FC2ブログ
HOME   »   NFL  »  スーパーボール4回制覇のQB テリー・ブラッドショー
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 アメリカンフットボールの最高峰、NFLのスーパーボールを4回制覇しているクオーターバックQBは、史上2人居ます。
 ひとりがピッツバーグ・スティーラーズのテリー・ブラッドショー選手、もうひとりがサンフランシスコ・フォーティナイナーズ49ersのジョー・モンタナ選手です。

 スーパーボールSBを4回制するというのは凄いことです。何しろ、歴代最も多くSBを制しているチームはピッツバーグ・スティーラーズで6回、第2位はサンフランシスコ49ersとダラス・カウボーイズの5回ですから、スティーラーズも49ersも、ブラッドショーとモンタナの時に、大半のSB制覇を実現していることになるのです。
 そして、SBを4回以上制しているチームは、前述の3チームにグリーンベイ・パッカーズとニューヨーク・ジャイアンツの2チームを加えた、計5チームしかありません。

 テリー・ブラッドショーとジョー・モンタナの功績がいかに大きかったかが分かります。サッカーワールドカップに例えれば、ペレの実績に似ています。ブラジル代表チームは歴代最多5回の制覇を果たしていますが、内3回はペレが出場していた時でした。

 アメリカンフットボールにおけるテリー・ブラッドショーとジョー・モンタナは、サッカーのペレに匹敵する功績を残したプレーヤーとも言えるでしょう。

 さて、本稿ではその内のひとり、テリー・ブラッドショーを採り上げます。

 ブラッドショーは1948年、アメリカ・ルイジアナ州に生まれます。ルイジアナ工科大学時代にカレッジフットボールで華々しい活躍を魅せ、前年1勝13敗でNFL最低の成績であったスティーラーズにドラフトで指名され、1970年に入団しました。

 1971年はインターセプトが多く活躍できませんでしたが、1972年73年はプレーオフに進出、1974年にはAFC(アメリカンフットボール・カンファレンス)チャンピオンシップでオークランド・レイダーズを破って、第9回SBに進出しました。このSBでブラッドショーはパス14回中9回を成功させるなど活躍、ミネソタバイキングスを16-6で破り、SB初制覇を成し遂げました。これは、スティーラーズの初制覇でもありました。

 この1974年から、ブラッドショー率いるスティーラーズの快進撃が始まります。AFC中地区で6季連続の地区優勝、AFCチャンピオンに1974年・1975年・1978年・1979年の4度輝き、その4度全てにおいてSBも制覇したのです。SB2度の連覇というのは空前の記録で、何かマイケル・ジョーダンを擁するNBAシカゴ・ブルズの3ピート2度を思い出させます。

 この間、ライバルチームが存在しなかったわけではなく、AFCにおいては毎季オークランド・レイダーズとの熾烈な争いがありましたし、SBにおいてはNFC(ナショナルフットボール・カンファレンス)のダラス・カウボーイズとの激戦が印象的です。

 これだけの実績を残しながら、QBとしてのテリー・ブラッドショー選手はジョー・モンタナ選手などに比べると、地味な印象があります。チームの司令塔として、最も注目されるべきポジションに居て、史上最強チームのひとつである「この時期のスティーラーズ」を率いていたにも拘らず、史上最高のQB検討の際にも、中々話題に上らないようにも感じます。

 その理由として考えられるのは、この時期のスティーラーズは「総合力のチーム」であったことでしょうか。
 伝統的に強い「スティールカーテン(鉄鋼業の街ピッツバーグのチームということで)」と呼ばれるディフェンスDFは、この頃最高潮のレベルにありました。「意地悪ジョー・グリーン」などの有名選手が揃っていたのです。
 加えて、オフェンスOFにも、ランニングバックRBのフランコ・ハリスやワイドレシーバーWRのリン・スワンなどの有名プレーヤーが並びました。

 これだけの名プレーヤーが揃うと「必ずしもQBの力だけで強いのではない」といった見方が生ずるのでしょうか。私は、しかし、こうした個性豊かで能力が高いプレーヤー達を上手く纏め上げてチームを牽引したというマネジメント能力が、極めて優れていたQBであったと観ています。
 自らのパス能力やプレー選択能力も高いが、何より凄いのは「チームを纏める力」であったクオーターバックが、テリー・ブラッドショーだったのでしょう。当然ながら、NFL史上屈指のQBであったことは間違いの無いところでしょう。

 テリー・ブラッドショーが活躍していた時代は、我が国のテレビでNFLのレギュラー放送が始まった頃でした。毎週土曜日の深夜、後藤完夫(ごとう さだお)さんの解説を聞きながら、東京12チャンネルの番組に見入りました。

 前述のピッツバーグ・スティーラーズのプレーヤー達と、そのライバルであるオークランド・レイダーズのQBケン・ステブラー、WRクリフ・ブランチ、タイトエンドTEフレッド・ビレトニコフ、パンターのレイ・ガイといったプレーヤー達の戦いの、激しく華麗なプレーの連続に、感嘆の声を上げながら観ていました。毎週、本当に楽しみでした。

 私に「アメリカンフットボールの面白さ」を教えてくれたのが、テリー・ブラッドショーの時代のNFLだったのです。
関連記事
スポンサーサイト



NEXT Entry
[MLB] 身長165cmのメジャーリーガー
NEW Topics
[大相撲2020・11月場所(観客数制限)] 11月場所の主役 志摩ノ海
[大相撲2020・11月場所(観客数制限)] 大関・貴景勝 決定戦を制して2度目の優勝
[大相撲2020・11月場所14日目(観客数制限)] 明瀬山の勝ち越し
[NPB2020(観客数制限)] 日本シリーズの開幕!
[NPB2020個人成績-1] 鈴木大地選手(楽天)の活躍
[競馬(観客数限定)] マイルチャンピオンシップ2020の注目馬
[マスターズ秋2020(無観客)第1ラウンド] 全18ホールパーオン・39パット
[マスターズ秋2020(無観客)] ダスティン・ジョンソン選手 悠然たる優勝
[NPB2020パリーグCS] ソフトバンク・ホークスの強さ
[競馬コラム282-ジャパンカップ2020] コントレイルVSデアリングタクトにアーモンドアイが参戦
[日本陸上競技選手権2020(観客数制限)-8] 男子200m 飯塚翔太選手の逆転優勝
[マスターズ秋2020(無観客)] 広がる「ダスティン・ジョンソン ワールド」
[マスターズ秋2020(無観客)第2ラウンド] 超ベテラン選手達の活躍
[大相撲2020・11月場所(観客数制限)] 上位陣の相次ぐ「休場」
[競馬(観客数制限)] エリザベス女王杯2020の注目馬
[NFL2020~21(無観客)] レギュラーシーズン第9週を終えて
[PGAツアー2020~21] 2度のマスターズ・トーナメント
[PGAツアー2020~21] マスターズまでに、あと5kg体重を増やす。
[NPB2020(観客数制限)] 坂本勇人選手 2,000本安打達成!
[J1リーグ2020(観客数制限)] キング・カズ 53歳8ヵ月13日で出場
[競馬コラム281-JBCデイ2020] 面白かった「2場開催」
[UEFA-CL2020~21] グループステージ第3節を終えて
[ATP1000-ロレックス・パリ・マスターズ2020] ラファエル・ナダル選手 シングルス通算1,000勝達成
[競馬コラム280-JBCクラシック2020] クリソベリル 圧勝!
[日本陸上競技選手権2020(観客数制限)-7] 男子110mH 金井大旺選手の快走
[PGAツアー・バミューダ選手権2020] ブレンダン・トッド選手へのインタビュー
[大相撲2020・11月場所(観客数制限)] 活躍が注目される10名の力士
[競馬コラム279-天皇賞(秋)2020] アーモンドアイ号 G1レース8勝目!
[全日本大学駅伝2020] 駒澤大チーム 空前の大混戦を制して6年振りの優勝
[MLB2020・WS] アロザリナ選手VSベッツ選手・シーガー選手
[日本陸上競技選手権2020(観客数制限)-6] 女子100mH 青木益未選手 好記録で優勝
[競馬(観客数制限)] 天皇賞(秋)2020の注目馬
[全日本スピードスケート距離別選手権2020] 一戸誠太郎選手と高木美帆選手の活躍
[MLB2020・WS第6戦(観客数制限)] ドジャース 21世紀初の「世界一」
[PGA・ZOZOチャンピオンシップ2020(無観客)] 日本人プレーヤー「8名」が出場
[MLB2020・WS第5戦(観客数制限)] ドジャース ブルペンの踏ん張りで「王手」
[MLB2020・WS第4戦(観客数制限)] レイズ 逆転サヨナラ勝ちで2勝2敗のタイ
[日本陸上競技選手権2020(観客数制限)-5] 女子円盤投げ 齋藤真希選手 55m41cmの好記録で優勝
[UEFA-CL2020~21] グループリーグ 開幕
[競馬(観客数制限)] 菊花賞2020の注目馬
[MLB2020・WS第2戦] レイズ 「負けられない試合」を制す
[MLB2020・WS第1戦] 「大エース」 クレイトン・カーショー投手の好投
[MLB2020ポストシーズン] ランディ・アロザリナ選手 PS7ホームランのルーキー新記録
[MLB2020NLCS(観客数制限)] ロサンゼルス・ドジャース ワールドシリーズ進出
[MLB2020ALCS(無観客)] 「2点の壁」 タンパベイ・レイズがワールドシリーズ進出
[箱根駅伝2021] 予選会
[PGAツアー2020~21] 相次ぐ ベテランプレーヤーの復活優勝
[競馬(観客数制限)] 秋華賞2020の注目馬
[MLB2020・ALCS(無観客)] ダスティ・ベイカー監督の丁寧な継投策
[MLB2020NLリーグチャンピオンシップ] 大型内野手の対決
Entry TAG
スーパーボール4度制覇のQB・テリーブラッドショー  
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

カエサルjr

Author:カエサルjr
「スポーツを考える-KaZ」ブログへ
ようこそ!
我が家の月下美人も16年目。同時に30個の花が咲くこともあります。スポーツも花盛りですね。一緒に楽しみましょう。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 123456789101112131415161718192021222324252627282930