FC2ブログ
HOME   »   NFL  »  [NFL] ブロンコス対チーフス 1回戦はブロンコス勝利!
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 NFL2013、アメリカンフットボール・カンファレンスAFC西地区の首位争い、デンバー・ブロンコスとカンザスシティ・チーフスの試合は、11月17日、プロンコスのホーム・スポーツオーソリティフィールドで行われ、プロンコスが27-17でチーフスを下しました。

 このゲームは、2つの点から注目されていました。

 ひとつ目は、ここまで9勝0敗・全勝のチーフスと8勝1敗のプロンコスという、AFC西地区のみならず、NFL全体で唯一の全勝チームと、それに続く1敗のチームの激突であったこと。

 ふたつ目は、NFL最小失点(9試合平均12.3失点)のチーフスディフェンスDF陣とNFL最高得点(同41.2得点)のブロンコスオフェンスOF陣の対決という点です。

 試合は、終始ブロンコスがリードする展開でした。

 ブロンコスは、クオーターバックQBペイトン・マニングを守るOF陣の出来が良く、マニングにはパスを投げるために十分な時間が用意されました。こうなると、当代随一と呼ばれる「ペイトン・マニングのパス攻撃」を阻止することは、容易なことではありません。

 チーフスDFのラインバッカーLBやコーナーバックCBは良く守りましたが、さすがに10cm単位で投じられるマニングのパスを全てカットするには至らず、要所要所でブロンコスのパス攻撃が決まりました。
 チーフスOF陣は、QBアレックス・スミスを中心に良く攻めました。17得点は、このチームとしては決して少ない得点ではありません。
 この試合は、ブロンコスOFがチーフスDFに勝ったということでしょう。

 これで両チームは共に9勝1敗となりました。

 チーフスとプロンコスは同地区ですから、1レギュラーシーズンに2度の対戦があります。この試合は「1回戦」でした。
 そして、間を空けず2回戦が12月2日に、今度はチーフスのホーム・アローヘッドスタジアムで行われます。

 おそらくチーフスDF陣は、1回戦では、QBマニングにパスを投げさせてインターセプトを狙う作戦を取ったのでしょう。
 今シーズン、ここまでのDF力なら十分可能だと判断したのだと思います。しかし、しっかりしたポケットを造らせると、マニングは自在に投げることが解りましたので、2回戦では「ポケットを崩す」DF、サックを狙うDFを展開してくると思います。
 ホーム・アローヘッドスタジアムでも、ペイトン・マニングに好きなようにプレーされては、チーフスDFの面目が立ちませんので、ギャンブル的な守りも含めて、より積極的なDFプレーが観られると思います。

 一方のブロンコスは、1回戦を快勝しました。おそらく、ゲームプラン通りの展開であったと思います。前週のチャージャーズ戦から、大量点を取りにいくのではなく比較的堅実な攻撃を旨とするプランに変えてきていたと感じますから、30得点20失点を計算していたのでしょう。
 ブロンコスにとっては、当面のライバルであるチーフスとの2回戦に注力したいところですが、次週11月25日にはニューイングランド・ペイトリオッツ戦が控えています。
 ペイトリオッツのQBトム・ブレイディとペイトン・マニングは、現在のNFL・NO.1QBを争う、大袈裟に言えば「宿命のライバル」です。

 NFL最優秀選手4度を誇るペイトン・マニングですが、プレーオフではトム・ブレイディに再三痛い目にあっています。ブレイディの方はスーパーボール制覇3度という、現役最多記録を誇っています。勝負強さと安定感では、マニングを上回っているでしょう。

 ペイトン・マニングは、チーフスとの2回戦の前週にトム・ブレイディと戦わなくてはならないわけで、デンバー・プロンコスにとっては今レギュラーシーズン最大の山場の3ゲームを迎えているのです。

 逆に言えば、その山場の緒戦を制したことは、とても大きな意味があります。

 11月25日のペイトリオッツ対プロンコス、12月2日のチーフス対ブロンコス。見逃せないゲームが続きます。

関連記事
スポンサーサイト



NEXT Entry
[競馬] 第33回ジャパンカップ 注目馬
NEW Topics
[競馬(無観客)] 東京優駿(日本ダービー)2020の注目馬
[温故知新2020-女子テニス1] 「史上最強」 マーガレット・コート選手
[温故知新2020-男子テニス3] ダブルスの名手 ジョン・ニューカム選手
[温故知新2020-陸上競技3] 男子10,000m オリンピック金メダリストの記録
[温故知新2020-競泳2] 男子1,500m自由形 日本チームの全盛期
[温故知新2020-競泳1] 男子100m自由形 日本チームの黄金時代
[FIFAワールドカップ2010準々決勝] ドイツチームの完勝
[温故知新2020-男子テニス2] 「史上最強」 ロッド・レーバー選手
[競馬(無観客)] 優駿牝馬(オークス)2020の注目馬
[温故知新2020-陸上競技2] 男子1,500m オリンピック金メダリストの記録
[温故知新2020-陸上競技1] 男子100m オリンピック金メダリストの記録
[ラグビーワールドカップ2011プールA] 日本チーム フランスチームを相手に65分まで4点差の健闘
[温故知新2020男子テニス-1] ウィンブルドンを勝てなかった イワン・レンドル選手
[競馬コラム268・ヴィクトリアマイル2020] 感動的なレース
[FIFAワールドカップ1986決勝] アルゼンチンチーム 2度目の優勝
[競馬(無観客)] ヴィクトリアマイル2020の注目馬
[NPB・MLB2020] 「開幕」に向けての動き
[ブンデスリーガ2019~20] 無観客での再開へ
[競馬コラム267-日本馬の海外挑戦12] 2009年 牝馬の挑戦
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] ブラジルチーム 貫録の勝利
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] 日本チーム 史上初のPK戦
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] ランパード選手 「幻」のゴール
[Jリーグ2020] イニエスタ選手のオンライントークショー
[競馬(無観客)] NHKマイルカップ2020の注目馬
[NBA2020] 個人トレーニング再開に向けての動き
[UEFA-EURO2012-グループD] イングランドとフランスの激突
[競馬コラム266-天皇賞(春)2020] フィエールマンの連覇とC.ルメール騎手の天皇賞4連勝
[UEFA-EURO2012-グループB] ポルトガル デンマークとの接戦を制す
[競馬コラム265・下鴨ステークス2020] スズカルパン 100戦出走達成!
[UEFA-EURO2012-グループA] 開幕戦 ギリシャチーム 驚異の粘り
[UEFA-EURO2012-グループD] フランスチームの堅守
[競馬(無観客)] 天皇賞(春)2020の注目馬
[UEFA-EURO2012-グループC] イタリアとクロアチア 一歩も引かず
[競馬コラム264-日本馬の海外挑戦11] 2007年 シンガポール競馬への進出
[UEFA-EURO2012準々決勝] クリスティアーノ・ロナウドVSチェフ
[競馬コラム263-日本馬の海外挑戦10] 2006年 ハーツクライとデルタブルース
[スーペルコパ2020準決勝] FCバルセロナ よもやの敗退
[UEFA-EURO2012準決勝] 「怪物」バロテッリ選手の2ゴール
[マラソン2020] 「心臓破りの丘」 山田敬蔵氏 逝去
[競馬コラム262-日本馬の海外挑戦-9] 2005年 ゼンノロブロイとハットトリック
[MLB2020・MVPランキング] バリー・ボンズ選手の凄さ
[フィギュアスケート2020春・世界ランキング] 羽生選手、紀平選手が共に1位
[NPB2020] 菅野智之投手 超絶の仕上がり
[高校野球2020] 花巻東高校 女子野球部が練習開始
[大相撲2020] 豊ノ島の引退
[UEFA-EURO2008決勝] スペインチーム 黄金時代の幕開け
[UEFA-EURO1976準決勝] 降りしきる オランダチームの涙雨
[競馬(無観客)] 皐月賞2020の注目馬
[UEFA-EURO1984準決勝] フランスチーム ポルトガルチームとの「死闘」を制す
[NPB2020] 関根順三氏 逝去
Entry TAG
ブロンコス、チーフスとの1回戦に勝利  
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

カエサルjr

Author:カエサルjr
「スポーツを考える-KaZ」ブログへ
ようこそ!
我が家の月下美人も16年目。同時に30個の花が咲くこともあります。スポーツも花盛りですね。一緒に楽しみましょう。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031