FC2ブログ
HOME   »   その他のスポーツ  »  [バドミントン] 山口茜選手 ヨネックスオープン大会優勝!
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 9月22日に東京体育館で行われた、バドミントンのヨネックス・オープン・ジャパン大会女子シングルスで、山口茜選手が優勝しました。山口選手は、福井県勝山高校1年生の16歳。1982年に開始されたこの大会での日本人プレーヤーの優勝は、男女のシングルス、男女および混合のダブルスの計5種目を通じて、初めてでした。

 16歳の高校一年生が、オリンピック・世界選手権に次ぐ格のスーパーシリーズ大会に優勝したという、素晴らしい快挙ですが、私はこの優勝には「日本バドミントン女子の躍進」という側面が大きいと考えています。

① この大会の女子シングルス決勝が、山口茜選手と打田しづか選手の日本人同士の対戦であったこと
② 2012年フランス・オープン大会の三谷美菜津選手に続く、スーパーシリーズ大会での優勝であったこと
③ 2012年ロンドンオリンピックの女子ダブルスで藤井瑞希選手・垣岩令佳選手ペアが銀メダルを獲得したこと

 これらの事例は、明らかにバドミントン競技の女子種目においては、世界トップのレベルに日本選手が近づいていることを示しています。
 ロンドンオリンピックの銀メダル獲得の際には、中国と韓国のペアによる手抜き試合事件により、強豪ペアが失格となったという要因がありましたが、考えてみれば強豪ペアが居なくなっただけで、銀メダルが転がり込む訳も無く、日本ペアの実力が高かったからこそ、残ったペアの中で第2位になれたのです。

 そして、ロンドン後、日本女子選手達は、その実力を次第に世界レベルの大会で発揮してきていて、その象徴として16歳の山口選手が優勝したと観るのが妥当でしょう。複数のプレーヤーが、世界レベルの大会で上位に来ている点が、素晴らしいことだと思います。

 バドミントン競技は英国発祥ですから、歴史的には欧州諸国が強く、20世紀の半ば以降はインドネシア、マレーシアといった東南アジアの国々が世界のトップを占めました。そして20世紀終盤には中国・韓国・香港の力量が上がり、現在では中国勢を中心に、欧州・アメリカ・アジアの国々が入り乱れているという状況です。
 我が国も、常に世界の上位には位置していたのですが、なかなか「世界一」には届きませんでした。

 しかし、バドミントン競技の用具となれば、これは大半が日本のヨネックス社製品であり、公式戦のシャトルコックはほとんどが同社製品でしょう。精度の高さが要求されるバドミントン用具は、日本企業の正確でキメ細かな対応なくしては製造できないのです。
 
 そして、道具の大半が日本企業製であるバドミントン競技において、ようやく日本人プレーヤーが世界一を目指せるレベルに上がってきたということです。
 女子種目における伸長を参考として、男子種目でも日本人プレーヤーの活躍が期待されます。2020年の東京オリンピックに向けて、のんびりしている時間はありません。
関連記事
スポンサーサイト



NEXT Entry
[PGA] 1,122ラウンドの中の8ラウンド
NEW Topics
[競馬コラム269] オークス2020のデアリングタクトと日本ダービー2020のコントレイル
[温故知新2020-陸上競技4] 男子走り幅跳び オリンピック金メダリストの記録
[ブンデスリーガ2019~20・第27節(無観客)] バイエルン・ミュンヘン 圧勝
[温故知新2020-女子テニス2] アメリカの英雄 ビリー・ジーン・キング選手
[競馬(無観客)] 東京優駿(日本ダービー)2020の注目馬
[温故知新2020-女子テニス1] 「史上最強」 マーガレット・コート選手
[温故知新2020-男子テニス3] ダブルスの名手 ジョン・ニューカム選手
[温故知新2020-陸上競技3] 男子10,000m オリンピック金メダリストの記録
[温故知新2020-競泳2] 男子1,500m自由形 日本チームの全盛期
[温故知新2020-競泳1] 男子100m自由形 日本チームの黄金時代
[FIFAワールドカップ2010準々決勝] ドイツチームの完勝
[温故知新2020-男子テニス2] 「史上最強」 ロッド・レーバー選手
[競馬(無観客)] 優駿牝馬(オークス)2020の注目馬
[温故知新2020-陸上競技2] 男子1,500m オリンピック金メダリストの記録
[温故知新2020-陸上競技1] 男子100m オリンピック金メダリストの記録
[ラグビーワールドカップ2011プールA] 日本チーム フランスチームを相手に65分まで4点差の健闘
[温故知新2020男子テニス-1] ウィンブルドンを勝てなかった イワン・レンドル選手
[競馬コラム268・ヴィクトリアマイル2020] 感動的なレース
[FIFAワールドカップ1986決勝] アルゼンチンチーム 2度目の優勝
[競馬(無観客)] ヴィクトリアマイル2020の注目馬
[NPB・MLB2020] 「開幕」に向けての動き
[ブンデスリーガ2019~20] 無観客での再開へ
[競馬コラム267-日本馬の海外挑戦12] 2009年 牝馬の挑戦
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] ブラジルチーム 貫録の勝利
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] 日本チーム 史上初のPK戦
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] ランパード選手 「幻」のゴール
[Jリーグ2020] イニエスタ選手のオンライントークショー
[競馬(無観客)] NHKマイルカップ2020の注目馬
[NBA2020] 個人トレーニング再開に向けての動き
[UEFA-EURO2012-グループD] イングランドとフランスの激突
[競馬コラム266-天皇賞(春)2020] フィエールマンの連覇とC.ルメール騎手の天皇賞4連勝
[UEFA-EURO2012-グループB] ポルトガル デンマークとの接戦を制す
[競馬コラム265・下鴨ステークス2020] スズカルパン 100戦出走達成!
[UEFA-EURO2012-グループA] 開幕戦 ギリシャチーム 驚異の粘り
[UEFA-EURO2012-グループD] フランスチームの堅守
[競馬(無観客)] 天皇賞(春)2020の注目馬
[UEFA-EURO2012-グループC] イタリアとクロアチア 一歩も引かず
[競馬コラム264-日本馬の海外挑戦11] 2007年 シンガポール競馬への進出
[UEFA-EURO2012準々決勝] クリスティアーノ・ロナウドVSチェフ
[競馬コラム263-日本馬の海外挑戦10] 2006年 ハーツクライとデルタブルース
[スーペルコパ2020準決勝] FCバルセロナ よもやの敗退
[UEFA-EURO2012準決勝] 「怪物」バロテッリ選手の2ゴール
[マラソン2020] 「心臓破りの丘」 山田敬蔵氏 逝去
[競馬コラム262-日本馬の海外挑戦-9] 2005年 ゼンノロブロイとハットトリック
[MLB2020・MVPランキング] バリー・ボンズ選手の凄さ
[フィギュアスケート2020春・世界ランキング] 羽生選手、紀平選手が共に1位
[NPB2020] 菅野智之投手 超絶の仕上がり
[高校野球2020] 花巻東高校 女子野球部が練習開始
[大相撲2020] 豊ノ島の引退
[UEFA-EURO2008決勝] スペインチーム 黄金時代の幕開け
Entry TAG
山口茜選手ヨネックスOP初優勝!   強くなった日本女子バドミントン  
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

カエサルjr

Author:カエサルjr
「スポーツを考える-KaZ」ブログへ
ようこそ!
我が家の月下美人も16年目。同時に30個の花が咲くこともあります。スポーツも花盛りですね。一緒に楽しみましょう。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 123456789101112131415161718192021222324252627282930