FC2ブログ
HOME   »   ラグビー  »  [大学ラグビー] 早明戦
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 関東大学ラグビー対抗戦グループの早稲田大学と明治大学の試合「早明戦」が、今年も12月の第一日曜日である1日に行われます。
 今年の早明戦は、現在の国立競技場で行われる最後の早明戦ということもあって、当日歌手のユーミンが国立競技場でヒット曲「ノーサイド」を歌うことなどから、一層注目されています。

 単に早明戦と言えば、本来どの競技のものか分からないはずなのですが、大半のスポーツファンは、関東大学ラグビー対抗戦の早明戦=「早明戦」、と認識しています。
 単に「早慶戦」と言えば、東京六大学野球の早稲田と慶応義塾の試合を指すのと、良く似ているというか、同じレベルで特定されている感じがします。

 私の感覚では、対抗戦における試合を「早明戦」と呼ぶのであって、大学選手権のトーナメントの中で早稲田と明治が対戦する試合は、「早明戦」では無いように思います。

 その「早明戦」は1923年に始まり、途中太平洋戦争における中断があって、昨年までに83試合を重ねてきました。20世紀半ばには、戦術的に好対照のチーム同士であり、好試合も多かったことから、「早明戦」は大学ラグビー、ひいては日本ラグビーの看板カードになりました。
 1973年からは、それ以前の秩父宮ラグビー場から会場が国立競技場に移りました。秩父宮では観客が入りきらないというのが、大きな要因だったと思います。

 1981年の試合は、67,000人近くの観客で国立競技場が埋め尽くされました。立ち見は当然として、階段や通路にも観客が座りました。もちろん、国立競技場の定員を大幅に上回る観客数でしたから、消防法に違反し、試合後厳しい叱責が当局からラグビー協会に向けられました。
 この試合は、私も見に行きましたが確かに大入り満員でした。とはいえ、この頃1980年前後の「早明戦」は、いつも国立が一杯でしたから、ことさら1981年が満杯であったという印象は残っていません。

 1970年代から1990年代までは、12月第一日曜日の最大のイベントは「早明戦」でした。風物詩と呼べるレベルであったと思います。マスコミも「早明戦」の週になると、特集記事・番組を数多く組んでいたように思います。

 長い「早明戦」の歴史の中で、引分けは2試合しかありません。1975年と1990年の試合です。どちらの試合も、明治がリードし、試合終了直前に早稲田が追い付いた形です。

 1975年の試合は、いまにも降り出しそうな曇天の下、試合終了直前に早稲田のウイング藤原選手が、自陣からサイドライン際を走ります。明治のタックルを交わし続け、ついにトライ。まさに藤原選手の個人技によるトライでした。

 この試合、私は競技場に居たのですが、私の記憶では秩父宮ラグビー場での試合です。今、資料を見ると1973年から国立競技場と記されていますので、1975年の試合も国立だったはずですが、私の記憶の「目線が非常に低い」のです。確かに最前列での観戦でしたが、国立ではあれ程低くはならないと思うのですが。
 もうひとつ、記憶と記録の違いがあります。私の記憶では、この試合は8-8の引分けなのですが、記録は10-10の引分けとなっています。スコアは、もちろん記録のほうが正しいに決まっていますが。

 1990年の試合も、こちらは間違い無く国立競技場で観戦していました。好天でした。
確か、残り5分を切って明治が24-12とリード。この頃はトライが4点、トライ後のゴールが2点でしたから、2トライ・2ゴール差でした。これは大差ですし、残り時間も3分ほどになりましたから、「明治の勝ち」かと思いました。
 しかし、ここからの早稲田の追い上げは驚異的で、確かウイングの郷田選手のトライおよびゴールで24-18とした時にはノーサイド寸前であったと思います。

 トライ後のキックオフがラストプレーだろうと観ていました。早稲田陣中央でフルバックの今泉選手がボールを受け取り走り出しました。明治ディフェンスの追走を振り切って左隅にトライ。60~70m位の走りだったと思います。これで24-22。もう時間が無いと思っていたら、スタンドオフの守屋選手が慌ててボールをセットし、さっと蹴りました。左隅の難しい角度からのゴールキックが、見事に決まったところでノーサイド。

 明治の選手は、狐に抓まれたようなゲームだったと思います。残り2~3分で2トライ・2ゴールを挙げたという、その意外性は1975年のゲーム以上でした。

 この2試合以外にも「早明戦」は、好ゲームが目白押しです。試合前の予想が劣勢な方のチームが、意外に頑張るというのも「早明戦」の特徴でしょう。

 人気絶頂の、日本ラグビーフットボール協会のドル箱カードであった「早明戦」も21世紀に入ってからから、その人気は下降しました。
 人気下降の原因は色々あるのでしょうが、第一には明治ラグビーの低迷でしょう。

 明治大学チームが最後に全国大学ラグビー選手権大会に優勝したのは1996年、今から17年も前のことになりますし、同大会の決勝に進出したのも1998年が最後です。21世紀になってから、明治は大学選手権の決勝に出ていません。
 一方の早稲田は、21世紀になってから2008年を最後に5回優勝し、2010年を最後に4回準優勝しています。つまり、2001年から2010年までの10年間の大学選手権は「早稲田とどのチームが戦うか」という大会だったのです。そして、その挑戦者は関東学院であり、慶応であり、帝京だったのです。

 やはり「早明戦」といえば、大学ラグビーの最高峰の試合であり、我が国の大学ラグビーを支える両雄の戦いであるべきでしょうから、一方の雄が長期間低迷すれば、人気に影響が出るのでしょう。

 理由の第二は、両校のプレーの特徴というか持ち味が似てきたことが上げられるでしょう。「早明戦」最盛期の1970年代~90年代は、「フォワードの明治、バックスの早稲田」であり、「縦に突破する明治、横に展開する早稲田」という、明確な違いがありました。
 早稲田陣ゴール前で、大柄な明治プレーヤーが押し込み・飛び込み、小柄な早稲田プレーヤーが残り50cmで凌ぐというシーンが延々と続く試合も、珍しくありませんでした。両チームのファンにとって、手に汗握る展開だったのです。

 スクラムは常に「明治が押し、早稲田が耐える」図式でした。そもそもフォワード8人の平均体重は常に明治が10㎏以上重かったのです。
 前述の67000人を集めた1981年の試合、早稲田ボールのスクラムで、スクラムハーフがボールを入れた瞬間に、明治が4~5m押し、明治のNO.8の後方にボールが残っていたシーンを目の当たりにして、あまりのフォワードの力の差に慄然とした覚えがあります。試合前の予想も明治圧倒的有利でしたし、これだけフォワードの力に差があるのでは勝負にならないと思いましたが、試合は21-15で早稲田が勝ちました。「吉野の横っ走り」と呼ばれた吉野選手を始めとするバックス陣が、縦横に走り捲くった試合でした。

 こういう試合ばかりを見るにつけ、「いくらなんでもフォワードが小さ過ぎる」と早稲田首脳陣が考えたのかどうか分かりませんが、1990年代から早稲田フォワードの大型化が進み、21世紀に入ると平均体重で明治と互角、年によっては早稲田フォワードの方が重いこともあるようになりました。

 もちろん、フォワードの体格が互角になったといっても、縦の明治・横の早稲田という本質は変わっていないのですが、そもそも試合の景色が変わってしまったのです。第一の理由と相俟って、「早明戦」の人気に影響を与えたと思います。

 ラグビーは野球と違って、応援席が分かれていません。明治と早稲田の応援団が前後に居たり、隣り合っていたりすることも珍しくなく、スタンドでは白と紫紺の旗とエンジの旗が交錯して振られています。
 トライが決まれば、飛び上がって喜ぶ観客の隣に天を仰ぐ観客も居るのです。そして、大入り満員の頃の早明戦は、敵同士?が肩肘をぶつけながら応援したのです。

 「今年は勝たせてやるよ」と捨て台詞を残して去っていく観客の横で、勝利校の「白雲なびく駿河台・・・」「紺碧の空、仰ぐ日輪・・・」といった歌が流れます。

 あの頃の「早明戦」は、選手だけではなく観客も熱く燃えていました。
関連記事
スポンサーサイト



NEXT Entry
スーパーボール4回制覇のQB テリー・ブラッドショー
NEW Topics
[温故知新2020-男子テニス4] 黒人プレーヤーの先駆者 アーサー・アッシュ選手
[ブンデスリーガ2019~20(無観客)] 鎌田大地選手 2試合連続ゴール
[競馬コラム269] オークス2020のデアリングタクトと日本ダービー2020のコントレイル
[温故知新2020-陸上競技4] 男子走り幅跳び オリンピック金メダリストの記録
[ブンデスリーガ2019~20・第27節(無観客)] バイエルン・ミュンヘン 圧勝
[温故知新2020-女子テニス2] アメリカの英雄 ビリー・ジーン・キング選手
[競馬(無観客)] 東京優駿(日本ダービー)2020の注目馬
[温故知新2020-女子テニス1] 「史上最強」 マーガレット・コート選手
[温故知新2020-男子テニス3] ダブルスの名手 ジョン・ニューカム選手
[温故知新2020-陸上競技3] 男子10,000m オリンピック金メダリストの記録
[温故知新2020-競泳2] 男子1,500m自由形 日本チームの全盛期
[温故知新2020-競泳1] 男子100m自由形 日本チームの黄金時代
[FIFAワールドカップ2010準々決勝] ドイツチームの完勝
[温故知新2020-男子テニス2] 「史上最強」 ロッド・レーバー選手
[競馬(無観客)] 優駿牝馬(オークス)2020の注目馬
[温故知新2020-陸上競技2] 男子1,500m オリンピック金メダリストの記録
[温故知新2020-陸上競技1] 男子100m オリンピック金メダリストの記録
[ラグビーワールドカップ2011プールA] 日本チーム フランスチームを相手に65分まで4点差の健闘
[温故知新2020男子テニス-1] ウィンブルドンを勝てなかった イワン・レンドル選手
[競馬コラム268・ヴィクトリアマイル2020] 感動的なレース
[FIFAワールドカップ1986決勝] アルゼンチンチーム 2度目の優勝
[競馬(無観客)] ヴィクトリアマイル2020の注目馬
[NPB・MLB2020] 「開幕」に向けての動き
[ブンデスリーガ2019~20] 無観客での再開へ
[競馬コラム267-日本馬の海外挑戦12] 2009年 牝馬の挑戦
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] ブラジルチーム 貫録の勝利
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] 日本チーム 史上初のPK戦
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] ランパード選手 「幻」のゴール
[Jリーグ2020] イニエスタ選手のオンライントークショー
[競馬(無観客)] NHKマイルカップ2020の注目馬
[NBA2020] 個人トレーニング再開に向けての動き
[UEFA-EURO2012-グループD] イングランドとフランスの激突
[競馬コラム266-天皇賞(春)2020] フィエールマンの連覇とC.ルメール騎手の天皇賞4連勝
[UEFA-EURO2012-グループB] ポルトガル デンマークとの接戦を制す
[競馬コラム265・下鴨ステークス2020] スズカルパン 100戦出走達成!
[UEFA-EURO2012-グループA] 開幕戦 ギリシャチーム 驚異の粘り
[UEFA-EURO2012-グループD] フランスチームの堅守
[競馬(無観客)] 天皇賞(春)2020の注目馬
[UEFA-EURO2012-グループC] イタリアとクロアチア 一歩も引かず
[競馬コラム264-日本馬の海外挑戦11] 2007年 シンガポール競馬への進出
[UEFA-EURO2012準々決勝] クリスティアーノ・ロナウドVSチェフ
[競馬コラム263-日本馬の海外挑戦10] 2006年 ハーツクライとデルタブルース
[スーペルコパ2020準決勝] FCバルセロナ よもやの敗退
[UEFA-EURO2012準決勝] 「怪物」バロテッリ選手の2ゴール
[マラソン2020] 「心臓破りの丘」 山田敬蔵氏 逝去
[競馬コラム262-日本馬の海外挑戦-9] 2005年 ゼンノロブロイとハットトリック
[MLB2020・MVPランキング] バリー・ボンズ選手の凄さ
[フィギュアスケート2020春・世界ランキング] 羽生選手、紀平選手が共に1位
[NPB2020] 菅野智之投手 超絶の仕上がり
[高校野球2020] 花巻東高校 女子野球部が練習開始
Entry TAG
大学ラグビー・早明戦の変遷  
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

カエサルjr

Author:カエサルjr
「スポーツを考える-KaZ」ブログへ
ようこそ!
我が家の月下美人も16年目。同時に30個の花が咲くこともあります。スポーツも花盛りですね。一緒に楽しみましょう。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 123456789101112131415161718192021222324252627282930