FC2ブログ
HOME   »   MLB  »  [MLB] 日本人プレーヤーの美徳
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 イチロー選手の日米通算4,000本安打達成を見るに付け、つらつらと考えることがあります。

 1964年に村上雅則投手が先鞭を付け、1995年の野茂秀雄投手の移籍から始まった日本人プレーヤーのMLB挑戦は、これまで50人余りに上ります。

 投手・野手、多くのMLBゲームに出場した選手・数試合しか出場できなかった選手、などなど色々な挑戦がありましたが、共通していることがあります。

 それは、不祥事でMLBを去った選手は居ないという点です。
 私は、素晴らしいことだと思います。

 人それぞれという言葉もあるように、野球選手にも様々なタイプが存在するのでしょう。MLBに挑戦した50人あまりの日本人プレーヤーも「人それぞれ」だと思いますが、誰一人一線は越えていません。

 このことが、日本人プレーヤー全体へのMLBの、特に米国MLBファンの日本人プレーヤーに対する高い評価に結びついているのだと考えるのです。

 アメリカのMLBファンは「アンフェアな行為」をとても嫌うように観えます。日本風にいえば「卑怯なこと」を忌み嫌うのです。

 良いことの例ではないので恐縮ですが、例えば「薬物疑惑選手」へのバッシングは非常に強い。

 1998年に1シーズン70本塁打のMLB新記録を樹立し、本塁打王4回、オールスター出場12回という大記録を保持するマーク・マグワイア選手や、2001年にシーズン73本塁打でマグワイアの記録を塗り替え、通算本塁打762本のMLB史上1位の記録を持ち、「30・30」5回、「40・40」の記録を持ち、MLB史上唯一の500本塁打500盗塁の記録を持つ万能選手バリー・ボンズ選手は、その成績を見れば、MLB史上屈指の名プレーヤーですが、現在その話題が出るのは、「薬物疑惑・裁判」に関するものばかりです。

 2人ともベースボール殿堂に入るに十分な実績を保持していますが、薬物疑惑に対する評価がある限り、候補にも上がりません。そして現在は、現役最高本塁打数を誇るヤンキースのアレックス・ロドリゲス選手が薬物疑惑の真っ只中にあります。

 どんなに高い実績の選手でも、アンフェアでは評価されないのがMLBファンの世界なのでしょう。

 前述のマグワイア選手とホームラン王を争ったサミー・ソーサ選手も「コルクバット事件」以来、名前を聞かなくなりました。バッティングの調子が悪かった時に、軽くて飛びが良いコルク芯が入ったバットを使用し(もちろんMLBでは使用禁止)、そのバットが試合中に折れて(縦に割れて)、コルクバットだとばれてしまったのです。
 ソーサ選手がコルクバットを使って打ったホームラン数は少ないのかもしれませんが、その数本のために、609本全てのホームランが疑惑の目で見られています。加えて、薬物疑惑でも名前が上がりました。

 MLB通算安打記録4,256本の記録を持つピート・ローズ選手ですが、こちらは賭博疑惑です。MLBゲームの勝ち負けへの賭博に参加していたということですが、最後は自分が所属するチームのゲームの勝ち負けにも賭けていたということで、八百長疑惑にまで広がりました。MLBの安打製造機として高い評価を得ていたものが、一転して犯罪者として扱われたのです。現在もMLB永久追放中と報じられています。

 イチロー選手の4,000安打の話題においても、ローズ選手の記録があまり大きく取り上げられない理由は、これかもしれません。

 さて、話を戻します。

 こうした「アンフェアな行為」と、日本人プレーヤーは無縁です。50人以上のプレーヤーが挑戦しながら無縁という点が、本当に素晴らしいことだと思いますし、日本の野球ファンの誇りでもあります。

 良い成績を残すことは大切なことですが、それ以前に、悪いことをすること、あるいは疑惑の眼を向けられること、を嫌う日本人プレーヤー。
 これからも、この点は堅持していっていただきたいと思います。

関連記事
スポンサーサイト



NEXT Entry
[競馬] 第64回毎日王冠 注目馬
NEW Topics
[温故知新2020-男子テニス4] 黒人プレーヤーの先駆者 アーサー・アッシュ選手
[ブンデスリーガ2019~20(無観客)] 鎌田大地選手 2試合連続ゴール
[競馬コラム269] オークス2020のデアリングタクトと日本ダービー2020のコントレイル
[温故知新2020-陸上競技4] 男子走り幅跳び オリンピック金メダリストの記録
[ブンデスリーガ2019~20・第27節(無観客)] バイエルン・ミュンヘン 圧勝
[温故知新2020-女子テニス2] アメリカの英雄 ビリー・ジーン・キング選手
[競馬(無観客)] 東京優駿(日本ダービー)2020の注目馬
[温故知新2020-女子テニス1] 「史上最強」 マーガレット・コート選手
[温故知新2020-男子テニス3] ダブルスの名手 ジョン・ニューカム選手
[温故知新2020-陸上競技3] 男子10,000m オリンピック金メダリストの記録
[温故知新2020-競泳2] 男子1,500m自由形 日本チームの全盛期
[温故知新2020-競泳1] 男子100m自由形 日本チームの黄金時代
[FIFAワールドカップ2010準々決勝] ドイツチームの完勝
[温故知新2020-男子テニス2] 「史上最強」 ロッド・レーバー選手
[競馬(無観客)] 優駿牝馬(オークス)2020の注目馬
[温故知新2020-陸上競技2] 男子1,500m オリンピック金メダリストの記録
[温故知新2020-陸上競技1] 男子100m オリンピック金メダリストの記録
[ラグビーワールドカップ2011プールA] 日本チーム フランスチームを相手に65分まで4点差の健闘
[温故知新2020男子テニス-1] ウィンブルドンを勝てなかった イワン・レンドル選手
[競馬コラム268・ヴィクトリアマイル2020] 感動的なレース
[FIFAワールドカップ1986決勝] アルゼンチンチーム 2度目の優勝
[競馬(無観客)] ヴィクトリアマイル2020の注目馬
[NPB・MLB2020] 「開幕」に向けての動き
[ブンデスリーガ2019~20] 無観客での再開へ
[競馬コラム267-日本馬の海外挑戦12] 2009年 牝馬の挑戦
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] ブラジルチーム 貫録の勝利
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] 日本チーム 史上初のPK戦
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] ランパード選手 「幻」のゴール
[Jリーグ2020] イニエスタ選手のオンライントークショー
[競馬(無観客)] NHKマイルカップ2020の注目馬
[NBA2020] 個人トレーニング再開に向けての動き
[UEFA-EURO2012-グループD] イングランドとフランスの激突
[競馬コラム266-天皇賞(春)2020] フィエールマンの連覇とC.ルメール騎手の天皇賞4連勝
[UEFA-EURO2012-グループB] ポルトガル デンマークとの接戦を制す
[競馬コラム265・下鴨ステークス2020] スズカルパン 100戦出走達成!
[UEFA-EURO2012-グループA] 開幕戦 ギリシャチーム 驚異の粘り
[UEFA-EURO2012-グループD] フランスチームの堅守
[競馬(無観客)] 天皇賞(春)2020の注目馬
[UEFA-EURO2012-グループC] イタリアとクロアチア 一歩も引かず
[競馬コラム264-日本馬の海外挑戦11] 2007年 シンガポール競馬への進出
[UEFA-EURO2012準々決勝] クリスティアーノ・ロナウドVSチェフ
[競馬コラム263-日本馬の海外挑戦10] 2006年 ハーツクライとデルタブルース
[スーペルコパ2020準決勝] FCバルセロナ よもやの敗退
[UEFA-EURO2012準決勝] 「怪物」バロテッリ選手の2ゴール
[マラソン2020] 「心臓破りの丘」 山田敬蔵氏 逝去
[競馬コラム262-日本馬の海外挑戦-9] 2005年 ゼンノロブロイとハットトリック
[MLB2020・MVPランキング] バリー・ボンズ選手の凄さ
[フィギュアスケート2020春・世界ランキング] 羽生選手、紀平選手が共に1位
[NPB2020] 菅野智之投手 超絶の仕上がり
[高校野球2020] 花巻東高校 女子野球部が練習開始
Entry TAG
日本人MLBプレーヤーの美徳  
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

カエサルjr

Author:カエサルjr
「スポーツを考える-KaZ」ブログへ
ようこそ!
我が家の月下美人も16年目。同時に30個の花が咲くこともあります。スポーツも花盛りですね。一緒に楽しみましょう。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 123456789101112131415161718192021222324252627282930