FC2ブログ
HOME   »   柔道・剣道  »  [全日本剣道選手権2013] 11月3日は剣道の日
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 毎年11月3日・文化の日には、剣道の全日本選手権大会が開催されます。このところは会場も日本武道館に定着しています。

 全日本剣道選手権大会は、天皇杯を競うその格式からみて、日本国内の剣士にとって最高の大会です。もちろん剣道競技にも国際大会があり、世界選手権大会も開催されていますが、日本人剣士にとっては、「全日本」が最も優勝したい大会でしょう。
 とても崇高な大会だと感じます。

 警察の正課に取り入れられていますし、学校の課目でもありますから、競技人口が多い中で、各都道府県の予選を勝ち抜かなければなりませんから、出場すること自体が大変難しい大会であることは言うまでもありません。

 予選を勝ち抜いて本大会に出場するのは64名。この64名の猛者がトーナメント方式で争います。そして、6回勝たなければ優勝できません。

 今年の準決勝第一試合は、小谷明徳選手(千葉)と正代正博選手(東京)の対戦。正代(しょうだい)選手がメンで一本先行しましたが、小谷選手はメンを返して、ツキで勝負を決めました。このレベルの試合で、あれだけ見事なツキが決まるというのも凄いことです。試合経過の中で、メンに行く動きを繰り返した小谷選手が、同じ動きからツキを放つことで、正代選手の予想を覆したというところでしょうか。

 準決勝第二試合は、内村良一選手(東京)と安藤翔選手(北海道)の対戦。このところ内村選手が準決勝まで進出している頻度が高いなと思っていましたら、5年連続の進出とのこと。この全日本で5年連続準決勝以上に進出とは、素晴らしいというか信じられない実績です。
 この試合でも、コテとメンで早々に勝負を決めました。特に2本目のメンというかヨコメンのスピード・威力は凄まじいものがあり、好調を印象付けました。

 さて決勝は、小谷選手と内村選手の対戦。両者互角の間合から内村選手のコテが決まり、一本先取。小谷選手が反撃に出るところ、再びコテが決まり、内村選手の優勝と成りました。

 内村選手は、これで通算3度目の全日本制覇となります。3度の優勝というのは歴代2位タイの素晴らしい成績ですが、前述の通り、内村選手は8度の全日本出場で7度のベスト4進出、6度の決勝進出という、信じられないような安定した成績を残しています。現代の剣道競技を代表するプレーヤーです。

 勝負が決まり、面を外し、身づくろいをする動きも、当然ながら剣道の一部です。30年ほど前から、見ることが出来る11月3日には必ずテレビ観戦していますが、試合後に大喜びして満面の笑み、という選手は見たことがありません。
 相手選手への敬意の表れかと思いますが、「剣道とはそういう競技」なのです。この「日本武道そのもの」の精神性の高さが評価され、広く世界中で行われているのでしょう。

 一本を決めた直後に小さくガッツポーズをしたら、一本が取り消しになった試合を見たことがあります。礼儀を重んじ、試合前の所作・試合中の所作・試合後の所作の全てが競技の内なのです。

 では、型・精神面ばかりを重んじるのかと思えば、とんでもない。「一本」は、真剣であったなら相手に致命傷を与える威力を持ったものでなければ、認められません。
 今大会、小谷選手が正代選手に決めたツキは、真剣であれば正代選手の喉を大きく突き抜けていたと思いますし、内村選手の安藤選手へのメンは、安藤選手の頭蓋骨が真っ二つになっていたでしょう。コテ一本は、間違いなく相手の腕を骨ごと切り落とす威力です。
 いずれの一本も、VTRで観ると、竹刀がしなっています。綺麗に当たっていても威力不足ならば一本では無い、その意味では極めて実践的な競技だと思います。

 鳴り物や大声での応援も無い日本武道館、凛とした空気が張り詰める中で、技の応酬は、私などの肉眼では捉えられないスピードです。そして、赤や白の旗がさっと上がります。
 「決まったのか」とVTRを観ると、見事な一本。

 こうした雰囲気を、連綿と守ってきている競技、こうした雰囲気の中で高い競技レベルを維持してきている競技が「剣道」なのでしょう。

 「本当に素晴らしい」と、いつも感じます。
関連記事
スポンサーサイト



NEXT Entry
[NS2013] 東北楽天ゴールデンイーグルス 日本一!
NEW Topics
[FIFAワールドカップ1982準決勝] 「死闘」 フランスチーム 延長で2点リードするも勝ち切れず
[競馬コラム258-日本馬の海外挑戦5] 栄光の1998年
[ラグビーワールドカップ2011準々決勝] オーストラリアチームの勝利
2016年~20年のスーパーボウルを彩った新進気鋭のクオーターバック達
[競馬(無観客)] 大阪杯2020の注目馬
[新型コロナウイルス感染症2020] ウインブルドン選手権大会の中止などなど
[エル・クラシコ2005] 銀河系軍団VSエトー選手・ロナウジーニョ選手
観たかった、志村けん氏の聖火リレー
[競馬コラム257-日本馬の海外挑戦4] 2014年 アドマイヤラクティ号 G1・コーフィールドカップ優勝
[UEFA-EURO2000準々決勝] 凄まじき クライファート選手
[UEFA-EURO1992決勝] デンマークチームの優勝
[東京オリンピック2021] 代表選手の再選考実施は「新型コロナウイルス禍の終息時期」次第
[競馬(無観客)] 高松宮記念2020の注目馬
[UEFA-EURO1988準決勝] オランダチーム 西ドイツを破り決勝へ
[大相撲2020・3月場所を終えて] 朝乃山 大関昇進
[競馬コラム256-日本馬の海外挑戦3] 1997年 ホクトベガ号のドバイワールドカップ
[大相撲2020・3月「無観客」場所] 横綱・白鵬が44回目の優勝
[コパ・アメリカ2011準々決勝] ウルグアイチーム PK戦で勝利
[UEFA-EURO1972決勝] ギュンター・ネッツァー選手の雄姿
[UEFA-EURO1984決勝] フランスチーム 初優勝
[競馬コラム255-日本馬の海外挑戦2] 1995年 フジヤマケンザン号 36年振りの日本馬海外重賞制覇
[UEFA-CL2019~20・決勝T] リバプール 早々に敗退
[UEFA-CL2019~20・決勝T] RBライプツィヒ スパーズを圧倒
[バドミントン全英オープン2020] 日本チーム 男女のダブルスで優勝
[UEFA-CL2019~20・決勝T] アタランタ イリチッチ選手の大活躍
[UEFA-CL2019~20・決勝T] パリ・サンジェルマン ボルシア・ドルトムントとの接戦を制す
[PGAツアー2019~20] 「ザ・プレーヤーズ2020」中止
[トップリーグ2020] ジェシー・クリエル選手の大好物
[Jリーグ2020] イニエスタ選手へのインタビュー
[スピードスケートW杯2019~20・最終戦] 新濱立也選手・小平奈緒選手 500m種目で総合優勝
[スキージャンプW杯2019~20女子] 高梨沙羅選手 優勝 通算57勝目!
[NPB2020・新型コロナウイルス関連] 開幕戦の延期とペナントレース重視の姿勢
[MLB2020スプリングトレーニング] 菊池雄星投手 好調!
[大相撲2020・3月場所] 「無観客」場所 初日
[名古屋ウィメンズマラソン2020] 一山麻緒選手 好記録で優勝!
[びわ湖毎日マラソン2020] 極めて粗末なスタートの遅延
[春の甲子園2020] 関連グッズの行方
[MLB2020スプリングトレーニング] 調子を上げてきている 大谷翔平選手
[東京マラソン2020男子] 2時間6分台と7分台の日本選手達
[スピードスケート世界選手権2020スプリント] 高木美帆選手と新浜立也選手の大活躍
[大相撲2020・3月場所] 史上初の無観客場所において活躍が期待される10名の力士
[自転車トラック世界選手権2020] 梶原悠未選手と脇本雄太選手の活躍
[東京マラソン2020男子] 大迫傑選手のガッツポーズ
[競馬コラム254] 2008年 カジノドライヴ号 アメリカ合衆国のダート重賞優勝
[NPB2020・新型コロナウイルス肺炎関連] オープン戦72試合を無観客試合に
[Jリーグ2020・新型コロナウイルス肺炎関連] ルヴァンカップとリーグ戦を延期
[NBA2019~20] 注目される「ルイ効果」
[競馬コラム253] 「二刀流」モズアスコット フェブラリーステークス2020を圧勝
[Jリーグ2020] 開幕と遠藤保仁選手の最多出場試合数タイ記録
[NPB2020春季キャンプ] 楽天・戸村健次投手 打球を受け頭蓋骨を骨折
Entry TAG
第61回全日本剣道選手権大会・内村良一選手優勝  
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

カエサルjr

Author:カエサルjr
「スポーツを考える-KaZ」ブログへ
ようこそ!
我が家の月下美人も16年目。同時に30個の花が咲くこともあります。スポーツも花盛りですね。一緒に楽しみましょう。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 123456789101112131415161718192021222324252627282930