FC2ブログ
HOME   »   MLB  »  ジャスティン・バーランダー投手「こういうゲームで投げるためにベースボールをやっているんだ。楽しみで仕様が無い。」
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 MLB2013ポストシーズン地区シリーズゲーム、2勝2敗のタイで迎えた試合、デトロイト・タイガースとオークランド・アスレティックスの対戦は、10月10日に行われました。

 表題は、このゲームにデトロイトの先発として登板した、ジャスティン・バーランダー投手の試合前のコメントです。なんと不敵な言葉でしょうか。

 バーランダーは、この言葉通り、8イニング・111球を投げ、被安打2、10奪三振でオークランドを完封しました。本当に、見事なピッチングでした。

 ゲームはデトロイトが3-0で勝ち、地区シリーズを3勝2敗で勝ち上がりました。
 10月12日からのアメリカンリーグ・チャンピオンシップゲームをボストン・レッドソックスと戦うことになります。

 被安打2といっても、6回まではノーヒットピッチングでしたから、滅多にないポストシーズンゲームでのノーヒットノーランが実現しそうな雰囲気でした。
 ゲームは、オークランドのホーム・オードットコースタジアムで行われましたから、7回裏にセスペデス選手がチーム初ヒットをセンター前に放った時には、場内は大歓声に包まれました。しかし、バーランダー投手は後続をキッチリと断ちました。

 デトロイト・タイガースとオークランド・アスレティックスは、対照的なチームと言えます。

 デトロイトは、いわば「大人のチーム」。
 投手陣には、今季21勝3敗とMLB最多勝のマックス・シャーザー、今シーズンは13勝12敗と勝ち星こそ伸びませんでしたが、現在のMLBを代表する投手のひとりであるジャスティン・バーランダーの2本柱を擁し、打線は昨季の三冠王にして、今季の首位打者・本塁打打点両部門の2位という、MLB最強打者の呼び声も高いミゲル・カブレラや、ロサンゼルス・エンゼルス時代の松井秀喜の同僚であり、攻守・強打・俊足のトリイ・ハンター、NPB阪神タイガースで活躍したセシル・フィルダーの息子であり、2007年のナショナルリーグホームラン王のプリンス・フィルダーといった、完成された野手陣がズラリと揃っています。「ビッグネームの集団」とも言えます。

 一方のオークランドは、「若いチーム」。
 この試合の先発ソニー・グレイは、今年7月デビューのルーキー、先発捕手のステファン・ヴォウトもルーキーというように、MLBキャリアが浅い選手達で構成されています。

 これでは、デトロイトの圧勝に終わりそうな地区シリーズですが、全く互角と言っても良いゲームを続けました。それも道理で、レギュラーシーズンの成績を観ると、オークランドは96勝していて、93勝のデトロイトより上位なのです。

 ベースボールというのは、本当に難しいものです。

 バーランダー投手とグレイ投手の投げ合いは、この地区シリーズ第2戦と同じ顔合わせでした。第2戦は、両投手譲らず、グレイは8イニングを、バーランダーは7イニングを、ともに無失点で後続にリレー、オークランドが1-0でサヨナラ勝ちを収めています。どちらかと言えば、グレイが押していた投球内容でした。
 「MLBのエース」とさえ呼ばれるバーランダー投手にとっても、決して油断ならない相手なのです。

 しかし、試合前にバーランダーは表題のコメントを示し、見事に実行しました。新人として良く頑張ったグレイ投手ですが、4回にミゲル・カブレラに2ランホームランを浴びました。それでも6回を3失点ですから、立派なクオリティスタートなのですが、この日は相手投手が上だったということでしょう。

 そういえば、第2戦の試合前、グレイ投手は「学生時代、バーランダー投手の投球を見ながら、チームメイトと感心していました。9回になっても100マイルの速球を投げるって。今日は、そのバーランダー投手と投げ合うことが出来る。とても光栄です。」と。
 2005年にメジャーデビューして以来、常にMLBの第一線で投げ続けているジャスティン・バーランダーは、MLBを目指すアメリカの少年・青年の憧れの的なのでしょう。

 この日も、8分の力で投げるストレートが150㎞前後、これに120㎞台のカーブと、130㎞台のチェンジアップを交え、しかもコントロールが良い、という投球を展開しました。そして、ピンチになると155㎞前後のストレートを魅せます。ピンチになると力を入れるのでしょう。

 ジャスティン・バーランダー投手、アメリカ合衆国バージニア州出身の30歳。身長196㎝・体重102㎏、右投げ右打ち。2011年のサイ・ヤング賞投手・リーグMVP。ノーヒットノーラン2度、リーグ最多勝2度。MLB通算8年で124勝65敗。

 底知れぬ力を持つピッチャーです。
関連記事
スポンサーサイト



NEXT Entry
[ヤクルト・スワローズ] ルーキー小川泰弘投手 見事な活躍!
NEW Topics
[温故知新2020-女子テニス3] 「アイス・ドール」 クリス・エバート選手
[温故知新2020-男子テニス4] 黒人プレーヤーの先駆者 アーサー・アッシュ選手
[ブンデスリーガ2019~20(無観客)] 鎌田大地選手 2試合連続ゴール
[競馬コラム269] オークス2020のデアリングタクトと日本ダービー2020のコントレイル
[温故知新2020-陸上競技4] 男子走り幅跳び オリンピック金メダリストの記録
[ブンデスリーガ2019~20・第27節(無観客)] バイエルン・ミュンヘン 圧勝
[温故知新2020-女子テニス2] アメリカの英雄 ビリー・ジーン・キング選手
[競馬(無観客)] 東京優駿(日本ダービー)2020の注目馬
[温故知新2020-女子テニス1] 「史上最強」 マーガレット・コート選手
[温故知新2020-男子テニス3] ダブルスの名手 ジョン・ニューカム選手
[温故知新2020-陸上競技3] 男子10,000m オリンピック金メダリストの記録
[温故知新2020-競泳2] 男子1,500m自由形 日本チームの全盛期
[温故知新2020-競泳1] 男子100m自由形 日本チームの黄金時代
[FIFAワールドカップ2010準々決勝] ドイツチームの完勝
[温故知新2020-男子テニス2] 「史上最強」 ロッド・レーバー選手
[競馬(無観客)] 優駿牝馬(オークス)2020の注目馬
[温故知新2020-陸上競技2] 男子1,500m オリンピック金メダリストの記録
[温故知新2020-陸上競技1] 男子100m オリンピック金メダリストの記録
[ラグビーワールドカップ2011プールA] 日本チーム フランスチームを相手に65分まで4点差の健闘
[温故知新2020男子テニス-1] ウィンブルドンを勝てなかった イワン・レンドル選手
[競馬コラム268・ヴィクトリアマイル2020] 感動的なレース
[FIFAワールドカップ1986決勝] アルゼンチンチーム 2度目の優勝
[競馬(無観客)] ヴィクトリアマイル2020の注目馬
[NPB・MLB2020] 「開幕」に向けての動き
[ブンデスリーガ2019~20] 無観客での再開へ
[競馬コラム267-日本馬の海外挑戦12] 2009年 牝馬の挑戦
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] ブラジルチーム 貫録の勝利
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] 日本チーム 史上初のPK戦
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] ランパード選手 「幻」のゴール
[Jリーグ2020] イニエスタ選手のオンライントークショー
[競馬(無観客)] NHKマイルカップ2020の注目馬
[NBA2020] 個人トレーニング再開に向けての動き
[UEFA-EURO2012-グループD] イングランドとフランスの激突
[競馬コラム266-天皇賞(春)2020] フィエールマンの連覇とC.ルメール騎手の天皇賞4連勝
[UEFA-EURO2012-グループB] ポルトガル デンマークとの接戦を制す
[競馬コラム265・下鴨ステークス2020] スズカルパン 100戦出走達成!
[UEFA-EURO2012-グループA] 開幕戦 ギリシャチーム 驚異の粘り
[UEFA-EURO2012-グループD] フランスチームの堅守
[競馬(無観客)] 天皇賞(春)2020の注目馬
[UEFA-EURO2012-グループC] イタリアとクロアチア 一歩も引かず
[競馬コラム264-日本馬の海外挑戦11] 2007年 シンガポール競馬への進出
[UEFA-EURO2012準々決勝] クリスティアーノ・ロナウドVSチェフ
[競馬コラム263-日本馬の海外挑戦10] 2006年 ハーツクライとデルタブルース
[スーペルコパ2020準決勝] FCバルセロナ よもやの敗退
[UEFA-EURO2012準決勝] 「怪物」バロテッリ選手の2ゴール
[マラソン2020] 「心臓破りの丘」 山田敬蔵氏 逝去
[競馬コラム262-日本馬の海外挑戦-9] 2005年 ゼンノロブロイとハットトリック
[MLB2020・MVPランキング] バリー・ボンズ選手の凄さ
[フィギュアスケート2020春・世界ランキング] 羽生選手、紀平選手が共に1位
[NPB2020] 菅野智之投手 超絶の仕上がり
Entry TAG
ジャスティン・バーランダー投手・地区シリーズ最終戦  
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

カエサルjr

Author:カエサルjr
「スポーツを考える-KaZ」ブログへ
ようこそ!
我が家の月下美人も16年目。同時に30個の花が咲くこともあります。スポーツも花盛りですね。一緒に楽しみましょう。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 123456789101112131415161718192021222324252627282930