FC2ブログ
HOME   »   大相撲  »  [大相撲] 横綱白鵬 35歳まで現役続行宣言!
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 私達日本人が忘れていることを、思い出させてくれる横綱です。

 9月29日、大相撲秋場所千秋楽、優勝した白鵬関は優勝力士インタビューに臨みました。NHKアナウンサーの質問に応えていく中で、今後の目標に付いて聞かれました。聞き手は、4連覇となった優勝記録の継続を聞きたい様子でしたが、白鵬は
 「そんなことより皆さん、『東京オリンピック』おめでとうございます」とコメントしたのです。IOC総会で東京オリンピック2020が決まった時、私達日本人は大喜びしましたが、その喜びも一段落した時点での、横綱白鵬からの呼び掛けでしたので、場内は一瞬ビックリしたように静まり、続いて大きな拍手に包まれました。

 そうでした、オリンピックが2020年に東京に来るのです。ほんの少し忘れていたことを、白鵬関に思い出させてもらいました。
 元横綱大鵬逝去の折も、相当経ってからの優勝インタビューで1分間の黙祷が行われ、私達は大鵬関の偉大さを再認識し、大鵬関への感謝の意を表したのです。
 白鵬関というのは、日本人が忘れてはならないことに、日本人以上に気が付く横綱です。素晴らしい心持を持つ力士だと思います。

 そして、このコメントには続きがありました。

 「新しい目標ができました。東京オリンピックが開催される2020年まで、相撲を取り続けることです」と宣言したのです。アナウンサーが「2020年には、横綱は35歳ですが」と聞きますが、これには応えず、「私の父は、1964年の東京オリンピックの次のメキシコオリンピックで、レスリングで銀メダルを取りました。私も、次の東京オリンピックまで、現役で居たいと思います」と続けました。

 白鵬関の父親ムンフバト氏は、モンゴル相撲の大横綱にして、1968年メキシコシティオリンピックのレスリング86kg級で銀メダルを獲得しています。これは、モンゴル国にとって史上初めてのオリンピックのメダル獲得であったそうです。ムンフバト氏は、モンゴルの英雄なのです。

 白鵬関の「2020年まで現役宣言」の意味を考えてみましょう。
① 相撲はオリンピック種目ではありませんから、白鵬がオリンピックに出場することは難しいと思います。現役横綱の立場がありますから、父親に倣ってレスリング種目に挑戦することも出来ないでしょう。
   そうすると、東京オリンピック2020で何らかの役割を果たしたいという意欲の現れでしょうか。冬季長野オリンピックの開会式で、当時の横綱曙が土俵入りを行ったことをイメージしたのかもしれません。

② 2020年まで現役を続けるということは、あと7年間横綱の地位に居るということです。白鵬関はこれまで6年間横綱を張ってきています。そして、この場所も含めて27回の優勝を誇ります。この27回でも歴代3位、大横綱です。上には、大鵬関の32回、千代の富士関の31回の記録があるだけです。
 もし、白鵬がこれから7年間横綱の地位にあるとすれば、これらの記録を大幅に超える大記録が生まれることになります。(例えば今後20回の優勝を重ねるとすれば、優勝回数は計47回)
 横綱としての出場回数や総勝ち星などなど、ありとあらゆる記録を更新することでしょう。それはそれで、とても夢のあることです。

 このインタビューでの横綱白鵬のコメントの真意は、白鵬自身しか分からないことでしょうが、白鵬関が「35歳まで現役」という目標をセットしたことは、間違いが無いことのように感じます。

 当然ながら、35歳まで横綱を続ける=13年間横綱の地位に居る、というのは空前絶後、常識では考えられないほど難しいことだと思います。

一方で、横綱となって丸6年間、大きな故障もなく、一度の休場も無く、第一人者としての責任を全うしてきています。この白鵬関の自己管理能力の高さは驚異的なものですし、他の力士の追随を許さぬ地力の高さ、加えて進化を続けていることも賞賛に値します。
 この「素晴らしい実績」を踏まえて「35歳まで現役」の意思表示が成されたものだと思います。心から応援したいとも思いますし、「白鵬なら出来るかもしれない」と思わせるところが、また凄いところでしょう。

 この場所の優勝は、白鵬自身14度目の14日目までに決めた優勝でした。
 14日目の夜、白鵬関には明日の優勝インタビューで話すことを考える余裕と時間が与えらます。頭の良い横綱のことですから、熟慮するのでしょう。そして、私達をビックリさせるコメントを用意するのだと思います。
 そして、千秋楽を待たずに優勝を決めることが出来る「圧倒的に強い横綱」ならではの、味わい深い優勝インタビューが展開されるのです。
関連記事
スポンサーサイト



NEXT Entry
[大相撲] 2013年9月場所を振り返って
NEW Topics
[競馬コラム269] オークス2020のデアリングタクトと日本ダービー2020のコントレイル
[温故知新2020-陸上競技4] 男子走り幅跳び オリンピック金メダリストの記録
[ブンデスリーガ2019~20・第27節(無観客)] バイエルン・ミュンヘン 圧勝
[温故知新2020-女子テニス2] アメリカの英雄 ビリー・ジーン・キング選手
[競馬(無観客)] 東京優駿(日本ダービー)2020の注目馬
[温故知新2020-女子テニス1] 「史上最強」 マーガレット・コート選手
[温故知新2020-男子テニス3] ダブルスの名手 ジョン・ニューカム選手
[温故知新2020-陸上競技3] 男子10,000m オリンピック金メダリストの記録
[温故知新2020-競泳2] 男子1,500m自由形 日本チームの全盛期
[温故知新2020-競泳1] 男子100m自由形 日本チームの黄金時代
[FIFAワールドカップ2010準々決勝] ドイツチームの完勝
[温故知新2020-男子テニス2] 「史上最強」 ロッド・レーバー選手
[競馬(無観客)] 優駿牝馬(オークス)2020の注目馬
[温故知新2020-陸上競技2] 男子1,500m オリンピック金メダリストの記録
[温故知新2020-陸上競技1] 男子100m オリンピック金メダリストの記録
[ラグビーワールドカップ2011プールA] 日本チーム フランスチームを相手に65分まで4点差の健闘
[温故知新2020男子テニス-1] ウィンブルドンを勝てなかった イワン・レンドル選手
[競馬コラム268・ヴィクトリアマイル2020] 感動的なレース
[FIFAワールドカップ1986決勝] アルゼンチンチーム 2度目の優勝
[競馬(無観客)] ヴィクトリアマイル2020の注目馬
[NPB・MLB2020] 「開幕」に向けての動き
[ブンデスリーガ2019~20] 無観客での再開へ
[競馬コラム267-日本馬の海外挑戦12] 2009年 牝馬の挑戦
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] ブラジルチーム 貫録の勝利
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] 日本チーム 史上初のPK戦
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] ランパード選手 「幻」のゴール
[Jリーグ2020] イニエスタ選手のオンライントークショー
[競馬(無観客)] NHKマイルカップ2020の注目馬
[NBA2020] 個人トレーニング再開に向けての動き
[UEFA-EURO2012-グループD] イングランドとフランスの激突
[競馬コラム266-天皇賞(春)2020] フィエールマンの連覇とC.ルメール騎手の天皇賞4連勝
[UEFA-EURO2012-グループB] ポルトガル デンマークとの接戦を制す
[競馬コラム265・下鴨ステークス2020] スズカルパン 100戦出走達成!
[UEFA-EURO2012-グループA] 開幕戦 ギリシャチーム 驚異の粘り
[UEFA-EURO2012-グループD] フランスチームの堅守
[競馬(無観客)] 天皇賞(春)2020の注目馬
[UEFA-EURO2012-グループC] イタリアとクロアチア 一歩も引かず
[競馬コラム264-日本馬の海外挑戦11] 2007年 シンガポール競馬への進出
[UEFA-EURO2012準々決勝] クリスティアーノ・ロナウドVSチェフ
[競馬コラム263-日本馬の海外挑戦10] 2006年 ハーツクライとデルタブルース
[スーペルコパ2020準決勝] FCバルセロナ よもやの敗退
[UEFA-EURO2012準決勝] 「怪物」バロテッリ選手の2ゴール
[マラソン2020] 「心臓破りの丘」 山田敬蔵氏 逝去
[競馬コラム262-日本馬の海外挑戦-9] 2005年 ゼンノロブロイとハットトリック
[MLB2020・MVPランキング] バリー・ボンズ選手の凄さ
[フィギュアスケート2020春・世界ランキング] 羽生選手、紀平選手が共に1位
[NPB2020] 菅野智之投手 超絶の仕上がり
[高校野球2020] 花巻東高校 女子野球部が練習開始
[大相撲2020] 豊ノ島の引退
[UEFA-EURO2008決勝] スペインチーム 黄金時代の幕開け
Entry TAG
横綱白鵬35歳まで現役続行宣言  
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

カエサルjr

Author:カエサルjr
「スポーツを考える-KaZ」ブログへ
ようこそ!
我が家の月下美人も16年目。同時に30個の花が咲くこともあります。スポーツも花盛りですね。一緒に楽しみましょう。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 123456789101112131415161718192021222324252627282930