FC2ブログ
HOME   »   MLB  »  [MLB] マーク・バーリーとクレイ・バックホルツの投げ合い
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 9月21日のMLB、トロント・ブルージェイズとボストン・レッドソックスのゲームは、マーク・バーリーとクレイ・バックホルツの両投手が先発しました。

 前日20日に、ボストンはアメリカンリーグAL東地区の優勝を決めていました。このゲームはいわゆる消化試合なのですが、その先発投手がこの2人だったのです。

 マーク・バーリー、1979年3月生まれの34歳、身長188㎝体重104㎏の左腕。2000年にシカゴ・ホワイトソックスでデビューし、2001年から2012年まで12年間連続で200イニング以上投球、二桁勝利を達成し、2007年4月にはテキサス・レンジャーズを相手にノーヒットノーランを達成、2009年7月にはタンパベイ・レイズを相手に完全試合を達成しました。この時、ホワイトソックスファンとして知られているオバマ大統領からバーリー投手にお祝いの電話があったことが、話題となりました。

 一方のクレイ・バックホルツ、1984年8月生まれの29歳、身長191㎝体重86㎏の右腕。メジャーデビューの2007年8月にはボルチモア・オリオールズ相手にノーヒッターを達成し、今シーズンは4月に月間5連勝を達成するなど、ここまで11勝0敗と無敗のシーズンを送っていました。

 「消化試合」、ボストンにとっては優勝を決めた翌日のゲームですし、トロントはワイルドカード進出の望みも絶たれた状態ですから、あまり期待していなかったゲームなのですが、この豪華な先発投手のおかげで、とても締まったゲームとなりました。

 両投手とも安定した立ち上りを見せました。特に3回までは、バックホルツ投手が素晴らしい投球。150㎞を超えるツーシームに、カットボール、スライダー、チェンジアップを交えて、トロント打線を完全に封じました。コントロールも良く、ノーヒッターや完全試合もあるのではと思わせました。この投球内容は、冷静に見て日本人先発トリオより上でした。さすがに、ここまで11連勝の投手だと思わせるものでした。

 一方のバーリー投手も初回に1ヒットを許しましたが、危なげない投球でした。大半が外角への配給なのですが、キチンと低めにコントロールされているうえに、ツーシームやスライダーのコントロールが素晴らしく、特に外角低めに落とし込む球は容易には打てないという感じでした。

 4回表トロントの攻撃も2死ランナー無。ところが、ここで3塁手の緩慢なプレーから内野安打を許すと、トロントが畳み掛け4連打で3得点を挙げました。特に、4番アダム・リンド選手の当たりは、センター前のヒットかと思ったものが、センターオーバーの2塁打となりました。もの凄いライナーでした。

 バックホルツは、夏に首を痛めての故障明け3試合目の登板でした。ボストンとしては、プレーオフ先発陣の一角として考えている投手ですから、マウンド・球数に慣れさせるためもあって続投。バックホルツも4回以外はしっかりと抑え106球・6イニングを投げ切りました。3失点ですから立派なクオリティスタート。先発投手の責任は果たしたことになります。
 この4回は、少しコントロールが乱れましたが、何よりも3回までの素晴らしい投球を観ると、調子が戻ればボストンのエースになり得ると予感させました。

 バーリーの方は、相変わらず正確なコントロールを武器にボストン打線を抑え込みます。なにしろ、今シーズンMLB・AL屈指の強力打線を誇るボストンですから、3点くらいのビハインドはワンチャンスでひっくり返す力があります。
 さすがに、東地区を制し勢いに乗るボストン打線は、5回からバーリーを捉え始めましたが、バーリーは6回を98球1失点で凌ぎ切りました。

 ゲームは4-2でトロントの勝利となりました。

 この勝利で、バーリー投手は今シーズン200イニング投球を達成し12勝目。13シーズン連続の200イニング以上投球と二桁勝利を達成したことになります。MLBにおいて、13シーズンもの間大きな故障も無く、その体調・体力・投球技術を維持してきたことは、本当に偉大なことだと思います。MLB通算勝利数は、これで186勝となり200勝が見えてきました。

 2人の先発投手の持ち味を活かした投げ合いは、見応え十分でした。こうした「消化試合」であっても、これだけのクオリティのゲームを魅せることがMLBなのだと、改めて感じました。
 そして、ペドロ・マルチネスやランディ・ジョンソン、ジャスティン・バーランダーといった超有名投手以外にも、この試合のマーク・バーリーやクレイ・バックホルツのような素晴らしい投手が犇めき合っているところが、世界最高のベースボールリーグと呼ばれる所以なのでしょう。
関連記事
スポンサーサイト



NEXT Entry
[競馬コラム70] 涙を流すタケシバオー号
NEW Topics
[温故知新2020-男子テニス4] 黒人プレーヤーの先駆者 アーサー・アッシュ選手
[ブンデスリーガ2019~20(無観客)] 鎌田大地選手 2試合連続ゴール
[競馬コラム269] オークス2020のデアリングタクトと日本ダービー2020のコントレイル
[温故知新2020-陸上競技4] 男子走り幅跳び オリンピック金メダリストの記録
[ブンデスリーガ2019~20・第27節(無観客)] バイエルン・ミュンヘン 圧勝
[温故知新2020-女子テニス2] アメリカの英雄 ビリー・ジーン・キング選手
[競馬(無観客)] 東京優駿(日本ダービー)2020の注目馬
[温故知新2020-女子テニス1] 「史上最強」 マーガレット・コート選手
[温故知新2020-男子テニス3] ダブルスの名手 ジョン・ニューカム選手
[温故知新2020-陸上競技3] 男子10,000m オリンピック金メダリストの記録
[温故知新2020-競泳2] 男子1,500m自由形 日本チームの全盛期
[温故知新2020-競泳1] 男子100m自由形 日本チームの黄金時代
[FIFAワールドカップ2010準々決勝] ドイツチームの完勝
[温故知新2020-男子テニス2] 「史上最強」 ロッド・レーバー選手
[競馬(無観客)] 優駿牝馬(オークス)2020の注目馬
[温故知新2020-陸上競技2] 男子1,500m オリンピック金メダリストの記録
[温故知新2020-陸上競技1] 男子100m オリンピック金メダリストの記録
[ラグビーワールドカップ2011プールA] 日本チーム フランスチームを相手に65分まで4点差の健闘
[温故知新2020男子テニス-1] ウィンブルドンを勝てなかった イワン・レンドル選手
[競馬コラム268・ヴィクトリアマイル2020] 感動的なレース
[FIFAワールドカップ1986決勝] アルゼンチンチーム 2度目の優勝
[競馬(無観客)] ヴィクトリアマイル2020の注目馬
[NPB・MLB2020] 「開幕」に向けての動き
[ブンデスリーガ2019~20] 無観客での再開へ
[競馬コラム267-日本馬の海外挑戦12] 2009年 牝馬の挑戦
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] ブラジルチーム 貫録の勝利
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] 日本チーム 史上初のPK戦
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] ランパード選手 「幻」のゴール
[Jリーグ2020] イニエスタ選手のオンライントークショー
[競馬(無観客)] NHKマイルカップ2020の注目馬
[NBA2020] 個人トレーニング再開に向けての動き
[UEFA-EURO2012-グループD] イングランドとフランスの激突
[競馬コラム266-天皇賞(春)2020] フィエールマンの連覇とC.ルメール騎手の天皇賞4連勝
[UEFA-EURO2012-グループB] ポルトガル デンマークとの接戦を制す
[競馬コラム265・下鴨ステークス2020] スズカルパン 100戦出走達成!
[UEFA-EURO2012-グループA] 開幕戦 ギリシャチーム 驚異の粘り
[UEFA-EURO2012-グループD] フランスチームの堅守
[競馬(無観客)] 天皇賞(春)2020の注目馬
[UEFA-EURO2012-グループC] イタリアとクロアチア 一歩も引かず
[競馬コラム264-日本馬の海外挑戦11] 2007年 シンガポール競馬への進出
[UEFA-EURO2012準々決勝] クリスティアーノ・ロナウドVSチェフ
[競馬コラム263-日本馬の海外挑戦10] 2006年 ハーツクライとデルタブルース
[スーペルコパ2020準決勝] FCバルセロナ よもやの敗退
[UEFA-EURO2012準決勝] 「怪物」バロテッリ選手の2ゴール
[マラソン2020] 「心臓破りの丘」 山田敬蔵氏 逝去
[競馬コラム262-日本馬の海外挑戦-9] 2005年 ゼンノロブロイとハットトリック
[MLB2020・MVPランキング] バリー・ボンズ選手の凄さ
[フィギュアスケート2020春・世界ランキング] 羽生選手、紀平選手が共に1位
[NPB2020] 菅野智之投手 超絶の仕上がり
[高校野球2020] 花巻東高校 女子野球部が練習開始
Entry TAG
マーク・バーリーとクレイ・バックホルツの投げ合い  
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

カエサルjr

Author:カエサルjr
「スポーツを考える-KaZ」ブログへ
ようこそ!
我が家の月下美人も16年目。同時に30個の花が咲くこともあります。スポーツも花盛りですね。一緒に楽しみましょう。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 123456789101112131415161718192021222324252627282930