FC2ブログ
HOME   »   競馬  »  [競馬コラム70] 涙を流すタケシバオー号
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 1969年・昭和45年のスプリンターズステークス1200mと天皇賞(春)3200mとの両方に優勝したのが、タケシバオーです。スプリンターズSはレコード勝ちでした。

 1969年の東京新聞杯「ダート」2100mをレコード(6馬身差)で制し、オープン競走「芝」1600mをやはりレコード勝ち(9馬身差)したのもタケシバオーです。

 1969年のジュライステークス芝1800m・不良馬場を65kgの負担重量で勝ったのもタケシバオーです。

 上記の3項目のレースの間、タケシバオーは8連勝、内4勝がレコード勝ち、内6戦が60kg以上の負担重量でした。
 距離・芝とダート・良馬場と不良馬場、負担重量といった、様々な条件に対して全て対応し好成績を残した「究極のオールラウンダー」がタケシバオーであったと思います。

 タケシバオー号、父チャイナロック、母タカツナミ、生涯成績29戦16勝2着10回(海外レース・ワシントンDCインターナショナルの2戦0勝を含む)。

 1967年2歳時には、朝日杯3歳ステークスを7馬身差で圧勝し、1968年の3歳クラシック路線の主役に躍り出ました。
 1968年は、タケシバオー、アサカオー、マーチスが3強と呼ばれた年でした。タケシバオーは、皐月賞でマーチスの2着、日本ダービーでタニノハローモアにまんまと逃げ切られて2着、アサカオーが勝った菊花賞には出走しませんでした。(ワシントンDCインターナショナル競走に出走したため)

 こうして、3歳時には主役になりきれなかったタケシバオーでしたが、1969年4歳となり本格化、頭書の素晴らしい成績を挙げたのです。
 この4歳時の強さは圧巻でした。「怪物」と呼ばれ、「負担重量100kgでも勝てる」といった無責任?な話も報じられました。確かに、500kg前後の雄大な馬体から繰り出されるフットワークの力強さは、群を抜いていたと思います。

 ちなみに、タケシバオーの後「怪物」と呼ばれたのはハイセイコー号でした。1973年のクラシック戦線で活躍したハイセイコーも520kg前後の馬体重で、雄大なフットワークを魅せました。ハイセイコー出現後は、タケシバオーは「元祖怪物」と呼ばれました。この2頭のサラブレッドは、とても人気がありました。誰が見ても分かる大きな馬体で、その強さ・話題性も十分でした。
 1968年~1973年・昭和43年~昭和48年という「日本の高度成長期=我が国がとても元気だった時代」に登場した2頭のスターホース、タケシバオーとハイセイコーの中央競馬発展に対する貢献度合いは、絶大であったと思います。

 このタケシバオーとハイセイコーは、ともに父がチャイナロックです。ハイペリオン系のチャイナロックは当時から良血とは言われませんでしたが、丈夫で良く走る産駒を数多く出しました。特に、ダート馬場に強い馬が多かったので、地方競馬ではチャイナロック産駒が大活躍しました。
 タケシバオーとハイセイコーという、戦後中央競馬史上屈指の人気馬を輩出したという点で、チャイナロックは偉大な種牡馬でしょう。

 それにしても、ダートで抜群に強いタケシバオーの海外挑戦レースが2戦とも、アメリカでは珍しい芝のG1レースであるワシントンDCインターナショナル競走であったのは、今でも不思議な感じがします。
アメリカのダートG1レースに挑戦する選択は無かったものかと思います。

 さて、以前のブログにも書きましたが、今から30年ほど前、中央競馬を彩り競走馬を引退したサラブレッドを訪問する旅に出ました。8月の夏休みに友人と北海道に出かけたのです。
 当時18歳位であったタケシバオーにも会いに行きました。種牡馬になって後も、ハツシバオー、ドウカンヤシマ、ドウカンタケシバ等の活躍馬を出し、内国産種牡馬のエースと言われていましたし、バリバリの現役種牡馬かと思い訪問したのですが、正直に言って大切にされているようには見えませんでした。

 放牧場から少し離れたところにある、サラブレッド1頭がやっと入れる位の古ぼけた小さな木屋に、タケシバオーは居ました。「ファンの人が尋ねてきたのは久しぶり」と牧場の方は言っていました。
 話し掛けながら、お土産?の屑人参を掌に乗せて上げると、美味しそうに食べてくれます。その内に涙を流し始めました。涙を流しながら、屑人参を食べ続けました。
 普通、種牡馬になれば体が大きくなるのですが、タケシバオーはひとまわり小さくなったように見えたものです。

 タケシバオーは、悲しかったのか、嬉しかったのか、と後で友人と語り合いました。久しぶりの来訪者で、喜んでいたのだろうという結論になりました。
関連記事
スポンサーサイト



NEXT Entry
[バドミントン] 山口茜選手 ヨネックスオープン大会優勝!
NEW Topics
[競馬コラム269] オークス2020のデアリングタクトと日本ダービー2020のコントレイル
[温故知新2020-陸上競技4] 男子走り幅跳び オリンピック金メダリストの記録
[ブンデスリーガ2019~20・第27節(無観客)] バイエルン・ミュンヘン 圧勝
[温故知新2020-女子テニス2] アメリカの英雄 ビリー・ジーン・キング選手
[競馬(無観客)] 東京優駿(日本ダービー)2020の注目馬
[温故知新2020-女子テニス1] 「史上最強」 マーガレット・コート選手
[温故知新2020-男子テニス3] ダブルスの名手 ジョン・ニューカム選手
[温故知新2020-陸上競技3] 男子10,000m オリンピック金メダリストの記録
[温故知新2020-競泳2] 男子1,500m自由形 日本チームの全盛期
[温故知新2020-競泳1] 男子100m自由形 日本チームの黄金時代
[FIFAワールドカップ2010準々決勝] ドイツチームの完勝
[温故知新2020-男子テニス2] 「史上最強」 ロッド・レーバー選手
[競馬(無観客)] 優駿牝馬(オークス)2020の注目馬
[温故知新2020-陸上競技2] 男子1,500m オリンピック金メダリストの記録
[温故知新2020-陸上競技1] 男子100m オリンピック金メダリストの記録
[ラグビーワールドカップ2011プールA] 日本チーム フランスチームを相手に65分まで4点差の健闘
[温故知新2020男子テニス-1] ウィンブルドンを勝てなかった イワン・レンドル選手
[競馬コラム268・ヴィクトリアマイル2020] 感動的なレース
[FIFAワールドカップ1986決勝] アルゼンチンチーム 2度目の優勝
[競馬(無観客)] ヴィクトリアマイル2020の注目馬
[NPB・MLB2020] 「開幕」に向けての動き
[ブンデスリーガ2019~20] 無観客での再開へ
[競馬コラム267-日本馬の海外挑戦12] 2009年 牝馬の挑戦
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] ブラジルチーム 貫録の勝利
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] 日本チーム 史上初のPK戦
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] ランパード選手 「幻」のゴール
[Jリーグ2020] イニエスタ選手のオンライントークショー
[競馬(無観客)] NHKマイルカップ2020の注目馬
[NBA2020] 個人トレーニング再開に向けての動き
[UEFA-EURO2012-グループD] イングランドとフランスの激突
[競馬コラム266-天皇賞(春)2020] フィエールマンの連覇とC.ルメール騎手の天皇賞4連勝
[UEFA-EURO2012-グループB] ポルトガル デンマークとの接戦を制す
[競馬コラム265・下鴨ステークス2020] スズカルパン 100戦出走達成!
[UEFA-EURO2012-グループA] 開幕戦 ギリシャチーム 驚異の粘り
[UEFA-EURO2012-グループD] フランスチームの堅守
[競馬(無観客)] 天皇賞(春)2020の注目馬
[UEFA-EURO2012-グループC] イタリアとクロアチア 一歩も引かず
[競馬コラム264-日本馬の海外挑戦11] 2007年 シンガポール競馬への進出
[UEFA-EURO2012準々決勝] クリスティアーノ・ロナウドVSチェフ
[競馬コラム263-日本馬の海外挑戦10] 2006年 ハーツクライとデルタブルース
[スーペルコパ2020準決勝] FCバルセロナ よもやの敗退
[UEFA-EURO2012準決勝] 「怪物」バロテッリ選手の2ゴール
[マラソン2020] 「心臓破りの丘」 山田敬蔵氏 逝去
[競馬コラム262-日本馬の海外挑戦-9] 2005年 ゼンノロブロイとハットトリック
[MLB2020・MVPランキング] バリー・ボンズ選手の凄さ
[フィギュアスケート2020春・世界ランキング] 羽生選手、紀平選手が共に1位
[NPB2020] 菅野智之投手 超絶の仕上がり
[高校野球2020] 花巻東高校 女子野球部が練習開始
[大相撲2020] 豊ノ島の引退
[UEFA-EURO2008決勝] スペインチーム 黄金時代の幕開け
Entry TAG
涙を流しながら人参を食べるタケシバオー  
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

カエサルjr

Author:カエサルjr
「スポーツを考える-KaZ」ブログへ
ようこそ!
我が家の月下美人も16年目。同時に30個の花が咲くこともあります。スポーツも花盛りですね。一緒に楽しみましょう。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 123456789101112131415161718192021222324252627282930