FC2ブログ
HOME   »   日本プロ野球  »  [日本プロ野球] 斎藤雅樹投手の179球
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 1996年8月16日の巨人対ヤクルトのゲームで、巨人の先発・斎藤雅樹投手は延長12回・179球を投げ切り、自己通算150勝を達成しました。

 斎藤雅樹投手にとってメモリアルなゲームであったのですが、私はこの試合が「斎藤雅樹投手の選手寿命を著しく縮めた、あるいは終わらせた試合」であったと考えています。投げ過ぎにより、肩の限界を超え、「深刻な故障」を発症したと思うのです。

 この頃、斎藤雅樹投手は巨人軍の大エースでした。
 1989年・1990年の2年連続20勝は、日本プロ野球NPB史上最後の「2年連続20勝以上」の記録です。この試合の前年1995年にも18勝を上げていますし、何より完投が16試合もありましたから「ミスター完投」とも呼ばれていました。

 サイドスローから投げ込む、威力のあるストレート、カーブ、シンカーを主要な球種としていました。「ベース上で微妙に変化」するところが、斎藤投手の最大の強みだったと認識しています。130球前後の球数を、同じクオリティで投げ切ることが出来るのは凄いと思いました。

 力みのないフォームであり、ミスター完投と呼ばれる程に多くの球数を投げることを苦にしない投手と見られていたことが、このゲームの179球にも上る投球に結び付いて「しまった」のでしょうが、監督を始めとするベンチスタッフとしては絶対に回避すべき続投でした。

 もちろん本人は、150勝がかかったゲームでもあり、9回裏にヤクルトに追い付かれてしまったことに対する責任感もあるでしょうから、「投げます」と志願するでしょう。また、本人も「まだまだ投げられる」と感じてもいたのでしょう。
 
 しかし、延長に入ってからの投球は、斎藤投手としては珍しく疲労感と力みが目立ちましたし、ベース上でのボールの変化も少なくなっていましたので、「大丈夫なのか。交替すべきだ」と思ったことを憶えています。

 1996年シーズン、この試合後も斎藤雅樹投手は投げ続けました。そして、翌1997年シーズンの開幕直後に右腕故障を発症、この後5年間で21勝しか上げることが出来ずに、2001年に引退したのです。あの投球以降の斎藤投手のボールは、それ以前より球速は上がりましたが、ベース上での変化が少なくなったように観えました。別の投手になってしまったと感じたものです。

 通算180勝96敗、沢村賞3回、年間最多勝5回、最優秀選手賞5回、ベストナイン5回等々、素晴らしい実績を残した投手でしたが、私はあの179球が無ければ、200勝は言うに及ばず、もっと素晴らしい実績を残せたと思っています。

 頭書した「深刻な故障」とは、本人も気が付かず、いくら休養をとっても回復しない、という意味で深刻なのです。休養後、痛みなどの自覚症状は無いのに「以前と同じ球が投げられない」という、やっかいな代物なのだと思います。

 先日の日本シリーズ2013の第6戦、田中将大投手の160球を見た時に、この斎藤投手の179球を思い出しました。

 驚くべきことに、田中投手は翌日第7戦も投げています。第7戦の投球内容やボールの威力がシーズン中のものと掛け離れたものであったことは、誰の目にも明らかだったでしょう。この違いが、前日160球投げた疲労残りによる肩の張り等の要因によるものであり、他の要因によるものではないことを祈るばかりです。素人の杞憂であって欲しいと、心から願っています。

 責任感の強い投手が「投げたい」と申し出ても、投げ過ぎと判断されるのであれば、それを止めるのがベンチスタッフの仕事でしょう。これは根性論とは別次元の問題なのです。球界の宝であり、歴史に残る優秀なアスリートの選手寿命を縮める、あるいは終わらせる権利は誰にもありません。選手本人にも無いと思います。こうしたスーパースターは、多くの人達の夢と希望になっているのですから、既に「公器」であり、「自分が良ければ良いじゃないか」などという単純な存在では無いのでしょう。

 「先発投手の球数は100球目途」というルールが、選手本人や監督・チーム関係者の思いや誘惑、「勝つためには、こいつに投げさせなければならない」といった、選手寿命を無視した身勝手な思い込み、等々を押し留めるためにも存在しているとすれば、歴史に裏打ちされた重要な意味のあることだと思います。
関連記事
スポンサーサイト



NEXT Entry
[フィギュアスケート] NHK杯2013
NEW Topics
[MLB2020(無観客)] レギュラーシーズン終了 ポストシーズン開幕
[飛び込み日本選手権水泳2020(無観客)] 玉井陸斗選手の大活躍
[大相撲2020・9月場所(観客数制限)] 正代関 初優勝
[MLB2020(無観客)] ダルビッシュ有投手 8勝目
[セリエA2020~21(無観客)] 9月19日 開幕
[ブンデスリーガ2020~21(無観客)] 9月18日 開幕
[NBA2019~20・プレーオフ(無観客)] NBAファイナル進出への戦い
[MLB2020(無観客)] 大谷翔平選手 7号2ランホームラン
[NFL2020~21(無観客)] 開幕 そして第2週 総額1億円超の罰金
[リーガエスバニョーラ2020~21(無観客)] 9月12日 開幕
[プレミアリーグ2020~21(無観客)] 9月12日 開幕
[PGAツアー2020~21(無観客)・全米オープン] ブライソン・デシャンボー選手 初優勝
[大相撲2020・9月場所(観客数制限)] 中日を終えて 稀に見る大混戦
[テニス全米オープン2020(無観客)女子シングルス] 「チームなおみ」の存在感
[MLB2020(無観客)] 全60試合の約50試合を終えて
[2020年インディ500(無観客)] 佐藤琢磨選手 2度目の優勝!
ウイングドフット・ゴルフクラブ・西コースで開催された、過去5度の全米オープン
[陸上競技インカレ2020(無観客)] 女子100m競走 児玉芽生選手  11秒35
[陸上競技インカレ2020(無観客)] 男子走り幅跳び 橋岡優輝選手 8m29cm!
[NPB2020(観客数制限)] 岡本和真選手の2本のホームラン
[テニス全米オープン2020(無観客)女子シングルス] 大坂なおみ選手 2度目の制覇!
[MLB2020(無観客)] 田中将大投手 今シーズン2勝目
[NPB2020(観客数制限)] 原辰徳監督 通算1,067勝!
[テニス全米オープン2020女子シングルス] 大坂なおみ選手 2度目の決勝進出!
[スーパーラグビー2020] 初の女性主審が笛!
[PGAツアー2019~20(無観客)] ダスティン・ジョンソン選手 初の年間王者
[大相撲2020・9月場所(観客数制限)] 活躍が注目される10名の力士
[MLB2020(無観客)レギュラーシーズン] 約40ゲームを終えて
[PGAツアー2019~20プレーオフシリーズ最終戦] 2日目を終えて
[全米オープンテニス2020(無観客)女子シングルス] 大坂なおみ選手 4回戦進出
[MLB2020(無観客)] 「どっしりと」 ダルビッシュ有投手 7連勝
[温故知新2020-競泳10] 女子100m背泳ぎ オリンピック金メダリストの記録
[温故知新2020-陸上競技14] 女子4×100mリレー オリンピックメダル獲得チーム
[競馬コラム277] 2020年のイギリス競馬クラシックレース
[PGA2019~20プレーオフ第2戦(無観客)] 松山英樹選手 「懸命」の戦い
[ニトリレディスゴルフ2020(無観客)] 笹生優花選手 2大会連続優勝
[MLB2020(無観客)] ダルビッシュ有VS秋山翔吾 ダルビッシュ6連勝!
[2020年・甲子園高校野球交流試合(無観客)-4] 白いスパイク
[MLB2020(無観客)] 菊池雄星投手 今シーズン初勝利
[MLB2020(無観客)] 山口俊投手 メジャー初勝利
[セイコーゴールデングランプリ陸上2020(無観客)] 女子1,500m 田中希実選手の日本新記録
[MLB2020(無観客)] 前田健太投手 開幕4連勝
[MLB2020(無観客)] ダルビッシュ有投手 5連勝
[PGA2019~20プレーオフ第1戦(無観客)] ダスティン・ジョンソン選手 独走優勝!
[UEFA-CL2019~20(無観客)] バイエルン・ミュンヘン 6度目の優勝
[2020年・甲子園高校野球交流試合(無観客)-3] 16試合で柵越えのホームランは2本
[UEFA-CL2019~20(無観客)] 決勝T会場はポルトガルの「カテゴリー4」スタジアム
[2020年・甲子園高校野球交流試合(無観客)-2] 東西の横綱対決
[2020年 甲子園高校野球交流試合(無観客)] 明石商チーム・中森俊介投手 登板
[UEFA-CL2019~20(無観客)] 決勝は「パリ・サンジェルマンVSバイエルン・ミュンヘン」
Entry TAG
斎藤雅樹投手の179球   田中将大投手の160球  
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

カエサルjr

Author:カエサルjr
「スポーツを考える-KaZ」ブログへ
ようこそ!
我が家の月下美人も16年目。同時に30個の花が咲くこともあります。スポーツも花盛りですね。一緒に楽しみましょう。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 123456789101112131415161718192021222324252627282930