士
[MLB2020(無観客)レギュラーシーズン] 約40ゲームを終えて
[PGAツアー2019~20プレーオフシリーズ最終戦] 2日目を終えて
[全米オープンテニス2020(無観客)女子シングルス] 大坂なおみ選手 4回戦進出
[MLB2020(無観客)] 「どっしりと」 ダルビッシュ有投手 7連勝
[温故知新2020-競泳10] 女子100m背泳ぎ オリンピック金メダリストの記録
[温故知新2020-陸上競技14] 女子4×100mリレー オリンピックメダル獲得チーム
[競馬コラム277] 2020年のイギリス競馬クラシックレース
[PGA2019~20プレーオフ第2戦(無観客)] 松山英樹選手 「懸命」の戦い
[ニトリレディスゴルフ2020(無観客)] 笹生優花選手 2大会連続優勝
[MLB2020(無観客)] ダルビッシュ有VS秋山翔吾 ダルビッシュ6連勝!
[2020年・甲子園高校野球交流試合(無観客)-4] 白いスパイク
[MLB2020(無観客)] 菊池雄星投手 今シーズン初勝利
[MLB2020(無観客)] 山口俊投手 メジャー初勝利
[セイコーゴールデングランプリ陸上2020(無観客)] 女子1,500m 田中希実選手の日本新記録
[MLB2020(無観客)] 前田健太投手 開幕4連勝
[MLB2020(無観客)] ダルビッシュ有投手 5連勝
[PGA2019~20プレーオフ第1戦(無観客)] ダスティン・ジョンソン選手 独走優勝!
[UEFA-CL2019~20(無観客)] バイエルン・ミュンヘン 6度目の優勝
[2020年・甲子園高校野球交流試合(無観客)-3] 16試合で柵越えのホームランは2本
[UEFA-CL2019~20(無観客)] 決勝T会場はポルトガルの「カテゴリー4」スタジアム
[2020年・甲子園高校野球交流試合(無観客)-2] 東西の横綱対決
[2020年 甲子園高校野球交流試合(無観客)] 明石商チーム・中森俊介投手 登板
[UEFA-CL2019~20(無観客)] 決勝は「パリ・サンジェルマンVSバイエルン・ミュンヘン」
[Jリーグ2020(観客数制限)] 川崎フロンターレ 10連勝
[NPB2020(観客数制限)] 菅野智之投手 完封勝利で開幕8連勝!
[NEC軽井沢72ゴルフ大会2020(無観客)] 笹生優花選手 プロ入り2戦目で初優勝
[UEFA-CL2019~20(無観客)] ベスト4 出揃う
[NPB2020(観客数制限)] 小川泰弘投手 ノーヒットノーラン達成!
[FIFAワールドカップ2002・決勝] セレソン 5度目の制覇
[競馬コラム276-日本馬の海外挑戦15] 2012年 G1・2勝、G2・1勝
[温故知新2020-競泳9] 女子400m自由形のオリンピック金メダリストの記録
[UEFA-CL2019~20(無観客)] 再開 ベスト8決まる。
[温故知新-陸上競技13] 男子3,000m障害 オリンピック金メダリストの記録
[全米プロゴルフ選手権2020(無観客)] コリン・モリカワ選手 初優勝
[MLB2020(無観客)・ナショナルリーグ] 8月8日終了時点の各地区の順位
[MLB2020(無観客)・アメリカンリーグ] 15ゲーム前後を終えての各地区の順位
[MLB2020(無観客)] ダルビッシュ有投手 2連勝!
Entry TAG
1968年メキシコ五輪400m競走・リーエバンス選手とラリ  
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

カエサルjr

Author:カエサルjr
「スポーツを考える-KaZ」ブログへ
ようこそ!
我が家の月下美人も16年目。同時に30個の花が咲くこともあります。スポーツも花盛りですね。一緒に楽しみましょう。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 123456789101112131415161718192021222324252627282930