FC2ブログ
HOME   »   日本プロ野球  »  東北楽天ゴールデンイーグルス 優勝!
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 2013年シーズンの東北楽天を象徴するようなゲームでした。

 投の田中将大、打のアンドリュー・ジョーンズ、2013年の東北楽天を支えた2本柱が最後も締めた形です。

 2013年9月26日、ペナントレース優勝までマジック2としていた東北楽天は、西武ドームで埼玉西部ライオンズと対戦、4対3のスコアでこれを下し、マジック対象チームの千葉ロッテマリーンズが北海道日本ハムファイターズに5対6で敗れたため、球団創設以来初めての優勝に輝きました。
 東北楽天ファンの皆様には。待ちに待った優勝でしょう。本当におめでとうございます。

 もちろん、全選手・スタッフの活躍の賜物ですが、やはり田中将大投手とアンドリュー・ジョーンズ選手の存在が大きかったと思います。

 田中投手は、言うまでも無く今季ここまで22勝0敗。日本プロ野球NPB史上に残るというか、投手としてはNPB史上最高のシーズンを形成しています。
 長いペナントレースにおいては、チーム全体の調子が下降し、中々勝てない時期が必ずあるものです。今シーズンの東北楽天にも、何回かピンチがありました。東北楽天を脅かそうとするチームが接近してくると、「負けないマー君」が立ちはだかったのです。

 この優勝決定時点で東北楽天の貯金は26(79勝53敗2引き分け)です。その内の22を田中投手が稼いだことになります。もちろん、そんな単純なことではないのでしょうが、「苦しい時の絶対エース」が、どれほどチームメンバーの心の支えになったことでしょう。
 東北楽天初優勝と田中将大の不敗の連勝記録は、今後語り継がれる伝説となりました。

 さて、打の精神的支柱は何と言ってもアンドリュー・ジョーンズ選手でしょう。
 昨年12月に、東北楽天入団が発表された時、冗談だろうと思いました。MLB屈指の強打者であり、2012年シーズンはニューヨーク・ヤンキースでプレーしていたのです。
 アトランタ・ブレーブスを中心とした17年間のMLBプレーヤー時代に、2,194試合に出場、1,933安打、434本塁打、通算OPS0.823、1998年から2007年まで10年連続ゴールドグラブ賞受賞(外野手)。好守・強打のプレーヤーという、MLBで最も評価が高いタイプの野手だったのです。

 確かに、35歳とピークを過ぎたプレーヤーではありましたが、NPBの優勝経験の無いチームに、MLBを代表するプレーヤーが入団すること自体が、凄いことだと思いました。

 そして、もっと凄かったのが今シーズンの活躍でした。シーズン当初は、言い方は悪いのですが、2012年のヤンキース時代を上回る3億円の年棒を得て、適当にプレーするのではないか、あるいは故障を発症し、あまり試合に出られないのではないか、といった見方も喧伝されました。

 しかし、ジョーンズ選手はキッチリと仕事をしました。
 ここまで休み無く134試合に出場し、打率.243、打点87、本塁打25と、この数字も立派ですが、何よりここぞという時の勝負強さと、.392という高い出塁率が素晴らしいと思います。36歳にして全試合に出場するというのは容易なことではないでしょう。

 加えて、優勝を知らない若手プレーヤーの範となり、精神的な支柱となったことも間違いないと思います。ジョーンズがMLBキャリアをスタートした1990年代から2000年代初めのアトランタ・ブレーブスは「常勝軍団」であり、1995年~2005年まで11年連続の地区優勝、内1995・1996・1999年はリーグ優勝、そして1995年にはワールドシリーズを制していて「ブレーブス王朝」と呼ばれた全盛期でした。
 メジャー昇格後10年間連続で優勝を経験したプレーヤーというのも、中々居ないのではないでしょうか。ジョーンズは、優勝の味を良く知っているプレーヤーであり、「どのようなチームが優勝できるか」を肌感覚で覚えているプレーヤーなのです。

 今シーズンの東北楽天ベンチの中で、ジョーンズ選手の笑顔を良く見かけました。おそらく「優勝するチームのベンチの雰囲気」をジョーンズは創っていたのだと思います。その雰囲気を良く知っている者にしか、できない芸当です。この「アンドリュー・ジョーンズの持つ雰囲気」は、東北楽天初優勝に大きく貢献したものと、私は考えています。

 優勝を決めた試合でも、そのジョーンズ選手が7回表に満塁走者一掃の2ベースヒットを放って逆転し、9回裏は田中投手がキッチリと抑えたのです。投打の支柱が活躍した、素晴らしいゲームでした。

関連記事
スポンサーサイト



NEXT Entry
[競馬] スプリンターズステークス 注目馬
NEW Topics
[MLB2020・WS] アロザリナ選手VSベッツ選手・シーガー選手
[日本陸上競技選手権2020(観客数制限)-6] 女子100mH 青木益未選手 好記録で優勝
[競馬(観客数制限)] 天皇賞(秋)2020の注目馬
[全日本スピードスケート距離別選手権2020] 一戸誠太郎選手と高木美帆選手の活躍
[MLB2020・WS第6戦(観客数制限)] ドジャース 21世紀初の「世界一」
[PGA・ZOZOチャンピオンシップ2020(無観客)] 日本人プレーヤー「8名」が出場
[MLB2020・WS第5戦(観客数制限)] ドジャース ブルペンの踏ん張りで「王手」
[MLB2020・WS第4戦(観客数制限)] レイズ 逆転サヨナラ勝ちで2勝2敗のタイ
[日本陸上競技選手権2020(観客数制限)-5] 女子円盤投げ 齋藤真希選手 55m41cmの好記録で優勝
[UEFA-CL2020~21] グループリーグ 開幕
[競馬(観客数制限)] 菊花賞2020の注目馬
[MLB2020・WS第2戦] レイズ 「負けられない試合」を制す
[MLB2020・WS第1戦] 「大エース」 クレイトン・カーショー投手の好投
[MLB2020ポストシーズン] ランディ・アロザリナ選手 PS7ホームランのルーキー新記録
[MLB2020NLCS(観客数制限)] ロサンゼルス・ドジャース ワールドシリーズ進出
[MLB2020ALCS(無観客)] 「2点の壁」 タンパベイ・レイズがワールドシリーズ進出
[箱根駅伝2021] 予選会
[PGAツアー2020~21] 相次ぐ ベテランプレーヤーの復活優勝
[競馬(観客数制限)] 秋華賞2020の注目馬
[MLB2020・ALCS(無観客)] ダスティ・ベイカー監督の丁寧な継投策
[MLB2020NLリーグチャンピオンシップ] 大型内野手の対決
[MLB2020リーグチャンピオンシップ(観客数制限)] 両リーグ共に一方的な展開
[NBAファイナル2020(無観客)] レイカーズ 10年振りの優勝!
[全仏オープンテニス2020(観客数制限)男子シングルス] ラファエル・ナダル選手 圧倒的な強さ
[ゴルフ全米オープン2020] さすがのウイングドフット・ゴルフクラブ西コース
世界陸連セバスチャン・コー会長来日 「持続可能性が高いスタジアム」
[MLB2020・AL地区シリーズ(無観客)] レイズとアストロズがリーグチャンピオンシップに進出
[MLB2020-NL地区シリーズ(無観客)] ドジャースとブレーブスがリーグチャンピオンシップに進出
[ロンドンマラソン2020] エリウド・キプチョゲ選手 久しぶりの敗戦
「女子」ラグビーワールドカップの歴史
[日本陸上競技選手権2020(観客数制限)-4] 男子走り高跳び 真野友博選手 優勝!
[競馬コラム278・凱旋門賞2020] エイダン・オブライエン厩舎の4頭が出走取り消し
[日本陸上競技選手権2020(観客数制限)-3] 女子1,500m 田中希美選手 もの凄いスパート
[日本女子オープンゴルフ選手権2020(無観客)] 原英莉花選手と小祝さくら選手の激闘
[日本陸上競技選手権2020(観客数制限)-2] 女子200m 鶴田玲美選手の快走
[日本陸上競技選手権2020(観客数制限)] 女子100m 児玉芽生選手 素晴らしい加速
[MLB2020・ポストシーズン(無観客)] 地区シリーズの組合せが決まりました。
[MLB2020ポストシーズン(無観客)] シカゴ・カブス 2連敗で敗退
[競馬(無観客)] スプリンターズステークス2020の注目馬
[NPB2020(観客数制限)] 菅野智之投手 開幕12連勝!
[凱旋門賞2020(無観客)] エネイブルの史上初・3度目の制覇なるか。
[大相撲2020・9月場所(観客数制限)] 大活躍の4力士
[MLB2020ポストシーズン] ヤンキース 超強力打線でワイルドカードシリーズを2連勝で突破
[J1リーグ2020(観客数制限)] 三浦知良選手 53歳6か月で先発出場
[大相撲2020・9月場所(観客数制限)] 翔猿関 新入幕「三役揃い踏み」
[MLB2020(無観客)] レギュラーシーズン終了 ポストシーズン開幕
[飛び込み日本選手権水泳2020(無観客)] 玉井陸斗選手の大活躍
[大相撲2020・9月場所(観客数制限)] 正代関 初優勝
[MLB2020(無観客)] ダルビッシュ有投手 8勝目
[セリエA2020~21(無観客)] 9月19日 開幕
Entry TAG
東北楽天初優勝!   田中将大とアンドリュー・ジョーンズ  
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

カエサルjr

Author:カエサルjr
「スポーツを考える-KaZ」ブログへ
ようこそ!
我が家の月下美人も16年目。同時に30個の花が咲くこともあります。スポーツも花盛りですね。一緒に楽しみましょう。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 123456789101112131415161718192021222324252627282930