FC2ブログ
HOME   »   日本プロ野球  »  東北楽天ゴールデンイーグルス 優勝!
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 2013年シーズンの東北楽天を象徴するようなゲームでした。

 投の田中将大、打のアンドリュー・ジョーンズ、2013年の東北楽天を支えた2本柱が最後も締めた形です。

 2013年9月26日、ペナントレース優勝までマジック2としていた東北楽天は、西武ドームで埼玉西部ライオンズと対戦、4対3のスコアでこれを下し、マジック対象チームの千葉ロッテマリーンズが北海道日本ハムファイターズに5対6で敗れたため、球団創設以来初めての優勝に輝きました。
 東北楽天ファンの皆様には。待ちに待った優勝でしょう。本当におめでとうございます。

 もちろん、全選手・スタッフの活躍の賜物ですが、やはり田中将大投手とアンドリュー・ジョーンズ選手の存在が大きかったと思います。

 田中投手は、言うまでも無く今季ここまで22勝0敗。日本プロ野球NPB史上に残るというか、投手としてはNPB史上最高のシーズンを形成しています。
 長いペナントレースにおいては、チーム全体の調子が下降し、中々勝てない時期が必ずあるものです。今シーズンの東北楽天にも、何回かピンチがありました。東北楽天を脅かそうとするチームが接近してくると、「負けないマー君」が立ちはだかったのです。

 この優勝決定時点で東北楽天の貯金は26(79勝53敗2引き分け)です。その内の22を田中投手が稼いだことになります。もちろん、そんな単純なことではないのでしょうが、「苦しい時の絶対エース」が、どれほどチームメンバーの心の支えになったことでしょう。
 東北楽天初優勝と田中将大の不敗の連勝記録は、今後語り継がれる伝説となりました。

 さて、打の精神的支柱は何と言ってもアンドリュー・ジョーンズ選手でしょう。
 昨年12月に、東北楽天入団が発表された時、冗談だろうと思いました。MLB屈指の強打者であり、2012年シーズンはニューヨーク・ヤンキースでプレーしていたのです。
 アトランタ・ブレーブスを中心とした17年間のMLBプレーヤー時代に、2,194試合に出場、1,933安打、434本塁打、通算OPS0.823、1998年から2007年まで10年連続ゴールドグラブ賞受賞(外野手)。好守・強打のプレーヤーという、MLBで最も評価が高いタイプの野手だったのです。

 確かに、35歳とピークを過ぎたプレーヤーではありましたが、NPBの優勝経験の無いチームに、MLBを代表するプレーヤーが入団すること自体が、凄いことだと思いました。

 そして、もっと凄かったのが今シーズンの活躍でした。シーズン当初は、言い方は悪いのですが、2012年のヤンキース時代を上回る3億円の年棒を得て、適当にプレーするのではないか、あるいは故障を発症し、あまり試合に出られないのではないか、といった見方も喧伝されました。

 しかし、ジョーンズ選手はキッチリと仕事をしました。
 ここまで休み無く134試合に出場し、打率.243、打点87、本塁打25と、この数字も立派ですが、何よりここぞという時の勝負強さと、.392という高い出塁率が素晴らしいと思います。36歳にして全試合に出場するというのは容易なことではないでしょう。

 加えて、優勝を知らない若手プレーヤーの範となり、精神的な支柱となったことも間違いないと思います。ジョーンズがMLBキャリアをスタートした1990年代から2000年代初めのアトランタ・ブレーブスは「常勝軍団」であり、1995年~2005年まで11年連続の地区優勝、内1995・1996・1999年はリーグ優勝、そして1995年にはワールドシリーズを制していて「ブレーブス王朝」と呼ばれた全盛期でした。
 メジャー昇格後10年間連続で優勝を経験したプレーヤーというのも、中々居ないのではないでしょうか。ジョーンズは、優勝の味を良く知っているプレーヤーであり、「どのようなチームが優勝できるか」を肌感覚で覚えているプレーヤーなのです。

 今シーズンの東北楽天ベンチの中で、ジョーンズ選手の笑顔を良く見かけました。おそらく「優勝するチームのベンチの雰囲気」をジョーンズは創っていたのだと思います。その雰囲気を良く知っている者にしか、できない芸当です。この「アンドリュー・ジョーンズの持つ雰囲気」は、東北楽天初優勝に大きく貢献したものと、私は考えています。

 優勝を決めた試合でも、そのジョーンズ選手が7回表に満塁走者一掃の2ベースヒットを放って逆転し、9回裏は田中投手がキッチリと抑えたのです。投打の支柱が活躍した、素晴らしいゲームでした。

関連記事
スポンサーサイト



NEXT Entry
[競馬] スプリンターズステークス 注目馬
NEW Topics
[温故知新2020-競泳3] 男子100m背泳ぎ 日本チームのメダル独占
[競馬(無観客)] 安田記念2020の注目馬
[温故知新2020-女子テニス3] 「アイス・ドール」 クリス・エバート選手
[温故知新2020-男子テニス4] 黒人プレーヤーの先駆者 アーサー・アッシュ選手
[ブンデスリーガ2019~20(無観客)] 鎌田大地選手 2試合連続ゴール
[競馬コラム269] オークス2020のデアリングタクトと日本ダービー2020のコントレイル
[温故知新2020-陸上競技4] 男子走り幅跳び オリンピック金メダリストの記録
[ブンデスリーガ2019~20・第27節(無観客)] バイエルン・ミュンヘン 圧勝
[温故知新2020-女子テニス2] アメリカの英雄 ビリー・ジーン・キング選手
[競馬(無観客)] 東京優駿(日本ダービー)2020の注目馬
[温故知新2020-女子テニス1] 「史上最強」 マーガレット・コート選手
[温故知新2020-男子テニス3] ダブルスの名手 ジョン・ニューカム選手
[温故知新2020-陸上競技3] 男子10,000m オリンピック金メダリストの記録
[温故知新2020-競泳2] 男子1,500m自由形 日本チームの全盛期
[温故知新2020-競泳1] 男子100m自由形 日本チームの黄金時代
[FIFAワールドカップ2010準々決勝] ドイツチームの完勝
[温故知新2020-男子テニス2] 「史上最強」 ロッド・レーバー選手
[競馬(無観客)] 優駿牝馬(オークス)2020の注目馬
[温故知新2020-陸上競技2] 男子1,500m オリンピック金メダリストの記録
[温故知新2020-陸上競技1] 男子100m オリンピック金メダリストの記録
[ラグビーワールドカップ2011プールA] 日本チーム フランスチームを相手に65分まで4点差の健闘
[温故知新2020男子テニス-1] ウィンブルドンを勝てなかった イワン・レンドル選手
[競馬コラム268・ヴィクトリアマイル2020] 感動的なレース
[FIFAワールドカップ1986決勝] アルゼンチンチーム 2度目の優勝
[競馬(無観客)] ヴィクトリアマイル2020の注目馬
[NPB・MLB2020] 「開幕」に向けての動き
[ブンデスリーガ2019~20] 無観客での再開へ
[競馬コラム267-日本馬の海外挑戦12] 2009年 牝馬の挑戦
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] ブラジルチーム 貫録の勝利
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] 日本チーム 史上初のPK戦
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] ランパード選手 「幻」のゴール
[Jリーグ2020] イニエスタ選手のオンライントークショー
[競馬(無観客)] NHKマイルカップ2020の注目馬
[NBA2020] 個人トレーニング再開に向けての動き
[UEFA-EURO2012-グループD] イングランドとフランスの激突
[競馬コラム266-天皇賞(春)2020] フィエールマンの連覇とC.ルメール騎手の天皇賞4連勝
[UEFA-EURO2012-グループB] ポルトガル デンマークとの接戦を制す
[競馬コラム265・下鴨ステークス2020] スズカルパン 100戦出走達成!
[UEFA-EURO2012-グループA] 開幕戦 ギリシャチーム 驚異の粘り
[UEFA-EURO2012-グループD] フランスチームの堅守
[競馬(無観客)] 天皇賞(春)2020の注目馬
[UEFA-EURO2012-グループC] イタリアとクロアチア 一歩も引かず
[競馬コラム264-日本馬の海外挑戦11] 2007年 シンガポール競馬への進出
[UEFA-EURO2012準々決勝] クリスティアーノ・ロナウドVSチェフ
[競馬コラム263-日本馬の海外挑戦10] 2006年 ハーツクライとデルタブルース
[スーペルコパ2020準決勝] FCバルセロナ よもやの敗退
[UEFA-EURO2012準決勝] 「怪物」バロテッリ選手の2ゴール
[マラソン2020] 「心臓破りの丘」 山田敬蔵氏 逝去
[競馬コラム262-日本馬の海外挑戦-9] 2005年 ゼンノロブロイとハットトリック
[MLB2020・MVPランキング] バリー・ボンズ選手の凄さ
Entry TAG
東北楽天初優勝!   田中将大とアンドリュー・ジョーンズ  
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

カエサルjr

Author:カエサルjr
「スポーツを考える-KaZ」ブログへ
ようこそ!
我が家の月下美人も16年目。同時に30個の花が咲くこともあります。スポーツも花盛りですね。一緒に楽しみましょう。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 123456789101112131415161718192021222324252627282930