FC2ブログ
HOME   »   日本プロ野球  »  [ヤクルト・スワローズ] ルーキー小川泰弘投手 見事な活躍!
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 東京ヤクルト・スワローズのルーキー、小川泰弘投手が2013年シーズンを投げ切りました。

 26度の先発で178イニングを投げ、16勝4敗、防御率2.93、奪三振135、という見事な成績です。
 セントラルリーグの最多勝、最高勝率とルーキーらしからぬ活躍ですが、最も素晴らしいのは3つの完封勝利(リーグ最多タイ)だと思います。プロの世界に飛び込んだばかりの選手が、完投シャットアウトを3度も成し遂げたのです。体力・球数の配分など、ルーキーが身に付ける技術としては相当難しいものであったはずですが、十分に対応しました。
 小川投手の活躍に、大きな拍手を送ります。

 また、本ブログでも採り上げた、小川投手と読売ジャイアンツの菅野智之投手のルーキー対決ですが、両投手とも素晴らしい活躍でした。
 菅野投手も、27度の先発、176イニングを投げ、13勝6敗、防御率3.12、奪三振155。小川投手と互角の投球内容でした。2人の違いは、まさに完投数と完封数で、これは1完投0完封の菅野投手を、4完投3完封の小川投手が上回りました。

 小川投手がリーグ最多勝、菅野投手がチームの勝ち頭と、2人ともシーズンを通してチームを引っ張る存在で有り続けた点が賞賛に値すると思います。

 それにしても、最多勝・最高勝率の投手が居て、日本プロ野球NPB新記録の60本塁打、打率・打点部門2位という三冠王の可能性もあったバレンティン選手という最強の打者も居るヤクルト球団が、リーグ最下位というのはいただけません。

 投手陣を観ると、小川投手以外では、石川雅規投手が6勝9敗、八木亮祐投手が5勝13敗、村中恭平投手が5勝9敗と続くのですから、極端に言えば「今年のヤクルトには小川以外に先発投手は居なかった」ということになります。

 もちろん、小川投手以外の投手が先発した時には、打線の援護が少なかったことも間違いないことでしょうから、野手にも責任の半分があることは明白です。
 そして、こうしたチーム状況を打開することができなかったのですから、監督・コーチ陣の責任も大きいでしょう。東京ヤクルト・スワローズは、今オフに根本的な改革が必要ということになりそうです。

 とはいえ、そうした状況下でも、小川泰弘投手のシーズンを通しての活躍は、ファンを十分に楽しませてくれました。
 150kmには届かないストレート主体に、プロの打者を打ち取り続けたのですから、コントロールが良いことも間違いないでしょう。息の長いプレーヤーになって欲しいものです。

 初めて、あの小柄な体で脚を高く上げる投球フォームを観た時には衝撃的でした。その後のゲームでも、小川投手の投球を観るのが楽しみでした。
 野茂英雄投手ではありませんが、誰が見ても分かるフォームというのは、小川投手の大きな財産であり、お客様を集めることができるプロ向きの選手であることの証明なのです。

関連記事
スポンサーサイト



NEXT Entry
[競馬] 第18回秋華賞 注目馬
NEW Topics
[温故知新2020-競泳3] 男子100m背泳ぎ 日本チームのメダル独占
[競馬(無観客)] 安田記念2020の注目馬
[温故知新2020-女子テニス3] 「アイス・ドール」 クリス・エバート選手
[温故知新2020-男子テニス4] 黒人プレーヤーの先駆者 アーサー・アッシュ選手
[ブンデスリーガ2019~20(無観客)] 鎌田大地選手 2試合連続ゴール
[競馬コラム269] オークス2020のデアリングタクトと日本ダービー2020のコントレイル
[温故知新2020-陸上競技4] 男子走り幅跳び オリンピック金メダリストの記録
[ブンデスリーガ2019~20・第27節(無観客)] バイエルン・ミュンヘン 圧勝
[温故知新2020-女子テニス2] アメリカの英雄 ビリー・ジーン・キング選手
[競馬(無観客)] 東京優駿(日本ダービー)2020の注目馬
[温故知新2020-女子テニス1] 「史上最強」 マーガレット・コート選手
[温故知新2020-男子テニス3] ダブルスの名手 ジョン・ニューカム選手
[温故知新2020-陸上競技3] 男子10,000m オリンピック金メダリストの記録
[温故知新2020-競泳2] 男子1,500m自由形 日本チームの全盛期
[温故知新2020-競泳1] 男子100m自由形 日本チームの黄金時代
[FIFAワールドカップ2010準々決勝] ドイツチームの完勝
[温故知新2020-男子テニス2] 「史上最強」 ロッド・レーバー選手
[競馬(無観客)] 優駿牝馬(オークス)2020の注目馬
[温故知新2020-陸上競技2] 男子1,500m オリンピック金メダリストの記録
[温故知新2020-陸上競技1] 男子100m オリンピック金メダリストの記録
[ラグビーワールドカップ2011プールA] 日本チーム フランスチームを相手に65分まで4点差の健闘
[温故知新2020男子テニス-1] ウィンブルドンを勝てなかった イワン・レンドル選手
[競馬コラム268・ヴィクトリアマイル2020] 感動的なレース
[FIFAワールドカップ1986決勝] アルゼンチンチーム 2度目の優勝
[競馬(無観客)] ヴィクトリアマイル2020の注目馬
[NPB・MLB2020] 「開幕」に向けての動き
[ブンデスリーガ2019~20] 無観客での再開へ
[競馬コラム267-日本馬の海外挑戦12] 2009年 牝馬の挑戦
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] ブラジルチーム 貫録の勝利
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] 日本チーム 史上初のPK戦
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] ランパード選手 「幻」のゴール
[Jリーグ2020] イニエスタ選手のオンライントークショー
[競馬(無観客)] NHKマイルカップ2020の注目馬
[NBA2020] 個人トレーニング再開に向けての動き
[UEFA-EURO2012-グループD] イングランドとフランスの激突
[競馬コラム266-天皇賞(春)2020] フィエールマンの連覇とC.ルメール騎手の天皇賞4連勝
[UEFA-EURO2012-グループB] ポルトガル デンマークとの接戦を制す
[競馬コラム265・下鴨ステークス2020] スズカルパン 100戦出走達成!
[UEFA-EURO2012-グループA] 開幕戦 ギリシャチーム 驚異の粘り
[UEFA-EURO2012-グループD] フランスチームの堅守
[競馬(無観客)] 天皇賞(春)2020の注目馬
[UEFA-EURO2012-グループC] イタリアとクロアチア 一歩も引かず
[競馬コラム264-日本馬の海外挑戦11] 2007年 シンガポール競馬への進出
[UEFA-EURO2012準々決勝] クリスティアーノ・ロナウドVSチェフ
[競馬コラム263-日本馬の海外挑戦10] 2006年 ハーツクライとデルタブルース
[スーペルコパ2020準決勝] FCバルセロナ よもやの敗退
[UEFA-EURO2012準決勝] 「怪物」バロテッリ選手の2ゴール
[マラソン2020] 「心臓破りの丘」 山田敬蔵氏 逝去
[競馬コラム262-日本馬の海外挑戦-9] 2005年 ゼンノロブロイとハットトリック
[MLB2020・MVPランキング] バリー・ボンズ選手の凄さ
Entry TAG
見事なシーズンを見せた小川泰弘投手  
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

カエサルjr

Author:カエサルjr
「スポーツを考える-KaZ」ブログへ
ようこそ!
我が家の月下美人も16年目。同時に30個の花が咲くこともあります。スポーツも花盛りですね。一緒に楽しみましょう。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 123456789101112131415161718192021222324252627282930