FC2ブログ
HOME   »   スキー  »  [スキージャンプ男子] 日本の誇り 岡部孝信と葛西紀明
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
 日本が誇る2人の大ベテランジャンパーが好調です。

 1970年生まれの43歳・岡部孝信選手は、12月14日に行われた国内ジャンプ競技の開幕戦・名寄ピヤシリ大会で、92m・99.5mと2本のジャンプを揃えて優勝しました。

 1972年生まれの41歳・葛西紀明選手は、12月15日にドイツ・ティティゼーノイシュタッドで行われた、ジャンプのW杯で3位となり、W杯の最年長表彰台記録を更新しました。

 両選手共に、1994年のリレハンメルオリンピックから出場しているというのですから、20年以上に渡って、日本男子スキージャンプ競技を引っ張ってきたということになります。気の遠くなるようなキャリアです。

 岡部選手には、リレハンメル五輪の団体銀メダル、長野五輪の団体金メダル、世界選手権団体の3つの銅メダルといった数々の実績があります。
 葛西選手にも、リレハンメル五輪の団体銀メダル、世界選手権の2つの団体銀メダル、2つの個人銅メダル、W杯の2回の個人総合3位といった数々の実績があります。

 2人とも、日本男子スキージャンプ陣の中心選手として活躍を続けてきたのですが、この2人は競技人生において「厚い壁」にぶつかり、それを克服してきたところが、最も素晴らしい点だと思うのです。

 岡部選手について有名なのは、レギュレーションの変更です。身長165cmと小柄な岡部選手の長野五輪の活躍を踏まえてなのかどうかはともかくとして、1988年の長野五輪直後に、スキージャンプのレギュレーション(規格)が大幅に変更されてしまいました。いわゆる「146%ルール」と呼ばれるもので、使うスキーの長さが最大「身長×146%」に制限されるというもので、身長が比較的低い日本人ジャンパーに圧倒的に不利な変更といわれました。

 スキー板で風を捉え、より遠くに落下することを競うジャンプ競技では、風に当たる「スキー板の面積」が大きい方が有利ですので、スキー板は長いほうが良いのです。

 この変更は、岡部選手に大きな影響を与え、2002年のソルトレークシティ五輪の代表からも外れました。既に30歳を越えていた岡部選手は、引退するのではとも囁かれました。

 しかし、2005年~2006年シーズンに岡部選手は見事に復活しました。当時35歳の岡部の復活は、特に海外から「奇跡」と賞賛されました。ジャンプ王国オーストリアの専門誌で岡部特集が組まれたと報じられました。
 ジャンプスタイルの根本的な見直しという、30歳を過ぎたトップアスリートにとっては、極めて難しいことに挑戦し、見事に完遂したという事実は、日本の誇りといえるでしょう。

 2009年には、W杯で優勝し、自身の持つW杯最年長優勝記録を38歳4ヶ月に伸ばしました。そして、頭書の通り2013年~2014年シーズンの国内初戦で優勝したのです。
 岡部選手はソチオリンピック代表を狙っていると思います。スキージャンプ競技における43歳のオリンピック代表!何と素晴らしいことでしょうか。

 葛西選手の方は「ジャンプフォームの変遷」に悩まされてきた20年間であったと思います。V字フォームが当たり前になった頃、ジャンパーは前に突っ込むほど良いと言われる時代が続きました。
 その時代、葛西選手の飛行フォームでは体の前傾が凄まじく、「ほとんどスキーと一直線」のフォームを実現し、飛距離を延ばしたのです。高い飛行線と言うよりは、前に前にと体を投げ出す低い飛行線が葛西選手の特徴となりました。とても美しいと思いました。

 ところがその後、飛行スーツの変更のためか、スキー板の改良のためか、原因は分かりませんが、「あまり突っ込まないほうが良い」という時代がやってきました。このあたりの「スキージャンプ理論」の変遷は、私には分かりませんが、ジャンプ競技には時々、前の理論が正しかったのか疑問に感じられる変更が起こります。

 とにもかくにも、葛西選手は時代時代の理論に則って、飛行フォームを変更し続けてきました。現在の葛西選手は、あまり突っ込み過ぎず、お腹の辺りに丸い空気の球が存在するようなフォームです。こうやってフォームを変更し続けながら、常に世界・日本のトップジャンパーの地位を維持し続けてきたのです。もの凄いことだと思います。

 頭書の成績で分かるように、葛西選手は今季もW杯に出場し続けています。これは、現時点の日本ジャンプ陣シード選手であることの証拠です。ソチオリンピックの代表有力候補といえるでしょう。
 もし、ソチ五輪に出場できれば7大会連続「7度目のオリンピック出場」となります。何か想像を絶する、途方も無い記録ですが、これは冬季オリンピックにおける世界最高記録になるようです。

 岡部選手も葛西選手も
① 絶対筋力の維持
② 肉体的持久力の維持
③ 競技技術の維持・向上
④ 精神面の充実

 という、とても難しい課題を懸命にそして見事にクリアし続けています。

 我が国に、岡部選手や葛西選手に引退を決意させるような若手の台頭が無い点には、一抹の寂しさもありますが、私はどちらかといえば「若手の台頭を凌ぐ、強力なベテランが居る」と考えます。

 ソチの空に、我が国が世界に誇る2人のアラフォージャンパーが、大きな飛行線を描く姿を、是非是非観てみたいものです。
関連記事
スポンサーサイト



NEXT Entry
[競馬] 第58回有馬記念 注目馬
NEW Topics
[温故知新2020-女子テニス3] 「アイス・ドール」 クリス・エバート選手
[温故知新2020-男子テニス4] 黒人プレーヤーの先駆者 アーサー・アッシュ選手
[ブンデスリーガ2019~20(無観客)] 鎌田大地選手 2試合連続ゴール
[競馬コラム269] オークス2020のデアリングタクトと日本ダービー2020のコントレイル
[温故知新2020-陸上競技4] 男子走り幅跳び オリンピック金メダリストの記録
[ブンデスリーガ2019~20・第27節(無観客)] バイエルン・ミュンヘン 圧勝
[温故知新2020-女子テニス2] アメリカの英雄 ビリー・ジーン・キング選手
[競馬(無観客)] 東京優駿(日本ダービー)2020の注目馬
[温故知新2020-女子テニス1] 「史上最強」 マーガレット・コート選手
[温故知新2020-男子テニス3] ダブルスの名手 ジョン・ニューカム選手
[温故知新2020-陸上競技3] 男子10,000m オリンピック金メダリストの記録
[温故知新2020-競泳2] 男子1,500m自由形 日本チームの全盛期
[温故知新2020-競泳1] 男子100m自由形 日本チームの黄金時代
[FIFAワールドカップ2010準々決勝] ドイツチームの完勝
[温故知新2020-男子テニス2] 「史上最強」 ロッド・レーバー選手
[競馬(無観客)] 優駿牝馬(オークス)2020の注目馬
[温故知新2020-陸上競技2] 男子1,500m オリンピック金メダリストの記録
[温故知新2020-陸上競技1] 男子100m オリンピック金メダリストの記録
[ラグビーワールドカップ2011プールA] 日本チーム フランスチームを相手に65分まで4点差の健闘
[温故知新2020男子テニス-1] ウィンブルドンを勝てなかった イワン・レンドル選手
[競馬コラム268・ヴィクトリアマイル2020] 感動的なレース
[FIFAワールドカップ1986決勝] アルゼンチンチーム 2度目の優勝
[競馬(無観客)] ヴィクトリアマイル2020の注目馬
[NPB・MLB2020] 「開幕」に向けての動き
[ブンデスリーガ2019~20] 無観客での再開へ
[競馬コラム267-日本馬の海外挑戦12] 2009年 牝馬の挑戦
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] ブラジルチーム 貫録の勝利
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] 日本チーム 史上初のPK戦
[FIFAワールドカップ2010ラウンド16] ランパード選手 「幻」のゴール
[Jリーグ2020] イニエスタ選手のオンライントークショー
[競馬(無観客)] NHKマイルカップ2020の注目馬
[NBA2020] 個人トレーニング再開に向けての動き
[UEFA-EURO2012-グループD] イングランドとフランスの激突
[競馬コラム266-天皇賞(春)2020] フィエールマンの連覇とC.ルメール騎手の天皇賞4連勝
[UEFA-EURO2012-グループB] ポルトガル デンマークとの接戦を制す
[競馬コラム265・下鴨ステークス2020] スズカルパン 100戦出走達成!
[UEFA-EURO2012-グループA] 開幕戦 ギリシャチーム 驚異の粘り
[UEFA-EURO2012-グループD] フランスチームの堅守
[競馬(無観客)] 天皇賞(春)2020の注目馬
[UEFA-EURO2012-グループC] イタリアとクロアチア 一歩も引かず
[競馬コラム264-日本馬の海外挑戦11] 2007年 シンガポール競馬への進出
[UEFA-EURO2012準々決勝] クリスティアーノ・ロナウドVSチェフ
[競馬コラム263-日本馬の海外挑戦10] 2006年 ハーツクライとデルタブルース
[スーペルコパ2020準決勝] FCバルセロナ よもやの敗退
[UEFA-EURO2012準決勝] 「怪物」バロテッリ選手の2ゴール
[マラソン2020] 「心臓破りの丘」 山田敬蔵氏 逝去
[競馬コラム262-日本馬の海外挑戦-9] 2005年 ゼンノロブロイとハットトリック
[MLB2020・MVPランキング] バリー・ボンズ選手の凄さ
[フィギュアスケート2020春・世界ランキング] 羽生選手、紀平選手が共に1位
[NPB2020] 菅野智之投手 超絶の仕上がり
Entry TAG
スキージャンプの日本の誇り・岡部孝信と葛西紀明  
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

カエサルjr

Author:カエサルjr
「スポーツを考える-KaZ」ブログへ
ようこそ!
我が家の月下美人も16年目。同時に30個の花が咲くこともあります。スポーツも花盛りですね。一緒に楽しみましょう。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 123456789101112131415161718192021222324252627282930